宅 建 問題。 裏技で正解する解答テクニック

宅建過去問・問題と解答

宅 建 問題

3ヶ月で宅建を1発合格した勉強法 宅建は難しいのか? 私は宅建や不動産とまったく無縁の仕事(建築現場の仕事)をしながら、宅建を受け 見事1発合格しました。 合格点は結構ぎりぎりでしたが、 完全独学での合格です。 「頭がいいだけでは?」と思われそうですが、私は中卒で、このホームページを見てもらってもわかるように、まともな文章力さえありません(笑)そんなホームページですがためになることもあると思いますので、ぜひご覧になってください。 そもそも 宅建を勉強しようと思ったのは、不動産に興味があり、将来のためにあれば役に立つかも・・と思い受験しました。 それから2年近く一度も役にたっておりませんが・・・ 宅建の合格率 宅建の合格率は15~17%と難しいイメージがあると思います。 しかし受験には、申込だけして受けない方や、ろくな勉強もせずに受ける方が多数いてます。 のため真剣に勉強されてる人達でみれば 30%程の合格率になるんじゃないでしょうか? それでも、真剣に勉強している集団の3割に入る事は決して簡単ではありません。 特に受験をされる方のほとんどが仕事をされていると思います。 その合間を縫っての勉強ですから、 いかに効率よく勉強するかが大事になってきます。 宅建に必要な勉強時間 宅建に受かる為にどれぐらい勉強をしなければならないか? 一年前から始める方や、一ヶ月前から始める方、毎日何時間も勉強される方や、週2、3日のペースで勉強される方など様々あると思います。 合格をめざすなら期間で言えば3~6ヶ月、時間にすれば200~300時間程が平均じゃないでしょうか? ちなにに僕は試験の3ヶ月前から、平日はほぼ2時間、休みの日は4~8時間(たまに休みましたが)試験の前日と前々日にスパートをかけ、合計200時間程勉強しました。 補足ですが、 勉強は寝る前にするのが効果的です。 勉強したことをそのまま脳に刷り込むイメージで寝ると覚えがよくなります。 また、長時間勉強するときは軽い運動をはさむと右脳が活性化され気分転換にもなり、勉強がはかどります。 その逆で勉強したあとにTVなどを見ると覚えが悪くなるそうです。 宅建に受かる勉強方法 宅建に合格した多くの人がわかっていると思いますが、宅建に受かるのに最も重要なのは 過去問です。 僕も実際過去問題しかしませんでした。 限られた時間ならば、過去問題一本に絞るのがいいでしょう。 いろんな教材に手を出すより、1冊の本やひとつの教材に絞り徹底的にするほうが理解が深まります。 宅建の過去問題ですが、 10年分の過去問題を覚えれば合格は間違いないと思いますが、 過去問題集で勉強するのに 大切なポイントが三つあります。 必ず答えに解説がある事(正解だけではなく間違いにも)• 一問一答で覚えていくこと。 正解よりもなぜこの選択肢が間違っているかを理解する 宅建を合格するためには、丸暗記ではなく 理解することが重要です。 過去問題を頑張っても中々合格できない人は、 過去問題を暗記するイメージで勉強しているからだと思います。 一問一答で、その選択肢のどこが間違いなのかを理解するイメージで勉強することが大切です。 解答を見ながら勉強する 初めて 宅建の過去問題を見ると全くわからないことが多いと思います。 しかし、そこで答えを考える必要はありません。 必死に正解を考えることが当然だと思っている方も多いかと思いますが、それは間違いです。 時間をかけて考えてもダメなものはダメ、時間の無駄です。 一生懸命正解を考えるよりも、できるだけ多くの問題をこなす事がポイントです。 すぐに答えが解らない問題は、すぐに解答を見るようにします。 宅建問題文と解答を、繰り返し照らし合わせるようにしていくと、問題の解答パターンが見えてくるでしょう。 知識が頭に吸収されやすいだけでなく 、「問題を解くコツ」「のクセ」が見えてきます。 よく後ろにまとめて解答を載せている問題集を見かけますが、答えを探すだけでイライラしますので、同時に視界に入るように、解答は切り取れるタイプのものか、同一ページにある問題集がいいでしょう。 満点は狙わない が始まって問題を解いていくとわからない問題が必ず出てきます。 そんなときはあせらず後回しにしてわかる問題から解いていきましょう。 そもそも満点を取るのが目的ではありませんし、まず無理だと思います。 10問以上間違えても構わないという気持ちであせらない事が大事です。 あせると解ける問題も、簡単なミスで失敗する事もありますのでリラックスして頑張ってください!.

次の

裏技で正解する解答テクニック

宅 建 問題

学習疎外の克服へ。 宅建1,000本ノック 総Page View累計 2,000万突破! 〔計測可能分〕 この問題集は、知識のインプットに使う問題集の在り方について、ご提案するものです。 皆様の日々の学習にお役に立てれば、何よりも、誠に光栄と存じます。 過去問中心。 7777. セクションによっては一部のページを省く場合があります。 一部、特に、民法分野では、40問出題の昭和40年代以降からも収録しています。 昭和62年以前の問題については,様, 様のご協力・ご提供により,収録させていただいております。 感謝申し上げます。 そのためには、 閲覧者の方々のご意見やご提案・ご要望が何より大切です。 このため、当サイトでは、モニターを募集しております。 市販の過去問集もそれなりに工夫されていますが、この1000本ノックも、以下のような特長があります。 ・ 基本書の項目どおりに配列し、知識のチェックがしやすい。 4肢択一形式の過去の問題そのままを基本書の直後にいきなり解くのは、アタマの中の整理がつかない状態で解くことになり、問題文がスッとアタマに入ってきません。 また、宅建本試験では、基本書の学習項目を横断する出題のため、一つの問題の4肢の中に、他の学習項目が入っていて混乱させることもあります。 ・ 解説のビジュアル化で、全体構造がつかみやすい。 一つの肢問だけ見ていると全体の構造を忘れがちです。 1000本ノックの解説は、その肢問の解説だけでなく、全体での位置付けも把握させる工夫をしています。 本来一つの肢問を徹底的に見ていくことにより、知識を補充するという、問題集を解く目的がありますが、一つの肢問に対してその解説だけでは、知識が立体的なものになりません。 ・ 従来の過去問集と利用の区別を! この区別は、学習効果を上げるためには是非とも必要です。 4肢の中から正解肢を選ぶテクニックや解答方法を学び、 本試験での出題状況を知り、着実な得点力を養成するためのもの。 このためには、出題時そのままの形よりも、過去問を分解して、 項目別 に再分類、再編集し、学習のために特化したものが望ましい。 関連事項の位置付けも必要。 どうか、この1000本ノックをお手持ちの基本書や過去問集とともに、ご活用され、 合格を勝ち取ってください。

次の

【パー宅】パーフェクト宅建シリーズ、テキスト・過去問題集から予想問題集・模擬試験、口コミと評判は?

宅 建 問題

目次[ ]• パーフェクト宅建基本書 パーフェクト宅建シリーズの中核をなす試験対策テキスト(基本書)です。 この基本書に限らないのですが、パーフェクト宅建シリーズはレベルが高い印象を持ちます。 私も受験生時代にパーフェクト宅建・基本書の購入を検討し、書店で中身を見ましたが、自分には難しいと思い購入を断念した記憶があります。 結局他の市販テキストを購入し、一回目の挑戦で合格できたのですが、合格ラインを少し上回った程度でした。 このような自分の経験を考慮すると、パーフェクト宅建・基本書はレベルが高いものの、最後までマスターできれば、難化する宅建士試験においても高得点を狙えるのではないでしょうか。 したがって ある程度基礎をマスターした再受験生の方や中上級レベルの方、宅建士試験で高得点での合格を狙いたい方におすすめしたいと思います。 またアマゾンのカスタマーレビュー(過去年度版)や他の通販サイトの口コミを見ても、全くの初学者よりは高得点を目指す受験生向けなのかな、という感じです。 なお補足として年々難関する宅建士試験に対応し、「分かりにくい用語もこれでスッキリ 便利な『宅建用語』ナビ」がついています。 このようなフォローページがあるのも本書の特長です。 また宅建士試験は相対評価で合格が決まりますが、他の受験生との比較(総合成績表の発行)ができるのも、公開模擬試験の特長です。 費用も高くないので、最低でも2回程度は受験するようにしましょう。 なお本書の「パーフェクト宅建過去問12年間」に話を戻しますが、この過去問題集は「問題編」と「解答・解説編」が取り外せるようになっています。 その点、本書は分冊になっていますので、問題を解いて解答・解説までのアクセスがスムーズになっており、またアクセスタイムの短縮から学習効率も良くなると思います。 Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建 分野別過去問題集 次に分野別過去問題集です。 年度別の過去問題集と何が違うの?という印象を持つ受験生の方もいらっしゃるでしょう。 しかし使い方は決定的に異なります。 先に挙げた年度別過去問題集が、「出題傾向の分析」および「本試験のシミュレーション」が目的なのに対し、分野別過去問題集は過去問題が系統別に掲載されているため、普段の学習時に「 実力確認」「 知識の確認」「 本試験の出題レベルを知る」などが目的となります。 したがって講義を受けたり、独学ならば市販テキストを読んだ後に、「 年度別過去問題集を解いてみる」。 これが学習効率の高い利用方法だと思います。 また「パーフェクト宅建 分野別過去問題集」では単なる解答・解説の掲載に留まらず、ポイントをつかむ「着眼点」および「解き方テクニック」の記述もあります。 このようなアイテムを活用することで、得点力のアップも期待できるかもしれません。 Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建一問一答 そしてパー宅の一問一答問題集です。 過去問題集の重要性は御理解頂いたと思いますが、過去問の中には1回しか出題されないもの、再現性の低い問題(肢)も少なくありません。 そこで重要問題(重要肢)だけを厳選し、一問一答形式の問題集にしたのが、パー宅の「パーフェクト宅建一問一答」です。 一問一答形式の問題集であるため、短時間で学習が完結します。 したがってスキマ時間の学習に最適です。 特に忙しい社会人の方におすすめです。 したがって「不得意科目を克服する必要は分かっているが、なかなか手を付ける勇気がない」、そんな受験生の方には突破口になるかもしれません。 Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建 要点整理 そして最後の要点整理です。 宅建士試験は不動産系の入門資格でありながら、出題範囲は結構広い印象を持つのではないでしょうか。 そこで役立つのが要点整理です。 一般的な基本テキストならば数百ページあり、繰り返すだけで結構な時間が必要です。 それに対し要点整理ならば、重要事項だけ特化しているので、比較的短い時間で何度も繰り返して学習することが可能です。 また図解を多用しているため、覚えにくい項目もスッキリ整理して記憶できると思います。 宅建士試験は毎年多くの受験生の方が挑戦します。 その試験会場の緊張感は半端ないものですが、その緊張感の中で、思い出せるのは「何度も繰り返した重要知識」のみです。 ぜひパーフェクト宅建の要点整理で、緊張感の中でも思い出せるようトレーニングされてみてはいかがでしょうか。 Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建聞くだけ宅建業法 宅建士試験で大きな配点を占める宅建業法。 宅建士試験の合格を目指すならば、20点の範囲に対し、18点から19点の得点が理想的とされます。 もっとも昨今の宅建業法の出題においては、問題レベルの上昇および個数問題の登場など、高得点を獲得できる状況は厳しくなっています。 これには宅建業法の条文の丁寧にマスターしておくことが大切なのですが、つまらない印象があると思います。 そこで宅建業法を音声講義で分かりやすく解説したのが、本シリーズの「聞くだけ宅建業法」です。 これは不動産実務に精通した弁護士の松田弘先生による音声解説CDです。 4枚組のボリュームで宅建業法を詳しく説明しています。 なお担当講師の松田弘先生の詳細ついては以下の引用部分を参考にしてください。 講師:松田弘(弁護士) 松田弘:長年に渡り、社団法人不動産協会参事として不動産関係の諸法制の調査研究に従事。 高千穂商科大学講師を経て、現在、不動産取引、借地借家などを得意分野とする弁護士として活躍中(所属:東京弁護士会)。 宅建主任者の受験指導は、30年以上のキャリアを持ち、実務に精通した氏の講義は懇切ていねいで分り易いことに定評がある。 知事指定の法定講習講師にも任ぜられている。 manabou. html Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建聞くだけ権利関係 同じく松田弘先生が解説する権利関係編です。 権利関係は宅建業法と並び、宅建試験の重要分野です。 権利関係と宅建業法で高得点を重ねることができれば、他の科目で大きな失敗をしない限り合格可能性は高くなります。 とは言うものの最近の権利関係は難化傾向にあります。 判例を用いた問題もそうですが、思考力を試す出題が以前よりも多くなっています。 これには過去問のマスターだけでは足りず、民法・借地借家法などを始めとした実体法の理解が必要です。 この権利関係を約4時間に亘り解説したのが、このCD4枚組です。 ミニテキストもあるため、1回目はミニテキストを読みながら、2回目以降は通勤電車の中での学習など、CDの特長を活かした効率的な学習ができるのではないでしょうか。 Amazonの情報を掲載しています パーフェクト宅建聞くだけ法令制限・その他 宅建業法および権利関係の重要性は重要性は御理解頂けたと思います。 もっとも宅建士試験の合格者レベルならば、この2つの科目は「できて当然」の傾向があります。 実際に私も2科目で点数を稼ぎ合格できました。 したがって実質的に最後の合否を決めるのは、残りの科目となります。 その残り科目の中で重要度が高いのが「法令制限・その他」です。 この分野も学習をスタートすると分かると思いますが、結構学習範囲が広いです。 この「法令制限・その他」を約4時間に亘り22項目を解説しているのが、この音声解説CDです。 講義の担当は宅建業法や権利関係と同じ松田弘先生です。 したがって説明の仕方も一貫しており、その点でもおすすめです。 Amazonの情報を掲載しています ここまでパー宅ことパーフェクト宅建シリーズについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 基本テキストや過去問題集に始まり、予想問題集や模擬試験、一問一答に要点集と、その充実したラインナップに驚かれたのではないでしょうか。 もちろん大切なことはご自分の選んだ教材を何度も繰り返すことです。 いろいろな書籍に手を出すより、絞り込んだ教材を徹底的に繰り返す、これは宅建士試験に限らず難関試験一般に当てはまることです。 もっとも伝統ある教材、そして受験生に長く愛用されている書籍で学習することで、より一層学習効果も期待できるでしょう。 そのシリーズのひとつがパー宅ことパーフェクト宅建シリーズではないでしょうか。 宅建合格者の私は、パー宅で挫折しています(笑) サイト運営者の私ですが、試験勉強中にパー宅の過去問題集数冊使っていました。 しかし個人的にはパー宅の解説は難しく感じました。 というか挫折しています(笑)。 結果的には宅建試験に合格しましたが、正直なところ パーフェクト宅建シリーズは消化不良に終わっています。 【挫折の理由】パー宅はレベルが高いから 決してパー宅の解説が悪いわけではなく、その当時の私の理解度が足りないことを記しておきます。 同時に自分のレベルにあったテキスト・問題集を使用することをおすすめします。 簡単そうに見える問題集でも繰り返し解くことで十分な実力が養成されると思います。 さてパー宅過去問題集の一般的な評価ですが、10年分つまり500問が収録されており、過去問題集としては必要かつ十分な演習量です。 宅建の過去問は数十年分が蓄積されていますが、10年分を繰り返し解けば、50点満点は無理でも合格ラインは十分に狙えます。 したがってゴールがはっきり見え、希望が持てる過去問題集と言えるでしょう。 【評価】パーフェクト宅建シリーズが消化できれば、宅建士試験の合格は目の前(というか安全圏)だと思います。 住宅新報社は業界紙も発行、合格後におすすめ なお「パーフェクト宅建シリーズ」を制作・販売する住宅新報社は、不動産業界紙「住宅新報」を発行しています。 毎週1回の発行で、最新の市場や業界の動き、法改正など不動産に関連する情報が満載です。 宅建試験合格に活用されるといいでしょう。

次の