陣痛どんな痛み。 後陣痛とはどんなもの?原因や時期は?【看護師が解説】

陣痛ってどんな痛み?どこが痛い?陣痛と上手に付き合うコツ教えます

陣痛どんな痛み

陣痛の種類について 陣痛には前駆陣痛と分娩 本 陣痛の二種類があります。 前駆陣痛とは本陣痛が起こる前にある、いわば予行練習のような痛みで、本陣痛に比べると痛みは軽く、しばらくするとおさまってきます。 前駆陣痛の痛みはどんな感じ 前駆陣痛は本陣痛の前に起きる痛みで、起きる時期に関しては個人差があり、本陣痛が起きるよりも一ヶ月近く前に起こることもあります。 前駆陣痛の特徴は痛みが軽度で、痛みの間隔が不規則なこと、さらに本陣痛とは違い、痛みは徐々に小さくなりしばらくするとまったくなくなってしまうことです。 前駆陣痛の痛みの感じ方にも個人差があり、生理痛のようなおなかの張りだけで終わる方もいます。 本陣痛のように長引くことがないため、前駆陣痛に気がつかず、本陣痛を迎えることもあります。 本陣痛の痛みはどんな感じ いよいよ分娩前に起こるのが本陣痛。 前駆陣痛と異なり、本陣痛は痛みがだんだんと増していき、痛みと痛みの間の間隔も短くなっていきます。 陣痛の続く時間に関しては個人差が大きく、陣痛から破水、そして分娩までわずか数時間で終わってしまう方もいれば、一晩中陣痛が続くこともあります。 本陣痛の始まり 経産婦の場合は以前に経験したことがあるため、陣痛のの始まりにすぐ気がつきますが、初産婦さんにとっては陣痛の始まりがどんな感じなのか分からず、陣痛の兆候を見逃してしまうこともあるようです。 陣痛の始まりについてあらかじめ知っておくと、いざというときに必ず役に立ちます。 陣痛の始まりの痛みや痛みの持続時間、痛みと痛みの間の間隔などについて知るようにしましょう。 陣痛の始まりの痛みはどんな感じ 陣痛の始まりは弱い痛みからはじまります。 痛みの感じ方はさまざまで、おなかに張りを覚える、下痢のような感じ、おなかがしくしくする感じ、何かにぎゅっと掴まれるような感じ、と妊婦さんによって痛みの感じ方にはかなり差があります。 痛みの感じ方にこそ差はあれ、我慢できないほどの強い痛みはないという共通点があります。 陣痛の痛みの持続時間 陣痛が始まった時点では痛みも弱く、痛みが持続する時間も短く、最初は10秒から20秒程度しか続かないので、陣痛とは気がつかないこともあります。 しかし痛みの持続時間は短くても、陣痛の場合、規則的に起こるという特徴がありますので、陣痛かも?と思う痛みがあったら、痛みが規則的に起こっているかどうか計るようにしましょう。 痛みと痛みの間隔が短くなるにつれて、痛みの持続時間は長くなるという相関関係があります。 陣痛の痛みの起こる場所 痛みの起こる場所は子宮や恥骨の上、腸のあたりで、痛みというよりも生理痛のような鈍い痛みや腰のだるさとして感じる方もいるようです。 またおなかをこわしたときのような感じと表現する人もいます。 最初は局部的に感じていた痛みですが、陣痛が進行するにつれ、おなかと腰全体に広がっていきます。 陣痛の痛みの間隔 痛みと痛みの間の間隔は最初は長く、陣痛の度合いが進むにつれて、間隔が徐々に短くなっていきます。 陣痛の始まりの時点では、痛みは一時間に3、4回程度ですが、時間がたつにつれて、痛みの起こる回数は増えていきます。 痛みの間隔は陣痛の進行ぐあいを示す重要な目安になります。 陣痛が始まったら必ず痛みの間隔を計るようにしてください。 陣痛の間隔と病院に行くタイミング 痛みの間隔が重要なのは、病院に向かうタイミングをこれにより計るため。 経産婦さんと初産婦さんでは陣痛の進み方に差があります。 初産婦さんの場合は経産婦さんよりも陣痛の進行が遅く、一般的には痛みの間隔が10分おきになったら病院に向かうように指示されます。 経産婦さんの場合は陣痛の始まりから分娩までにかかる時間が短いことが多いため、痛みの間隔が15分おきになったときが病院に向かうタイミングです。 陣痛の痛みはどんな感じ? 陣痛は経験した人にしか、その痛みのほどが分からないと言われています。 産みの苦しみという言葉があるとおり、陣痛の痛みは他の痛みとは比べ物にならないほどの強さで、痛みに耐性のない妊婦さんにとっては不安で仕方ないことと思われます。 陣痛の痛みの感じ方や強さには個人差があり、耐えられないほどの痛みと感じる方もいれば、思ったほどでもなかったという方もいます。 ここでは陣痛の痛みがどのようなものか、主なものをまとめてみました。 このとおりになるとは限りませんが、陣痛に関する予備知識として知っておくと、実際に陣痛が起こったときに見極める手助けになります。 陣痛初期の痛み 陣痛の始まりの痛みは、生理痛の強いときのような感じと形容されることがあります。 他にも腰が異常に重く痛みを感じる、下痢のときのような痛み、下腹部をぎゅっと掴まれるような感じなど、感じ方はさまざまです。 陣痛が進行するにつれて 陣痛が進行するにつれて痛みは増していきます。 前駆陣痛と本陣痛の違いのところで述べましたが、本陣痛はいったん始まったら痛みが和らぐ、止まるということはありません。 時間がたつにつれて痛みは激しさを増し、痛みの持続する時間が長くなります。 部分的に感じていた痛みの場所がしだいに拡大していき、腰全体に痛みが広がっていきます。 さらに腰だけでなく、痛みの波及が体全体に及び、悪寒や発汗などを伴うこともあります。 陣痛がいよいよ強くなってきたら 陣痛の痛みはどんどん強くなる一方ですが、陣痛には波があり、強い痛みが激しく襲ってきたかと思うと、次の瞬間にはすっと引くという流れの繰り返しになります。 どんどん強くなる痛みが我慢できず、一刻も早く赤ちゃんを分娩しようとしていきんでしまうと、膣や会陰部分に裂傷が生じるだけでなく、赤ちゃんへの酸素の供給が滞るという悪影響が及ぶこともあります。 いよいよ分娩というときまでは、痛み逃しを行わなければなりません。 陣痛の痛みが少ないうちにすることとは? 初産婦さんの場合、痛みの間隔が10分間隔になってから分娩が起きるまで、最低でも数時間、長い人では12時間以上もかかるといわれています。 陣痛から分娩に至るプロセスは非常に体力を消耗します。 まだ痛みが我慢できるうちに、軽食を取り、入院準備を整えておくようにしましょう。 破水が起こったらそれ以降はシャワーを浴びることも出来なくなります。 陣痛の痛みがまだ軽いうちにシャワーを済ませておきましょう。 また身に付けているアクセサリーはすべて外しておかなければなりません。 陣痛から出産までの時間は? 陣痛の痛みがどのくらい続くかについて見ていきましょう。 基本的にいって、経産婦さんよりも初産婦さんのほうが陣痛から分娩までにかかる時間は長いといえます。 初産婦さんの場合は約15時間前後程度、経産婦さんの場合はその半分くらいの7時間前後で終了することが多いといわれています。 数時間から数日まで個人差があります。 陣痛と分娩の進行、流れについて 分娩の始まりは陣痛が10分間隔で来るようになったとき、あるいは1時間に6回以上の陣痛が起こるようになったときを指します。 その後分娩までの陣痛の進行段階は、分娩第一期、分娩第二期、分娩第三期に分けられています。 それぞれ段階ごとの特徴を下に挙げてみます。 分娩第一期 分娩第一期とは子宮口が開き始める時期で、陣痛の持続時間は最初は15秒程度、痛みと痛みの間の間隔は10分を切ります。 その後陣痛の持続時間は徐々に長くなり、分娩第二期が始まる直前には1分程度続くようになります。 反対に陣痛の間隔は2、3分まで縮まります。 陣痛の痛みはじわじわと強くなってきますので、最初から体力を使い果たさないよう、痛みが来たら息を吐くことで紛らわせましょう。 この段階ではいきむことは出来ませんので、痛み逃しの方法を工夫しなければなりません。 痛み逃しの方法にはさまざまなものがありますので、助産婦さんや経産婦さんの話をよく聞き、痛み逃しの方法をよく学んでおくようにしましょう。 分娩第二期 分娩第二期は子宮口が完全に開ききってから、赤ちゃんが出てくるまでを指します。 分娩第一期がゆっくりと進んでいくのに対して、第二期は1、2時間で終了することがほとんどです。 陣痛の持続する時間は1分から1分半程度になり、陣痛の間隔も1分から2分程度に縮まります。 陣痛の痛みはいよいよ最高潮、分娩台に移動したら、陣痛が来るのにあわせていきむようにします。 陣痛と陣痛の間には出来るだけ体の力を緩め、次の陣痛に備えるようしましょう。 ここでいきむ力が弱いと赤ちゃんが出てくるまでさらに時間がかかり、お母さんも赤ちゃんも大変な思いをします。 陣痛に合わせていきみ、痛みのないときは可能な範囲でリラックスし、赤ちゃんに酸素が十分に行き届くようにします。 いきむタイミングと力を抜いてリラックスするタイミングをうまく計り、赤ちゃんの頭が出てくるまで頑張ります。 赤ちゃんの頭が出てきたら、無理やりいきんで出そうとせずに力を抜いたほうが、赤ちゃんが自然に出てきやすくなります。 助産婦さんの指示どおりにいきむことと、リラックスすることを繰り返しながら、赤ちゃんが出てくるのを促します。 分娩第三期 出産したら終わりではありません。 今まで赤ちゃんが育つのに必要だった胎盤などの排出を行います。 胎盤の排出は数分~30分程度で終了します。 陣痛の痛みの軽減、逃しの方法 分娩第一期ではどんなに痛みが辛くてもいきんではいけません。 子宮口が全開していないうちにいきんでしまうと、赤ちゃんに酸素が届かなくなり、窒息状態寸前になってしまったり、会陰部分や膣、肛門に裂傷が生じる恐れがあります。 どのような方法が痛み逃しに有効か、よく学んでおくようにしましょう。 呼吸法で陣痛緩和 いきみ逃しには呼吸法が重要です。 母親教室やマタニティヨガの教室に通っていた方ならば、ラマーズ法やヨガの呼吸法、ソフロロジーでうまく痛み逃しをすることが出来ます。 以前には分娩の際の呼吸法というとラマーズ法が主流でしたが、現在では息を吐くことにより重点を置いたソフロロジーも普及してきているようです。 ソフロロジーはヨガの呼吸法を基本にしたもので、気持ちを出来るだけリラックスさせ痛み逃しを行い、いきまないようにします。 テニスボールやゴルフボールで陣痛緩和 テニスボールやゴルフボールを腰や肛門の辺りに押し付けると、幾分なりとも痛みが和らいだように感じます。 どの部分を押すのがいちばん効果的かは、妊婦さん一人一人異なりますので、そのときの状況に合わせて、いちばん気持ちいいと感じる場所を押してもらうようにしましょう。 利用するのはテニスボールがもっとも一般的ですが、中にはゴルフボールのようにもっと硬いもののほうが効果があったとする妊婦さんもいますので、迷ったら両方用意しておくようにしましょう。 マッサージしてもらい陣痛緩和 腰や背中などをマッサージしてもらうことも痛み逃しに効果があります。 尾てい骨のあたりをぎゅっと押してもらうと、うまく力を抜いて痛みから気がそれます。 マッサージをしてもらう際には、痛みのことばかり考えず、出来るだけ気持ちを他のことに集中させるようにしましょう。 陣痛の痛み逃しのコツとは? 痛み逃しに利用するもの、たとえばテニスボールやゴルフボールなどを用意しておくのはもちろんですが、いちばん重要なのは陣痛の痛みを不必要に怖がらないこと。 痛みのことばかりを考えていると、体全体が緊張してしまい、呼吸が浅くなり、いきみを逃すことがうまく出来ません。 陣痛が始まったら出来るだけ気持ちを落ち着かせ、母親教室などで教わったことを今一度頭の中で反芻するようにしましょう。 怖いという気持ちが先走ってしまい、とにかく早く分娩を終わらせようと子宮口が全開する前にいきんでしまうと、分娩は長引くだけです。 呼吸を正常に保ち、出来るだけ気持ちをリラックスさせることがスムーズなお産につながります。 怖がると余計に痛くなる? 陣痛はこんなに痛い!という体験談など、それを読んで「陣痛が怖い」「陣痛に耐えられる?」と不安に思ってしまうのも無理はありません。 もちろん陣痛は3kgの赤ちゃんをお腹の外に押し出すわけですから、それなりに痛くないと赤ちゃんが苦しくなってしまいます。 しかし陣痛が始まる前から怖いと思ってしまうと、そのこと自体がストレスとなってお母さんの体調に悪影響を与えます。 お母さんの体調が崩れればダイレクトに赤ちゃんに影響しますから、なるべく陣痛をストレスに思わないことが大事です。 まとめ 陣痛の痛みに関して知っておきたいポイントをまとめてみました。 陣痛の始まりから分娩まで、陣痛に関する確かな知識を備えておくと、陣痛の痛みと分娩に対する不安感が解消されます。 痛みをむやみに怖がるのではなく、どうしたらうまく痛み逃しをすることが出来るかに集中するようにしましょう。

次の

出産・陣痛の痛みを例えると?体験談も知りたい!

陣痛どんな痛み

前駆陣痛で一旦家に帰される 出産予定日の前日、診察の日。 その日の朝、検尿の時おしるしがある。 「まだ痛みも我慢できるようだし本陣痛じゃなさそうだから一旦帰りましょうか。 痛みが5分間隔で規則的になったら電話して」 と言われ帰される。 家から病院まで車で10分の距離だったので近かったが、一旦帰されるのは結構しんどかった。 夜6時頃から痛みは5分以内の間隔になり痛みがあるときはしゃべれないほどになるが、午前中に一旦帰されたのもあり痛みギリギリまで我慢する。 4分~5分に1回痛みが来るが1分以内に痛みはなくなるため、痛みのない間にご飯を食べ、お風呂に入った。 内診し、子宮口が2. 5センチ~3センチになっているということで分娩室へ。 (大学病院だったためか陣痛の時点で分娩室へ案内されました。 )点滴をセットされ、モニター装着され、一旦放置される。 分娩台は腰くらいの高さのベッドで、腰から上が微妙に斜めでものすごく寝心地が悪かった。 痛みがどんどん増してくる。 呼吸法を意識して、ひたすら痛みに耐える。 腰が砕けそうで、助産師さんや主人にさすってもらったり押してもらったりするが、痛みが和らぐ時もあれば痛みが増す時もあり、(もう触らないで)と思うこともあった。 痛みに耐えることに必死で、時間がどれだけ経っているか全然分からなかった。 ずっとそばでサポートしてくれている主人に対しても何も気遣えなかった。 (ご飯食べたら?とか寝ていいよとか・・何も言ってあげれず。。 )夜中の陣痛中は、痛みと痛みの間で何度か眠りに落ちていた。 定期的に主人が水を飲ませてくれた。 子宮口5センチになったのは朝の7時。 (入院してから11時間後) 「子宮口5センチになりましたよ~」と言われたときに「まだ5センチ!?」と衝撃をうけた。 「5センチからが早いから、お昼ごろには生まれるはず」と言われるが、その後見事に裏切られる。 痛みのレベル 会話できない。 呼吸法を意識することすらキツイ。 うなったり、「痛い~・・」と声が漏れる。 痛みを例えると 《子宮口3~4》重い生理痛の下腹部に岩を落とされているような感じ。 《子宮口4~5》腰が砕けるような感じ。 腰をハンマーで殴られているような感じ。 定期的に内診にくるのが一番辛かった。 陣痛中の内診は、麻酔なしで手術されてるかのようだった。 子宮口を指でなぞって広げるようにグリグリされていたときは悶絶。 陣痛きているタイミングと重なったときは「もう無理」と叫ばずにはいられない状態。 でも内診中は動いたりのけぞったりしたらいけないらしく、助産師に体を押さえつけられていた。 大学病院だったからか、この内診は一人の助産師で終わらず医師含めて2人~3人に内診されて、地獄の時間だった。 「今〇センチくらいじゃない?」グリグリ「う~ん。 〇センチかな~」グリグリ。 耐え難い痛みの中での、この2~3人の会話はめちゃくちゃ腹が立った。 トイレにいけないため、分娩台の上で便器のようなものをセットされそこでおしっこをするのだが、これがなかなか出ない。 おしっこしたいのに出ない中で陣痛がくるため、その都度悶絶。 おしっこ出ないときは管を通してもらうが、それもまた痛い。 陣痛中の赤ちゃんの元気な胎動もまた激痛。 もう痛い痛いのオンパレード。 モニターで陣痛のない間に助産師に「もう痛くないはずよ」と言われても、痛みの余韻が残っててずっと痛い。 腰をさすってもらっても、肛門をぐっと押されても痛みが和らぐことはない。 子宮口9センチになるまで約6時間。 もうフラフラ。 陣痛の都度、手すりを握りしめていたため、手に力を入れすぎたのか、しびれて手が硬直してきていた。 (過呼吸の時のしびれ・硬直のような感じ)しゃべるのも目を開けるのもしんどいくらいぐったり。 9センチになるまでに何度か破水して、そのたびに胎動の痛みが増していった。 痛みのレベル 痛みで声が出てしまい、呼吸法がうまくできない。 痛すぎて陣痛来るたびに叫んでしまう。 痛みを例えると 腰が砕けそうな感じはそのままで、お尻が爆発しそうな感じ。 肛門からスイカが出てきそうな感じ。 たぶんあと1時間くらいで出てくると思う」と助産師に言われるが、1時間後も9センチのまま。 それから1時間たつたびに地獄の内診で子宮口チェックされるも変化なし。 「ここまで薬使わずに9センチまでいけたから、最後まで薬使わずにいきたいね。 促進剤なしでもいけそうなんだよね。 もう少しだけ頑張ってみよう!」と助産師に言われるが、何時間たっても状況に変化なし・・。 お尻が爆発しそうな痛みがずっと続いていたため、痛みのたびに体に力が入り、同時に叫び、もうフラフラ。 意識も朦朧としていた。 時間がどれだけ経ったか全然わからなかった。 10センチになるまではいきみたくてもいきんではいけないが、痛みが来るたびにお尻に力が入った。 例えると、お腹をくだしてトイレの便座に座っているのに出したらダメと言われているようなもので、我慢できない。 でも、自分の感覚ではいきんでしまっていたのに、助産師さんに「上手にできてるよ。 その調子」と言われたのが不思議だった。 子宮口が9センチになってから約4時間経過。 「もう赤ちゃんの頭が見えてきてるね。 次の陣痛でいきんでみよう」と言われ、ベッドが分娩台にかわった。 (足が開いて、頭の位置を高く変更) 分娩台になって足が開いた状態になったら、沢山の見学者が入ってきた。 大学病院だからか、医者の卵の若い男女が6~7人並んで私の股の方を見つめていた。 覚悟はしていたが、こんなにたくさんの人に見られるなんて・・と複雑な気持ちだった。 でも、それよりも早く産みたいという気持ちが強かった。 陣痛と同時にいきむ(全力でうんちをするような感じ?) が、強い陣痛の後に弱めの陣痛があったりと陣痛に波があり、いきんでもうまく進まなかったらしく、結局陣痛促進剤を投与された。 感覚的には陣痛促進剤を投与された後も痛みに変化はなかった。 むしろ、いきんでいいという状況になり思いっきりいきめたことで痛みは半減した感じだった。 陣痛くるたびいきむがなかなかスムーズにいかず、最初は少しだった陣痛促進剤が少しずつ量を増やされた。 陣痛のたびにいきみ、そのたびにおなかを押され・・ 赤ちゃんの頭がだいぶ出てきたところで「切っちゃって~」と声が聞こえ、同時に『ジョキ・・ジョキン』と切っている音がした。 陣痛に比べるとさほど痛くなく(あ~これが会陰切開か・・これで赤ちゃん出やすくなるならどんどん切ってくれ)と頭の中は冷静だった。 切ってからは、2回~3回くらいのいきみで赤ちゃんがでてきた。 赤ちゃんが生まれた瞬間は本当に嬉しくて、一瞬で痛みが消えた感じだった。 周りの声がちゃんと聞こえる。 その間に会陰の縫合・胎盤娩出が行われいたのだが、どっちが先に行われたのか記憶がない。。 会陰の縫合の時は、医者らしき人が助産師さんに「じゃあここを1センチ間隔で縫ってみて~」と言っているのが聞こえ、(あ、練習台にされてる?!)と一瞬怖くなった。 「縫っていくね。 今局所麻酔したけど、麻酔効くのが遅いときは痛み感じるけど頑張ってね」 と言われ、さっそくチクチク痛みがあった。 助産師さんが「このへんですか?」と先生に言った後に、ブスッと刺す度に痛かったのが不快だったけど、陣痛に比べると大したことなかった。 胎盤娩出の時は、何度もお腹を押されて何度か「ウッ」となったけど、陣痛に比べると大したことなかった。 スムーズに出たわけではないが、何回か押された後に出てきたので安心した。 会陰の縫合の時も胎盤娩出の時も不快な痛みだったので、隣で処置されている赤ちゃんを見て気を紛らわした。 痛みのレベル 《会陰縫合》《胎盤娩出》我慢できる痛み。 体に力が入らないほどの痛み。 痛みを例えると 《会陰縫合》注射を何回もされるような感じ。 《胎盤娩出》子供がお腹の上に立ってる感じ? 最後に 陣痛が始まってから生まれるまで約23時間。 まさかこんなに長くなるなんて思っていませんでした。 生まれるまでの陣痛の痛みは壮絶でしたが、生まれた瞬間にその痛みはなくなりました。 (出産後しばらくは下半身の痛みや胸の痛みなど全身の痛みが続きます・・) 陣痛中は二人目なんて無理!と思っていましたが、赤ちゃんに出会えた感動と幸せが、陣痛の痛みを忘れさせました。 産後は別の痛みが続きますが、赤ちゃんのお世話に必死で痛みと向き合っている暇がないので、産後の痛みには慣れます。 笑 出産予定日が近づいている方で、出産が怖くて不安になっている方がこの記事を見て、もし余計に不安にさせてしまったとしたらごめんなさい。 痛みはいつかは終わります。 痛みを耐えて乗り越えた時は、言葉では言い表せないくらいの感動が待っています! 赤ちゃんも頑張って生まれてきてくれるので、お母さんも頑張ってくださいね!.

次の

出産の痛みが怖い…そんな人にまず読んでほしい【出産の痛みQ&A集】

陣痛どんな痛み

痛みの感じ方は人それぞれです。 痛みに弱い・強い、緊張しやすい・大らか、そばに家族がいる・ひとりだけ、といった体質、性格、環境などによっても感じ方は違います。 徳岡さん、実際のところはいかがですか? 「鼻からスイカを出すよりは、陣痛の方が楽だと思います(笑)。 赤ちゃんは硬いスイカと違って実はすごく柔らかいし、スムーズに出てくるんですよ。 『腰の骨が砕けそう』という人は体や骨盤がゆがんでいるのかも。 赤ちゃんが通るときに骨盤に当たって、痛みが増しているのかもしれません。 ところで、皆さんの表現を聞くと、陣痛をネガティブにとらえていますね。 『痛い』『苦しい』というネガティブな気持ちが先に立つと、体が緊張して通常よりも痛く感じてしまうことがあります。 でも陣痛は、自分の内側から放たれたエネルギー。 『エネルギーの力で赤ちゃんが押し出されている』とポジティブにとらえると、痛みも少しは和らぐのではないでしょうか」 前駆陣痛やおしるしのような兆しがあったら、「そろそろ陣痛が始まるかな」と考えておきましょう。 実際の陣痛が来たら、時計で「陣痛の間隔」を測って簡単にメモしてもOK。 「子宮が収縮して痛みがあるときを陣痛の『発作』、収縮が終わり、次の陣痛が来るまでの間を『間欠』といいます。 陣痛の間隔=発作+間欠の時間です。 陣痛の間隔が約10分で規則的に繰り返される(1時間に発作+間欠が6回ある)ことが、陣痛の始まりです。 陣痛が始まったら、病院に電話で連絡してください。 ただし、経産婦さんの場合は、一気にお産が進むことがあるため、陣痛が15分間隔でも、強くなってきているようなら早めに連絡を。 病院に連絡するときは、次のことをしっかり伝えるようにします。

次の