小林 快次。 【テラハ】小林快の現在は?卒業後はブランド「EDDIE HARK」を設立!

小林快次(よしつぐ)のプロフィールや学歴をご紹介!化石を見つけるコツも調査!

小林 快次

太古の昔、地球上を支配していた恐竜。 いまだ多くの謎に包まれているその研究で、新発見を次々と成し遂げているのが恐竜学者・小林快次(43)。 狩りの名手・ハヤブサのように、貴重な化石を見つける卓越した能力を持った化石ハンターだからだ。 限られた時間の中で、いかに新発見を生み出せるかが問われる厳しい世界。 小林は調査を進めるとき、「必ずある」と信じる。 「恐竜の調査って、『無い』と思い始めたらきりがない。 僕は『必ずある』という前提で探す。 見つからないと普通は諦めちゃうんですけど、僕は残された面積が減るということは、見つかる可能性がどんどん高くなっていると考える。 だから無いことを逆に喜びにしているんです。 もう一歩先に行くと、次は見つかる。 北海道で2年がかりで発掘した恐竜化石の調査だ。 これだけよい状態の全身の化石は、日本ではほとんど例が無い大発見だった。 発掘の次に小林が行っているのが、これまで世界中で見つかっている化石と比較し、この恐竜が新種かどうかを見極めるための分析だ。 そこで向かったのは、カナダにある世界最大級の恐竜専門博物館。 写真やデータだけでは分からない重さや質感などの違いまで1つ1つ確かめ、より正確な研究結果を導き出すためだ。 細かな比較を、全身の数百個もの化石でやらなければならないという気の遠くなる作業。 しかし、小林は決して諦めない。 「1歩でも半歩でも、1センチでも1ミリでもいいから、ちょっと前進するのが鍵。 どんなに視界が悪くても、ほんの1ミリぐらいは動けるはずなんですよね。 とにかくちょっとずつ前進することさえ心がけていれば、どっかの山の上には登ることができると思っている。 たとえば肉食恐竜の代表格・ティラノサウルス。 世間のイメージとは裏腹に、かつて研究者の間では、狩りが不得意で、死体をあさって食べていたという説が有力だった。 そんな中、小林はCTスキャンを使って、頭の化石を分析。 ティラノサウルスの脳の中にある、嗅覚をつかさどる嗅球(きゅうきゅう)という部分が、ほかの恐竜に比べて大きく発達していることを解明した。 そして、優れた嗅覚を生かして高度な狩りを行っていたという新たな説を打ち立てた。 恐竜研究は、ギャンブル性の高い「発掘」と地道な「分析」、その両方の力が求められる学問だ。 CTスキャンを使ってティラノサウルスの頭蓋骨を分析 優れた嗅覚を持つハンター、ティラノサウルス.

次の

小林快次 「謎の恐竜」の正体を突き止めた男

小林 快次

テラハの時も、絵が上手で花さんも「描いて!」と言っていたほどなので、デザインや色合いが素敵ですね。 また個展を開いたりと、アーティストとしても精力的に活動しているよう! 「EDDIE HARK」のトークイベントや、インスタライブにも積極的なようですが、現在はコロナの影響もあって出来ていないようですね…。 更に 、快さんのインスタグラムに貼ってある「EDDIE HARK」のリンクは表示されないようになっているのですが(2020年5月時点 ) 、現在は営業していないのでしょうか? 今回の花さんの一件と何か関係があるのかな.. ? 実際、快さんのインスタグラムには、快さんのことを心配するコメントが殺到しています。 カイくんのせいじゃないよ 生きてくれ コメントなんか気にするなー 元気出せよー 快君大丈夫ですか…凄く心配です しかし、励ましのコメントと同じくらいか、もしくはもっと多くの罵倒の言葉も並んでいます。 快さんのメンタルも心配になります…。 スタンダップコメディアンとして活動? 快さんはテラハ出演当時、スタンダップコメディアンを夢見ていました。 スタンダップコメディ:マイクを片手に、ユーモラスな物語やジョーク、人間観察、下ネタ、政治、宗教、人種差別など幅広く、演者が皮肉交じりにしゃべるショー ブラックジョークや社会風刺のような話題にも突っ込んでいくのが、快さんの目指したスタンダップコメディアンなんですね。 テラスハウスでも、快さんが舞台に立っている場面あり、快さんがいかに本気でコメディアンを目指しているかが映し出されていました。 またこちらはインスタグラムに投稿された、 インスタでは短い動画ですが、快さんのコメディアンの一面を覗くことが出来ます。 身振りも大きくて、アメリカな雰囲気がありますね 笑。 快さんがスタンダップコメディアンを目指すようになったきっかけは、「失恋」! 2016年~2017年頃に結婚まで約束した彼女と、時間が合わなかったりと、すれ違いがあり別れてしまったんだそう。 2016年に快さんは来日しているので、日本で彼女がいたんですね。 失恋のショックでめちゃくちゃ落ち込んでいた快さんを元気づけてくれたのが、「スタンダップコメディ」だったんだとか。 コメディアンになるために、悩みも尽きなかったようですが、快さんも当時の自分のように、誰かを元気づけたくて、スタンダップコメディを目指していたんじゃないでしょうか。 しかし、快さんは卒業後コメディアンになったという情報はありません。 むしろ、ファッションの方に惹かれてコメディアンの夢はなくなってしまったのかも。 小林快のテラハ卒業のきっかけ 第37話で、テラハメンバーの新野さん、夢さんと快さん、花さんの4人で京都へダブルデートすることに! しかし、この旅行中に快さんがほとんど支払いをせず、新野さんがほとんどお金を出していました。 また、快さんが旅行に慣れていないのか、頼りなさげなところもあり、 京都旅行中の快さんに不満が溜まっていったよう。 今までは快さんに恋愛感情があったような花さんでしたが、ダブルデートで逆にときめきがなくなてしまったようですね。 テラスハウスに戻ってきたとき、花さんと夢さんは快さんの目の前で、新野さんに京都のお礼のプレゼントを渡していました。 若干快さんへの当てつけのようにも見える場面で、花さんの快さんに対するネガティブな気持ちが伝わってきました。 コスチューム事件 そして京都ダブルデートの次の38話で、花さんの怒りが大爆発する「コスチューム事件」が勃発。 【コスチューム事件の経緯】• 花さんが大事にしている試合のコスチュームを洗濯機で洗濯• 洗ったコスチュームをそのまま洗濯機に放置し外出• 快さんが、コスチュームが洗濯機に入っていることに気づかず自分の洗濯物を入れ、洗濯機を回す• さらに乾燥までする 2回もコスチュームが洗われてしまった上に、乾燥までかけられてしまい、コスチュームが縮んでしまいました。 10万円ほどもするオーダーメイドの衣装が、着れなくなってしまうことに…。 その結果花さんは快さんに激ギレ! 今まで花さんは快さんに好意を持っていて、甘えた様子も見せたりしていました。 しかし、この「コスチューム事件」で花さんの怒りは収まらず、快さんの帽子を叩き落とすという事態に発展。 以前は恋人未満のような2人でしたが、京都旅行から溜まっていた花さんの快さんへの不満が、コスチュームを現れてしまったことで爆発してしまったようですね。 人付き合いがあまり得意ではなく、元々花さんくらいしかいい関係を築けていなかった様子の快さん。 この「コスチューム事件」で、唯一と言っていいくらい快さんの味方だった花さんとの関係も悪くなり、テラスハウスに居づらくなってしまったのかも。 コスチューム事件のあと、快さんは卒業を発表。 テラスハウスを出る時に、メンバーとハグをしていく快さんでしたが、花さんとは握手のみ。 花さんと快さんの間には溝があるまま、快さんはテラハを去ってしまいました。 卒業後も花とは連絡を取っていた? 恐らく、小林快さんと花さんは卒業後は連絡を取ったことはないと思われます。 何故なら、花さんがコスチューム事件の後に快さんと連絡が取れないと言っていたから。 快さんは「コスチュームを弁償して返す」と花さんに約束したと言います。 実際、快さんは卒業時のインタビューでも10万貯めて返すと断言! 働いてお金を貯めたら花さんのコスチュームを弁償するという言葉を信じて待っていた花さん。 しかし、連絡は来ないまま。 そこで、花さんは自ら快さんに「お金溜まった?」と軽くLINEをしたそうですが、快さんはなんと未読スルー。 更に、未読スルーしていたのにインスタライブはしていたり、社長(新野俊幸さん)とは飲みの約束をしていたことが明らかになり、花さんはかなり落ち込んでしまったよう。 電話もLINEも通じなかったという花さんなので、コスチューム事件以降は花さんと快さんは連絡を一切取っていなかったのではないでしょうか。 しかし、喧嘩別れみたいになってしまった快さんと花さんが、仲違いしたままだったのなら悲しいですね..。 終わりに 小林快さんの現在についてまとめました。 現在はTシャツのデザインなどをしていることが分かりましたが、ブランド「EDDIE HARK」のサイトが表示されないのが気になります。 近い内に何かコメントを出してくれるのでしょうか? 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

新着情報: 【動画】むかわ竜を新属新種の恐竜として「カムイサウルス・ジャポニクス(Kamuysaurus japonicus)」と命名(総合博物館 小林快次教授インタビュー)

小林 快次

もくじ• プロフィール 経歴 小林 快次 こばやし よしつぐ 生年月日 1971年 48歳 出身地 福井県 恐竜学者 北海道大学総合博物館准教授 大阪大学総合学術博物館招聘准教授 化石との出会いは? 中学時代の小林さんは理科好きでしたが化石に興味はなかったそうです。 そんな小林少年がが化石と出会い化石好きになったのは、中学1年生の時理科クラブの活動の一環で、アンモナイトの化石採りに行ったと時の出来事のおかげです。 クラブ活動で化石採りに来て、まわりの人達は化石をたくさん見つけるのに、小林少年だけ見つけられず悔しい思いをしたそうです。 小林少年は化石が見つからなかったことがかなり悔しかったようで、その帰り道に引率の先生に「もう一度連れてって下さい」とお願いして、後日同じ発掘地に連れてってもらいますが、その時も必死に探してもなぜか化石が見つからない・・・ 疲れてきて自分には才能がないと思い始めたときに、引率の先生がアドバイスをくれて、小林少年にハンマーを振る力が湧いてきたきたそうで、これが小林さんが化石の世界に足を踏み入れた瞬間だったそうです。 それ以来毎日化石を採集する日々をすごしていたそうです。 かなり強烈な体験ですね化石に興味のなかった小林さんが、化石にハマってしまうのですから。 当時の小林少年の気持ちわかります、友達たちと行って周りは取れているの自分だけ取れないって、悲しいですよね悔しいですよね焦りますよね、その焦りがさらに焦りを生み良い方に行かなくなるんです・・・ 大抵の人はここで自分には才能がないとかツマラないと化石取りを諦めるのだと思いますが、小林さんはその悔しさを晴らしたくて再度チャレンジします、かなり負けず嫌いだったのでしょうね。 結局コツコツやるひとが強んですよね、途中で諦めてしまう人が圧倒的に多いです。 出身大学は? 横浜国立大学に入りますが1年も経たずに渡米し、渡航先のアメリカではワオミング州にある 「ワイオミング大学地質学地球物理学科」に入学して、飛び級で学士優秀賞を取得して1995年に卒業しています。 卒業後はアメリカダラスにある サザンメソジスト大学の大学院の地球科学科に進学して、2004年に日本人として初めて恐竜の博士号を習得しました。 2004年アメリカの出版社の選ぶ世界をリードする33人の古生物学者として紹介さています。 なんなんすかこの学歴と行動力は!!成功する人の行動力は凄まじい物がありますが、小林さんの行動力も半端じゃありません。 せっかく入学した横浜国立大学を1年も通わずに渡米しちゃうんですよ、両親や周りの人は反対しなかったのでしょうか?アメリカ留学とかお金かかりますから、ご両親は物分りがよく小林さんの事を理解されていたのでしょうね。 その気持ちに答えるかのように、渡米してアメリカの大学2校をハシゴして、飛び級で優秀賞を取ったり恐竜の博士号まで取ってしまうのですから、結果出しまくりでご両親も喜んだことでしょう。 出身高校わかっていませんが、高校まで福井県ですごしたそうなので、横国に入れる位の偏差値がある福井の高校出身だと思います。 化石をよく見つける理由は? 小林さん世界中の研究者達から、「ファルコンズ・アイ ハヤブサの目 」というニックネームで呼ばれているそうです、狩りの名手・ハヤブサのように、恐竜の化石を見付ける事に由来しています。 時によって「イーグルズ・アイ 鷲の目 」や「ホークス・アイ 鷹の目 」と呼び名が変わるそうで、猛禽類の種類はあまり重要ではないと語っています。 ファルコンズ・イーグルズ・ホークスとどの称号もカッコいいですよね、一生に一度は呼ばれてみたいですよねこういうニックネームで。 化石をよく見つける理由の1つが、欧米の研究者と比べて身長が低いことにあるのではと小林さんは考えています、背の低いほうが地面に目が近く化石を発見しやすい。 他にも「人と同じところを探さない、同じ場所を通らない」「どれだけの面積をカバーできるかで発見する化石の数が決まると思っているので、とにかく歩いて広い表面積に目を通す。 」 背が低いのもよく見つける理由の一つなんですね、小林さんの身長どれくらいなのでしょうか?日本人の平均身長の173cmくらい?調べたけどわかりませんでした・・・ 人のやらないことをやるっていうのも成功する人の条件の一つですよね、「負けず嫌い・頭がいい・行動力がある・人のやらないことをやる」と成功する人の条件が揃っています。 Sponsored Link 結婚は? 小林さん現在45歳ですが結婚はしているのでしょうか? 調べてみましたが結婚しているかしていないかの情報ネット上にはありませんでした、調べ方が悪い可能性もありますが・・・ なかなかの男前のイケメンですし、45歳なら結婚していてもおかしくない年齢ですが、毎年4・5ヶ月も世界を飛び回っているので、結婚している可能性は少ない気がします。 もし結婚しているなら同じ研究者で小林さんの事を理解している方とか、発掘に付いていくスタッフの方とかなのでしょう。 番組内で結婚しているかしていないのかわかるのでしょうか?わかると良いのですが。 最後に 今回の恐竜学者・小林快次さんの番組放送、9月1週目の月曜日にではなく、夏休みの期間中に放送すれば良かったのではと思いました、恐竜って子供が好きじゃないですか、その恐竜研究の第一人者が特集されるのですから、子供達にも見れる夏休みに放送すればと・・・ 今は録画機能の付いたテレビ多かったりするので興味ある人は、録画して後で見たりする方が多いでしょうが、夏休み期間中の放送ならちょっと夜更かしして子供が見たりとか、偶然見たりとかあったかもしれないじゃないですか。 夏休み最終日の8月31日 地域によって夏休み終了日が違います。 に、ひきこもりや不登校などに悩む子ども・若者支援のエキスパートの谷口仁史さんを放送したのも、夏休み明けは子供達に異変が起きやすいので、 そういう事を考えて放送日時を決めたのかなとか、かなり深読みして思っていたので、小林さん特集の放送も夏休み期間中に考えていたのか気になります。 プロフェッショナルとして放送するのではなく、NHKスペシャルとかでもっと早い時間帯で放送してもよかったのかもしれませんね。 恐竜学者の小林快次さんが出演する、プロフェッショナルの放送が楽しみです。 2015年8月31日放送の第275回プロフェッショナル仕事の流儀の記事です。 2015年7月27日放送の第272回プロフェッショナル仕事の流儀の記事です。 探すという共通点がある、プラントハンターの西畠さんの記事です。 2015年7月20日放送の第271回プロフェッショナル仕事の流儀の記事です。 2015年7月13日放送の第270回プロフェッショナル仕事の流儀の記事です。

次の