無印 調味料入れ。 調味料入れの人気おすすめランキング20選【塩や砂糖の収納に】

砂糖が固まらない保存容器15選|入れ物の保存方法は?無印/フレッシュロック

無印 調味料入れ

おしゃれなのでキッチンインテリアに合う このオイルボトルを使うまでは、油はフランフランのオイルボトルに詰め替えて使っていました。 そちらも気に入っており、今でもごま油・オリーブオイルを入れるのに使っています。 (写真左がフランフラン、右側がタワー) ただ、その商品(というか一般的な詰め替えボトル)と比べると断然TOWERのものが使いやすいです。 将来的には全てこの容器に変更しようかなと思いましたのでその理由を一つづつご紹介します。 使いやすい機能的なボトル 蓋がしっかり閉まる 蓋で密閉されるので乾燥を防ぎます。 調味料は風味が落ちるのが心配なので、密閉型の容器を選びたいですね。 閉める時はワンプッシュ、 開ける時はひねるだけの簡単オープンです。 液だれがしにくい ノズル部分が傾斜しているので、液だれがしにくいのも嬉しいです。 やっぱりオイルボトルが汚れるのって液だれが大きいですよね。 このボトルならその心配がありません。 蓋が外れるので詰め替えがスムーズ 蓋がポンっと外れて大きく開くので、詰め替えが簡単! 詰め替えに失敗してよく液体をこぼすというタイプの方(私)も安心です。 蓋を外して洗えるので衛生的 一番嬉しい特徴がこれ。 蓋を外して洗うことができるので清潔に保つことができます。 しかも口が広く開いているので、スポンジも届きやすいです。 一度このボトルを使うと他のものに変えられなくなるというのにも納得! シールは剥がさず。 100均でラベルを買っても このラベルとしてついているシール。 やっぱり剥がして使うのが普通ですよね・・・。 でも、とってもおしゃれなのでこのまま貼っておきたいなと思います。 イッタラの食器もそうですが、ついついシールを貼ったまま使うという可哀想な癖があります。 このボトルに合わせてラベルを自作したり、 100均などでラベルシールを買っても良いかなと思います。 私が今までに使って「良かった」と思うオイルボトル4選は以下の記事でご紹介しています その他「買って良かったTOWERのキッチン製品」については別記事をご参照ください いかがでしたでしょうか。 今日は山崎実業のTOWERシリーズのキッチン雑貨から「 調味料ボトル」を使ってオイル収納をしたお話をお届けしました。 キッチンはお料理を担当する私にとってはとても大切なスペースです。 お気に入りの雑貨に囲まれて、少しでも料理が好きになったり上達したら嬉しいです。 スポンサーリンク.

次の

キャンプの小分け調味料の容器を無印良品で!これ楽だしピッタリじゃない?[これはダメだった…失敗編]

無印 調味料入れ

6つ目の無印でおすすめのスパイスボトルは、「耐熱ガラスの塩胡椒入れ」です。 透明な容器に黒のフタがとてもおしゃれで、中身を見せた収納を楽しみたい方に支持されています。 耐熱タイプなので、油が飛んでついたとしても形が変形する心配も要りませんよ。 無印良品のスパイスボトルは、キッチンに置くだけでおしゃれな雰囲気なると評判ですが、増えてくるとバラついてきますよね。 キッチンを上手に収納するアイデアを知っておけば、常にスッキリしたキッチンをキープすることができますよ。 下記の記事では、キッチン・台所をスッキリ収納するためのアイデアを47選紹介しています。 プチプラ価格でキッチンを変えたい方に最適な、100均グッズを使ったアイデアも紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。 5つ目の無印のスパイスボトルをおしゃれに見せるポイントは、オープン棚を使用することです。 すぐにぱっと使いたい調味料を収納する時は、キッチンの壁の側面に取り付けられる、オープン棚がおすすめです。 壁にくっつく形になるのでスッキリしますし、扉がついていないので、使いたい調味料をぱっと取り出すことができますよ。 調味料を並べて置くだけでもおしゃれですが、ラベルを貼ったり、同じスパイスボトルで統一することでより素敵になりますよ。 オープン棚は、取り付けてスパイスボトルを置くだけで垢抜けたインテリアになると人気です。 他にも、キッチンをおしゃれにするアイデアを知りたい方は、下記の記事も併せてチェックしてみてくDさいね。 人気の北欧風やカフェ風のインテリアを作れる飾りを紹介しています。 DIYに興味がある方はトライしてみてくださいね。 3つ目の無印のスパイスボトルのスパイス入れ以外のおすすめの使い方は、アロマキャンドルを入れて癒しの時間を楽しむ方法です。 部屋におしゃれなアクセントをつけたいという方は、手作りのアロマキャンドルの容器として使ってみてはいかがですか? 中でも無印のガラス調味料入れはシンプルなデザインなので、インテリアの邪魔をすることなくすんなりマッチしてくれるでしょう。 手作りのマロマキャンドルに興味があるけれど作り方がわからない…という方には、下記の「手作りキャンドル・ろうそくの作り方」の記事を参考にしてみてください。 おしゃれなアロマキャンドルの作り方やアイデアを13選紹介しています。 簡単にできるものばかりなので、DIY初心者の方も気軽にトライしてみてくださいね。 5つ目の無印のスパイスボトルのスパイス入れ以外のおすすめの使い方は、インテリアに活用する方法です。 インテリアがどこか寂しいという方は、大き目の瓶タイプのスパイスボトルに、100均やニトリにある造花を入れてオブジェを作ってみませんか? こちらの画像では緑だけですが、カラフルな造花を使用してもいいでしょう。 綺麗にラッピングすれば、世界に1つしかないプレゼントにもなりますよ。 是非お気に入りの造花を見つけて作ってみてくださいね。 無印のスパイスボトルで便利な生活を楽しもう! 無印で人気のスパイスボトルを紹介してまいりました。 無印のスパイスボトルは、調味料を入れて置くだけでおしゃれになる便利アイテムです。 塩や胡椒を入れるだけではなく、お菓子入れやインテリアオブジェとしても活躍してくれます。 是非お気に入りを見付けて、おしゃれ生活を楽しんでくださいね。

次の

キャンプの小分け調味料の容器を無印良品で!これ楽だしピッタリじゃない?[これはダメだった…失敗編]

無印 調味料入れ

調味料入れを選ぶコツ 調味料入れには、さまざまな素材やデザインのものがあり、どれを選べばいいのかわからないという方は多いはず。 また調味料には塩やコショウなどといった粉末タイプと、醤油や油など液体タイプがあるので、それぞれにあった容器を選ぶ必要があります。 ここからは調味料入れの選び方のコツを見てみましょう。 保存する調味料の種類にあった容器を選ぶ 調味料の種類によって、ぴったりな容器の素材が異なります。 例えば、お酢や醤油には酸に強いガラスかホーローの容器がいいでしょう。 塩や砂糖をストックするなら、湿気を除去する性質を持つ陶器の容器がおすすめ。 スパイス入れにはニオイ移りしにくく、中身を見せて収納できるガラス製の容器が最適です。 割れる心配がなく一番扱いやすいのが、プラスチックやアクリル製の容器です。 粉や液体など、あらゆる調味料を入れることができます。 手頃な値段なのも嬉しいポイントです。 《 ポイント 》• お酢や醤油を入れるなら、酸に強いガラスやホーローの容器がおすすめ• 塩や砂糖のストックには、陶器の容器が最適!• スパイス入れには、ニオイ移りしにくく見せて収納できるガラス製の容器を選ぶ• アクリルやプラスチック製の調味料入れは、粉末・液体どちらも入れられて扱いやすい 容器にどんな機能があるのか確認しておく 液だれしにくく、お手入れしやすいことは、醤油や酢など液体の調味料入れやオイルボトルに必須の条件です。 蓋がパッキン付きで密閉性の高い容器は、湿気の影響を受けやすい砂糖や塩、胡椒など粉末の調味料を入れるのに最適。 スプーン付きの調味料入れなら、調理中に使う砂糖や塩の容器に使うと非常に便利です。 片手で開閉でき、サッと振りかけられる調味料入れは使いやすく、アウトドアの際にも活躍します。 《 ポイント 》• キッチンの雰囲気や自分の好みに合った調味料入れを選ぶのが一番! 手頃でおしゃれな調味料入れが買えるおすすめ店舗 お手頃な価格でも、センスのいい素敵な調味料入れはたくさんあります。 キッチンにあるすべての調味料容器をまとめて揃えたいという方は、ここで紹介するお店の商品をチェックしてみてください。 コスパがよく、かわいいアイテムが揃っているので、自分好みの調味料入れが見つかるはずです。 セリア 100均なのにおしゃれなデザインのアイテムが豊富な「セリア」。 本体部分がレンガ柄のスパイスボトルは、見た目がキュートで大人気。 蓋の内部に小さめの穴が7つ開いたタイプと、大きめの穴が1つ開いたタイプがあります。 ミニスプーン&取っ手付きのスクエア型容器やベーシックな調味料容器、ドレッシング容器など、あらゆるタイプの調味料入れが揃っています。 テイストの同じ調味料入れを揃えれば、統一感を出すことができ、見た目もすっきりしたキッチンにすることができますよ。

次の