パワーストーン 捨て 方。 【パワーストーンの処分方法】浄化してゴミに出す?神社で供養?

願いが叶った後のパワーストーンの捨て方で一番いい方法は?

パワーストーン 捨て 方

パワーストーンに込めた願いが叶ったので必要なくなった、割れてしまったので処分したいなど、パワーストーンが不要になった場合、どのように処分したらいいのかというご質問を頂く事があります。 愛着のあった大切な石ですと、やはりそのまま捨ててしまうと何か起きるじゃないかと不安に感じる方もいらっしゃいます。 本日はパワーストーンの処分方法を徹底解説していきたいと思いますので、パワーストーンをお持ちになられている方は是非読んでみて下さい。 まずは浄化を パワーストーンを処分する前にはしっかりと浄化を行ってください。 この時、感謝の気持ちを込めて石を休ませてあげると良いそうです。 また浄化方法はマイナスのエネルギーをクリアにしてあげる水晶クラスターやさざれ、セージ、塩での浄化がオススメです。 浄化が完了したら次は捨て方を選んでみましょう。 パワーストーンの捨て方 自然に返す 石は自然の中で生まれてきたものです。 最後は自然の中に返してあげるのが理想的な処分方法とされています。 返す場所としては、土に埋めてあげたり、川に流してあげると良いと言われています。 ですが、この処分方法には問題があります。 気をつけないと不法投棄や自然破壊の疑いをかけられることもあるそうです。 土に埋める場合、埋める場所が問題となるようで公園や他人の土地に埋めることは良くありません。 自宅の敷地内または自分が所有している土地に埋めてください。 また埋めることが難しい、サイズの大きな石 置物など を山などに置いてくることもダメです。 次に川に流す場合に問題となるのが、水生生物が誤って食べてしまう事です。 生態系を壊すことに繋がるそうですので、できれば土に埋めるだけに限定した方が良さそうです。 では埋める土が無い場合はどうしたらいいのでしょうか。 その方法は次の項目をご覧くださいませ。 不燃ゴミ・可燃ゴミとして処分する 驚かれるかもしれませんが、一般ゴミとして処分しても大丈夫です。 最近ではこの方法で処分する事の方が多いようです。 周囲に迷惑をかけてまで、自然に返すことにこだわることはないと思います。 石も気持ち良く最後を見送って欲しいと思っているはずです。 不燃ゴミとして出すか可燃ゴミとして出すかは地域によって異なりますので、きちんと分別して処分してあげてください。 ブレスレットならゴムは燃えるゴミとして、アクセサリーなどの金具の付いているものは、それらを外して燃えないゴミとして、細かく分別する事も忘れないで下さい。 もしゴミとして処分する決心が出来ないという方には次のような方法もあります。 神社やお寺で供養してもらう どうしてもゴミとして処分する事に抵抗がある場合は、神社やお寺で供養してもらうのも一つの方法だと思います。 どんな神社やお寺でも供養してもらえるわけではないので、事前にお問い合わせをして確認してみると良いかもしれません。 無断で納めるのだけはやめて下さいね。 パワーストーンの捨て方は以上となりますが、ご参考になりましたでしょうか。 自然に返してあげる方法が一般的でオススメしているお店も多いですが、不法投棄や自然破壊の事実を伝えているところは少ないと思います。 できれば不燃物として処分するのがベストな方法だと思います。 大切にしてきたパワーストーンだからこそ、最後まで責任を持って処分してあげることが大事になります。 捨てる場所ではなく、手放すまで感謝の気持ちをこめることが石にとって最高の最後になるのではないでしょうか。

次の

パワーストーンの捨て方(処分方法)の正しい手順とは?

パワーストーン 捨て 方

ヒラオカ宝石が責任を持って パワーストーンを供養します。 他店様の商品でもOK 願い事や厄除けを終え不要になったり、石が割れたり、年や干支が変わったなど お役目を終えたり、処分・破棄にお困りのパワーストーンがございましたら ヒラオカ宝石へお送り下さいませ。 弊社が責任を持って『 無料 』で 持ち主の方に代わり、ご愛用のパワーストーンの供養を丁重に行い、安置いたします。 (個人のお客様限定。 お一人様につき約1kgまで。 送料は、お客様ご負担でお願いします。 お守りや財布、招き猫などの縁起物は承っておりません。 伊勢神宮の分社となる 『 高知大神宮 』にて供養 お送りいただいたパワーストーンは、年に1回まとめて 神社にてお祓い供養いたします。 供養の儀は 日本の最高神である天照大御神をお祀りしている 伊勢神宮の分社となる『 高知大神宮 』拝殿にて行います。 お祓いによる供養後は、不法投棄とならないよう自然に帰すべく お遍路八十八ヶ所を開創された弘法大師が悟りを開いたといわれる 桑田山のふもとにあるヒラオカ宝石 私有地の 供養処パワーストーン塚に安置させていただきます。 新しい運気のご縁をつなぐギフト 500円のお買い物券を差し上げます。 折り返し、詳細な手順をお知らせいたします。 郵便または宅急便にて、 配送途中の事故が起こらないよう石を新聞紙などにくるんで、 下記住所へお送りください。 着払いでの発送はご遠慮願います。 他店様でご購入の商品も無料で承っております。 〒785-0036 高知県須崎市緑町 2-7 ヒラオカ宝石 宛て その際、到着確認と供養のご依頼を承った旨を メールでお送りするために、 送り主様のお名前、メールアドレス、ご住所などの連絡先と 「 石の供養(処分)希望 」のメモ書きの同封をお願いいたします。

次の

さざれ石の処分方法がわからない!捨て方と注意点 | みんなのパワーストーン

パワーストーン 捨て 方

sogesogekoさん こんにちは。 水晶をゴミ箱に捨てる事じたいには、なんの問題もありません。 ただし、お住まいの地域のゴミの分別にしたがって、不燃物として捨てるなど、可燃物といっしょくたにしないなどのルールは守って捨てることです。 地中に埋めろとか、川に流すなどということだけは、ゴミの不法投棄にすぎませんので、絶対にしてはならない行為です。 そのような非常識で人として最低な行為をすすめるショップもたまにありますが、絶対にだめです。 (ご自分所有の土地に埋めるなら問題ないですが…) 無理矢理掘り出されて、丸く削ったり穴をあけてブレス用のビーズなどに加工された時点で、天然のものとはいいがたいのです。 自然に還すなどというわけのわからないきれいごとで、非常識な事をしてはいけません。 興味がなければ、捨てる。 別に水晶に特別の思い入れがないのでしょうし、ノープロブレムです。 正しい捨て方は、あくまでも、地域のルールにしたがって、ゴミとしてだす。 これのみです。 ただ、捨てる決断をする前に、他の人にゆずるとか、何か他の使い道を勘えるなど、いろいろと工夫できるところはありますね。 今回は、あなたが引き継いで持ち主となられたわけですから、大事に愛情を注がれてください。 天然の石というものは、不思議なもので、おもいがけない事がおこったりもします。 どんな石を持っても何もおこらず、パワーなど全くないと言い切る残念な方も多々ありますが…(笑) 楕円形の水晶玉?…ということですが、卵のような形のものということでしょうか。 飾ることに何の問題もありませんし、転がり落ちて、紛失などしないように、また大きさによりますが、床などを傷つけないようになさるなどして飾っておけばいいですし、小さなものでしたら、巾着袋に入れてお守りとして持ち歩かれてもいいですね。 石に関して明確な根拠のあるタブーはほとんどありませんので、おおらかな気持ちで大事になさってください。 石の世界はその人に見合ったものしか開けてきません。 一般の人が一般的な使い方飾り方をしていて、何か不都合があるという事は全くないですし、石はいっさい悪さをしませんので、ご心配なく。 一度はゴミとして処分されたもの…ということで、気になるのであれば、天然の塩と流水で綺麗に洗ってあげるなどして、ご自分なりに新しく石と関係をつくっていかれるといいと思いますよ。 粗末に扱ったらこんなたたりがあるからこういう方法で処分しましょう……という意味の決まりなら、ありません。 みなさんのおっしゃるように、お住まいの自治体のルールに従って、燃えないゴミか何かで処分しても大丈夫です。 要するに気分の問題なんですよ。 あなたが粗末に扱うのは気が引けるというなら、捨てずに飾っておくなり、観葉植物の根元に置くなり(置く場合はレンズのように光を集めてしまうかもしれないので、一応注意してください)、神社に持って行って相談してみるなりどうぞ。 でも、山や川や海に捨てるのはやめましょう。 よく「自然に帰す」とか言いますが、あれは、やった本人の自己満足でしかないです。 弟さんにあなたのやり方を強要するのもやめましょう。 パワーストーンというのはその人が石をどう扱うかの問題で、興味のない人には関係ないことです。

次の