湘南 鎌倉 総合 病院 コロナ。 「最前線で役に」 看護師目指し、湘南鎌倉医療大で入学式(カナロコ by 神奈川新聞)

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A|湘南鎌倉総合病院

湘南 鎌倉 総合 病院 コロナ

年間1万4千台と国内トップクラスの救急車を受け入れ、「救急患者を断らない」湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)。 モットーはそのままに、発熱や呼吸器症状があり新型コロナウイルス感染症の可能性がある患者を1日に40~50人診ている。 「できる限りの感染防御をして、新型コロナに立ち向かう」。 医師らはその姿勢を崩さない。 救急車はこれまでのように来る。 4月25、26日の土日も32台と42台を受け入れた。 26日に運ばれた患者は、県内の別の地域の老人保健施設に入所していた70代男性。 発熱があり低酸素状態のため、新型コロナが疑われた。 消防は県内6病院に受け入れを頼んだが、対応できないと断られ、1時間ほどかけて湘南鎌倉に運ばれた。 気管挿管をして人工呼吸器を着けたが、27日未明に男性は亡くなった。 駐車場にプレハブ外来 通常の外来にも、かぜや息苦しいといった症状の患者は訪れる。 「『せき、のどの痛み、呼吸が苦しい……』。 こうした症状に当てはまる方は、職員にお声掛けください」 病院の入り口にポスターが貼ら….

次の

医療法人湘和会 湘南記念病院

湘南 鎌倉 総合 病院 コロナ

学校法人徳洲会が4月に開学した湘南鎌倉医療大学(鎌倉市山崎)の入学式が13日、同大で行われた。 新型コロナウイルスの影響で2カ月遅れで迎えた式には看護学部の新入生男女107人が出席。 学生らはコロナ禍で奮闘する医療従事者を思いながら「最前線で役に立てる看護師に」と決意を新たにした。 徳洲会グループの医療大学開設は初めて。 卒業要件を満たせば看護師・保健師の国家試験受験資格を取得できる。 湘南鎌倉総合病院(同市岡本)などグループの病院施設を活用した実習が強みで、被災地での医療看護を行う救援隊の講義、鎌倉の歴史や文化を学ぶ体験学習など豊富なカリキュラムを用意。 講義は5月からオンラインで行われているが、今月15日から対面授業が始まる。 式では森明子看護学部長が「対人の仕事で重要なのは相手の思いを感じ取ること」と荒賀直子学長のメッセージを代読。 新入生代表としてあいさつした佐藤真央さん(19)は「患者に信頼される看護師になりたい」と抱負を語った。 感染リスクを抱えながらもコロナ対応を続ける医療従事者の背中を追う日々に、逗子市の津崎はなさん(19)は「大変なときこそ最前線で役に立てる看護師になりたい」と笑顔だった。

次の

コロナ患者も救急車も断らない病院 「怖い、でも…」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

湘南 鎌倉 総合 病院 コロナ

港で防護服を着用し患者さんの搬送に備える(湘南鎌倉病院DMAT隊員) 横浜港に停泊中のクルーズ船で発生した新型コロナウイルス集団感染に対する支援で、湘南鎌倉総合病院(神奈川県)と羽生総合病院(埼玉県)のDMAT(県の災害派遣医療チーム)、千葉西総合病院の日本DMAT(国の災害派遣医療チーム)がそれぞれ現地に赴いた。 いずれも必要に応じて防護服や微粒子用マスク、ゴーグル、二重手袋を装着するなど、感染防止に配慮し臨んだ。 湘南鎌倉病院は県の要請をふまえ2月7日に山本真嗣・救急総合診療科部長をはじめ看護師、業務調整担当として薬剤師、事務職員各1人が出動。 約5時間、船外で待機し下船した外国人1人(ウイルス検査で陽性反応)を都内の徳洲会グループ外の病院に搬送。 山本部長は「船内と船外で指揮・命令系統が異なったり、外国船のため乗船・下船にともなう手続きに時間を要したりし、迅速な対応は難しいと感じました」と振り返った。 羽生病院と千葉西病院は同10日に要請を受け、自院を出発。 羽生病院は姜昌林・救急科部長、看護師2人、事務職員(業務調整担当)1人が午後8時から翌11日午後1時まで船内で活動した。 レストランに設置された指揮所などで、参集した人員のスケジュール作成や、簡易の薬局を設け届いた医薬品の検品などを行った。 船内で届いた医薬品の仕分けを行う羽生病院(左が姜部長) 「乗船客に高齢者が多いこともあり、到着した時点で処方箋が約900枚。 対応しきれておらず、データ入力を含め、そのサポートや医薬品の整理を行いました。 外国の方の場合、日本と違う名称や日本にない薬を服用しているケースもあり、スムーズな対応は難しかった」と姜部長。 その後、下船し日本人2人、外国人1人を埼玉県内のグループ外病院に搬送した。 千葉西病院は看護師、業務調整担当として救急救命士、事務職員各1人が出動。 搬送の可能性を示唆されていたものの要請がなかったため午後9時で活動を終了した。

次の