まめ ピカ コロナ。 新型コロナウイルス抗体検査(出張検査可・英文診断書可)

手ピカジェルが無い!代用品を探せ!!

まめ ピカ コロナ

掃除とかで使うのに エタノールが買ってあったけど、 残り少ないものもあるわ そしてもう一つ、 「これって代用できるんじゃないの?」というものを見つけました。 しかも、ネットで買えます。 ウイルスにも効果がある除菌水『Dr. PLUS(ドクタープラス)』 これ『Dr. PLUS(ドクタープラス)』といって、歯医者さんですすめられた殺菌水なんです。 いつも歯医者さんで買ってます。 口腔内を除菌してくれるので、虫歯や歯周病、口臭予防になります。 もう何年も使っているのですが、何となくインフルエンザ予防にもいいかな?なんて思って、冬場は外出先から帰ってきた時のうがいにも使っていました。 あまり深く考えず、そんな使い方もしていたので、今回は、どんな効果があるのか、改めて調べてみました。 原液で使うこともありますが、用途によって希釈して使います。 私も口腔内で使う時は、10倍に薄めて使っています。 成分は? ドクタープラスの主成分は「次亜塩素酸」「次亜塩素酸イオン」です。 次亜塩素酸ナトリウムではありません。 身近なもので言うと、キッチンハイターなどの漂白剤が次亜塩素酸ナトリウムです。 キッチンハイターは、ノロウイルスの殺菌などでも使いますが、直接肌に付けることはできません。 ドクタープラスは「次亜塩素酸」「次亜塩素酸イオン」で、刺激がなく肌にも優しいです。 実際に使っていますが、無味無臭、お水と同じで刺激はありません。 それでいて、効果は次亜塩素酸ナトリウムと同等の機能性評価を厚生労働省からもらっているそうです。 参考: 用途 商品紹介には「消臭・除菌。 ウイルス等にも効果大」とあります。 ・キッチンや水回りの除菌 ・カビの除菌 ・介護用品の除菌 ・生ごみの消臭 ・車内の除菌、消臭 ・お風呂の除菌 ・ペットのニオイ ・嘔吐物処理 など、いろいろな使い道があります。 参考: ノロ・インフルエンザには効果あり? ドクタープラスを使っている歯科医や販売店のサイトで、商品についていろいろ説明しています。 ノロウイルスについては、抗ノロウィルス効果検証試験を行っていて、有効との評価をもらっているようです。 また歯科医のページには、用途に 「手、指の消毒」がありました。 ノロウイルスやインフルエンザの時期には、2~3倍に希釈して使うとよいとのこと。 「マスクの除菌」にも使えます。 部屋に噴射すれば、空気中の除菌もできます。 WHOの見解では次亜塩素酸水に限らず、消毒剤を空間に噴射するのはよくない(健康被害の恐れがある)とのことです。 ノロウイルス対策の指定は次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターとか)なので、併用して使うようにと書かれていますが、次亜塩素酸ナトリウムは手や指の消毒には使えません。 手や指に使いたいなら、ドクタープラスは刺激性がないので使いやすくていいと思います。 参考: 新型コロナウイルスには? 工業製品などの評価や製品の情報収集などを行っているNITE(製品評価技術基盤機構)で、次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに効果があるのかどうか検証していますが、2020年5月29日時点では有効性は確認できていないそうです。 アルコール消毒液の代わりに使えたらと思っていたので、ちょっと残念。。。 引き続き検証中とのことなので、効果があるといいなと思います。 コロナの有効性は確認できていませんが、一定のカビやウイルスには効果があるようです。 ドクタープラスは紫外線には弱いので、透明ではない容器にいれておくのがよいとのこと。 100均のアトマイザーに入れれば持ち歩きできるし、マスクに吹きかけるのにも便利だと思います。

次の

【新型コロナウイルス】アルコール消毒だけじゃない!正しい殺菌方法を紹介します

まめ ピカ コロナ

今、心配といえば新型コロナウイルスを原因とする武漢肺炎についてではないでしょうか。 皆さんのお家と同じようにたけとり家でもマスクやアルコール等を含む手指消毒剤で予防を行っています。 外出から帰ってきた時には消毒剤で手などを消毒をしています。 武漢肺炎の原因となるコロナウイルスはエンベロープタイプウイルスと呼ばれており、ウイスルの外側をタンパク質のカプセルで覆われています。 そのため「エンベロープ=封筒」ウイルスという名前がついています。 このエンベロープを形作るタンパク質はアルコールに弱く、アルコールに触れるとすぐに形を変えてしまいます。 そのため、ひとたびアルコールに触れるとウイルスが変成してしまい、感染する能力を失ってしまうのです。 これがアルコールによってウイルスが消毒される仕組みです。 手ピカジェルが無い! 今シーズン、武漢肺炎が流行る前からインフルエンザ予防としてたけとり家では「手ピカ R ジェル」の姉妹品「手ピカ R スプレー」を使用していましたが、そろそろ残り少なくなり、新たに購入するところでした。 しかし、武漢肺炎の影響でお店から類似品が一気に売り切れてしました。 新たに買うことが出来ません。 今後、武漢肺炎がさらに流行する可能性を考えると代用品で適切に対処をしたいところです。 アルコール含有製品 手ピカ R ジェルや手ピカ R スプレーの主成分はアルコールの一種、エチルアルコールです。 このエチルアルコールの作用によりコロナウイルスやインフルエンザウイルスを含むエンベロープウイルスの外側タンパク質を変成させて感染能力を失わせます。 ただこのアルコールは濃度が高ければいいというものではなく80%前後が一番効果的でたけとり家にある手ピカ R スプレーにも76.9〜81.4%のエチルアルコールが含まれていると記載してありました。 一方、濃度の低い方はどれくらいの濃度から効果があるのか調べてみました。 つまり、エタノールが45%以上含まれている製品であれば、手ピカ R スプレーと同様にコロナウイルスをふくむエンベロープウイルスの消毒に効果を期待できます。 45%以上のエチルアルコールを含む製品 45%以上のエチルアルコールを含み、手や指などの消毒に用いられる安全性の高い製品といえばキッチン用の殺菌スプレーが思い浮かびます。 どのような製品があるか、ネットで調べてしました。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 ネットでメーカーに直接問い合わせをして下さった方などのブログを参考にし、3商品を入手しました。 業務スーパー 除菌アルコール78 リンク こちらの製品も近所のスーパーマーケットに売っていました。 商品棚にも複数個置いてあるような状況でした。 先ほどご紹介した論文によれば十分に効果を得られる割合です。 フマキラーの製品も十分に代用品として利用できるのではないでしょうか。 代用品としてのご使用は自己責任で! 手ピカ R スプレーの代用品としてたけとり家では以下の3点を入手しました。 業務スーパー 除菌アルコール78• カビキラー キッチン用アルコール除菌• フマキラー アルコール除菌 食卓用&キッチン用クリーナー これらの製品の注意書として手指消毒には使用しないで下さいと記載してありました。 しかし同時に、これらの製品はいずれも食品原料で製造しているとも記載等もありました。 食品を調理するときは家庭では素手で扱う事が多いとおもいます。 そのため、これらの3製品が手指に触れて直ちに問題を生じることは考えにくい事です。 たけとり家では自己責任において、これらの製品を手指消毒剤として流用する事にしました。 外出先から帰宅し手指の消毒を行わない方がリスクが高いと判断したのです。 手ピカ R スプレー等の製品が入手できないので仕方ありません。 皆さんにこの流用は全く勧められませんが、インフルエンザウイルスやコロナウイルスの対策として手指の衛生に無頓着なのはもっと勧められません。 皆さんも万が一、このブログを参考にキッチン用アルコール消毒剤を手指の消毒に用いる際は自己責任にて実施するよう、お願い致します。 世界中で武漢肺炎がいち早く収束に向かいますように!.

次の

まめピカの口コミに書かれていないことまで紹介します!

まめ ピカ コロナ

今、心配といえば新型コロナウイルスを原因とする武漢肺炎についてではないでしょうか。 皆さんのお家と同じようにたけとり家でもマスクやアルコール等を含む手指消毒剤で予防を行っています。 外出から帰ってきた時には消毒剤で手などを消毒をしています。 武漢肺炎の原因となるコロナウイルスはエンベロープタイプウイルスと呼ばれており、ウイスルの外側をタンパク質のカプセルで覆われています。 そのため「エンベロープ=封筒」ウイルスという名前がついています。 このエンベロープを形作るタンパク質はアルコールに弱く、アルコールに触れるとすぐに形を変えてしまいます。 そのため、ひとたびアルコールに触れるとウイルスが変成してしまい、感染する能力を失ってしまうのです。 これがアルコールによってウイルスが消毒される仕組みです。 手ピカジェルが無い! 今シーズン、武漢肺炎が流行る前からインフルエンザ予防としてたけとり家では「手ピカ R ジェル」の姉妹品「手ピカ R スプレー」を使用していましたが、そろそろ残り少なくなり、新たに購入するところでした。 しかし、武漢肺炎の影響でお店から類似品が一気に売り切れてしました。 新たに買うことが出来ません。 今後、武漢肺炎がさらに流行する可能性を考えると代用品で適切に対処をしたいところです。 アルコール含有製品 手ピカ R ジェルや手ピカ R スプレーの主成分はアルコールの一種、エチルアルコールです。 このエチルアルコールの作用によりコロナウイルスやインフルエンザウイルスを含むエンベロープウイルスの外側タンパク質を変成させて感染能力を失わせます。 ただこのアルコールは濃度が高ければいいというものではなく80%前後が一番効果的でたけとり家にある手ピカ R スプレーにも76.9〜81.4%のエチルアルコールが含まれていると記載してありました。 一方、濃度の低い方はどれくらいの濃度から効果があるのか調べてみました。 つまり、エタノールが45%以上含まれている製品であれば、手ピカ R スプレーと同様にコロナウイルスをふくむエンベロープウイルスの消毒に効果を期待できます。 45%以上のエチルアルコールを含む製品 45%以上のエチルアルコールを含み、手や指などの消毒に用いられる安全性の高い製品といえばキッチン用の殺菌スプレーが思い浮かびます。 どのような製品があるか、ネットで調べてしました。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 ネットでメーカーに直接問い合わせをして下さった方などのブログを参考にし、3商品を入手しました。 業務スーパー 除菌アルコール78 リンク こちらの製品も近所のスーパーマーケットに売っていました。 商品棚にも複数個置いてあるような状況でした。 先ほどご紹介した論文によれば十分に効果を得られる割合です。 フマキラーの製品も十分に代用品として利用できるのではないでしょうか。 代用品としてのご使用は自己責任で! 手ピカ R スプレーの代用品としてたけとり家では以下の3点を入手しました。 業務スーパー 除菌アルコール78• カビキラー キッチン用アルコール除菌• フマキラー アルコール除菌 食卓用&キッチン用クリーナー これらの製品の注意書として手指消毒には使用しないで下さいと記載してありました。 しかし同時に、これらの製品はいずれも食品原料で製造しているとも記載等もありました。 食品を調理するときは家庭では素手で扱う事が多いとおもいます。 そのため、これらの3製品が手指に触れて直ちに問題を生じることは考えにくい事です。 たけとり家では自己責任において、これらの製品を手指消毒剤として流用する事にしました。 外出先から帰宅し手指の消毒を行わない方がリスクが高いと判断したのです。 手ピカ R スプレー等の製品が入手できないので仕方ありません。 皆さんにこの流用は全く勧められませんが、インフルエンザウイルスやコロナウイルスの対策として手指の衛生に無頓着なのはもっと勧められません。 皆さんも万が一、このブログを参考にキッチン用アルコール消毒剤を手指の消毒に用いる際は自己責任にて実施するよう、お願い致します。 世界中で武漢肺炎がいち早く収束に向かいますように!.

次の