菊花賞。 2019年 菊花賞 JRA

2019年 菊花賞 JRA

菊花賞

10月 19, 2019 こんにちは。 先週は台風の影響でバタバタとしていたため出来ませんでしたが、今週はようやく落ち着きましたので、明日行われる菊花賞について考察していこうと思います。 菊花賞の存在意義は? 近年の競馬は2000mの中距離戦が世界的な主戦場で、長い距離といえば2400mあたりまでといった風潮が一般的です。 そんな中、世代で一番強い馬を決めるクラシック戦線に、3000mの菊花賞が必要なのか?といった疑問が起こるのも無理はないかと思います。 実際今年も、世代トップクラスの馬が出走しない、クラシックの最終戦としては残念な感じになっていますw ただ、個人的には。 こういった長距離レースは今後もあって欲しいなぁと思っています。 世の中の移り変わりや、世界の動向などに左右されない、この国の競馬カルチャーを守ること。 それはとても重要なことだと思うからです。 実際のところ、この菊花賞は必ずしもステイヤーが勝っているわけではありません。 京都競馬場というコースの特徴でもあると思いますが、持続力のある脚が使える馬であれば、マイラーだって好走したりします。 こうゆうレースこそ、紛れや予想の穴があったりして、競馬的に非常に面白いレースだなぁと、個人的には思ったりするわけです。 今年の注目馬は? さて、前置きが長くなりましたがw 今年の菊花賞について考えていきましょう。 基本的には人気になっている2頭、ヴェロックスとワールドプレミアが中心にはなるでしょう。 サートゥルナーリアが勝った神戸新聞杯でも好走しましたし、サートゥルナーリアがいない中で考えれば、少し抜けた存在なのは間違いないでしょう。 それではどちらを上位に考えるか?についてです。 個人的にはワールドプレミアの方を上にしたいと考えてます。 神戸新聞杯でも、サートゥルナーリアに勝つために挑んでいたヴェロックスと違い、自分の走りに徹してキッチリと権利を取ってきたワールドプレミアの走りの方が好印象でしたし、馬体へのダメージも少ないと思います。 ヴェロックスは血統的にもこの菊花賞では若干不安があるとも感じていますし、それならば不安もなく向いているであろうワールドプレミアの逆転に期待したいところです。 その他の注目馬は? こういったレースは正直、堅い決着になりがちですw ただ、人気の2頭以外の実力差は割と似たりよったりかなぁと思いますし、そのあたりが高配当につながると期待して狙いたいですね。 注目したいのは、サダル、そしてサトノルークスの2頭です。 サダルはまだデビューしてからの4戦しかしていない馬ですが、そのポテンシャルの高さは早くから話題になっていました。 実際、こうやってG1に出走できるまでの成績を残しているのも事実ですし、相手強化にはなりますが一気に才能を爆発させても不思議ではありません。 枠も絶好の1枠1番ですからね、台風の目になってくれそうなニオイがプンプンしますw サトノルークスに関しては、今回の出走馬の中で最も展開面、血統面などからみて、穴をあけそうなニオイがするなーと感じていますw 前走でキッチリと結果を残して権利を獲得しましたし、しっかりと実力をつけてきている証拠だと思います。 これまでは中距離を中心にしたローテを考えていたようですが、持続力を上手く活かすことができれば、クラシックディスタンス~長距離といった展開が広がりますから、どんな走りをしてくれるか注目です。 今年の菊花賞は狙いを絞って挑んでみるのが吉? 今回は少々狙い馬を絞って紹介しましたが、いかがでしたか? 個人的には軽視されがちな菊花賞に、もっと盛り上がってほしいなーと思っているの、皆さんも是非注目してみて下さい! 【無料】私の手法教えます 夢の競馬生活実践中 プロからの情報で素人が勝てる時代。 情報を読み解く力が、収益に直結することを知りました。 私の手法は誰でも真似できます。 出し惜しみもしません。 恩のある競馬界が盛り上がってくれればそれだけで十分です。 仕事は引退しました。 ギャンブル投資の収益のみで生活。 上場企業の役員よりもはるかに多く稼いでます。 金銭面での不満は一切ありません。 満足しています。 ・海外巡り• ・グルメ極める• ・友人をもてなす• ・クルーザー• ・時計コレクション• etc... 病気で身体を壊して以降、自由な時間を求めてギャンブル投資一本に絞った人生を選択しました。 今はこの生き方の良さ、金銭的自由を手に入れる素晴らしさを多くの人に伝えるべく、ブログを通じて多くの方に稼ぎ方をシェアしています。 メールくれた方に情報や稼ぎ方は全部無料で教えてます。 一緒に好きなことしましょう。 自由人仲間募集中です。

次の

菊花賞(過去GⅠ成績) JRA

菊花賞

予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 血統 (父馬) (母馬) 馬主 生産者 前走 着順 1. 3 コントレイル 福永 矢作 ディープインパクト ロードクロサイト ノースヒルズ ノースヒルズ ダービー1 15. 5 オーソリティ 木村 オルフェーヴル ロザリンド シルク ノーザンF 青葉賞1 15. 6 アドマイヤビルゴ 友道 ディープインパクト イルーシヴウェーヴ 近藤旬子 ノーザンF 京都新4 15. 8 サトノフラッグ 武豊 国枝 ディープインパクト バラダセール サトミ ノーザンF ダービー11 16. 2 サトノインプレッサ 坂井 矢作 ディープインパクト サプレザ サトミHC 社台F ダービー4 22. 2 ワーケア ルメール 手塚 ハーツクライ チェリーコレクト 落合幸弘 ノーザンF ダービー8 24. 0 ディープボンド 和田 大久保 キズナ ゼフィランサス 前田晋二 村田牧場 ダービー5 30. 3 ガロアクリーク 川田 上原 キンシャサノキセキ ゴールドレリック 水上行雄 笠松牧場 ダービー6 37. 9 グランデマーレ 藤岡 ロードカナロア グランデアモーレ キャロット 白老F 葉牡丹1 44. 8 ヒュッゲ 友道 ハーツクライ ムーンライトダンス 金子真人 ノーザンF 白百合1 59. 8 ダーリントンホール デムーロ 木村 ニューアプローチ ミスケントン ゴドルフィン 英国 ダービー13 59. 9 ヴァルコス 三浦 友道 ノヴェリスト ランズエッジ 佐々木主浩 ノーザンF ダービー14 60. 1 ブラックホール 石川 相沢 ゴールドシップ ヴィーヴァブーケ 芹澤精一 杵臼牧場 ダービー7 68. 0 ビターエンダー 津村 相沢 オルフェーヴル ビタースウィート ヒダカBU 桜井牧場 ダービー10 70. 1 マイラプソディ 横山典 友道 ハーツクライ テディーズプロミス キーファーズ ノーザンF ダービー9 90. 7 アルジャンナ 浜中 池江 ディープインパクト コンドコマンド 吉田勝己 ノーザンF ダービー18 128. 7 マンオブスピリット 北村友 斎藤 ルーラーシップ サンデースマイル2 ホシノR ノーザンF ダービー16 130. 3 ウインカーネリアン 田辺 鹿戸 スクリーンヒーロー コスモクリスタル ウイン コスモヴュー ダービー17 181. 5 レクセランス 石橋脩 池添 ディープインパクト エクセレンス シルク ノーザンF ダービー15.

次の

菊花賞(過去GⅠ成績) JRA

菊花賞

0 07-06-08-06 35. 8 57. 0 3 6. 0 クビ 10-11-12-07 35. 7 57. 0 8 24. 2 1馬身 04-04-04-04 36. 2 57. 0 1 2. 8 57. 0 16 164. 4 クビ 16-16-16-15 35. 7 55. 0 12 65. 6 1馬身 07-08-08-07 36. 4 57. 6 クビ 12-12-08-02 36. 6 57. 0 11 59. 6 ハナ 01-01-01-01 36. 8 57. 2 57. 7 クビ 12-12-08-07 36. 5 57. 0 4 9. 4 4馬身 07-08-07-04 37. 4 57. 0 5 10. 3 57. 0 15 117. 5 57. 0 6 14. 5 3馬身 03-03-03-07 38. 4 57. 5 57. 7 ハナ 18-17-17-17 37. 9 57. 0 14 71. 7 ハナ 02-02-02-02 38. 8 57. 0 17 187. 9 大差 16-17-17-18 41. 8 57. 0 9 52. Bはブリンカーの有無。 上3Fはゴール前3ハロン(600m)のタイム。 オッズは単勝オッズ。 通過順位、人気は月曜午後(土日開催の場合)に更新されます。

次の