雇用保険追加給付 振り込まれた金額。 【雇用保険の追加給付金】が振り込みされていました!(入金までの期間・金額について)

雇用保険(失業手当)の不足分の返金や追加支給は?過少給付がバレた理由や根本厚生労働大臣の辞任の可能性についても

雇用保険追加給付 振り込まれた金額

政治・経済 2019. 10 2019. 03 Tanoseek 雇用保険 失業手当 の不足分の返金や追加支給は?過少給付がバレた理由や根本厚生労働大臣の辞任の可能性についても 2019年1月9日、雇用保険の失業手当等の過少給付があった事が明らかになり話題になっています。 過少給付額は、なんと総額数十億円。 しかもこれは現在わかっているだけの金額でこれから調査をすすめていくにあたり、更に金額が大きくなってくる可能性もある見込みのようです。 失業手当の不足分は雇用保険を律儀に払っていた立場からすればとてもじゃないけど許せないもの。 不足分の返金や追加支給などの対応はしてくれるのでしょうか?厚生労働省側の今後の処分は? 過少給付が明るみに出る事になった、バレた理由についても気になります。 今回の、過少支給の原因となった、勤労統計の手抜き調査のについては15年前の平成16年から行われていた可能性があるようなので、その範囲内に失業手当などの、雇用保険の支給を受けていた事がある人たちは 受給したという証明を自ら役所やハローワークなどに出向いて、提出しなければ追加支給や不足分の返金を受ける事ができない可能性も出てきそうですね。 詳しくは 雇用保険の過少給付がバレた理由や厚生労働省の職員の処分について 今回の雇用保険の過少給付が明るみになり、公にバレるという形になった原因は、 「毎月勤労統計調査」という、国の行政機関が作成する 統計調査の手抜きにあると見られています。 この調査の対象は、• 従業員5人以上の事業所を最低限度として、• 従業員500人以上の事業者は絶対に調べないといけない。 というルールに乗っ取って行われないといけません。 要するに、「大体こんなもんだろ。 」って形で、適当に数値を出していた手抜き調査が今回の過少給付の原因になったという事。 この方法により、賃金が高い大企業の数が少なく見積もってしまい、金額が低くなっていたという経緯のようです。 NHKの記事によれば、 この方法で行なっていたという事が 判明したのは2018年12月の中旬。 20日には 根本厚生労働大臣にも報告が通っており、認知されていたのにも関わらず、不適切な調査の結果のままの報告発表が行われていた様子です。 その後、厚生労働省が問題を明らかにしたのは20日以上たった2019年1月8日。 明らかに隠蔽しようとしていたようにしか思えない、事態について、根本厚生労働大臣は記者会見で、 「当時は事態の整理がつかず、公表の際に説明することに思いが至らなかった。 申し訳ない」 という発言をしており、今回の調査の問題や、過少給付の可能性についての 事態の深刻さについて認識さえできていなかったようです。 発覚した経緯についてはまだ、調査段階のようですが、今まで騙し騙しやっていたものが内部告発により明らかになったのであろう事も考えられます。 今後の対応や金額の規模、加えて、追求していく中でも更なる、手抜きが発覚する事も考えれば、責任を取る形で根本厚生労働大臣の辞任も考えられる所になってきそうです。 今回過少支給について明らかになりましたが、これらも多分氷山の一角。 国や関連機関の偽装工作はまだまだ、埋もれているのは確実だと思われます。 「 お役所仕事」という言葉は昔からよく使われますが、不正受給対策など、国民からお金を取る方向にに力を入れる前に、 正しくそのお金を管理する方向に力を入れてほしいものです。

次の

雇用保険、労災保険等の追加給付について

雇用保険追加給付 振り込まれた金額

雇用保険追加給付の対象者 2004年(平成16年)以降に雇用保険(労災保険など)の給付を受けた方で、過少給付に該当する場合(本来もらえる額より、少ない額が支給されていた方)は、今回の「追加給付」の対象となります。 そこで、雇用保険関係で過少給付の可能性がある方を、下記にまとめてみましたので、確認してみましょう。 2004年(平成16年)8月以降に次の雇用保険関係の給付を受けた方は、追加給付の可能性があります。 基本手当(失業手当)• 高年齢求職者給付• 特例一時金• 就職促進給付• 高年齢雇用継続給付• 育児休業給付• 介護休業給付• 教育訓練支援給付金• 就職促進手当• ) 追加給付の対象者は約1,900万人(雇用保険関係は約1,764万人)いるということなので、該当する方は多いと思います。 対象かどうかを調べる方法は? 追加給付の対象者を調べる方法については、厚生労働省が「本人が追加給付の対象になるかどうかを調べるツール」を開発するということでしたが、現在の対応は、追加給付の対象になる人(追加給付の可能性がある人を含む)に対して、「雇用保険の追加給付に関するお知らせ」を郵送することになっています。 つまり、自分が対象になるかどうかは、「雇用保険の追加給付に関するお知らせ」が届くまではわからないということです。 (厚生労働省から青色の封筒で届きます。 ) <2020年6月19日追記> 本日、雇用保険追加給付問い合わせ窓口で確認したところ、「追加給付のお知らせ」は、現在も郵送されているということですが、住民票と異なるところに住んでいる方や2010年10月以前に氏名を変更した方、海外転出届を提出して住民票が除票されている方の中には、給付対象者でもお知らせが受け取れないということがありますので、送付先等の登録をおススメします。 詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。 ) スポンサーリンク 追加給付はいくらもらえるの? 次に、過少給付に該当した場合、追加給付はいくらもらえるのか?給付額を確認してみましょう。 雇用保険関係の追加給付金• 基本手当(対象者約1,567万人) 1人あたり1回の受給につき、 約1,300円となっています。 ) この「1回の受給につき」というのは、基本手当(失業手当)等が振り込まれた回数ではなく、1回の失業につき約1,300円ということです。 高年齢求職者給付(対象者約183万人) 1人あたり1回の受給につき、 約420円となっています。 育児休業給付(対象者約14万人) 1人あたり1回の受給につき、 平均3,210円となっています。 介護休業給付 1人あたり1回の受給につき、 約1,370円となっています。 高年齢雇用継続給付 1人あたり1回の受給につき、 約10,660円となっています。 ) なお、具体的な追加給付額については、 現在「大まかな追加給付額を調べるツール」を開発中ということで、3月中に公開される予定になっていますので、発表され次第、情報を更新していきます。 スポンサーリンク いつからもらえるの? 雇用保険関係の追加給付が支給される時期は、 「現在受給中の方」と 「過去に受給していた方」で異なりますので、下記を参考にしてみてください。 (支給は2019年11月1日から開始されています。 ) 「追加給付のお知らせ」は、2019年10月28日から順次発送が開始されていますが、対象者が約1,900万もいるため、現在(2020年6月23日時点)も郵送されています。 追加給付に関してのお問い合わせは、下記の「雇用保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル」で受付けています。 雇用保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル TEL : 0120-952-807 【受付時間】 平日:8:30~20:00 土日祝:8:30~17:15 最後に 「失業手当等を受給していたころの住所と現在の住所が一致していない!」という方は、こちらの記事も参考になると思いますので、よろしければ確認してみてください。

次の

【雇用保険の追加給付金】が振り込みされていました!(入金までの期間・金額について)

雇用保険追加給付 振り込まれた金額

中身を読んでみると、以前給付された雇用保険の受給額が低く算定されていた可能性があるらしい。 そこで雇用保険の受給額が低く算定されていた人へ差額を支払うということのようです。 そもそも低く算定するってこと自体が問題ですよね。 でも公務員はそんなことしてもクビにはならないし、 何のお咎めもありません。 コロナウイルスで失業することもなければ、 ちゃんと仕事をしてなくても 給料が毎月満額振り込まれます。 身を粉にして一生懸命働いている人もいるでしょうけど、 そうじゃない人もいる。 そういう人を見ると何てお気楽な仕事なんだろうと思ってしまいます。 雇用保険追加給付窓口は、もっとまともな仕事しろ! 雇用保険の受給額が低く算定されていた人に対して 過去に遡って支払うという姿勢はいいのですが、 そのやり方に問題があります。 送られてきた資料を読むと、 まず対象者がこちらの情報を記入して「雇用保険追加給付窓口」へ郵送するみたいです。 その後審査が行われ、 雇用保険の受給額が低く算定されていた人へ差額が給付されるとのことでした。 おいおい、ちょっと待てよ! 普通、お前たちが対象者全員を調べて差額を給付する人にこの手紙送って来ないか? それなのになぜこちらが先に書類を送って、 その後に審査するんだよ? ってことは何か? この書類を返送しなかった人には差額を給付しないってことか? ふざけた話だな! 先日のコロナウイルス関係の10万円給付で麻生大臣が言ってたように 手を上げた人にだけ給付するつもりなのか? そもそも誰のミスでこんな差額が生じたんだ? 厚生労働省のせいだろ? それを書類を返送した人だけ審査して、 差額が判明すれば給付するなんて 本当にふざけた連中ですね。 こんな人たちに高給をあげる必要ないですよ。 今すぐ連帯責任として厚生労働省の職員全員を嘱託職員みたいな身分に切り替えて ボーナスなしの月収25万円くらいにして欲しい! やはり民間との考え方の隔たりは大きい! 今回、対象者が先に書類を返送するには 本人確認の意味合いがあるみたいです。 確かに本人確認はあった方がいい。 ですが、郵送費かけてすることですか? 厚生年金や国民年金には過去の支払帳簿みたいなのあるでしょ? それ見て確認すれば済む話ですよね。 で給付額を調査して、差額があれば給付すればいい。 にもかかわらず書類送って本人に確認させるって何よ? 厚生労働省の怠慢でしょ? それにこちらもいつからいつまで雇用保険もらったかなんて覚えてないですよ! 厚生労働省の仕事をなぜ私たちがしないといけないのか! 何のための帳簿だよ? 支払いの記録を保管し、確認するのが厚生労働省の仕事なんだよ! やはり考えてることのレベルが低い厚生労働省 もし私が担当者なら、 まず対象者全員を調査して差額が生じた人全員にこの書類を送ります。 返送がなければ何回も送るし、 何とか電話番号とかを入手するなりして 何が何でも給付するのが原則だと思います。 なぜなら、こちらの不手際で過少給付となったわけですから。 しかし、国のやることは真逆です。 できるだけ調査したくない、 給付したくないから まずは書類を送り、返送してくるかのふるいに掛ける。 対象者が100万人いれば、 そのうち数万人規模で返送して来ない人が出るかもしれない。 (厚生労働省は「委託してる業者がやったんです」と言い訳するでしょうが・・・) そうすればその分の調査量や時間、ひいては給付金額を削減できます。 彼らにとっては都合がいい話しかありません。 しかしながら、そもそも低い給付金額を計算したのは厚生労働省です! 彼らが責任を持って支給対象者を見つけ出し、 支給する義務があるはずです。 誰がやったかが問題なのではなく、 誰がその責任を負って雇用保険給付の手続きをするかが問題なのですが! 常識を持った人たちならこの論理が通用しますが、 公務員は極めて常識が通用しない人たちが多いから 分からないでしょうね・・・・・ 公務員制度は一回廃止して新しい制度にしよう! 今回の厚生労働省のようなお粗末な仕事している公務員は、 一度全員クビにして欲しい。 年金問題も含めて毎度毎度のことじゃないですか。 黒川検事長が賭け麻雀で辞職しましたね。 法律のプロが麻雀賭博ですよ。 そして、訓告とかいう退職金にはほとんど影響のない処分となり、 ほぼ満額退職金が貰えるような情勢です。 賭け麻雀も1回じゃなく何回もやってるようで・・・ (もちろん法律のプロですから、1回でもアウトですが) こんな人は懲戒免職にして退職金ゼロにしないとダメでしょ? 佐川元国税庁長官といい、官僚の印象は極めて悪いです。 仕事は遅いし怠慢、給料は高給なんて一般市民は納得してませんよ。 10万円給付、いつになったらできるの? いっそのこと、一度官僚は全員クビにしよう! 給料は一律25万円くらいにして再募集かけてみて欲しい。 それくらいの価値しか彼らは生み出してないんじゃないかな? 国会議員の選び方も含め、公務員・官僚改革も考えてみたい!.

次の