二 浪 日記。 二浪日記(大学付属中高一貫だったのに二浪・・・) ランキング

メニュー

二 浪 日記

お待たせいたしました。 ずっとアメンバー記事になっていた 二浪日記の過去記事を公開することにしました。 これは 「イチロー君の受験のお話はどうすれば読めますか?」 というたくさんの声に押されたものです。 ここに書いてあることは、 イチローが二浪していた時に私が書いた、中高一貫校時代の振り返り日記と、二浪時代のドキュメントと、見守る母の苦しい心情、つまり愚痴…。 小説ではありませんから、少しもドラマチックではなく、特にオチもなく、面白いものではありません。 書いてあることは事実ですが、なにせかなり昔の内容なので、現在とはだいぶ状況が違うことも多々あります。 そういったこの日記の特徴を、十分ご理解された上、 「それでもいいいからどうしても!」 という方のみにご覧いただきたいと思っております。 そのため有料記事とさせていただきました。 試しに読み始めた方が、興味がなくなった時に、ご負担なくすぐに止めることができるよう、数話ずつREQU最低単価で公開していきます。 1話 息子が通っていた中高は 2話 情報を集めるために役員になる 3話 勉強なんかしなくていい!.

次の

二浪日記(大学付属中高一貫だったのに二浪・・・) ランキング

二 浪 日記

何故二浪したか 浪人の理由は、志望大学に行きたい、己の限界まで頑張りたいとか、大学行きたいけど高校で遊びすぎて学力足りなくて仕方なくなど様々だとと思います。 僕の場合は一浪目は親が許してくれたから、二浪目は親が許してくれたから&見栄っていうなんとも残念な理由です 笑 一浪目でだめだったワケ 浪人が決まって四月から予備校に通い始めました。 11月までは勉強も楽しくかなり順調に成績も伸びていました。 中学校の友達との再会などもあり楽しく浪人生活を送っていました。 マックでゲームしたり到底受験生とは思えないようなことに一日費やしたこともありましたが・・ 笑 このまま普通にやってりゃそこそこの大学にはいけるなって手ごたえも感じていました 笑 そんな感じのまま秋の模試でも望むような成績も残せて受験ってチョロいなって思ったりしてました。 そして冬に事件が起きました。 その事件とは・・・ 勉強に飽きた 何を思ったか12月で世の受験生がラストスパートする中、勉強そっちのけで漫画ばっか読んでました 笑 競馬で言うと急に手ごたえが怪しくなる感じですね~ 今考えるとアホの極みみたいですが、当時はこれでも受かると思ってたんで救いようがないですね 笑 今ならぶん殴ってやりてー 笑 そんな感じで余裕かまして迎えたセンター試験はボロボロでここで初めてやばいかもって思いましたねー とは言え本番まで一か月弱時すでに遅しって感じでした。 ここから鬼のように勉強してれば結果は変わったかもしれないのですが、そんなこともせずにグータラ過ごして本番を迎えてしまいました 笑 結果は行きたいとこは全落ち。 学力のピークは秋の模試って有様でした。 まあ当然っちゃ当然の結果ですよね~当時は運が悪いとしか思ってなかったですが・・・ 受かった大学に行くか二浪するかで悩んだ末僕は二浪することにしました。 親戚や両親が世間的には高学歴と言われるとこを卒業していたのが理由でした。 今思えば単なる見栄でしかないですね 笑 二浪目は一浪目に何故だめだったかを反省しました。 飽きやすい性格は直らないと思ったので意図的に勉強のペースを落として2月にピークが来るようにした結果納得いく結果を得ることが出来ました~ アドバイス 一浪目に全科目偏差値60以上を 複数回取れてれば勉強方法に間違いはないとおもいます。 一回だけだとまぐれとかもあるので何回か取れてないとだめですよー。 僕は一浪の時は全科目偏差値60以上はキープしてました。 60以上あれば基礎力はついているはずなので勉強方法は大きく変える必要はないと思います。 そのような方は志望校のレベルにもよりますが僕のようにモチベーションの持ってき方などに受からない理由があるかもしれないです。 二浪目ともなると学力の維持&底上げも当然大切ですが モチベーションの維持がより重要になります。 一浪目のだめだった原因を自分なりに考えてそこを改善するのがいいと思います。 勉強方法やモチベーションの問題、体調管理等個別に敗因は必ずあります。 二浪の学生生活 二浪して大学に入ったけど馴染めるかって不安に思う人もいると思います。 僕も最初は不安でした。 結論から言うと 普通にしてれば馴染めます!! この普通が難しく感じると思うので少し解説しますねー 失敗する理由 ・必要以上に年を気にする 年を気にしすぎると、周りに必要以上に気を使われてしまいめんどくさい人と思われて距離を置かれます。 ・年下だからと言って見下すような態度をとらない 見下されていい気分になる人はいないですよね??20歳くらいだと無意識にこのような態度になってしまうことがあるので注意したほうがいいです。 このような事さえしなければ馴染めます。 他にも浮いちゃう理由はありますが、これは年が原因で発生するわけではないのでここでは触れません 笑 年下の先輩問題 二浪してサークルとかに入ると年下の先輩がいるってことは当たり前にあります。 当たり前ですが、この時はちゃんと敬語で接しましょうねー 相手のが大学では自分より先輩なんですから当たり前ですよねー 正直年下の先輩も最初はやりにくいと思うので、こちらから敬語で話せば相手もやりやすいと思います。 先輩後輩の上下関係を最初にはっきりさせておいたほうが後々も楽ですしね! 年齢は素直に言うべきか? 年齢のカミングアウトはしなくてもいいですが、僕は最初に伝えちゃいましたねー どうせいつか分かることですし、隠すつもりもなかったんで 笑 触れちゃいけない話題みたいにされるのも嫌だったし・・・ なので個人的にはさっさとカミングアウトしたほうがいいと思います 時期を逃すと言いにくくなるし、変なタイミングでばれて変な感じになるのも嫌ですし、年伝えるといきなり敬語使いだす人は必ずいます 笑 そんな時はこちらからため口でいいよってさりげなく伝えてあげましょうね!ここでなんも言わないとずっと敬語使われちゃうかもしれませんよ 笑 それでもかまわないならいいですけど、僕は敬語だと何となく壁を感るんでため口でいいよ-ってつたえてました。 たまに年齢いじりとかされるんですけどそこはチャンスだと思ってくださいね。 黙っちゃうと絡みにくい人扱いされるかもしれないですよ。 このいじりをされたら仲良くなった証みたいに僕はとらえてました 笑 まとめ 言いたいことは年齢なんて小さいことに頓着しないで楽しめって事です!! どうしても自分がどうみられるか気にしてしまう人は以下の記事を参考にしてください!.

次の

日本遊浪日記番外篇二

二 浪 日記

お待たせいたしました。 ずっとアメンバー記事になっていた 二浪日記の過去記事を公開することにしました。 これは 「イチロー君の受験のお話はどうすれば読めますか?」 というたくさんの声に押されたものです。 ここに書いてあることは、 イチローが二浪していた時に私が書いた、中高一貫校時代の振り返り日記と、二浪時代のドキュメントと、見守る母の苦しい心情、つまり愚痴…。 小説ではありませんから、少しもドラマチックではなく、特にオチもなく、面白いものではありません。 書いてあることは事実ですが、なにせかなり昔の内容なので、現在とはだいぶ状況が違うことも多々あります。 そういったこの日記の特徴を、十分ご理解された上、 「それでもいいいからどうしても!」 という方のみにご覧いただきたいと思っております。 そのため有料記事とさせていただきました。 試しに読み始めた方が、興味がなくなった時に、ご負担なくすぐに止めることができるよう、数話ずつREQU最低単価で公開していきます。 1話 息子が通っていた中高は 2話 情報を集めるために役員になる 3話 勉強なんかしなくていい!.

次の