ウインク キラー。 ウインクキラー

ウインクキラー

ウインク キラー

この記事には 複数の問題があります。 やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。 内容に関する文献や情報源が必要です。 ( 2007年9月)• 独自研究が含まれているおそれがあります。 ( 2007年9月) ウインクキラーは、を使って行うゲームの一種である。 ルール [編集 ] 参加者の人数は問わないが、ある程度多いことが望ましい。 ウインクキラーでの「役割」は、「主犯者」「共犯者」「一般市民」の3つである。 「主犯者」は一人、「共犯者」は人数により異なるが、全体で6人以下の場合は一人、それよりも大人数の場合には、2~3人程度が望ましい。 トランプなどを用いて、例えばジョーカーが「主犯者」、クイーン 12 を「共犯者」などにして、配られたカードを各人が自分だけみて、自分が「主犯者」「共犯者」「一般市民」のどれかを知ってゲームをスタートする。 「主犯者」「共犯者」は、「一般市民」に対してウィンクをすることで「殺す」ことができる。 「主犯者」と「共犯者」は、他の「主犯者」や「共犯者」は「殺す」ことができない。 「一般市民」が「主犯者」か「共犯者」にウインクをうけて「殺されて」しまった場合には、しばらくして「殺された」ことを宣言し、トランプをひっくり返すなどしてそれを示す。 その宣言までは、5秒くらいの間をおき、ウインクではなく、顔を合わせたことだけで犯人を見つけるヒントになってしまうことを避けるようにする。 「殺された」場合は、そのゲームが終わるまではゲームに復帰することはできない。 「一般市民」は、ウィンクをして他者を「殺す」ことはできない。 逆に「一般市民」は、「主犯者」や「共犯者」に「殺され」ないように、目をそらしつつ「主犯者」を探すのが目標となる。 もし「主犯者」らしき参加者を見つけた場合には、「告発」などと言いつつ手を挙げ「主犯者」の指名に挑戦することができる。 しかし、その場合には他の者が保証人となることが必要となり、保証人となろうとする者は「告発」があった場合には、「同意」などといい同じく手をあげる。 そして「告発」をした者と保証人とでタイミングを揃えて「主犯者」と思われる人を指でさす。 二人が同じ人を指差した場合は、さされた人はカードを表にしゲームから離脱する。 異なる人を指した場合は「告発」をした人が脱落する。 そのため「告発」した者は、保証人と一致しそうにない場合は、「却下」などといって「告発」を取りやめることもできる。 二人に指を指された人が実際に「主犯者」の場合には「主犯者」が検挙されて敗北したものとして、ゲームが終了する。 もし「主犯者」ではなく、「共犯者」や「一般市民」だった場合は、その者が「殺されて」ゲームから脱落するだけで、ゲームは続行される。 「一般市民」が全て「殺されて」しまった場合に、「主犯者」「共犯者」の勝利となる。 「主犯者」は、その立場を隠し「同意」を行うことができるが、「告発」は行えない。 「共犯者」は「告発」も「同意」も行えない(「同意」は可能とするルールもある)。 「主犯者」などは、敢えて「告発」に対して保証人となることで「告発」を失敗させることもできる一方で、「告発」や「同意」を行うことで「一般市民」は、自分が「主犯者」などではないことを、アピールすることができる。 「却下」を採用しないルールも使われる。 「保証人」を必要とせずに「告発」できる「探偵」や「警察」といった役割を採用するルールもある。 ルールは、グループによって様々だが、疑心暗鬼を楽しむゲームであることに変わりは無い。 また、表情などから心理を読み取ったり、殺される人の位置(犯人の正面が殺される場合が多い)などから犯人を推理したり、頭を使うゲームだとも言える。 役割 [編集 ] 主犯者 「殺害」「同意」 「一般市民」を全て「殺害」すれば勝利 「告発」され、保証人とともに指さされると負け 「共犯者」には「殺害」されない 共犯者 「殺害」(「同意」が可能なルールも) 「一般市民」を全て「殺害」すれば勝利 「主犯者」が「告発」され、保証人とともに指さされると負け 自身が「告発」され、保証人とともに指さされるとゲーム離脱 「主犯者」や他の「共犯者」には「殺害」されない 一般市民 「告発」「同意」 「主犯者」を特定し、保証人とともに指させば勝利 「主犯者」や「共犯者」にウインクをされると「殺害」され負け 「告発」して保証人と指さす相手が一致しなければ負け 関連項目 [編集 ]•

次の

‎「ウインクキラー:目で「暗殺」パーティーゲーム」をApp Storeで

ウインク キラー

まず、ウインクができるようになるコツややり方・仕方を紹介します。 ウインクのやり方・仕方1つ目は、上目づかいをすることです。 上目づかいを意識してすることで目がぱっちりと開かれるので、ぱっちり開いているはずの目が半目のようになって目力がない、写真が可愛く撮れないという事態を防ぐことができます。 また、写真を撮るときには、カメラのレンズの少し上を見るようにすると自然な上目づかいとなり、可愛くおしゃれな写真を撮ることができるようになります。 一般的に片目を閉じようと意識するよりも、開いているほうの目を開けようと意識するほうが簡単であるといわれています。 あごを少し引くだけで自然な上目づかいはできますので、上目遣いをしようと意識するのではなく、開いているほうの目をぱっちりと開けるように意識してみてください。 リラックスして片目を開けるのを意識することできれいで可愛いウインクができているはずです。 ウインクのやり方・仕方のコツ|ウインクしたい目と同じ側の口角を上げる ウインクのやり方・仕方2つ目は、ウインクしたい目と同じ側の口角を上げるように意識することです。 口角を上げると頬も一緒に上に上がるので、顔の筋肉の動きが少しですみます。 そのため、口角を上げないでウインクをするよりもウインクできる確率がうんと上がるのです。 顔の片方の筋肉だけを持ち上げて写真を撮ると不自然な感じになってしまいますので、両方の口角を上げて自然な笑顔とともにウインクに挑戦することをおすすめします。 誰をも魅力的に見せてくれる自然なはじけるような笑顔は、ウインクが少しばかりできていないのをカバーしてくれる素敵な武器です。 また、写真のように可愛い小物や食べ物などで顔の一部分を自然に隠すとおしゃれな写真に仕上がるとともに、ウインクがうまくできていないのを隠すことができるのでおすすめです。 鏡を見ながら、自分のどの部分をカバーするときれいにウインクできているように見えるのかを、普段から知っておくといいですね。 ウインクのやり方・仕方のコツ|手で片目を押さえる ウインクのやり方・仕方のコツ3つ目は、片目を手で閉じて優しく押さえることです。 優しく押さえてしばらくしたら手をはなし、片目を閉じた状態をキープします。 はじめはすぐに目が開いてきてしまって難しいと感じるかもしれませんが、何度も挑戦すると長い間片目をつむった状態をキープすることができるようになります。 まずは10秒片目を閉じた状態をキープできるように頑張ってみて下さい。 10秒片目をつむることができたら次は20秒、と自分で目標を決めてt倍無を伸ばしていってくださいね。 簡単な目標を達成することで自分に自信がつき、ウインクの練習が楽しくなりますよ。 片目をつむってキープすることに慣れてきたら、次は開いているほうの目をぱっちりと開けるように意識してみてください。 閉じているほうの目をキープようと意識するより難しく感じるかもしれません。 しかし、鏡を見ながら練習を続けることで自分のお気に入りの表情や角度を見つけることができ、写真も安心です。 ウインクができない原因は? ウインクができない原因|脳の構造 なぜウインクができる人とできない人がいるのか、その違いは何か気になる方も多いと思います。 そこで、ウインクができない原因を紹介します。 ウインクができない原因1つ目は、脳の構造です。 脳は、右脳・左脳で役割分担をして手足などを動かしています。 例えば、右脳は左手・左脚、左脳は右手・右足などというようにです。 ですが、目は左目と右目では脳が役割分担をしていません。 顔の上半分は右脳と左脳が同時に指令を出して動かそうとするので、片方だけ違う動きをするのは難しく感じます。 瞬きは両方の目が同じ動きを同じ時にするので問題なくスムーズに行うことができます。 しかし、普段はすることのない、片方だけ違う動きをするという行為を脳が共同で行おうとするために、スムーズに片目をつむることができないのです。 これは、子どもがウインクをすることができない理由と同じです。 子どもは使うべき筋肉や動かす指令を出す脳の部分が発達していないためにウインクができないのです。 ウインクができない原因|遺伝 ウインクができない原因2つ目は、遺伝によるものです。 現在日本人は縄文顔と弥生顔の2種類の顔つきが主であるといわれています。 縄文顔は比較的濃い顔で、具体的には目が二重、鼻が高めといった立体的な顔つきをしています。 一方の弥生顔は目が一重で比較的鼻が低く、あっさりとした顔をしています。 統計的に縄文顔の人はウインクが自然と上手にでき、弥生顔の人はウインクが下手であるといいます。 ですが、現在の日本では純粋な縄文人の遺伝子を持つ人は5パーセントほどしかおらず、日本人にウインクが下手な人が多いのはある意味当然といえます。 西洋人にウインクができる人が多いのもこういった遺伝的な問題からです。 ですが、あきらめる必要はありません。 ウインクはコツや感覚さえつかめばできるようになります。 脳からの指令と筋肉によって人間は動くことができます。 ですので、まずは表情筋肉を鍛えることが必要になります。 後ほど、ウインクの練習方法とともに説明するので参考にしてみてください。 ウインクができない原因|表情筋が発達していない ウインクができない原因3つ目は、表情筋が発達しておらず、筋力が弱いことが挙げられます。 身体を動かすには筋肉が必要ですが、顔も同じで筋肉を動かすことで表情を作ります。 物を噛んだり、話す、笑うなどの日常的な動きをすることで表情筋は自然に鍛えられます。 しかし、現在は食べるものが柔らかいものばかりになり噛む回数が減ったことなどが原因で、昔に比べて筋肉が弱くなったといわれています。 瞬きをするときには通常は瞼の筋肉だけを使いますが、ウインクをするとなると頬の筋肉も必要となってきます。 片目だけつむるという細かな技術が必要ですので、筋肉が弱いと難しいです。 ですが、表情筋は使えば鍛えることができます。 表情筋を細かく動かす練習をすることでウインクができるようになりますので、表情筋を使うように普段から意識してみることもウインクができるようになるコツです。 普段からよく噛む、よく笑う、話すことを意識してやるだけでもだいぶ変わります。 ウインクの練習方法とは? ウインクの練習方法|目の周りの筋肉を鍛える 先ほど紹介した目の周りの筋肉を鍛える練習が完璧にできるようになったら、次の表情筋を鍛えるステップです。 表情筋を鍛えることで、顔の細かな筋肉を動かすことができるようになり、脳にとって複雑な動きである片目だけをつむるという動作ができるようになります。 ぜひ試してみて下さい。 表情筋の鍛え方• 両目をつむります。 片方の目を指で開けておさえます。 指で押さえながら片目は開けたままにして、逆の目で瞬きをします。 ウインクはコツや感覚をつかむことが非常に重要になってきますので、何度も繰り返すことが大切です。 だいたい30分くらいで効果が出始めると感じる方が多いです。 毎日こまめに練習をすることでできなかったウインクができるようになり、表情筋も鍛えられることで表情が豊かになるので、今よりもっと魅力的になります。 ウインクの練習方法|まず両目を閉じてから片目を開く ウインクの練習方法2つ目は、まず両目を閉じてから片目を開くことです。 目を開けた状態から片目をつむるよりは簡単にできますが、最初のうちはなれない動きですのでスムーズにはできません。 ですがここで挫折してしまってはウインクができないままで終わってしまいます。 ウインクをしている自分をイメージして隙間時間などでこまめにトライしてみましょう。 また、ウインクできている自分をイメージすることはとても大事で、目標に早く到達することができます。 できないと思い込んでいると心がブレーキをかけてしまうので、そのブレーキをまずはなくすことが必要です。 こちらの記事にも、ウインクのやり方や仕方、コツなどが詳しく述べられていますので、ウインクの練習を違う方法でもしてみたいという方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。 練習しても思うようにできるようにならない、今すぐウインクをしたいから練習をしている時間はないという方に、対処方法をお教えします。 練習してもできないときの対処方法1つ目は、手でウインクを作ることです。 この方法は、片目をつぶると目が半開きになる、表情が硬くなってしまうといった問題を解決してくれます。 やり方はとても簡単で、片方の瞼を指や手で押さえ、押さえていないほうの目を開けるだけです。 また、口元は自然な笑顔を作ることで不自然な感じがしないのでおすすめです。 ピースなどのポーズを目の近くでして、さりげなく片方の瞼を指で抑えたり、可愛い小物や食べ物などでカバーするといいです。 画像のように口元を隠すことで、表情が硬い、しわが寄ってしまった、という時もそれを隠してナチュラルなオシャレ写真を撮ることができます。 写真を撮るときに可愛くおしゃれにポーズを楽しみたい、どんなポーズが人気なのか知りたいという方は、こちらに関連記事がありますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。 どうしても練習してもうまくできないというときには、笑顔の練習をすることをおすすめします。 はじけるようなかわいい笑顔を作ることによって、少しばかりウインクができていなくても、十分に魅力的な写真になります。 ウインクをすると表情が硬くなってしまったり、しわが寄ってしまったりということが起こります。 しかし、笑顔を作ることでそれらをカバーすることができるのです。 さらに、笑顔になると口角が自然と上がるので、表情筋を動かす範囲が減り、ウインクがやりやすくなるという利点もあるのです。 まさに笑顔は最強の武器になるということが分かると思います。 ウインクをして可愛く写真を撮るコツは? ウインクをして可愛く写真を撮る方法|斜め上から撮影する ウインクをして可愛く写真を撮るコツ2つ目は、リラックスしてあごを少し引くことです。 特にウインクができるようになったばかりの方にありがちな野毛、ウインクで写真を撮ることに身構えすぎて、表情が硬くなってしまうことです。 するとせっかく練習してできるようになったのに可愛く写真を撮れないと自信をなくします。 自信がなくなってもうウインクなんてできないままでいいや、となるのが一番もったいないので、意識してリラックスするように心がけてみてください。 また、あごを自然と引くことで自然に上目づかいとなります。 視線はレンズの少し上を見ることでさらにぱっちりとした目を強調することができます。 また、写真を撮る際にはセンターに自分が写るようにとると可愛く映ることができますので試してみてください。 どうしてもじゅおずに写真が撮れない、なぜ写真写りが悪いのか、写真を上手にとるコツややり方・仕方が知りたいという方は、こちらに関連記事がありますのでぜひ合わせてチェックしてみてください。

次の

ウインクキラー: みんなと暇つぶし

ウインク キラー

くじ引きで犯人(キラー)と探偵と市民を 決めます。 犯人は探偵にバレないように市民にウインクをしていきます。 ウインクされたひとは「やられた」とみんなに報告します。 犯人を特定できたら探偵の勝ち、市民全員にウインクできたら、 犯人の勝ちです。 PDF ・・・ A4サイズ【 】、 B5サイズ【 】 原案(Word)A4サイズ【 】、 B5サイズ【 】. 探偵は自分が探偵になったことをみんなに報告します。 犯人(キラー)と市民は自分が何になったかは秘密です。 その後も談笑はみんなで続けましょう。 ・ウインクされた市民も「やられた」とは言いますが、その後も特に変化なく ゲームに参加します。 5~10人でするのなら、解答チャンスは「一回」で妥当だと思います。 ・ある程度の年齢であれば子どもたちだけでできます。 ・少し難しいルールとなりますが、犯人、探偵、市民の他に「共犯者」を 入れて遊ぶこともできます。 その際、共犯者は犯人や市民と同じように共犯者になったことは 秘密にしたまま始めます。 犯人は市民と共犯者の違いは分からないので、共犯者も市民と同じように ウインクをされることになります。 その時、共犯者は犯人の味方ですので、より犯人に有利なタイミングで 「やられた」と報告をして探偵の捜査をかく乱させるという役割をします。 ・実際にすると分かりますが、例えば犯人と顔を合わせて話した子が 立て続けに「やられた」と言っていたら、探偵はすぐに犯人がわかります。 市民はどちらかと言うと犯人に味方して、ウインクされても少し間をおいて、 さも今ウインクされたかのように「やられた」報告をするとより推理が 難しくなってゲームを楽しめます。

次の