ポケモン 知識。 ポケモンレート対戦の初心者向け講座!知識0からの始め方【最新版】

【ポケモン剣盾】超初心者向け!ポケモン対戦で勝つ為の基礎知識とは??【ランクマッチ】

ポケモン 知識

性格の効果とは? 過去作においては、ポケモンには25種類の性格が割り振られています。 性格は「性格値」と呼ばれる隠し数値で決定されます。 性格はそのポケモン固有のものであり、進化しても変わることはありません。 性格がもっとも効果を発揮するのはステータスでしょう。 例えば「さみしがり」ではこうげきが上がりやすく、ぼうぎょが上がりにくいと言った具合です。 ステータス以外では、ポケモンに食べさせるものの好き嫌いも変わってきます。 おすすめの性格は? どの性格が良いかは、そのポケモンの特徴や、どう育てるかによって変わります。 例えば、物理技中心で特殊技は使わないということであれば、こうげきが上がりやすくとくこうが上がりにくい「いじっぱり」が向いています。 もうひとつ、特殊技中心に育成するポケモンの場合、まずこうげきが上がりにくい性格のグループを見ます。 その中から、特殊攻撃を重視したいなら「ひかえめ」、素早さを重視したいなら「おくびょう」のように、性格の厳選を進めます。 性格を厳選する方法 このように、性格によってステータスに大きな差が出ますから、ポケモンをバトル用に育成する場合、そのポケモンにふさわしい性格を見つけるのはとても大切なことです。 性格を厳選する有効な方法として、タマゴによる遺伝を利用する方法があります。 ほかに、「シンクロ」の特性を利用する方法もあります。 バトルでは別の効果を発揮しますが、「エメラルド」以降においては、この特性をもつポケモンを先頭に置くことで、50%の確率で同じ性格の野生ポケモンが出現します。 伝説のポケモンにも効果があるため、タマゴ遺伝が使えない伝説のポケモンの厳選には有効な方法です。 これらの方法がサン・ムーンでも適用されるかは分かりません。 もし利用できるのであれば、過去のバージョンであらかじめそのポケモンを用意しておくことで、サン・ムーンでの育成がよりはかどることでしょう。 育成の基礎知識.

次の

【初心者用】今さら聞けないポケモンの基礎知識・用語集【ポケモンSM対応】

ポケモン 知識

ポケモンのレート対戦をやりたいけど難しそう• レート対戦について、何から勉強したら良いのか分からない• 「厳選」とか「努力値」とか、正直よく分からない そんなレート対戦の知識0な初心者向けに、どこよりも詳しくやり方を解説していきますよ。 正直ポケモンは「大人のゲーム」と言われています。 とにかく覚えることが多すぎるんですよ。 でも、大丈夫。 今では上級者と言われている人たちも、最初はみんな初心者だったんですから。 今日から当記事を参考にしていただいて、少しずつポケモンレート対戦について勉強していきましょう。 そのためのサポートは、僕が全力でさせていただきます! スポンサードリンク ポケモンレート対戦の仕組みを知ろう ポケモンのレート対戦は、全国のプレイヤーたちとオンラインで行うガチバトルです。 勝てばレートが上がり、負ければレートが下がるというもの。 最初はレート1500からスタートです。 強いプレイヤーほどレートの数値は高くなっていくんですね。 あくまでも個人的な考えですが、• ~1700:初心者• 1700~:中級者• 1800~:上級者• 2000~:神 といった感じだと思います。 なので、まずはレート1700を目指していきましょう。 ちなみに、ネットで調べていると「レート1800行った!」とかをよく目にします。 ほとんどの人はレート1400~1600が大部分なので、安心してくださいね。 とりあえず使いたいポケモンを1匹だけ選んでみてください。 あなたが好きなポケモンでも良いし、公式のを参考に選んでも良いです。 正直、 最初のうちはまず勝てないので、どんなポケモンでも大丈夫ですよ。 どうしても「負け続ける=面白くない」となってしまい、多くの人はここで挫折してしまいます。 なので、個人的にはたとえ負けたとしても、 使って楽しいポケモンや好きなポケモンを選ぶのがおすすめです。 例として、僕の大好きなポケモン「ゲッコウガ」を育てたいと思います。 ここで決めたポケモンが、あなたの相棒・いわゆるパートナーになりますね。 なので、残り5匹のポケモンを決めていかないといけません。 ここでは、ネットの情報から決めていきます。 先ほど決めたポケモンを軸にしたパーティー構築を検索してみましょう。 「ゲッコウガ 構築」で検索してみます。 すると、ずらっと「ゲッコウガ」を使ったパーティー構築が紹介されているはずです。 この中の パーティー構築を真似していきます。 性格・技構成・持ち物など詳しく掲載されていると思いますので、それらをできるだけ真似して育成してみましょう。 初心者のうちは、とにかく強い人の真似をするのが上達の近道です。 そのパーティー構築の特徴や戦術を確認したら、あとはひたすらバトルしまくります。 たとえ負け続けても「自分には才能がない」なんて思う必要はありません。 これは、最終的にあなたが強くなるための練習なのですから。 とにかくレートの数値は気にせず、どんどんバトルして経験を積みましょう。 さらに、同じポケモンでも人によって育て方や技の構成が違うので、その数は膨大。 それらのポケモンの弱点や対策を把握してバトルをしていかないと勝てません。 相手のポケモンはどんな技を覚えているのか、どのようにステータスを振っているのかを予想。 そして、自分が有利になるように1手1手の行動を選択していくわけです。 ですが、それらをいきなり全部覚えようとするのは無理がありますよね。 なので、少しずつでも良いので、1匹ずつポケモンの知識を増やしていきましょう。 ポケモンの育て方は無限大ですが、実際にはポケモンの種類ごとに「型」と呼ばれるものが存在します。 いわゆる、そのポケモンのおすすめな育て方のフォーマットのようなものです。 実際に「ゲッコウガ 型」で検索してみると、以下の3つが出てきました。 ゲッコウガの型 特徴 変幻自在アタッカー型 「へんげんじざい」で相手を倒していく型 毒菱型 毒菱で相手を毒にしつつ戦う型 Zハッピータイム型 「Zハッピータイム」を使って全抜きしていく型 基本的には、これらの型を把握しておくだけでも十分です。 日々これらの型を一つずつ覚えていくだけでも、かなりの知識量になりますよ。 相手が使っているポケモンを調べてみる レート対戦を行っていると、今まで戦ったことのないポケモンも出てきます。 そういった場合には、どういった型が存在しているのか調べてみましょう。 1日1つの型を覚えていくだけでも、数か月後には膨大な知識量になりますからね。 このように日々少しずつポケモンの知識を蓄えていきます。 また、ポケモンレート対戦の使用率ランキング上位のポケモンを優先的に調べていくのも効率的ですね。 使用率の高いポケモンは、それだけ対面する可能性の高いポケモンです。 何度も対面するポケモンは早めに型を覚えておくと良いですね。 ポケモンを実際に育てて覚える ネットで情報を調べるのも良いですが、自分で実際に育てて覚えるという方法もありです。 やっぱり自分で使ってみて、初めて分かる長所や短所もありますからね。 実際に自分で使ってみた方が体感的に覚えやすいというのもありますし。 何度もポケモンレート対戦を行っていると、なんとなく相手のポケモンの型が予想できるようになりますよ。 相手の型予想がつくようになってくれば、どのように立ち回れば良いのかも分かってきます。 これを積み重ねていって、少しずつ勝率を上げていくわけですね。 ポケモン対戦動画を見て、勉強するという方法もおすすめですね。 以下の記事では、個人的におすすめの面白い実況動画を紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 レートランキング上位になるのは、かなり難しい。 ですが、レート1700とかであれば、努力次第で全然届く数字ですよ。 とにかく楽しみながら、ポケモンレート対戦に挑戦してみてくださいね。

次の

ポケモンで、これは知らないだろ!っていうような雑学&マメ知識を教えて...

ポケモン 知識

しかし逆再生すると、『ニャースのうた』の歌い出しになります。 しかしそれを見るのは難しい。 」 とのこと。 あくまで昔話とされていますが。 このこともあってか、今では人間が一方的にポケモンをつかまえて利用しているのでは?という疑問が投げかけられたりします。 基本的には一般の選手が大会で使ったポケモンと同じ技構成・ステータスをしているのですが、とある サンダースのHPが理論的な最大値を超えてきます。 その選手が不正を行ったのかデータを移す際にミスがあったのかは分かりません。 とはいえHPがわずかに高い程度なので、キチンと育てたポケモンなら普通に勝てます。 確かに「でんのうせんしポリゴン」という回でポケモンショックは起きたものの、その原因は ピカチュウの10まんボルトです。 「とつぜんへんいでみつかった2つのあたまをもつポケモン。 じそく100キロではしる。 」 続いてピカチュウバージョンのドードリオの説明です。 そうげんを じそく60キロではしっていく。 日本語表記で 「ゲンガーは、なかはしこうよう」です。 このなかはしこうようという人物はゲンガーの考案者なのですが、ゲームの製作中に亡くなったとされています。 ゲンガーが幽霊に関連するポケモンであることもあり、なかはしさんへの追悼の意を込められたポケモンだという説があります。 もう1つのゲンガーに関する噂ですが、ゲンガーはピクシーの死霊というものです。 もしくは、ピクシーにゴーストが憑りついたのがゲンガーという話です。 この2匹ですが、まずフォルムが似ています。 それだけでなく、身長や体重も似ています。 ゲンガー:身長1. 5m、体重40. 5kg ピクシー:身長1. 3m、体重40.

次の