更年期 障害 症状。 【更年期障害の症状】女性50代がうまく乗り切るつの対策とは?

更年期障害ってならない人もいるの? 症状は日によって変わるって本当? » 女子カレLOVABLE

更年期 障害 症状

スポンサードリンク 最近、 若年性更年期障害 というものも耳にするようになってきて 自分は大丈夫なのだろうか…?と 不安に思っている人もいるのではないでしょうか。 今回はそんな若年性更年期障害の症状をチェック! またもし該当するならば 何科を受診すればいいのでしょうか? 若年性更年期障害の症状をチェック! 更年期障害というのは おそらくほとんどの人が耳にしたことがある言葉ですよね。 自分の親が更年期障害に悩んでいる という人もいると思いますし 自分自身がそうであるという人もいると思います。 しかし、そんな更年期障害は 閉経間際になって初めて起こるものなだけに まだ20代30代世代の人にとっては 遠い先のことというイメージが強いでしょう。 そんな最近、よく耳にするのが 若年性更年期障害という言葉。 若年性というのは若い世代に値するために 若いうちでも更年期障害になってしまうの!? と少しドキっとしますよね。 もちろん更年期障害そのものとは 別物ではあるものの 似ていると言えます。 更年期障害というのは 閉経が近づく女性に起こるもので ホルモンバランスが急激に変化をすることによって 起きてしまうものです。 その際に急激に成分が減ってしまうのが エストロゲンというものなのですが 20代、30代の中にも 極稀にエストロゲンが低下をしてしまい ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのです。 そうなると若年性更年期障害となってしまい 更年期障害に似た症状が引き起こされてしまうのです。 では早速 若年性更年期障害の症状チェックをしていきましょう。 ・月経不順がある ・肌荒れがひどい ・便秘や下痢気味である ・イライラしてしまう ・気持ちの浮き沈みが激しい ・食欲が無い ・体重の変化が激しい ・抜け毛・白髪が増えた スポンサーリンク 何科を受診するの? 若年性更年期障害の可能性がある となったときにいざ病院に行こうと考えてみても 何科を受診すればいいのかわかりませんよね。 ストレスを発散することによって 症状が解消されるものもあるので 病院に行く前に自分で出来る限りのストレス発散をして様子を見る というのも1つの手段。 しかしそれでも症状が改善されない場合や ストレス発散をすることができない ストレスを感じていないという人は 病院に行って一度受診をすることをオススメします。 症状の中には体調不良のようなものも含まれているので 内科を選びがちになってしまいますが ここは 婦人科一択で。 婦人科というと 女性専門であり、妊娠や不妊治療…というイメージが強く 行きづらいという人も多いかもしれません。 しかし女性にまつわる病気を扱うところでもあるので 一度行ってみると心強い味方になってくれます。 もしかしたら月経不順などの症状は 他の病気が関係していた なんてこともあるので 症状が酷い場合にはそういった時のためにも 行ってみるといいでしょう。 さて、最後に 若年性更年期障害にならないためにしておきたいこと について見て行きましょう。 女性の体はホルモンバランスが崩れやすく 若年性更年期障害になりやすいと言えますが 更年期障害と比べて症状は軽く、改善模することが出来るため 未然に防ぐこともできるものです。 普段からストレスを溜めないということは一番ですが 正しい生活リズムやバランスの摂れた食生活 ということを意識すれば 若年性更年期障害になりにくくなるので 意識して日々過ごしていきましょう。

次の

更年期障害の症状まとめ!40代以降の女性を襲う辛い症状まとめ

更年期 障害 症状

更年期障害は病気? 更年期障害は、複雑な幾つもの症状が重なって、寝込むケースも多い病気なのです。 卵巣の働きが衰えると、女性ホルモンの分泌が減少し、やがて機能が停止して女性ホルモンが欠乏した状態になります。 更年期とは、この 変化に体が 慣れるまでの 期間のことです。 閉経後は、今まで女性ホルモンによって数々のサポートを受けていた体や心が、平均寿命までの約30年という長い期間を、女性ホルモンの恩恵なしに過ごしていくことになります。 人によって更年期障害の症状が違う原因 女性ホルモンの減少 女性ホルモンの 減少スピードは、 個人差が大きいといわれています。 減少のペースがゆっくりであれば身体が徐々に慣れていけるので、更年期障害の症状はそれほど感じません。 スピードが 急激な女性ほど、更年期障害の症状も 寝込むほどに 重くなるようです。 無理なダイエットを繰り返していたり、 不規則な 生活や 食事を続けていたという経験も、更年期を迎えた時のホルモンバランスに響いてきます。 自律神経の乱れ 自律神経は無意識のうちに、呼吸、血圧、体温維持、内臓の機能を維持してくれる神経です。 エストロゲンの減少はこの 自律神経のバランスを 乱してしまうので、症状の ひどい人は 体全体に影響を受けて、 寝込んでしまうのです。 自律神経は、 ストレスによってもバランスを 崩します。 更年期障害を我慢して無理を続けていたり、仕事や家庭で心配ごとがあると、さらにストレスを大きくしてしまいます。 症状が軽い女性と寝込む女性 更年期障害が軽い女性の特徴• 趣味に打ち込んでいたり、日常に 充実感を持っている• よく笑うなど、 明るく生活するように心がけている• 物事を、 前向きに捉える 更年期障害で寝込む女性の特徴• 一人で 悩みを 抱え込むタイプ• 生活が 不規則になりがち• 散歩などの、適度な 運動の 習慣がない• 几帳面で責任感が強く、 ストレスに 弱い 更年期障害が始まる時期にも違いが 身体的な症状から精神的な症状まで、多くの症状を引き起こすといわれる更年期障害。 身体と心の症状は繋がりが深く、どちらか一方が不調になると、もう一方もバランスを崩してしまいます。 これには個人差も大きいのですが、 30代後半から 卵巣の 機能が 衰えてきて、 更年期障害のような状態になる人もいます。 ストレスで自律神経が影響を受け、ホルモンのバランスが崩れて、 20代から更年期障害の 症状があらわれるプレ更年期も見られます。 閉経すれば更年期は終わる? 寝込むような更年期障害も、閉経するまでの辛抱だと思っている女性が少なくないようです。 残念ですが、 閉経しても更年期は 終わりません。 更年期は 閉経を挟んだ 前後の 5年間ですから、合計すれば 10年間です。 日本人女性の閉経の平均年齢は50歳くらいですから、その前後の45歳から55歳までが、一般的に更年期とされています。 閉経を挟んだ10年という長期に渡って、人によっては寝込むほどの更年期障害に悩まされることになります。 更年期は閉経を挟んで前期と後期に分けられ、閉経前と後で症状に違いが見られます。 更年期障害は、 後期の方が症状が 重いといわれていて、 寝込むような更年期障害も後期に多く見られます。 更年期障害の前期の主な症状 女性ホルモンの分泌量が減少し始める閉経前は、生理不順はもちろん、自律神経の影響を受けて心的な乱れが多くなります。 脳の視床下部から卵巣に出される「女性ホルモンの分泌」の指示が、自律神経を乱す原因です。 うつのような 落ち込みやイ ライラ、 ホットフラッシュも、同様に自律神経から起こる症状です。 更年期障害の後期の症状 閉経後は 前期の不調に加えて、 不眠や めまい・ 動悸・ 関節痛などの体の不調が多くなります。 今まで受けていた女性ホルモンの恩恵がなくなるので、生活習慣病なども急増します。 更年期の 後期の方がさらに症状が 増えるので、更年期障害で 寝込む原因となっています。 更年期障害の症状が長く続く時は、他の 病気を 併発している心配もあるので医師に相談しましょう。 寝込むほどの更年期障害を改善する対策 医療機関で診察を受ける 症状が辛いときは、 診察を 受けましょう。 一人で抱え込まないで、 相談相手を作ることが気持ちを前 向きにしてくれます。 病気と診断してもらうことで、更年期障害の辛さや寝込むことが、周りから理解されやすくなります。 ストレスの発散方法を見つける 楽しみを見つけることは、毎日の生活を明るくしてくれます。 お風呂・温泉・音楽など、何か 趣味を 持つことはストレスの解消にも効果的です。 自律神経を整える 朝日を浴 びると、自律神経を 整える働きがある セロトニンが分泌されます。 不眠にも効果があるので、熟睡するためにも朝日を浴びる習慣は大切です。 自律神経を調整する、 ビタミンB類を摂取することもおすすめです。 ホルモンの分泌を助ける 夜間の 熟睡は、ホルモンの分泌を促します。 ビタミンEや 亜鉛の摂取も、効果があります。 エストロゲンと似た作用があるといわれる、 インフラボンを含む豆腐や納豆、味噌なども、意識的に取り入れるようにしましょう。 適度な運動で基礎体力をつける 適度な 運動で作られる 基礎体力や 免疫力は、更年期障害だけでなく、加齢と共に増えてくるさまざまな病気への抵抗力をつけてくれます。 有酸素運動は、自律神経を 整える効果も高いといわれています。 寝込むような更年期障害を防ぐためにも、適度な量を習慣にして 毎日続けるようにしましょう。 サプリでお手軽に更年期障害の対策をする! 医療機関で診察を受けたり、食事や運動に気をつかったりすることが、 面倒な 方もいると思います。 そのような方は、更年期障害の 対策を サプリメントで お手軽にしましょう! ご紹介するサプリは、テレビでも紹介されて大人気の「 ノムダス」です。 ノムダスは、 お客様満足度がなんと 95%だそうです! それから、 漢方系なので副作用の心配が少なく安心して飲めますね。 気になった方は、 私が購入前に調べて 実際に 飲んだ記事がありますので、見てみてください!.

次の

【更年期障害の症状】女性50代がうまく乗り切るつの対策とは?

更年期 障害 症状

は、更年期(前後の5年間)に現れる、他の病気ではないにもかかわらず日常生活に支障をきたす多様な症状です。 その症状は200〜300種類もあるといわれています。 更年期障害の症状やその重症度は個人差が非常に大きく、千差万別です。 今回は更年期障害の症状について、昭和大学産婦人科の白土なほ子先生に詳しくお話を伺いました。 更年期障害の症状 更年期は全員通りますが、 は全員に起こるものではありません。 何も症状がない方から、症状を多少感じる方、症状が重い方、そして治療する方、しない方まで、さまざまです。 更年期障害において必発症状はなく、一人ひとり症状は異なり、個人差が大きいことが特徴です。 症状は、大きく以下に分けられます。 血管運動神経症状• 精神症状• 身体症状 主な血管運動神経症状(ホットフラッシュ)• ほてり• 緊張したとき• 心配事を思い起こしたとき• 温かいものを飲んだとき• アルコールを飲んだとき 汗をかく場所は、首から上が多いです。 顔の目の淵、耳の後ろなど、今まであまり感じなかったところにも汗をかきます。 脂汗というよりは、サラサラとした汗がでます。 汗の量は個人差があり、夜中にパジャマを何回も着替えなければならないほど非常に多くの汗をかく場合もあります。 また、汗のにおいを気にする方が多いです。 実際にさほど汗臭くなくとも、自分のなかで気にしすぎるあまり、他人に避けられているような感覚に陥ることもあるようです。 主な精神症状• うつ傾向(気分が落ち込む、悲しくなるなど)• 情緒不安定 心理社会的要因でうつ傾向が悪化しうる 心理社会的要因といい、家族背景、仕事の問題、介護の問題、子どもの受験など、社会的な要因でうつ傾向が悪化する方が多くいます。 うつ傾向がある方で、周りから見て明らかにうつだと考えられる場合は、精神科を受診したほうがよいです。 更年期だけのうつ傾向であれば、婦人科で薬を処方することができます。 詳しいの症状についてはこちらの記事をご覧ください。 主な身体症状• 手足の冷え• 肩こり• (浮遊感)• 頭重感• 疲れやすい• 関節痛• 外陰部の乾き 外陰部の乾きは改善できる 更年期になると、おりものが少なくなり外陰部が乾き、性交痛が生じることもあります。 また乾燥によって膣の自浄作用が弱まり、萎縮性膣炎になることもあります。 膣錠や女性ホルモン剤などを週に1回入れるだけでも、乾きの症状は随分変わります。 解決策は多少なりともあるため婦人科に相談してみてください。 更年期障害セルフチェック 白土先生よりご提供:昭和大学病院産婦人科で使われている健康調査票(日本人女性の更年期症状評価表 日産婦誌2001 昭和大学病院産婦人科の健康調査の項目(診察時に使用) ・顔や上半身がほてる(あつくなる) ・汗をかきやすい ・夜、なかなか寝つかれない ・夜眠っても眼を覚ましやすい ・興奮しやすく、イライラすることが多い ・いつも不安感がある ・ささいな事が気になる ・くよくよし、憂うつなことが多い ・無気力で、疲れやすい ・眼が疲れる ・物事が覚えにくかったり、物忘れが多い ・がする ・胸がドキドキする ・胸がしめつけられる ・頭が重かったり、がよくする ・肩や首がこる ・背中や腰が痛む ・手足の節々(関節)の痛みがある ・腰や手足が冷える ・手足(指)がしびれる ・最近、音に敏感である 上記の票は、実際に昭和大学病院の更年期外来で使っている健康調査票 (注)です。 自分で簡単に更年期障害の症状をチェックすることができます。 項目の多さや症状の重さで更年期障害かを決めるものではなく、自分の症状を把握するために使ってください。 実際の診療では、この健康調査票や精神的ストレスに関する質問票などで総合的に診断しています。 医師が必要と判断した場合に行います。 血液検査では、血中の「 *()」と「E 2 *(エストラジオール)」の濃度を調べます。 FSHが40以上あり、E 2が20以下の場合は更年期です。 「FSH」…卵胞刺激ホルモン。 正常であれば10以下の値。 「E 2」…エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの中のエストラジオールという種類。 30くらいの値があれば、問題なし。 年齢でいうと、だいたい45歳〜55歳です。 その期間のなかでも、より症状が激しい期間は、閉経前後の2〜3年ほどです。 しかし、が治ったと思っても繰り返す方もおり、個人差があります。 また、年齢を問わず、の治療後の方、卵巣摘出手術を行った方、ホルモン剤での治療などを行った方などは更年期のような症状が出ます。 これは、ホルモンのアップダウンが激しくなるためです。 更年期症状にいずれ終わりは来ますが、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合は、更年期障害です。 我慢せずに婦人科に受診してください。 更年期障害ではないかも? 疑ったほうがよい疾患 他の疾患の場合もあるため注意したほうがよい症状 以下の症状の原因は、ではない病気の可能性があります。 自己判断せずに、まずは医師に相談してみてください。 ・ 動悸:、、甲状腺の病気など内科疾患も疑う ・ :などの耳鼻科疾患、脳神経疾患も疑う ・ うつ傾向:精神疾患、心療内科疾患なども疑う ・ こわばり:などの、内科疾患も疑う 白土先生から更年期障害で悩む方とそのご家族へ 本人も家族も更年期障害を知ることが大切 月経がきた方には、いつかのときが来ます。 「みんなそうなのね!」と知っているだけで随分心持ちは違います。 周りと話して自分の状況を知ることが大事です。 夫や友達、娘や息子など、悩みを打ち明けられる方がいればより安心です。 家族や周囲の方々ものことを知り、協力的な姿勢でいることが大事です。 ホットフラッシュは夜も起こるため十分に寝ることができないと、午前中に疲れ切ってしまうことがあります。 そうすると家事ができなくなる、化粧をしなくなる、予定を入れなくなるなど内向的な傾向になっていきます。 その結果「自分はダメだ」と負のスパイラルに陥ってしまうことがあります。 しかし、家族が協力し合えば解決するということもあります。 婦人科では更年期障害だけではなく、女性医学を網羅的にみています。 我慢せずに、何か悩みがあれば、まずは婦人科に受診してください。

次の