エポスゴールド インビテーション。 エポスゴールドカードの年会費無料の裏ワザ!インビテーション(招待状)の条件や時期の詳細まとめ!!

エポスカードのインビテーションを最短で入手する方法! 審査条件まとめ

エポスゴールド インビテーション

プラチナカードのインビテーションが届くまで 今回エポスカードからプラチナのインビテーションが届くまでの経緯は以下の通りです。 2014年4月 エポスカードに加入。 2015年6月 ゴールドカードのインビテーション。 翌月切り替え。 2016年8月 プラチナカードのインビテーション。 約2年4ヶ月でプラチナカードのインビテーションを受けるに至りました。 その間の 利用金額は毎月15万~25万円。 たまに40万とかだったと思います。 この中には約8万円の家賃、毎月数万円の会社経費の支払いが含まれますので、個人で毎月多額のお金を利用していたわけではありません。 40万円の時は旅行なども含めた諸々の出費が重なっただけです。 色々な記事を見ていると、ゴールドは年間50万円以上、プラチナは年間100万円以上の利用が目安のようです。 エポスプラチナカードとは エポスプラチナカードは 一般的なプラチナカードに比べるとグレードはたいしたことありません。 そこまでレアというわけではありません。 主な特典内容としては以下のようなものが含まれます。 VISAプラチナの優待サービス VISAプラチナクラブ 日本全国各地の旅館やホテルの宿泊プランやパッケージ旅行を10~15%割引 VISAプラチナトラベル JTB取扱いのパッケージツアーや航空券を5%割引 VISAプラチナ空港宅配 国際線利用時に、自宅と空港間の荷物宅配を優待価格で。 2個まで500円、3個目から低下の15%値引き VISAプラチナゴルフ 国内・海外の提携ゴルフ場のプレー代金を4,000円値引き VISAプラチナダイニング 国内外の提携レストランで値引きやお土産、お料理のサービスなど多彩な特典が利用可能 ただ、これは序の口で、 最も大きな特典は「プライオリティパス」が無料で利用できるということです。 プライオリティ・パス プライオリティ・パスは世界400都市以上900以上の 空港の会員ラウンジが無料で利用できるという夢のようなパス。 通常は年会費399ドル以上する高額サービスなのですが、エポスプラチナカードを利用しているとこれらが全てタダになるというから、飛行機を頻繁に利用する方にとっては非常に有り難い話なのです。 ラウンジには食事やドリンクサービスが付いているのが一般的ですから、空港内の高い食事代が節約できることも考えると大きな特典です。 招待なしでも加入可能に。 ただし年会費は高い。 以前はプラチナカードに加入するためには、一般カード会員からゴールド会員、そしてその後にエポスカードからの招待を受けて初めてプラチナ会員になるという流れでした。 しかし現在では最初からプラチナカードに加入することが可能です。 ただ、インビテーションを受けた会員は年会費が2万円のところ、通常加入では年会費が3万円と一般庶民には大きな差があります。 インビテーションを受けるか2つの点で悩んでいる 年会費分をポイントで取り戻せるほどに使うか エポスカードの場合、ゴールドはインビテーションによる加入であれば年会費は永年無料になります。 しかしながら、プラチナカードの場合はインビテーションは最低限の条件で、年会費は2万円かかります。 これは一般庶民にとって少ないとはいえない金額でしょう。 エポスもその事実を踏まえて、会員費相当分をポイントバックという形で還元しますよ!と少しでもお得感を演出しようとしています。 年間利用金額 ボーナスポイント 100万円 20,000ポイント 200万円 30,000ポイント 300万円 40,000ポイント 500万円 50,000ポイント 700万円 60,000ポイント 900万円 70,000ポイント 1,100万円 80,000ポイント 1,300万円 90,000ポイント 1,500万円 100,000ポイント 年間100万円以上の利用で2万円分のポイントが付与されるため、年会費は相殺されることになります。 しかしながら、ゴールドカードを利用している場合に比べるとそこまでお得感がありません。 その理由は次の通り。 ゴールドカード会員は年会費無料でありながら年間100万円以上の利用で1万円分のポイントが付与されます。 プラチナ会員で100万円の利用の場合は年会費と相殺されることでボーナスポイントは実質ゼロ円となる一方で、ゴールド会員は純粋に1万円分の追加ボーナスが取得できるのです。 このため、プラチナカードの様々な特典を別とすれば、200万円以上利用した場合の3万円分のボーナスポイントで、ようやくゴールドカードの100万円と肩を並べます。 200万円といえば、月平均17万円以上の利用が求められる水準ですから、経費や家賃の支払いがなければ困難な水準でしょう。 プライオリティ・パス以外利用予定がなく、さらに年に数回使うかどうか プライオリティ・パスって持っているだけで自己満足に浸れます。 空港のラウンジは航空会社に関係なく利用できるわけですから、想像しただけで気持ち良いでしょう。 でもこれから年に何回使うでしょうか。 個人的な考えでは、トランジット以外でそこまでラウンジを使いたいと思ったことはありません。 さらにその他のサービスを見ても、 高級レストランでカード保有者は無料(2名以上利用時)やゴルフ代金の割引などは僕にとっては完全に不要です。 特典を受けるために高級レストランに行くのは本末転倒です。 さらにさらに、JTBツアーパックなどの割引についても、今はもっと安いオンライン航空券がざらにあって、割引サービスを受けてもなお格安代理店の方が安いことがほとんどです。 結局僕にとって プラチナカードで付帯される保険サービスくらいしかメリットがなく、正直2万円の会費を払ってまで受けたいサービスはないかなと思っています。 エポスのプラチナカードを必要とする人は少ないようだ 正直今の僕にはほとんどメリットがありません。 年に1回くらい高級レストランいくのもいいし、プライオリティ・パスは何だかんだで利用してみたいサービスです。 またサポート体制もVIP待遇だったりします。 しかし現状のゴールドカード(年会費無料)で十分に満足しています。 国内空港のラウンジは一部ですが利用できますし、ポイントもそれなりに付きます。 で、 他の人はどう思っているのかと思って調べたところ、同じように思っている方は多いようですね。。。 (もちろん有効に活用される方もいらっしゃいましたよ!) エポスに関しては無いよ。 僕もどちらかというと得しない方の人間なので、今回は華麗にスルーをして、もう少しメリットを享受できるような生活になった時に、気持よくインビテーションを受けたいと思います。 エポスのプラチナカードを利用するべき人の条件 エポスカードでプラチナ会員になるべきと言えるのは以下の条件を満たした場合になると思います。 年間300万円以上利用する方 年間300万円以上の利用でボーナスポイントが4万円となり、年会費と相殺しても2万円分のポイントを取得できます。 その他の特典を全く利用しない場合でもゴールドカードより高い還元率を受けることができます。 ちなみに年間300万円とは、月額にして25万円となり一般的なサラリーマンの所得水準に近い金額を消費することとなり現実的でないように思われますが、2018年から開始したエポスの投資信託決済サービスを利用すればそこまで不可能な数字ではないかと思います。 家賃 10万円• 買い物 5万円• 飲食費 5万円• 投資信託 5万円 この水準であれば対象となるサラリーマンも少なくないはず。 特に投資信託はあくまで貯蓄の類になり、こうした点にまでポイントが付与されるのは非常に嬉しい点です。 出張や旅行が多く、ラウンジ利用が多い方 ポイントで取り返せずとも、プラチナカードの特典を十分に享受できる方もまた会員になる十分な理由があるでしょう。 プラチナカードに付帯するサービスで最も付加価値の高いものが「プライオリティ・パス」。 世界中の高級ラウンジが無料で入れるこのサービスは通常加入すると年会費が399ドルするもの。 年会費2万円でこのサービスが無料で利用できるわけで、こちらを目当てに入会する方も少なくありません。 オンラインで即日申し込み。 エポスカードはオンラインで申し込みが可能です。 10分程度で手続きが完了、郵送でカードの受け取りが可能です。 エポス プラチナカードのインビテーションは何度でも。 焦らずじっくり考えてもいい 初めてプラチナのインビテーションを受けた方は「この機会を逃したら次は来ないかも!」と不安になるかもしれません。 しかし、プラチナカードの招待は年に1回のペースで継続して招待がきます。 100万円以上の利用をしている限りはプラチナの招待はそのまま来るようで、これまで4年連続で招待を受け取っています。 なんせ世の中には以下のような方ですらインビテーションを受けているくらいです。 エポスからプラチナカードのご招待封筒がまた送られてきました、自己破産おじさんなのに。 しっかりと自分の利用現状を分析して、本当に必要であればプラチナカードへのインビテーションを受けるようにしましょう。 エポスカードはゴールド会員でも十分。 100万円を超えたら高還元カードを利用 プラチナカードのインビテーションをもらっている人は基本的にゴールドカードの人だと思います。 ゴールドカードまでならかなり利便性の高いクレジットカードだと思います。 エポスカードのゴールドでは、通常のポイントに加えて、年間100万円以上の利用で1万円分のボーナスポイントが付加されます。 つまり、年間100万円利用した場合には、通常ポイント1万円+ボーナス1万円=2万円を手に入れることができるわけです。 これは還元率1%にあたり、その他のクレジットカードに比べても高い還元率を受けることができます。 また、家族会員カードを発行することでさらに追加ポイントを受け取ることができます。 家族までゴールドカードを一緒に持たせられるのは非常に嬉しい。

次の

エポスカードのインビテーションを最短で入手する方法! 審査条件まとめ

エポスゴールド インビテーション

エポスゴールド歴2年のこはる です 私が思う大きなメリットは3つ。 ポイントの使い勝手がいい• 特定店舗がポイント倍率3倍になる• カードを使いこなせば頂ける特典は多いですが、節約中の主婦としてはこの「年会費」はネックですよね。 ですが! 非公開の一定条件を満たすと 『無料でゴールドカード持ちませんか?』と、 エポス側から お誘いがきます。 それがインビテーションと言われる、ゴールドカードへの招待状。 公式の条件は公開されていません。 この記事では、わたしにインビテーションがきたときの利用状況を限りなく詳細にまとめました。 エポスゴールドカードを持ちたいけど年会費がかかるのは…と思っている方の参考になると嬉しいです。 エポスカードは新規入会で通常2,000円相当のポイントがもらえます。 さらに、条件をクリアするとたくさんのポイントがもらえるキャンペーンを定期的におこなっています。 カードの利用状況と支払い額 計算してみて驚くことに・・・ カードを利用額が10万円にもならないうちに、インビテーションが届いたのです! 申し込みから、利用額などを全てまとめるとこの通り。 2016年11月半ば カード発行月 招待番号も利用してエポスカード発行 2017年1月 12,107円 入会キャンペーンクリアのため、携帯の支払いを夫婦分 2017年2月 10,371円 こちらも夫婦の携帯代 2017年3月 30,993円 携帯代とエポスvisaプリペイドチャージ5,000円分 チャージも入会キャンペーンクリアの為 車の保険が約2万円 2017年5月 6,706円 通常の店頭での支払い 2017年6月 8,728円 ETCカードを発行&ガソリン代の支払いをエポスにチェンジ 2017年7月 28,956円 通勤時のETC利用分と通販利用分 エポスゴールドカードへのハードルは高くないという噂も聞いて(ネットで見て)いましたが、本当だったと実感しました。 \ エポスカードの申込みは5分あれば完了! / インビテーションと発行の仕方 アプリをDLしていない。 スマホじゃない。 という方も安心してくださいね。 登録されている住所に封書でインビテーションが届くので、中に入っている書類を返送してゴールドへの切り替えができます。 わたしにもアプリで手続きを行ってからこの封書も届きました。 アプリでインビテーションが来てから1カ月ほど遅れて封書が届いたこと• 封書だと郵送になるので時間がかかること この2点から、手元に届くまで少し日にちがかかります。 それはエポスカードが提供する、独自サービスを利用していたかもしれません。 エポスVISAプリペイドカード• エポスETCカード• たまるマーケット わたしがエポスカードを持ったのも、このサービスを使いたかったのが 理由です。 エポスvisaプリペイドカード ポイントの使い道として、とっても便利なプリペイドカード。 貯まったエポスポイントの移行先として2017年1月に申し込みました。 利用期間:7カ月 合計利用金額:¥22,704(入会特典のチャージ含む) エポスETCカード エポスカードをもっていること以外、無条件で発行・利用ができるETCです。 こちらは2017年4月に発行 実際に利用し始めたのは夫が通勤で高速を使うようになった7月からでした。 たまるマーケット そして通販を利用する方にはお得なサイトです。 Amazonでのお買物をする際に「たまるマーケット」 を 経由すると、購入金額に対して0. 支払いはAmazonギフト券でも大丈夫なのが嬉しいところ。 クレカ決済の利用金額は低かったですが、エポスカード独自のサービスをまんべんなく使っていたのも良かったかも、と感じました。 エポスポイントの使い道は「」をお読みください。 クレカ利用限度枠を把握しよう インビテーションが届くのを待ちながら行った、重要では?と思うことが「クレカの利用限度枠」です。 クレジットカードの断捨離• 各クレカの利用枠チェック• キャッシング枠の有無 今やどこのショップでもクレジットカードが発行されています。 勧める側・持つ側どちらも身近な存在になりましたよね。 実際に、ご自身・ご家族がもっているカードの枚数や限度枠は把握していますか? 複数枚もっているクレカはショッピング枠・キャッシング枠に特に注意が必要です。 「 落としたら危険・使いすぎたら大変 」なのはもちろん、 審判会社からすれば限度枠分、所有者はそれだけ借入れ(借金)ができるのと同じ なんです。 持ってもらう企業にしても怖いことですよね。 わたしは専業主婦ですし、世帯年収も高くありません。 そもそも普段つかう範囲をこえて上限額が高いのは大変なことです。 そして、住宅ローンなどを組む時も• クレジットカードのキャッシング枠• スマホの端末代など分割払い これらは「借入額」や「返済比率」に影響を与えます。 インビテーションも憶測ではありますが、関係ないとは言い切れません。 チェック事項 エポスカードのインビテーションが届いた当時の状況は• クレカ利用額が10万円未満• エポスカード独自のサービスを利用• 既存のカードの整理 そして所有している各社カードを放置しっぱなしの方はこの機会に• クレジットカードの断捨離• 各クレカの利用枠チェック• キャッシング枠の有無 ほとんどがネット上で完結します。

次の

【エポスプラチナカード】インビテーションの基準と特典

エポスゴールド インビテーション

[ad] エポスゴールドカードのメリット 色々とメリットが多いGOLDカードです。 他のサイトでも沢山紹介されていますのでサラッと書いておきますね。 ポイント有効期限が無くなり永久に• ボーナスポイントがもらえる• 海外旅行傷害保険が自動付帯• 国内・海外の空港ラウンジを 無料で使用可• 年会費無料でエポスゴールド家族カードの発行 自動付帯の保険は良いですね! このゴールドカードが最初の1枚でしたら、空港ラウンジで使えますので、これも良いですね! 私の場合ANAゴールドカードを所有してますので意味無しです・・・ ファミリーカードが年会費無料ってのも良いですね!息子が18歳になったら申し込もうかと考えてます。 エポスゴールドカードのデメリット デメリットなんて 有る訳ないじゃん! 永年会費無料のエポスゴールドカード入手方法 色々な情報がネット上にありますね。 年間50万円以上使え!• リボを使え!• マルイで買い物しないと無理• キャッシングも少し利用する• 早くて半年程で招待 全部確実な情報では無いって事が今回ハッキリとわかりました。 私の使用金額は17万円位 リボなんて使った事な無い 田舎なんでマルイなんて無い キャッシングなんてしない 3か月に満たないが招待! インビテーションされるために行った事 カードを発行してから1年位は経過してます。 元々ANAのマイルを増やす事が目的で、ポイントサイトを経由させて発行しました。 これまでの使用履歴はクレヒスが悪くならないように月に数百円使ったりするだけでした。 12月から色々と情報を調べて、ゴールドカード取得計画を始めようと考えました。 そのため年末からグラフが急激に上がってますね。 次に詳しくお伝えしますが使用金額じゃ無いと私は考えます。 生命保険、電気料金、ケータイSIMカードなどのカード引き落とし設定が重要なんだと。 『毎月一定額を長い間使ってくれる顧客なんだ』と思ってもらう事が重要なんだと感じました。 ネット上で簡単に引き落としカードが変更出来るものをターゲットにしました。 生命保険料金と電気料金とデータSIM料金です。 ガスや水道などの公共料金も良いでしょう! 現在はネット上で引き落としカードの変更が出来るものが沢山ありますので簡単ですね。 まとめ ネット上には色々な情報がありますが、保険料金や電気料金の引き落とし設定を行うと、招待条件判定に有利になるという情報は見た事がありませんでした。 自分が考えた作戦が見事に当たると嬉しいものですね。 (私の調べ方が足りず、同じような方法で取得された方もいるでしょうね) エポスゴールドカードが郵送されて来ましたので、エポスカードで引き落としされていた料金は元のANA-SFC-GOLDに戻しました。 エポスゴールドカードは月に数百円は使用しますよ。 笑 これで私の目的である 『財布の中をゴールドカードだらけにする』 が達成されました。

次の