タープ ウッドデッキ。 ウッドデッキ用にTATONKA (タトンカ)Tarp 1 TCを買ってみた

【ウッドデッキに屋根が欲しい】タープなどの種類と価格をご紹介

タープ ウッドデッキ

こんにちは! ヒデジィ です! 梅雨の晴れ間にウッドデッキの日除けを作ってみました~! 普通のホームセンターの日除けは何だかなぁ~。 なので、コストコタープを使ってみました。 これが安くて良い感じ! 選んだのはコストコのタープ これがコストコのタープ。 お値段は¥4,680! 安い! 大きさは短辺が275cmでポールの間が440cm、広げた幅は435cm。 わが家にはちょうど良い大きさ。 袋から出してみると。 アルミのポールとペグがタープと一緒に入ってました。 日除けとして取り付けてみる 取り外しが簡単に出来るように細工して取り付けました。 良い感じです! タープを家の日除けとして使うのは良いですね! 簡単に取り外し出来るようにするために使ってアイテムはこちら。 カラビナ、ステンレスのアイストラップ、ステンレスの木ねじ。 写真では4セットですが、実際は6セット必要でした。 軒下にアイストラップをビスで取り付けておいて、カラビナでタープを取り付けます。 同じようにポールの張り綱を取り付ける場所にもアイストラップを取り付けました。 反対側の端にもアイストラップを取り付けます。 これでバッチリ! いつでもタープを取り付けれます! 片付ける時も超カンタン! これからの暑い時期もバーベキューを快適に出来ますね~! 日除けにタープおすすめです タープを日除けに使うのはおススメですよ! キャンプの時はそのまま持っていってタープとして使えますしね。 雨が降ってもバーベキューできます! ただの日除けを取り付けるより断然カッコ良いw コストコタープじゃなくてもアウトドア用のタープ良いですよ。

次の

サンシェード・タープで日よけ

タープ ウッドデッキ

オーニングテントDIY取り付けのメリット まずはじめに、オーニングテントDIY取り付けのメリットについてお話してきます。 【メリットその1】とにかく値段が安い 何と言っても一番のメリットは2万円台という価格で本角的なオーニングテントを手に入れることができたということです。 普通、業者に依頼してこのサイズのオーニングテントを購入&取り付けしてもらった場合、20~30万円以上はしてしまう事になるでしょう。 取り付けに多少苦労はしましたが、少ない出費で本格的なオーニングテントを格安で手に入れることができ、家族も大満足です。 【メリットその2】見た目がおしゃれ オーニングテントを実際に取り付けた直後に感じたことは、見た目がおしゃれになったなぁということでした。 ウッドデッキだけでもなかなかいい感じだったのですが、そこにオーニングテントが加わると、ちょっとしたオープンカフェみたいな感じに・・・。 オーニングがあれば、夜もオシャレなビアガーデン風でいい感じです。 オーニングテントを設置してから、ウッドデッキが日陰になり夏にウッドデッキに長時間いるとき(バーベキュー、ビニールプールなど)もかなり涼しく過ごせるようになりました。 また、春から秋にかけては、ウッドデッキの上でキャンプごっこをやったりするのですが、オーニングがあれば少々雨が降ってもウッドデッキの上には水が落ちません。 防水が弱いサンシェード程度でも、天気をそれほど気にせず、安心してキャンプごっこをエンジョイすることができるようになります。 【メリットその4】台風のときなど簡単にたためる 以前は日よけを作るために、ビニールシートを紐で固定したり、ワンタッチ式のタープテントをウッドデッキの上に設置したりしていました。 もちろんこれでも充分日よけ、雨よけはできていたのですが、一度風が強くなったりした時に片付けるのが超大変・・・。 でも、今回設置したオーニングテントなら、急に風が強くなってきてもクルクルっと手回し棒を回すだけで帆をたたんで片付けることができていい感じです。 オーニングテントDIY取り付けのデメリット ここからは、オーニングテントDIY取り付けのデメリットについてお話していきます。 【デメリットその1】取り付けが大変 今回のオーニングテントの一番のデメリットは、何と言っても取り付けの大変さでしょう。 ドリルで壁に穴を開けたり、長くて重たいオーニングテントを持ち上げて固定したり・・・ 実質的な作業時間は2時間ほどでしたが、頭をフル回転させて、力を振り絞って作業しないと安全に取り付け出来ないという点がデメリットだと思います。 【デメリットその2】テントをしまう時に力がいる 今回取り付けたオーニングテントは、手動(手回し棒)でテントを出し入れするタイプです。 手動式オーニングのデメリットは、テントを出す時は手回し棒が軽く回ってくれるのですが、テントをしまう時、手回し棒を回すために結構な力が必要です。 頻繁にオーニングテントを出し入れするような使い方をするのであれば、電動タイプの方がいいかもしれません。 (予算に余裕があればの話ですが・・・。 ) 【デメリットその3】雨が中に入ってくる・・・ オーニングのシートそのものは耐水性があるため、雨が降っても雨水がシートから垂れてくることはありません。 ですが、オーニングテントと壁の間には2~3cmほどの隙間が出来てしまうため、そこからピチャピチャッと雨水が入ってきてしまいます。 このようにすれば、オーニングと壁の隙間から侵入する雨水を防ぐことができるため、オーニングを開いておけば、雨の日でもウッドデッキを使うことができるようになります。 次のページでは、オーニングのメンテナンスについてお話していきます。

次の

【コストコ】ウッドデッキの日よけはヘキサタープが良い感じ!

タープ ウッドデッキ

心地よいウッドデッキ屋根にはタープ タープとは、いわばただの布。 屋根として使えば木陰が気持ちいい。 使い方の工夫では、安価で機能的なウッドデッキに屋根が出来る。 二階にベランダ手すりがあれば固定がめちゃくちゃ楽。 二階のベランダの手すりから引っ掛けるパターンや住宅敷地内に大きな木があれば、そこに引っ掛けて設置するのが手軽な方法です。 ベランダ手すりからの場合は 2 階の手すりにロープを引っ掛け、そこにタープをくくりつけ一階は石のようなもので重しを置いて利用することが一般的です。 簡易固定なので強い風の吹いている日はなかなか難しいですが、日陰を作るぐらいであればそれぐらいの固定方法で十分です。 2 階にベランダがない場合は掃き出し窓のシャッターボックスに磁石で取り付けるフックのようなもの、もしくは、掃き出し窓のサッシの上の部分に専用の金具で固定して設置するような形が多いです。 商品の中には固定金具もセットになっているものもあるので自宅の設置方法に合わせてみて下さい。 心地よいウッドデッキ屋根にはタープ ウッドデッキの屋根に使う場合は、ベランダ手すりがあるかどうか確認。 木があればそれに引っ掛けるのもよし、車があればハッチを開けてそこに引っ掛けてもよし、カーポートやフェンスなどエクステリアが周りにあるのであればそれを足がかりに布を貼るのも一つの方法です。 それぞれ固定する場所によって、専用の金具も販売されているのでご活用ください。 心地よいウッドデッキ屋根にはタープ 近くに高いものがあればそれを利用すればOK。 カーポートやフェンスなどにくくりつけても 楽天で、人気のタープはこちら! 自分で取り付けられる自身が無い場合は・・・ ウッドデッキ屋根やタープについてネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。 エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんあります。 ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、プラン内容や保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。 そうすることで、 外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。 あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い! 今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。 朗報です! そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。 ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。 複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ! カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、 5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。 エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。 1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、 ここを手を抜いてしまうともったいない! せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。 タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。 イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は 無料なんです。 そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。 だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。 業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。 私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。 さらにいまなら、毎月先着99名様に 「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね! しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、 なんと 相見積もり先の優良企業さん まで 外構業者さんには内緒で 紹介してもらえます。 一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、 利用しない手はないですね。 じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう! という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。 そのあと、個人情報を入力箇所があるのですが スルーして、そのさらに 下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください。 そうすると、こんな感じでリストが見れます。 いかがですか? 大手ハウスメーカーさんも入っていて、 安心感がありますね! もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。 お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、• 納得の行くプランと最適な設置方法の提案• 高い工事品質と施工後の安全性• 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び ではないでしょうか? 外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ 「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。 プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。 さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。 しかも外構業者さんには内緒で もう一つ特筆したいポイントとして、は事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。 今から業者探しをしている方は、 一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

次の