ピル 休 薬 期間。 ピルの副作用で起きる頭痛 もしかしたら危険信号かも!

ピルユーザーが生理日を早める生理日調整/ピルとのつきあい方

ピル 休 薬 期間

Contents• ヤーズフレックスの成分 ヤーズには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の合成女性ホルモンが含まれています。 この2つのホルモンの働きにより、脳の視床下部や下垂体が妊娠していると判断し、排卵をストップさせます。 この作用により子宮内膜の増殖がおさえられ、月経困難症や子宮内膜症の症状が軽減されます。 また、排卵が行われなくなる事で避妊効果も得られます。 ヤーズの黄体ホルモンの成分はドロスピレノン、卵胞ホルモンの成分はエチニルエストラジオールです。 ヤーズフレックスはこの2つの合成女性ホルモンが28日分全て同じ量で配合されています。 ヤーズフレックス ドロスピレノン (黄体ホルモン) エチニルエストラジオール (卵胞ホルモン) 1日目~28日目の錠剤(28錠) 3mg 0. ヤーズフレックスは日本で初めて 120日間連続して服用が認められているLEP 配合剤であり休薬期間を120日間設けないことで、生理時の疼痛を避けることができます。 「LEP 配合剤」は月経困難症などの治療目的で処方される薬剤の呼称であり、「低用量ピル」は避妊目的で使用される呼称です。 ヤーズフレックスは避妊目的では処方されませんので、ここでは「LEP 配合剤」とします。 ) 月経困難症だけでなく子宮内膜症でも保険適応されるLEP 配合剤 以前より、ヤーズは「月経困難症」への効能が認められ、保険適応となっていましたが、ヤーズフレックスは「子宮内膜症」に対する効果も承認されています。 関連記事 今まで日本には子宮内膜症に対する効能・効果で承認された LEP 配合剤はありませんでした。 そこで登場したのが、ヤーズフレックス配合錠なのです。 黄体ホルモンであるドロスピレノンの作用 ヤーズフレックスに含まれている黄体ホルモン剤「ドロスピレノン」は利尿剤である「スピロノラクトン」に構造上にており、弱い利尿効果があります。 そのため浮腫(むくみ)を軽減させる働きがあります。 また、ほとんどの黄体ホルモン剤にはわずかに男性ホルモン作用があるのですが、「ドロスピレノン」はほとんどありません。 なのでニキビ治療にも効果があります。 「マーベロン」にもニキビ改善効果がありますが、どちらがよりニキビ改善に効果があるかというと、男性ホルモンの活性をより低下させる「卵胞ホルモン」が多く含まれている「マーベロン」のほうがニキビ改善効果があるといえます。 関連記事 しかし今まで、ピルを服用して吐き気や頭痛、体重増加等の副作用があった人は卵胞ホルモン含有量が少ない「ヤーズフレックス」で改善されるかもしれません。 「ヤーズ」と同じ成分なら、血栓症が不安という声も 低用量ピルを服用することで、血栓症になるリスクが上昇することが知られています。 特にヤーズフレックスと同じ成分である「ヤーズ」は国内で3例の死亡例があり、不安に思う方も多いようです。 低用量ピル(LEP錠剤)には「エストロゲン」という女性ホルモンが含まれています。 この「エストロゲン」は血液を凝固する(固める)作用があるため、血栓症の発現頻度が高まるといわれています。 また、「ヤーズフレックス」に含まれる黄体ホルモン「ドロスピレノン」の作用に「利尿作用」があるのは先述の通りですが 利尿作用で体内の水分が減り、血液が濃縮し血栓症のリスクがさらに高まる可能性があります。 そのため、低用量ピル全般に言えることですが、「ヤーズフレックス」を服用する際は、「血栓症」について知っておく事が大切です。 また、DHA・EPAのサプリメントは血栓症予防に効果があることが認められていますので、不安な方は摂取するのも良いでしょう。 関連記事 ヤーズフレックスの服用方法 1日1錠、決められた時間に服用します。 ピルは飲み忘れ厳禁です。 服用1日目~24日目までは、出血がみられても連続して服用します。 25日目以降120日目の間に3日以上の出血が見られた場合、服用を中止し、休薬期間を4日とります。 (その間に消退出血が起きます) そのあと、また服用を開始します。 飲み忘れを防ぐためには、毎日同じ時間に飲む、毎日行う行動と一緒に服用するなど 例えば夜の歯磨きのあと 工夫をしている人が多いようです。 また、服用はなるべく食後にすることをお勧めします。 食後に摂ることで、胃腸への負担を軽くするためです。 ヤーズフレックスの破綻出血について 120日連続服用可能と言われていますが、120日の間3日以上の出血が1度も起きない場合は少ないようです。 多くの場合、それ以前に3日連続の出血(破綻出血)が起きます。 破綻出血とは、子宮内膜の維持ができなくなった時に起こるもので、内膜を維持するだけのプロゲストーゲン(黄体ホルモン)が不足し、エストロゲン(卵胞ホルモン)のバランスが崩れることで発生します。 通常の28日周期のLEP 配合剤(低用量ピル)は21日実薬服用後、7日間休薬期間をとるため、生理日(消退出血)がいつになるかわかりますが、ヤーズフレックスのように連続して服用し、破綻出血が起きてからの休薬期間の設定となると生理日がいつになるかわからないというデメリットがあります。 いつから、どのタイミングで飲み始めたらいい? ヤーズフレックスを初めて服用する時は 生理の初日に最初の1錠を飲み始めます。 また、生理初日から服用ができなかった(生理2日目以降7日以内)場合でも、服用を始めることは可能ですが、その場合避妊効果が低くなります。 2週間はセックスを控えるか、他の避妊法を併用しましょう。 ヤーズフレックスは日本では避妊目的での処方はされていませんが、避妊効果を期待する場合、生理が終わった後(7日目以降)に服用を始めることはおすすめできません。 その場合体内で排卵の準備が行われている可能性が高いからです。 次の生理日を待って飲み始めましょう。 ヤーズフレックスは避妊効果があるの?それはいつから? ヤーズフレックスは日本では月経困難症・子宮内膜症の症状軽減を目的としたLEP 配合剤として承認を受けているため、避妊目的での処方はされません。 しかし同じ成分の「ヤーズ」は外国で避妊効果を目的として製造・販売されており、きちんと決められた用法を守り服用することで避妊効果は得られるでしょう。 避妊効果は、生理の初日から1錠目を服用すれば、その日から得られます。 メカニズムを説明すると、女性の卵巣は、月経が開始すると、その時から次の排卵準備を始めます。 しかし生理開始から24時間以内の時点では、排卵準備はまだ本格化していません。 なので、そのタイミングでピルを服用することで排卵準備をストップすることができ、「その周期での排卵は起こらない」状態になります。 ピルの服用開始が生理初日となっているのは、そのためです。 しかし、生理開始から24時間以上経過してしまうと卵巣では排卵準備がスタートした状態になります。 ここでピルの服用を開始すると、排卵準備が落ち着くまでに時間が必要となり、確実に排卵をストップするのに2週間程度の時間がかかります。 しかし、この期間も生理2日目~7日目までです。 それ以降、8日目となると卵巣は排卵準備を完全にスタートしてしまっていると考えたほうがよいでしょう。 この期間にピルを服用し始め、2週間が経過してもコンドーム等の避妊手段をとらなければ 妊娠する可能性があります。 ヤーズフレックスを飲み忘れたら? 気をつけていても、「飲み忘れてしまった!」ということは良くあると思います。 ヤーズフレックスは 超低用量ピルに分類されるので、飲み忘れると不正出血や破綻出血がおきやすくなるので注意しましょう。 飲み忘れた場合の対処方法をお伝えします。 飲み忘れた場合(12時間~24時間) 毎日午後23時に服用していた人が、次の日の朝8時に服用するのを思い出した場合です。 思い出した時点ですぐに飲み忘れた分を服用します。 そして、その日の23時、その日の分を通常通り服用します。 1日に2錠飲むことになりますが心配はいりません。 飲み忘れた場合(24時間) 毎日午後23時に服用していた人が、昨日の23時にピルを服用していなかった事を次の日の23時に思い出した場合です。 思い出したときに、昨日の分と今日の分の2錠を服用します。 1日に2錠飲むことになりますが心配はいりません。 飲み忘れた場合(48時間経過) 2日間2錠、飲み忘れていることを3日目に気付いた場合です。 これには2つ方法があります。 そのまま1シート服用し続ける方法 気付いた時点で、昨日服用するはずだった分と、今日の分を服用します。 1日目の分は服用しません。 要するに、1日分飛ばすということです。 消退出血(生理)を起こしたくない、または7日以上実薬を服用し続けていて避妊効果を持続させたいと考える人はこの方法を選ぶとよいでしょう。 しかし、ヤーズフレックスは超低容量ピルなため、不正出血を起こす可能性があります。 また、実薬を連続して服用した日数が足りないと、緊急避妊が必要となる場合があります。 下記をご覧ください。 【1】第1週に飲み忘れた場合 休薬期間または第1週に性交渉を行った場合には緊急避妊を検討する 【2】第2週に飲み忘れた場合 直前7日間に連続して正しく服用した場合には緊急避妊は必要ない 【3】第3週に飲み忘れた場合 休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを始める 参考資料: 実薬を1日~6日しか服用していない時に2日以上飲み忘れていて、セックスをした場合は緊急避妊を検討しましょう。 妊娠する可能性があるからです。 7日連続して実薬を服用していた場合は、そのまま上記の方法で1日分服用をとばし、1シート服用し続けて大丈夫です。 21日以上服用していて2日間服用を忘れていた場合は、2シート目を服用し始めます。 そのまま服用をいったんストップし生理をおこす 48時間飲み忘れた場合のポピュラーな方法です。 婦人科ではこの方法を推奨する先生が多いでしょう。 このまま、あと2日間服用をストップし、生理をおこします。 そして4日間の休薬期間のあと、残っている錠剤を服用します。

次の

ディナゲストに休薬期間は必要か?

ピル 休 薬 期間

Contents• ヤーズフレックスの成分 ヤーズには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の合成女性ホルモンが含まれています。 この2つのホルモンの働きにより、脳の視床下部や下垂体が妊娠していると判断し、排卵をストップさせます。 この作用により子宮内膜の増殖がおさえられ、月経困難症や子宮内膜症の症状が軽減されます。 また、排卵が行われなくなる事で避妊効果も得られます。 ヤーズの黄体ホルモンの成分はドロスピレノン、卵胞ホルモンの成分はエチニルエストラジオールです。 ヤーズフレックスはこの2つの合成女性ホルモンが28日分全て同じ量で配合されています。 ヤーズフレックス ドロスピレノン (黄体ホルモン) エチニルエストラジオール (卵胞ホルモン) 1日目~28日目の錠剤(28錠) 3mg 0. ヤーズフレックスは日本で初めて 120日間連続して服用が認められているLEP 配合剤であり休薬期間を120日間設けないことで、生理時の疼痛を避けることができます。 「LEP 配合剤」は月経困難症などの治療目的で処方される薬剤の呼称であり、「低用量ピル」は避妊目的で使用される呼称です。 ヤーズフレックスは避妊目的では処方されませんので、ここでは「LEP 配合剤」とします。 ) 月経困難症だけでなく子宮内膜症でも保険適応されるLEP 配合剤 以前より、ヤーズは「月経困難症」への効能が認められ、保険適応となっていましたが、ヤーズフレックスは「子宮内膜症」に対する効果も承認されています。 関連記事 今まで日本には子宮内膜症に対する効能・効果で承認された LEP 配合剤はありませんでした。 そこで登場したのが、ヤーズフレックス配合錠なのです。 黄体ホルモンであるドロスピレノンの作用 ヤーズフレックスに含まれている黄体ホルモン剤「ドロスピレノン」は利尿剤である「スピロノラクトン」に構造上にており、弱い利尿効果があります。 そのため浮腫(むくみ)を軽減させる働きがあります。 また、ほとんどの黄体ホルモン剤にはわずかに男性ホルモン作用があるのですが、「ドロスピレノン」はほとんどありません。 なのでニキビ治療にも効果があります。 「マーベロン」にもニキビ改善効果がありますが、どちらがよりニキビ改善に効果があるかというと、男性ホルモンの活性をより低下させる「卵胞ホルモン」が多く含まれている「マーベロン」のほうがニキビ改善効果があるといえます。 関連記事 しかし今まで、ピルを服用して吐き気や頭痛、体重増加等の副作用があった人は卵胞ホルモン含有量が少ない「ヤーズフレックス」で改善されるかもしれません。 「ヤーズ」と同じ成分なら、血栓症が不安という声も 低用量ピルを服用することで、血栓症になるリスクが上昇することが知られています。 特にヤーズフレックスと同じ成分である「ヤーズ」は国内で3例の死亡例があり、不安に思う方も多いようです。 低用量ピル(LEP錠剤)には「エストロゲン」という女性ホルモンが含まれています。 この「エストロゲン」は血液を凝固する(固める)作用があるため、血栓症の発現頻度が高まるといわれています。 また、「ヤーズフレックス」に含まれる黄体ホルモン「ドロスピレノン」の作用に「利尿作用」があるのは先述の通りですが 利尿作用で体内の水分が減り、血液が濃縮し血栓症のリスクがさらに高まる可能性があります。 そのため、低用量ピル全般に言えることですが、「ヤーズフレックス」を服用する際は、「血栓症」について知っておく事が大切です。 また、DHA・EPAのサプリメントは血栓症予防に効果があることが認められていますので、不安な方は摂取するのも良いでしょう。 関連記事 ヤーズフレックスの服用方法 1日1錠、決められた時間に服用します。 ピルは飲み忘れ厳禁です。 服用1日目~24日目までは、出血がみられても連続して服用します。 25日目以降120日目の間に3日以上の出血が見られた場合、服用を中止し、休薬期間を4日とります。 (その間に消退出血が起きます) そのあと、また服用を開始します。 飲み忘れを防ぐためには、毎日同じ時間に飲む、毎日行う行動と一緒に服用するなど 例えば夜の歯磨きのあと 工夫をしている人が多いようです。 また、服用はなるべく食後にすることをお勧めします。 食後に摂ることで、胃腸への負担を軽くするためです。 ヤーズフレックスの破綻出血について 120日連続服用可能と言われていますが、120日の間3日以上の出血が1度も起きない場合は少ないようです。 多くの場合、それ以前に3日連続の出血(破綻出血)が起きます。 破綻出血とは、子宮内膜の維持ができなくなった時に起こるもので、内膜を維持するだけのプロゲストーゲン(黄体ホルモン)が不足し、エストロゲン(卵胞ホルモン)のバランスが崩れることで発生します。 通常の28日周期のLEP 配合剤(低用量ピル)は21日実薬服用後、7日間休薬期間をとるため、生理日(消退出血)がいつになるかわかりますが、ヤーズフレックスのように連続して服用し、破綻出血が起きてからの休薬期間の設定となると生理日がいつになるかわからないというデメリットがあります。 いつから、どのタイミングで飲み始めたらいい? ヤーズフレックスを初めて服用する時は 生理の初日に最初の1錠を飲み始めます。 また、生理初日から服用ができなかった(生理2日目以降7日以内)場合でも、服用を始めることは可能ですが、その場合避妊効果が低くなります。 2週間はセックスを控えるか、他の避妊法を併用しましょう。 ヤーズフレックスは日本では避妊目的での処方はされていませんが、避妊効果を期待する場合、生理が終わった後(7日目以降)に服用を始めることはおすすめできません。 その場合体内で排卵の準備が行われている可能性が高いからです。 次の生理日を待って飲み始めましょう。 ヤーズフレックスは避妊効果があるの?それはいつから? ヤーズフレックスは日本では月経困難症・子宮内膜症の症状軽減を目的としたLEP 配合剤として承認を受けているため、避妊目的での処方はされません。 しかし同じ成分の「ヤーズ」は外国で避妊効果を目的として製造・販売されており、きちんと決められた用法を守り服用することで避妊効果は得られるでしょう。 避妊効果は、生理の初日から1錠目を服用すれば、その日から得られます。 メカニズムを説明すると、女性の卵巣は、月経が開始すると、その時から次の排卵準備を始めます。 しかし生理開始から24時間以内の時点では、排卵準備はまだ本格化していません。 なので、そのタイミングでピルを服用することで排卵準備をストップすることができ、「その周期での排卵は起こらない」状態になります。 ピルの服用開始が生理初日となっているのは、そのためです。 しかし、生理開始から24時間以上経過してしまうと卵巣では排卵準備がスタートした状態になります。 ここでピルの服用を開始すると、排卵準備が落ち着くまでに時間が必要となり、確実に排卵をストップするのに2週間程度の時間がかかります。 しかし、この期間も生理2日目~7日目までです。 それ以降、8日目となると卵巣は排卵準備を完全にスタートしてしまっていると考えたほうがよいでしょう。 この期間にピルを服用し始め、2週間が経過してもコンドーム等の避妊手段をとらなければ 妊娠する可能性があります。 ヤーズフレックスを飲み忘れたら? 気をつけていても、「飲み忘れてしまった!」ということは良くあると思います。 ヤーズフレックスは 超低用量ピルに分類されるので、飲み忘れると不正出血や破綻出血がおきやすくなるので注意しましょう。 飲み忘れた場合の対処方法をお伝えします。 飲み忘れた場合(12時間~24時間) 毎日午後23時に服用していた人が、次の日の朝8時に服用するのを思い出した場合です。 思い出した時点ですぐに飲み忘れた分を服用します。 そして、その日の23時、その日の分を通常通り服用します。 1日に2錠飲むことになりますが心配はいりません。 飲み忘れた場合(24時間) 毎日午後23時に服用していた人が、昨日の23時にピルを服用していなかった事を次の日の23時に思い出した場合です。 思い出したときに、昨日の分と今日の分の2錠を服用します。 1日に2錠飲むことになりますが心配はいりません。 飲み忘れた場合(48時間経過) 2日間2錠、飲み忘れていることを3日目に気付いた場合です。 これには2つ方法があります。 そのまま1シート服用し続ける方法 気付いた時点で、昨日服用するはずだった分と、今日の分を服用します。 1日目の分は服用しません。 要するに、1日分飛ばすということです。 消退出血(生理)を起こしたくない、または7日以上実薬を服用し続けていて避妊効果を持続させたいと考える人はこの方法を選ぶとよいでしょう。 しかし、ヤーズフレックスは超低容量ピルなため、不正出血を起こす可能性があります。 また、実薬を連続して服用した日数が足りないと、緊急避妊が必要となる場合があります。 下記をご覧ください。 【1】第1週に飲み忘れた場合 休薬期間または第1週に性交渉を行った場合には緊急避妊を検討する 【2】第2週に飲み忘れた場合 直前7日間に連続して正しく服用した場合には緊急避妊は必要ない 【3】第3週に飲み忘れた場合 休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを始める 参考資料: 実薬を1日~6日しか服用していない時に2日以上飲み忘れていて、セックスをした場合は緊急避妊を検討しましょう。 妊娠する可能性があるからです。 7日連続して実薬を服用していた場合は、そのまま上記の方法で1日分服用をとばし、1シート服用し続けて大丈夫です。 21日以上服用していて2日間服用を忘れていた場合は、2シート目を服用し始めます。 そのまま服用をいったんストップし生理をおこす 48時間飲み忘れた場合のポピュラーな方法です。 婦人科ではこの方法を推奨する先生が多いでしょう。 このまま、あと2日間服用をストップし、生理をおこします。 そして4日間の休薬期間のあと、残っている錠剤を服用します。

次の

ヤーズフレックスを服用して生理や不正出血の事、休薬や飲み方など解説

ピル 休 薬 期間

月経の仕組みを理解しよう 緊急避妊後の出血 消退出血 ピルユーザーの消退出血 ピルユーザーの不正出血 身近な存在だったピル ピルと知らずに飲まれていた薬 世界初の超低用量ピル EP錠の思わぬ功名 EP錠が必要さとれた社会背景 EP錠その後 月経移動は「治療」か? 生理日調整する女性の復活 「妊娠したいなら勝手にどうぞ」 時計を逆回りさせる人たち ピルの治療薬化をくい止めよう rurikoの独り言 なぜピルで生理日を遅らせることができるのか 生理日を遅らせるピルの服用例 何日まで遅らせることができるか 生理開始日の誤差 遅らせる生理日調整の失敗率 失敗率を低める方法 1相性ピルユーザーが失敗率を低める方法 トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユで失敗率を低める方法 オーソ777で失敗率を低める方法 シンフェーズで失敗率を低める方法 遅らせる生理日調整と避妊効果 ルナルナ超活用術 ピルを早めにもらっておきます 生理を早める調整の方法 生理を遅らせる調整の方法 生理周期が一定でない場合 余談「ノンピルユーザー」は和製英語 通常の実薬21錠服用で休薬3日目に生理が始まる女性を例にとって、7日以下の日数で生理を早める服用について説明します。 下の図は、通常服用による生理開始日を示しています。 1日生理日を早めたい時は、下の図のように服用します。 20錠目まで服用した次の日から休薬に入ります。 生理は休薬3日目に始まります。 通常の服用パターン 上の図 よりも、 生理の開始が1日早くなっています。 7日間の休薬の後、次シートの服用を開始します。 実薬1錠が飲み残しとなります。 飲み残した実薬は予備シートとして使えます。 2日生理日を早めたい時は、下の図のように服用します。 19錠目まで服用した次の日から休薬に入ります。 生理は休薬3日目に始まります。 通常の服用パターン 一番上の図 よりも、 生理の開始が2日早くなっています。 7日間の休薬の後、次シートの服用を開始します。 実薬2錠が飲み残しとなります。 飲み残した実薬は予備シートとして使えます。 3日生理日を早めたい時は、下の図のように服用します。 18錠目まで服用した次の日から休薬に入ります。 生理は休薬3日目に始まります。 通常の服用パターン 一番上の図 よりも、 生理の開始が2日早くなっています。 7日間の休薬の後、次シートの服用を開始します。 実薬3錠が飲み残しとなります。 飲み残した実薬は予備シートとして使えます。 経験がないと以上の説明は難しく感じられるかもしれません。 ピルユーザーは生理予定日が確実に分かっています。 その予定日を 3日早めたいならば、実薬3錠を残して休薬に入ります。 その予定日を 5日早めたいならば、実薬5錠を残して休薬に入ります。 ただそれだけのことなのです。 一度実際にやってみると、とても簡単なことが分かります。 上の例は早める日数が7日以内の例です。 早める日数が8日以上 実薬服用が13錠以下 の場合、 次シートの服用は7日間の休薬を取らないで生理初日となります。 この点が 早める日数が7日以内の場合と異なりますので、 ご注意下さい。 新しいシートの飲み始めがいつも日曜日になるようにするピルの服用法をサンデーピルといいます。 サンデーピルにすると、週末の土日と生理 消退出血 が重ならなくなります。 つまり、21錠目を服用するのは土曜日で日曜日が休薬1日目です。 休薬2日目の月曜日に生理が始まり金曜日までに終われば、休薬7日目の土曜日も生理と重なりません。 サンデーピルにする方法は簡単です。 現在のシートの実薬最後の週 15日目から21日目、ヤーズの場合は 18日目から24日目 の土曜日で実薬の服用を中止し、翌日の日曜日から土曜日までの7日間休薬します。 これで、次シートからはサンデーピルになります。 もっとも、生理が休薬何日目に始まるか、何日続くかは人によって異なります。 新しいシートの開始曜日を土曜日にした方が好都合な方もいますし、 金曜日にした方が好都合な方もいます サタデーピル・フライデーピル。 サタデーピルにする方法は次のようにします。 現在のシートの実薬最後の週 15日目から21日目、ヤーズの場合は18日目から24日目 の金曜日で実薬の服用を中止し、翌日の土曜日から金曜日までの7日間休薬します。 これで、次シートからはサタデーピルになります。 フライデーピル等にする方法もこれに準じます。 ピルユーザーが7日程度生理日を早める場合 実薬14錠程度服用 、 失敗はほとんどありません。 もし、失敗率をもっと下げたいならば、少し服用法を変えます。 1相性ピルでは以下の説明は関係ありません。 生理日を早める服用法では、シートの中に飲み残し実薬が生じます。 1錠目から服用していくと、実薬の終わりが飲み残し錠剤として残ります。 3日生理を早める場合だと、19錠目20 錠目21 錠目が飲み残し錠剤として残ります。 失敗率を下げる服用法では、シートのはじめの実薬を飲み残すようにします。 上の例では、飲み残す錠剤は 1錠目2錠目3錠目とします。 つまり、3日早める場合には、はじめの3錠を残して4錠目からスタートするようにします。 早める日数が7日以内 飲み残し錠剤が7錠以下、実薬服用が14錠以上 であれば、避妊効果は継続します。 もし、休薬期間中に出血が始まらなければ生理日調整は失敗ですが、休薬7日で次シートの服用を開始すれば避妊効果は持続します。 早める日数が8日以上 飲み残し錠剤が8錠以上、実薬服用が13錠以下 であれば、避妊効果は継続しないと考えます。 実薬の服用を中止した翌日から他の避妊法を併用します。 消退出血があれば、その日から次シートの服用を開始し、 次シートの開始日から14日間は他の避妊法の併用を続けます。 もし、休薬期間中に出血が始まらなければ生理日調整は失敗ですが、休薬7日で次シートの服用を開始します。 その場合も、 次シートの開始日から14日間は他の避妊法の併用を続けます。 このページで説明してきたピルユーザーが生理日を早める服用法を飲み忘れ対応に応用している国が、世界に一つだけあります。 どこの国だか分かりますか。 それは日本です。 皆さんがピルの処方を受けた時に手渡された「服用者向け情報資料」という冊子を取り出してみて下さい。 この冊子には生理日調整のことなど全く書かれていませんが、 ピルを飲み忘れた時の対応を書いた箇所を見て下さい。 以下のように書かれています 1999年から2012年まで不変です。 2日以上連続して飲み忘れた場合は、その時点で飲むのを中止し、次の月経を待って新しいシートから再び飲み始めてください。 なお、飲み忘れによって妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。 この「 服用者向け情報」の2日とは24時間を越える飲み忘れという意味のようです。 24時間を越える飲み忘れなど、それほど珍しいことではありません。 そこで服用を中止するとどうなるでしょう。 このページで説明した生理日を早める服用をしたのと同じ事になります。 生理日を早める服用は必ず成功するわけではありません。 服用中止前に性交渉があり服用中止中に排卵があれば、 妊娠一直線です。 ちなみに、「月経」とあるのは消退出血のことではなく、約1ヶ月後の自然な月経を指しています。 中止直後の消退出血を月経と勘違いして新しいシートの服用を始め妊娠リスクがなくなったと誤解すると、 これも妊娠一直線です。 当サイトは1999年の開設以来、これは酷いピルユーザーいじめだと指摘してきましたが、いっこうに変更されません。 その理由については、別ページで解説します。

次の