春の彼岸はいつからいつまで。 春彼岸の意味や由来は?2020年はいつなのか教えて!

春や秋の【お彼岸】は何をする日?いつからいつまで?

春の彼岸はいつからいつまで

2020年のお彼岸の日程 期間 はいつ? 春のお彼岸 春彼岸 :3月17日(火)から3月23日(月)まで を中日として前後3日間を合わせた7日間です。 秋のお彼岸 秋彼岸 :9月19日(土)から9月25日(金)まで を中日として前後3日間を合わせた7日間です。 お彼岸は、以上のように 「春分の日」「秋分の日」を中日として、前後7日間です。 お盆のように特別な準備やお飾りは必要ないですが、基本は家族揃ってのお墓参りですね。 お彼岸の期間中ならいつでも良いのですが、お墓参りは、やはり中日にお参りされる方が一番多いと言われます。 お彼岸の期間の呼び方について 春分の日&秋分の日 この日を 「中日 ちゅうにち 」と呼んでいます。 お彼岸の初日 この日を 「入り・彼岸の入り」と呼びます。 終わりの日 この日を 「彼岸明け」と呼んで最後の日となります。 また、お彼岸の期間には、春・秋共に先祖供養が行われれますが、 春のお彼岸は単に「お彼岸」と言い、秋の場合には「秋彼岸」と呼んでいます。 春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けることもあります。 お彼岸の意味 春分も秋分も昼と夜の長さがほぼ同じになり、太陽が真西に沈むという特徴があります。 仏教では極楽浄土は西にあると考えられていることから、この期間が先祖を供養する年中行事となったようです。 お彼岸は日本独自の習慣で、人々は彼岸入りの日の前日までに自宅の仏壇を整え、ぼた餅などをお供えします。 お彼岸の期間中は朝晩にろうそくをともし、お線香をあげることが供養になります。 仏壇のない家庭では彼岸期間中の昼間にお墓参りをし、お線香と花を供えます。 なお、お彼岸の期間は、お寺では「彼岸会(ひがんえ)」「お彼岸法要(ひがんほうよう)」を行うことが多いですね。 既に亡くなってしまったご先祖さまに対しての先祖供養を行います。 基本的に「お彼岸」というと、春の方をメインに考えられていて、秋のお彼岸に関しては「秋彼岸」と呼ばれることが多いです。 なお、故人が亡くなってから、初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」と呼びます。 普段のお彼岸と同様に、お墓を洗い、仏壇・仏具を清め、お花やお供え物を供えましょう。 関連記事: お彼岸には何をするの? 「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉がありますが、この彼岸とは一体何なのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか。 彼岸は春と秋の2回あり、春に行うのを「春彼岸」、秋に行うのを「秋彼岸」と言います。 彼岸には先祖や故人の供養をするのが一般的です。 お墓参りやお墓の掃除はもちろんのこと、仏壇に花を供えたり、仏具の手入れなどを行います。 彼岸ではのように、「これを供える」「これを飾る」など決まり事があるわけではありませんが、先祖や故人に感謝の気持ちを表すことが大切と言えるでしょう。 また、仏教の教えである「六波羅蜜」が日ごろの生活の中で実践できているか、自分自身を見つめ直すことも彼岸に行うことの一つと言えるでしょう。 六波羅蜜とは、「布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(tちえ)」の6つを表し、彼岸期間中の7日間で改めて「分け与えること、ルールを守ること、耐え忍ぶこと、努力を続けること、心を落ち着かせること、物事の真理を見極めること」ができているかを確認します。 最近は多忙や高齢化などの問題により、お墓参りに行けない方が増えていると言われていますが、彼岸の時期に今一度自分の生き方や過ごし方について考えてみる機会を得ることは大事だと言えるでしょう。 関連記事: なぜ、お墓参りをするの? 春と秋の年2回、日本ではお墓参りに行く習慣があります。 これをお彼岸と言いますが、お彼岸はより具体的には春分の日、秋分の日を中日に前後3日間の計7日間に渡る期間のことを言います。 お彼岸の時は霊園やお寺に続く道が渋滞をするため、「どうしてこんなに大変な思いをしてまで、このタイミングで墓参りをするのだろう・・」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。 お彼岸にお墓参りをするのは、この世とあの世が最も近づく日とされているからです。 あの世は西方浄土と言って、この世から十万億の仏土を隔てた場所にあるとされています。 お彼岸である春分の日、秋分の日は、昼と夜の長さが同じになり、一年の中で太陽が最も真東から登り、真西へと沈んでいくため、西にあるあの世への道が最短となるわけです。 つまり、そのタイミングでお墓参りをすることで、先祖や故人と近い場所で向き合うことができると考えられています。 なお、仕事などで忙しくて、どうしてもお彼岸にお墓参りをすることができない、という方もいますよね。 そのような時は、西の方向を向いて先祖や故人を偲ぶだけでもよいので、お墓参りは時間のある時に改めて行うようにしましょう。 関連記事: お供えものや、墓参りで必要なものは何? このお彼岸の時期には、仏壇を掃除し、お団子、花などをお供えします。 また、 春にはぼたもち、秋にはおはぎをお供えするのが一般的。 ぼたもちとおはぎは同じものですが、ぼたもちは春の牡丹の季節に食べ、おはぎは秋の萩の季節に食べるということから由来しています。 その他には、季節の果物やお酒などお供え物は様々です。 故人の好物を供えるのも良いですね。 また、お墓参りに持っていくものも忘れないように事前に確認しておきましょう!年に2回のことだけに。 ・数珠 ・お線香 ・ろうそく ・マッチ ライター ・お花 ・お供物 お菓子や果物、故人の好きだったものなど お墓にはどんな物をお供えしてもかまいませんが、お参りをした後には、お花以外のお供え物で、腐るものは基本的に持ち帰るようにしましょうね。 関連記事: お彼岸はなぜ「春分の日」や「秋分の日」と関係があるの? 彼岸(ひがん)とは、簡単に言うと先祖や亡くなった方がいるあの世のことを言います。 反対に私達が住むこの世は「此岸(しがん)」と言います。 これらは仏教用語で、インドから伝わった言葉(サンスクリット語)です。 修行僧は日々此岸にて、6つの修行(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)に励むことで極楽浄土への道が開けると言われています。 (これを六波羅蜜と言います) そして、彼岸は西の方向にあり(西方浄土)、対する此岸は東の方向にあるとされていました。 ここまでが彼岸の意味や由来です。 実は、インドには日本のお彼岸の習慣はありません。 つまり、彼岸という言葉自体はインド発祥のものですが、お彼岸の習慣は日本独自となっています。 日本のお彼岸には先祖供養の意味があり、春と秋の年2回、それぞれ春分の日、秋分の日を中日に7日間をお彼岸として過ごします。 お彼岸が春分の日と秋分の日を挟む理由は、先ほどの西方浄土の考えがあります。 春分の日も秋分の日も、太陽は一年で最も真東から上がり、真西へと沈みます。 そのため、東から西までの距離が短く、この世とあの世が最も近づく日、とされているのです。 また、仏教には「中道」という考え方があり、苦と楽、有と無のようにどちらか一方に捉われるのではなく、その間にある偏りのない立場であることを重んじると言われています。 春分の日、秋分の日は昼と夜の長さが同じであるため、中道の象徴とされていました。 このようなことから、インドから伝わった彼岸が、日本にて春分の日、秋分の日に先祖供養を行うお彼岸に結び付いたと言われています。 関連記事: 関連記事: 春分の日・秋分の日の祝日の意味 春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ」とあり、秋分の日には「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」とあります。 お彼岸にお墓参りをする文化には、「生かされていることへの感謝」「ご先祖様への感謝」をする大切な節目と捉えた日本独自の価値観が大きく息づいているんですね。 今年のお彼岸には、家族そろってお墓参りをしてみてはいかがでしょうか。

次の

春のお彼岸/秋のお彼岸とは|春彼岸と秋彼岸の意味や2020年いつかを解説

春の彼岸はいつからいつまで

春のお彼岸とは? 春のお彼岸は、 「春分の日」を中心に その前後三日間の計七日間が「春の彼岸」と呼ばれます。 上記の図のように、春のお彼岸は「春分の日」を中心としてそこから前後に3日間、つまり合わせて7日間の一週間が期間になります。 その期間すべてを含めて お彼岸と呼び、 最初の日を「彼岸の入り」最後の日を「彼岸の明け」、真ん中の日である春分の日は 「中日」と呼ばれています。 彼岸とは? 「彼岸」というのは、仏教の言葉で、簡単にいうと 「あの世」「仏の住む世界」のことです。 仏教では、極楽浄土は 「西方」にあると考えられており、 太陽が真西に沈む春分の日前後は、ご先祖様が住む極楽と現世が近づく期間とされています。 関連 なお、お彼岸は、春の「春分の日」を中心とした「春のお彼岸」だけでなく、 秋の「秋分の日」を中心とした「秋のお彼岸」の 年2回あります。 秋分の日も春分の日と同様に、太陽が真西に沈み、昼夜の長さが同じになる日で、「暑さ寒さも彼岸まで」などともいわれます。 このように、 「春分」「秋分」を挟んだそれぞれ各七日間をそれぞれ 「春のお彼岸」・「秋のお彼岸」と呼びます。 春のお彼岸はいつからいつまで? スポンサーリンク 太陽が真東から昇って真西に沈むお彼岸の時期は、彼岸と此岸が一番近くなる最も通じやすい日になると考えられているので、 あの世に思いが届きやすいといわれ、この時期にはご先祖様に感謝する気持ちやお墓参りをする風習が大切な行事となっています。 お彼岸にはお墓参りをして、お花や線香を供えたり、お経をあげたりして先祖の霊を供養します。 お墓参りは、彼岸中であればいつ行ってもかまいません。 用意するものは、お供え物・線香、ろうそく・仏壇やお墓に飾るお花・掃除道具など、普通にお墓参りする時のものを用意しましょう。 一般的なお参りの流れは、まずお墓に手を合わせ、掃除をして、お供え物をして、最後にもう一度手を合わせて感謝を伝えるという流れです。 そして花以外のお供え物は基本的に持ち帰ることになります。 また、自宅に仏壇がある場合には、彼岸入りの前日には仏壇をきれいに掃除し、花を飾ったりします。 彼岸中は、朝晩に水などをお供えし、灯明をともして線香をあげ、故人の好きだったものなどをお供えして供養します。 また、お彼岸の時のお供え物だけ特徴があり、春のお彼岸には 「ぼたもち」を用意するところが多くあります。 しかし決まりというわけではなく、故人の好きだったものをお供えしたり、季節に応じて和菓子や果物など供えるものを変えているところもあります。 お盆と違い決まった行事や決まった飾りは必要ないので、気持ちを込めてお参りをしましょう。 ぼたもちとおはぎの違いとは? お彼岸に欠かせないお供えもとして 「ぼたもち」や 「おはぎ」があります。 材料も作り方も、見た目にも同じものですが、 季節の花になぞらえて、名前だけが変わります。 春のお彼岸にお供えするのが 「牡丹餅(ぼたもち)」、 秋のお彼岸にお供えするのが 「お萩(おはぎ)」です。 こしあんでつくったのが「ぼたもち」、粒あんでつくったのが「おはぎ」、あるいは、米粒が残っているのが「おはぎ」、餅の状態になっているのが「ぼたもち」、などの説もありますが、 「ぼたもち」も「おはぎ」も同じものです。 お彼岸になぜぼたもちやおはぎをお供えするの? 「お彼岸には、なぜぼたもちやおはぎを供えるのか?」は、 小豆の赤い色には魔除けの効果があると古くから信じられており、 邪気を払う食べ物としてご先祖様にお供えされてきました。 また、「もち米」と「あんこ」 2つのものを「合わせる」という語呂から、 ご先祖様の心と自分たちの心を「合わせる」 という意味もあります。 普段から仏壇などにお供えものをしている場合も、お彼岸の期間には普段より少し立派なお供え物をします。 お花や、お墓参りと同様にぼたもちやおはぎ、また精進料理を一緒にお膳に並べてお供えしましょう。 お墓参りの時のお供え物は家に持ち帰り、仏壇にお供えしたお膳もできれば早めに下げて「仏様のおさがり」として食べるのが供養になるといわれています。 日が経ってしまったものや、しなびてしまったり固くなったお餅などは無理せず処分しましょう。 なお、お彼岸の時期には、先祖供養のほかにもこの時期にやるべきことがあります。 春のお彼岸の中日である春分の日は 「自然をたたえ、生物をいつくしむ」祝日なので、ご先祖のみならず自然や動植物に対しても感謝と敬意、慈しみの心をもって接するようにしましょう。 さらに、人生において大切な6つのこと 「六波羅蜜」を実践できているかどうか見つめ直す期間でもあります。 6つのこととは、 「布施」見返りを求めず、他の人のために惜しみなく善行を施すこと・「持戒」戒律を守り、身を慎み他人に迷惑をかけないこと・「忍辱」身に起こる災いを受け容れ、耐え忍ぶこと・「精進」誠心誠意努力を続けること・「禅定」常に静かな心を持ち、動揺しないこと・「智慧」怒りや愚痴、貪りに捉われず物事の真理を正しく見極めること、この6つが「六波羅蜜」の修行です。 7日間のうち中日がご先祖様に感謝する日、 その前後6日間はこの6つの行いを1日に1つずつ行う大切な期間となっているので、ご先祖様への感謝の気持ちをもって普段の生活の中で正しい行いをするように心がけてみましょう。

次の

お彼岸はいつからいつまで?お供え物は?|知っておきたい葬儀の知識|ご葬儀は信頼と実績のセレモニー

春の彼岸はいつからいつまで

お彼岸を決める 春分の日・秋分の日というのは、国民の祝日とし定められています。 しかし、春分の日も秋分の日も、他の祝日のように毎年同じ日に決められてるというわけではないのです。 これは、太陽と地球の関係が大きく関わっています。 天の赤道(せきどう・天における地球の赤道の延長線)と、黄道(こうどう・太陽の通り道)が交わる「春分点」・「秋分点」という2点があり、太陽がその点を通過する瞬間をそれぞれに「春分」「秋分」となり、昼の時間と夜の時間がほぼ同じとなるといわれています。 地球は365日と6時間程かかって、公転(こうてん)していているため、毎年ズレが生じるわけなのです。 毎年、国立天文台が官報(かんぽう)で公表した日が、「春分」「秋分」となります。 この 「春分」と「秋分」が、それぞれお彼岸の中日(ちゅうにち)になるわけです。 2020年の春の彼岸の入り〜彼岸明けはいつ? 2020年春のお彼岸は 3月17日(火)から3月23日(月)となります。 春のお彼岸は、 春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間となります。 お彼岸の由来 もともとお彼岸の「彼岸」は、サンスクリット語の「波羅密多」(パーラミター)から由来し、到達する・完成する・成就するというという意味合いがあります。 仏教においては、煩悩と迷いの世界である「此岸 しがん 」にいる者が「六波羅蜜 ろくはらみつ 」の修業を修することで、「彼岸(悟りの世界)」へ到達することが出来るといわれています。 お彼岸の頃は昼間と夜の長さがほとんど同じと言われ、東に位置するといわれる「此岸」に対して、西に位置づけられる「彼岸」が一番距離が近いとされるのが彼岸の時期ということから、お彼岸にご先祖の供養をするようになったといわれています。 お彼岸とお盆の違い お盆とお彼岸はどのような違いがあるのか疑問に思う人も少なくないと思います。 どちらも各家の子孫がご先祖様に手を合わせ、感謝の心を運ぶという意味では同じなのですが、少し趣き(おもむき)が違います。 お盆というのは、 お盆の期間に亡くなった方の魂は家に帰るといわれ、そのご先祖様の魂を迎えるという風習です。 お彼岸は、 彼岸と此岸が一番近くになるといわれる期間に、こちらからご先祖様に供養を捧げにいくというような風習となります。 お彼岸でするべきこと お彼岸では具体的にどんなことをして過ごすのが良いのでしょうか? お墓・仏壇・仏具をきれいにする 日本では、お彼岸の日にお墓参りに行くこと慣習になっています。 普段お仕事などで忙しい方は、お彼岸の時期にご先祖が眠っている お墓や仏壇、仏具のお手入れをするのも良いです。 六波羅蜜を意識した生活を送る お彼岸は六波羅蜜を由来としていることを紹介しました。 以下6つの修業を通して、迷いや苦しみの世界から悟りの世界に到達するという、修行者の期間がお彼岸だったのです。 お彼岸の時期には、 六波羅蜜を意識した生活を送るのも良いのではないでしょうか。 お彼岸でするべきこととして、お墓参りをご紹介しましたが、 お彼岸のお墓参りに行く際にはどんなことに気をつければよいのでしょうか? ここではお墓参りをする時間やお供え物について紹介していきます。 お墓参りは何時に行くのがいい? お墓参りに行く時間帯に決まりなく、いつでも問題ありません。 しかし、できることなら 午前中もしくは日の明るい時間帯に行かれることをお薦めいたします。 というのも、ご先祖様を自分たちの用事を先に済ませて、ご先祖様のお参りはその後でというような ついで参りはよくない、という昔からの言い伝えがあるからです。 ご先祖様のことを一番初めにするということは、ご先祖様を敬ったり感謝する心の現われなのですね。 また午前中に行くほうが、掃除もしやすく気持ちもよいと思います。 もちろんお仕事の都合や、いろいろなご事情があり、午後からお参りに行かれる方も少なくないと思います。 そうした場合もなるべく、 墓地の管理人さんにご迷惑をおかけしない時間帯に行くほうがよいと思います。 お彼岸の中日は毎年祝日になっていますので、普段お仕事される方などがご家族と一緒にお墓参りに行かれることもあり、比較的混雑するため、中日を避けて行かれるのが無難です。 お彼岸に適したお供え物 お彼岸のお供え物として代表的なものが、 ぼたもちやおはぎがあります。 これらに使う「小豆」に 魔除けの力があるとされていて、江戸時代頃から当時は貴重だったお餅と、砂糖を使って「ぼたもち」や「おはぎ」が作られるようになったと言われています。 ちなみに「ぼたもち」と「おはぎ」、基本的にどちらも同じ食べ物です。 春のお彼岸の頃には、牡丹の花が咲くことから「ぼたもち」と呼ばれ、牡丹に似せてやや大きめに作られるようです。 秋には萩の花が咲くことから「おはぎ」と呼ばれ、こちらはやや小さめに作られているようです。 お彼岸の期間は計7日ありますので、その他のお供え物としては、日持ちのするゼリーやお菓子など小分けしやすいもので、賞味期限が2週間以上あるものを選ぶほうがよいでしょう。 以下の記事では、お彼岸の墓参りについてさらに詳しく解説しています。 ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。 春のお彼岸は、春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である 秋のお彼岸は、秋分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である• 2020年春のお彼岸は3月17日(火)から3月24日(月) 2020年秋のお彼岸は9月19日(土)から9月25日(金)• お彼岸の期間は、お墓参り・仏壇などの手入れや六波羅蜜を意識した生活を送る• お墓参りに行く時間帯に決まりはないが、できれば午前中もしくは日中が好ましい• お彼岸のお供え物として「おはぎ」や「ぼたもち」、その他日持ちのするお菓子などがよい• 2016年〜2019年のお彼岸・彼岸入りの時期をまとめて紹介 ご先祖を大事にする習慣を、これからも大切に伝え残していきたいものですね。 最後までお読み頂きありがとうございました。 終活ねっとでは他にもお彼岸に関する記事を多数紹介しております。 以下の記事では、彼岸の法要について解説しているので、詳しく知りたいという方はぜひご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の