フィン テック グローバル 株式 会社。 グローバル・フィンテック株式ファンド|日興アセットマネジメント

投資信託のモーニングスター|購入手数料別販売会社比較[グローバル・フィンテック株式ファンド]

フィン テック グローバル 株式 会社

有名どころでいうとソフトバンクグループ(本体)なんかも投資会社ですね。 成長企業に投資をして支援をする他、事業再生の為の支援も行っています。 投資先が成長することで利益が生まれ、 その利益で更に別の投資先に投資するというビジネスサイクルです。 フィンテックグローバル株式会社の メッツァ事業で行われるのがムーミンテーマパークです。 正式には、 ムーミンバレーパークと メッツァビレッジの2つの施設があります。 メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」の2つのゾーンから構成されています。 宮沢湖とそれを囲むなだらかな山並みを背景に、森と湖を調和させた施設を計画し、北欧を感じさせるような、自然と連携した風景を創っていく予定です。 出所: メッツァ開業までの道のりと株価推移 2013年11月:フィンテックグローバルとフィンランドの投資会社「Puuha International Oy」(インターナショナルしか読めない)と共に株式会社ムーミン物語を設立。 それまで30円台の株価が一気に115円の高値をつける。 2014年12月: 期待からか、最大295円の高値をつける。 2015年5月:株式会社ムーミン物語を連結子会社に。 2015年6月:ムーミンテーマパーク「メッツァ」の開設を決定。 139円から窓を開けて263円の高値。 016年12月:メッツァ公式サイトオープン。 メッツァ開業延期を発表。 165円から110円台へ急落。 2017年7月:メッツァ着工。 2018年9月: メッツァ完成前に期待上げで208円に急騰。 2018年11月 メッツァ開業。 2019年3月:ムーミンバレーパーク開業。 105円まで下落していた株価は175円の高値をつける。 現在:少しずつパークの全貌が明らかに。 コロナショックで客足が遠のき、 32円のボロ株へ。 フィンテックグローバルの今後 ムーミンを主題とした施設は日本が初めてであり、マスコミの煽りを受けることで、話題性の高さが見込まれます。 2018年11月の開業予定に近づくにつれ、株価の上昇が見込まれると思います。 また、テーマパークも成功を収めれば十分にテンバガー銘柄になりうるポテンシャルがあると思います。 博打の要素はかなり大きいです。 私はお遊び程度の投資資金で株式を購入し保有しています。

次の

グローバル・フィンテック株式ファンド|日興アセットマネジメント

フィン テック グローバル 株式 会社

「ロボット関連」や「5G(第5世代移動通信システム)」と並んでポストコロナ社会で注目度の上昇が見込まれるのが「フィンテック関連」ファンドである。 ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保など対人接触の減少が求められるポストコロナ社会において、オンライン金融サービスや電子決済などの需要が一段と拡大すると予想されるためだ。 純資産残高が最大の国内フィンテック関連ファンドは、中期的なパフォーマンスが良好であるほか、コロナショック下でも優れた対応力を見せた。 マネーフォワード社が26日に発表した「コロナ禍の個人の家計実態調査」(調査対象7827名)によると、回答者の4割が「新型コロナウイルスの影響で、キャッシュレス決済を以前より利用するようになった」と回答し、そのうちの7割がウイルスへの感染予防を目的に利用しているという。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてフィンテックの需要拡大の動きが出始めている。 国内公募追加型株式等投信(ETF除く)のうち、ファンド名に「フィンテック」を含む関連ファンドは10本あり、5月26日時点の純資産残高の合計は3865億円。 その中で、純資産残高が最大であるのは1739億円の「グローバル・フィンテック株式ファンド」である。 「グローバル・フィンテック株式ファンド」シリーズは、決算回数と為替ヘッジの有無で4本あり、フィンテック関連ファンドの中心であると言える。 同シリーズは、個別銘柄の選定において、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシーの助言を受ける。 「グローバル・フィンテック株式ファンド」の20年4月末時点の過去3年間のトータルリターン(年率)は17.74%とモーニングスターカテゴリー「国際株式・グローバル・含む日本(為替ヘッジなし)」平均(0.51%)を17.23%上回り、カテゴリー186本中トップ。 モーニングスターレーティングは付与が始まった19年12月以降5カ月連続で最上位の5ツ星を獲得しており、中期的な運用成績は良好である。 一方で、株式が反発した4月は15.69%とカテゴリー平均の9.88%を大幅に超過しており、相場の下落・上昇両局面で対応力が見られた。 下落局面では米国のモバイル決済サービスやネット小売関連、中国のEコマース関連が支えとなった。 「フィンテック関連」、「ロボット関連」、「5G関連」ファンドはテーマ型ファンドとされ、テーマに対する投資家の関心低下などのリスクをはらむ。 一方、新型コロナウイルスの感染拡大はこれまでの社会のあり方を大きく変えるとも言われる。 新型コロナウイルスがもたらす「ニューノーマル(新常態)」において、これらのファンドに対する見方に変化が生じるか注目される。

次の

フィンテック企業ってどんな会社?国内で注目の厳選16社を紹介

フィン テック グローバル 株式 会社

有名どころでいうとソフトバンクグループ(本体)なんかも投資会社ですね。 成長企業に投資をして支援をする他、事業再生の為の支援も行っています。 投資先が成長することで利益が生まれ、 その利益で更に別の投資先に投資するというビジネスサイクルです。 フィンテックグローバル株式会社の メッツァ事業で行われるのがムーミンテーマパークです。 正式には、 ムーミンバレーパークと メッツァビレッジの2つの施設があります。 メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」の2つのゾーンから構成されています。 宮沢湖とそれを囲むなだらかな山並みを背景に、森と湖を調和させた施設を計画し、北欧を感じさせるような、自然と連携した風景を創っていく予定です。 出所: メッツァ開業までの道のりと株価推移 2013年11月:フィンテックグローバルとフィンランドの投資会社「Puuha International Oy」(インターナショナルしか読めない)と共に株式会社ムーミン物語を設立。 それまで30円台の株価が一気に115円の高値をつける。 2014年12月: 期待からか、最大295円の高値をつける。 2015年5月:株式会社ムーミン物語を連結子会社に。 2015年6月:ムーミンテーマパーク「メッツァ」の開設を決定。 139円から窓を開けて263円の高値。 016年12月:メッツァ公式サイトオープン。 メッツァ開業延期を発表。 165円から110円台へ急落。 2017年7月:メッツァ着工。 2018年9月: メッツァ完成前に期待上げで208円に急騰。 2018年11月 メッツァ開業。 2019年3月:ムーミンバレーパーク開業。 105円まで下落していた株価は175円の高値をつける。 現在:少しずつパークの全貌が明らかに。 コロナショックで客足が遠のき、 32円のボロ株へ。 フィンテックグローバルの今後 ムーミンを主題とした施設は日本が初めてであり、マスコミの煽りを受けることで、話題性の高さが見込まれます。 2018年11月の開業予定に近づくにつれ、株価の上昇が見込まれると思います。 また、テーマパークも成功を収めれば十分にテンバガー銘柄になりうるポテンシャルがあると思います。 博打の要素はかなり大きいです。 私はお遊び程度の投資資金で株式を購入し保有しています。

次の