遊戯王 スターライト。 トリックスター・キャロベイン

【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが通販サイトでまさかの16万円!?アポロウーサ以来の高騰シングルへ!?【#遊戯王】

遊戯王 スターライト

1 :自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。 リリースしたモンスターとレベルが異なる「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 2 :相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動する。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。 で登場した。 1 は1体をのと入れ替える。 入れ替えるのみで直接のには繋がらないが、に並んだが変化するための調整に貢献し、1枚分事にもなる。 選択肢を増やす意味でも中心の構成が好ましく、に出しやすいやとは噛み合いやすいだろう。 それ以外でも、自身のでしやすい・や、選択肢の多い・など、調達に適したは数多い。 また、非であるともできるので、が2体以上並んだ場面からでもに繋げられる。 のサポートにも有用で、のから5のも狙いやすくなる。 のにをすれば即座にをでき、このによってその戦術幅は非常に広くなる。 でを大量展開した場合、非に入れ替えることでを並べやすくなる。 2 はにをからした時に1枚できる。 条件が限定的で、・等、でもできるの使用が基本となる。 は 1 のでした後、でのでへと繋げられるため他のよりも相性が良い。 このが存在しを残したままの終了はに確実に警戒されるため、等で中にを揃えるのも手となってくる。 、なら先が限定されるものの、消費を抑えつつ、を絡められるので奇襲的にを狙いやすい。 また、からならば以外でもよいため、・・等でもすることができる。 は共通により 2 のをさせる機会が多いため、このと相性が良い。 「ジャンクション Junction 」とは英語で「連結・結合」を意味するが、や原作の背景からすると、ここでの意味は「高速道路などの合流地点」だろう。 また、のコンセプトを考えると、不動遊星の使用であると掛けているとも考えられる。 なお、の名を含む都合上、は「jun ction」ではなく「jun ktion」と綴りが変わっている。 アニメの背景がに使われるのは珍しい。 なお、この形のジャンクションはクローバー型と呼ばれ現実にも存在している。

次の

トリックスター・ライトアリーナカード情報・考察

遊戯王 スターライト

【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが16万円!? 遊戯王高騰情報です。 《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが16万円と海外のセカイモン等の相場がえげつない事になっています。 相場などを振り返っても今後相当高騰なカードになりそうですね。 【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが16万円!? 「高いなぁ・・・という事で高騰情報。 海外のエターニティコードにおいて、ヴェーラーのスターライトレアの相場がえげつない事になっています。 価格は実際に見てみると「16万円」ではあるのですが今後の在庫次第でも下がるかと思います。 ただすごい高額なカードなので今後注目される一枚になりそうですね・・・。 今回の注目シングルはエフェクトヴェーラーよ。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

トリックスター・キャロベイン

遊戯王 スターライト

1 :自分がをリンク召喚した場合、その素材とした自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 このカードが存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、手札に戻さなければならない。 パスワード:63492244• トリックスター第2のフィールド魔法。 ライトステージがトリックスターのバーンサポートであったと思われるので、こちらはリンク召喚サポートと想像できる。 現状優先度は高くはないが、今後の新規によってはライトステージと上手く住み分けが可能となるかもしれない1枚。 と思っていましたが、発動時のアド稼ぎがないせいで大会向けの方には入らず、またリンク軸にしてもライブステージという回収とトークン生成で潤滑油にもなるカードが来たせいかちょっと微妙な存在になってしまった気がする。 むしろ下手にライトステージと被る効果が付いたせいでライトステージと比べるポイントができてしまい、より霞んでしまったという印象。 蘇生の方も、リンカネやマジカローネなら特に制限なく行うことができ、せめて効果無効か守備表示のどちらかがなければダメージ量重視の際に採用できたかもしれなかったのにと感じる。 まれによくある、カードパワー的にはそこまで問題ないが他で十分同じことができるという一番悲しいタイプな印象。 ライトステージを調整したような効果を持つ新たなるトリックスターの舞台。 トリックスターをリンク召喚した時に、素材を効果を無効にして守備表示で蘇生する効果と、相手のセットされた魔法罠1枚をエンドフェイズまで封じ、発動か手札戻しを強制する効果を持つ。 増援効果のライトステージと比べると連続リンクを求めてくる効果になっており、全体的に今回登場のカードたちと相性がよく最終的にベラマドンナを目指すタイプのデッキで採用することになるだろうか。 とはいえサーチが優秀で対魔法罠効果でも上回るライトステージの存在は大きく、あえてこちらのみを採用する動機は薄い。 カード自体は弱くないので盥回しを自然に採用できるのはメリットか。

次の