血管 を 強く する お茶。 血管年齢を若返らせる本を紹介します

血管年齢を若返らせる食べ物

血管 を 強く する お茶

血管年齢という言葉をよく聞くと思いますが、若くて健康な人の血管は、 柔軟性があり多少血圧が高くなっても、破れることがありません。 しかし、老化現象により動脈硬化が進むため、加齢とともに血管 は柔軟性を失いボロボロになった古いホースのようになるため 心臓や脳の血管事故を起こす引き金になるのです。 しなやかで柔軟性のある血管を維持することは、血管を丈夫に強くします。 血管の柔軟性があれば、血液の流れを良くし血圧を下げるメリットと共に 圧力がかかっても血管が破れない2つのメリットがあるというわけです。 血管を強くするために! 血管を強くする方法は、以下の3ステップが基本ですが、仕組みを理解せずに行っても期待する効果が得られません。 しっかりとメカニズムを理解した上で実践することをお勧めします。 動脈硬化の悪化を止める! 肌や髪の細胞は一定のサイクルで入れ替わっています。 これをターンオーバー(新陳代謝)と言いますが、血管の細胞も同じように一定のサイクルで新陳代謝を行っています。 傷ついた血管を強くするには、血管の新陳代謝によって古い細胞を新しい細胞に入れ替えることです。 新しい細胞に入れ替わると新しい血管に生まれ変わるのですが、この時に動脈硬化を引き起こす原因を排除しておかなければ、 細胞の入れ替えスピードよりも動脈硬化の悪化が継続した状態ですので、いつまで経っても新しい血管に生まれ変わることが出来ません。 動脈硬化の進行を止める!これが強い血管を作る第一ステップです。 血管の細胞にパワーを与える! 動脈硬化の原因を排除したら、次は新陳代謝を促すために血管の細胞へパワーを与えます。 血管の細胞を作るために欠かせない栄養素は「タンパク質」です。 そして血管の弾力性を作るのは、細胞同士を 結び付けている「コラーゲン」です。 そしてコラーゲンを作るために必要な栄養素が「珪素」です。 この3つの栄養素(タンパク質・コラーゲン・珪素)を積極的に摂ることで、新しい細胞を作るチカラが高まります。 新しい細胞に入れ替える時、古い細胞は体外へ排出しますが、 同時に動脈硬化で傷ついた細胞も排出してくれるので動脈硬化も改善されます。 新しい血管を痛めない! 新しい血管に生まれ変わったら、二度と動脈硬化を起こさないようにします。 またストレスや喫煙による血管へのダメージを防ぎ新しい血管を保護します。 この間も細胞の新陳代謝は行われ、常にフレッシュな血管を維持できるようになります。 以上が「血管を強くする」3ステップの理論です。 では早速、実践編を紹介しましょう。  スポンサーリンク 強くて丈夫な血管を作る方法の実践編 弾力性のある強い血管にするための理論編では、考え方を3ステップに分けて解説しましたが、実践においては3ステップを同時に実践する必要があります。 ここに注意して今すぐ出来る事から実践を開始してください。 ちなにみ期間については、生涯継続することが健康を維持する最も賢い考え方です。 食事の改善が必須項目ですが、私がお勧めしているのは、話題となっている珪素濃縮溶液を活用する方法です。 古来より難病治療に使われた貴重な水晶エキスです。 水晶とは必須栄養素の珪素の結晶で、特殊製法で溶解したのが珪素濃縮溶液です。 血管壁に附着したコレステロールや中性脂肪を分解排出し、体内の活性酸素を除去します。 さらに血管の細胞を強くする作用があります。 最も効果的なの方法は、珪素濃縮液を水やコーヒーお茶などに10滴ほど入れ毎日飲み続けます。 すると毛細血管を修復し、血液の循環を改善し、細胞の隅々に血液がめぐるようになります。 細胞の新陳代謝に必要な酸素、栄養、ホルモンが全身に届くようになるメリットが!すると臓器や器官が正常に働きだし、本来持っている免疫力で高自然治癒を促すというメカニズムです。 血管を作る栄養素:良質のタンパク質を摂る 次は血管の細胞を作るために必要な栄養素「タンパク質」を摂取する方法です。 タンパク質は、乳製品や大豆製品、牛・豚・鳥など食用の肉や魚介類に多く含まれています。 血管を作る細胞の材料となるので、良質のタンパク質を食事で摂るようにします。 動物性の脂肪は避ける人が多いようですが「脂肪を含まない赤身」は、良質のタンパク質です。 誤解している人が多いのですが、カロリーなど気にせず積極的に食べても太る心配は無用です。 逆に食べてはいけないのが炭水化物などの糖質です。 中性脂肪を高くする原因であると同時に体内を酸化させる原因となります。 アディポネクチンの分泌を増やす 奇跡のホルモンとか長寿ホルモンと呼ばれているのがアディポネクチンというホルモンです。 このアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されているホルモンで糖尿病や高血圧を予防したり、傷ついた血管を修復する作用が認められており、世界中が注目しています。 アディポネクチンの分泌には、個人差があり長寿のご老人や生活習慣病にならない人を調べると共通して分泌量が多いことが分かっています。 つまり分泌量が多い人は、血管の状態が良い為に全身に血液が巡っていると考えられています。 アディポネクチンを増やすには、テレビでおなじみの岡部先生監修のアディポネクチンサプリ【DSアディポ】が人気です。 興味のある方は、公式ページをご覧ください。

次の

血管を強くする食べ物

血管 を 強く する お茶

血管を強くする食べ物7食品を厳選! 毎日の食事で積極的に摂り入れたい、血管を強くする効果に優れた、おすすめの食べ物を厳選しました。 「青魚」で血管を若返らせる! 青魚には、 「EPA・DHA」が豊富に含まれています。 EPAとDHAには、血管を強くする優れた作用があります。 魚のEPAが血管内皮細胞を丈夫にして血管事故を予防することは、様々な研究であきらかになっています。 例えば、脳卒中のリスクを 40〜50%、心筋梗塞のリスクを約 20%低下させるという研究結果もあります。 普段の食事で新鮮な青魚を積極的に食べることで、血管をイキイキと若返らせる効果が期待できます。 青魚「EPA・DHA」の効果• 血管内皮細胞を丈夫にすることで血管事故を予防する 参考:書籍「一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本」 サラサラ効果が高い「玉ねぎ」 玉ねぎは、野菜の中でも特に血液をサラサラにする薬効成分が多く含まれています。 その代表的な成分が 「ケルセチン」と 「イソアリイン」です。 「ケルセチン」はポリフェノールの一種で、腸内の脂肪を排出する働きがあります。 そのため、血中脂質を減らして血液をサラサラにする効果が高くなります。 また、抗酸化作用も高いため、血管の老化を防いで高血圧や動脈硬化を予防します。 更に、玉ねぎ特有の辛味成分であるイオウ化合物「イソアリイン」は、血液が固まるのを防いで、血栓を予防する働きがあります。 「ナットウキナーゼ」の効果• 血栓を溶かす作用がある。 血行を促進して血液をサラサラにする。 食後2時間くらいから効き始めて、8~12時間も長く持続する。 「酢」は血管をトータルにケアしてくれる 「酢」は米などの穀物や果実を原料にした発酵食品です。 そのため、発酵の過程で生まれる様々な有効成分が含まれています。 主成分はクエン酸と酢酸ですが、酢酸には、脂質や糖質の代謝を促す作用があります。 そのため、ドロドロ血液をサラサラにして、血管の負担を軽減します。 一方のクエン酸は、抗酸化作用が高く、体内の酸化ストレスを減らします。 このような働きから、酢は血管をトータルにケアしてくれる優れた食品であると言えます。 「酢」の血管をケアする効果• 脂質や糖の代謝を促進して、血液をサラサラする。 強力な抗酸化作用で、悪玉のLDLコレステロールの酸化を防ぐ。 血管の老化を防いで動脈硬化を予防する。 肉類や糖質の摂り過ぎにより、酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻す。 血管修復作用のある「しょうが」 薬味などに使われる「しょうが」ですが、皮の近くに含まれる成分「ジンゲロール」には、中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを減らす作用があります。 そのため、血管への負担を軽減して老化を予防します。 また、しょうがは加熱したり蒸すことによって「ショウガオール」が発生します。 ショウガオールには、傷ついた血管を修復する作用があるため、動脈硬化の予防や改善に効果が期待できます。 「黒にんにく」で期待できる効能• 抗酸化作用が強まる• 免疫力強化作用が強まる• 抗ガン作用が強まる• コレステロールを減少• 血栓を予防する効果• 毛細血管を拡張して、血行促進効果• 高血圧の予防や改善効果• 血液をサラサラにする• 動脈硬化の改善や予防する効果 毛細血管の拡張や、血行を促進する効果が強まることで、より血管を強くする効果が期待できます。 にんにく自体にもこれらの作用がありますが、黒にんにくになると、その効果が更に高まります。 そのため、特に血管を強くする効果を期待するのであれば、黒にんにくがおすすです。 「黒にんにく」の効果については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。 「ビーツ」で血管を若返らせる 血管を若返らせるために注目したい野菜が、「ビーツ」です。 ビーツには体内で「NO(一酸化窒素)」を増やす作用があるからです。 「一酸化窒素」は血管内皮細胞から分泌される物質で、血流を促したり、しなやかで弾力のある血管を維持する働きがあります。 「一酸化窒素」の分泌を促す食べ物は、他には青魚があります。 青魚に含まれる「EPA」は、血管内皮細胞の機能を高めるため、「一酸化窒素」の分泌を促します。 ビーツは体内で「一酸化窒素」を増やすのに効果的だとして、世界的に注目されている野菜です。 血管を強くする成分とその効果 血管を強くするための決め手となるのが、血管の内側にある「内皮細胞」です。 内皮細胞がイキイキと元気な状態だと、血管は強く丈夫になります。 そのため、血管を強くするためのポイントは、内皮細胞を若返らせる成分が豊富に含まれていることです。 「EPA・DHA」の効果 魚には良質なタンパク質とEPA・DHAが豊富に含まれる 青魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」は、良質な脂肪である 多価不飽和脂肪酸です。 脂肪酸には、「飽和脂肪酸」「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」の3種類があります。 飽和脂肪酸はコレステロールなどの血中脂質を増やすため、摂り過ぎると体によくない脂肪です。 その反面、EPA、DHAに含まれる「多価不飽和脂肪酸」は、血圧調整や血栓予防に効く作用があります。 そして、血管の内皮細胞が生まれ変わる材料となります。 「EPA」と「DHA」には、悪玉のLDLコレステロールを減らし、中性脂肪の合成を抑える作用があります。 また、血管を拡張して血流を良くして、血栓ができるのを防ぐ働きを持っています。 「EPA」と「DHA」は、血管を強くするのにとても有効な成分です。 特に「EPA」には、血管内皮細胞の炎症をしずめ、血管の膜を作るコーティング作用があります。 これは、傷ついて弱った血管をイキイキと若返らせることにつながります。 「ビタミン」を多く含む食品• ビタミンC: トマト、小松菜、春菊、ほうれん草、枝豆、アスパラ、モロヘイヤ• ビタミンE: トマト、枝豆、ほうれん草、春菊、モロヘイヤ、玄米• ビタミンB6: まぐろ、かつお、さんま、さけ、レバー、鶏肉のささみ、青海苔、ナッツ類• ビタミンB12: 貝類、レバー、煮干し、いわし、さんま、にしん、海藻類• 葉酸: モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草、枝豆、グリーンアスパラ、大豆、いちご 参考:書籍「「血管を鍛える」と超健康になる!」、「一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本」 血管を強くするために、効果的な食事の摂り方は? 食事は毎日の積み重ねです。 一食毎の食べ方に少し気をつけるだけでも、その効果は確実に現れてくるものです。 現状の食事の摂り方を見直してみて、改善する必要があるか確認してみましょう。 食べる順番を意識する 食事は食べる順番を変えるだけでも、体への影響が変わります。 血管へ負担をかけない食事の順番は、最初に野菜を食べて、最後に主食のご飯を食べるようにすることです。 低カロリーの野菜を先に食べることで、満足感が得られるため食べ過ぎを防ぐことができます。 また、野菜には食物繊維が多く含まれているので、後に食べるものの吸収がゆるやかになり、血糖値が急上昇するのを抑えることができます。 血糖値の上昇がゆるやかだと、血管への負担が軽減できます。 つまりは、血管を若く保つことにつながるのです。 血管に負担をかけない食べ方• 野菜から食べて、ご飯を最後に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにする。 栄養バランスの摂れた食事 食事はそれぞれの食材をバランスよく摂ることが大切です。 いくら効果があるからといって、一定の食材だけを過剰に食べていては、栄養が偏ってしまいます。 トータル的に栄養バランスのとれた食事をするためにおすすめなのが、「和食」です。 和食は、主食、主菜、副菜、汁物の「一汁三菜」が基本となるため、栄養バランスが自然に整うメニューになります。 例えば、主食に押し麦を入れて炊いたご飯、魚や肉、大豆製品の主菜、野菜やきのこ、海藻の酢の物や和え物の副菜、豆腐やわかめの汁物。 このようなメニューにすると、血管を強くする栄養素をバランスよく摂ることができます。 「和食」は栄養バランスのとれた食事• 主食、主菜、副菜、汁物の「一汁三菜」が基本となるため、栄養バランスが自然に整うメニューとなる。 信頼できるサプリメントで栄養をサポート 必要な栄養素はなるべく毎日の食事から摂るのが理想です。 しかし、仕事が忙しく帰宅時間が遅くなったりすると、どうしても食生活が不規則になってしまいます。 そんな忙しい人の食事をサポートするために作られたのが、栄養補助食品の「サプリメント」です。 サプリメントは、必要な栄養成分をいつでも手軽に摂れるというメリットがあります。 しかし、 一般的なサプリメントで気になるのが、添加分が多く含まれている点です。 健康のために活用するのであれば、なるべく余分な添加分が含まれていないものを選びたいですね。 血管を健康に保つためにおすすめできるサプリメントとして、「 」があります。 「白井田七」は完全無農薬・有機栽培の貴重な田七人参を飲みやすい錠剤タイプにしたサプリです。 田七人参は、中国で古くから生薬として活用されてきたものですが、その最大の効能は 「血液を浄化して免疫力を高めること」です。 血管の老化に伴なう体の不調の原因を、根本的に改善する効果に期待ができます。 また、「白井田七」は健康のためのサプリとして、添加物を一切使用していない点でもおすすめできる理由です。 粘着剤も使わず、わずかな有機玄米で結着しているため、成分の98%が田七人参になります。 田七人参のサプリ「白井田七」をおすすめする理由• 「血液を浄化して免疫力を高める」効能により、血管の老化を根本的に改善する効果に期待できる。 添加物は一切使用せず、成分の98%が田七人参になる。 実際に、その効能を確認するため、 管理人ホコタテも2ヶ月間程、「白井田七」を飲み続けてみました。 その間に 実感したことは、「疲労が軽減された」「筋肉疲労がなくなった」ことです。 ちょうど「白井田七」を飲み始めた時期、引っ越し作業や草刈り作業があったのですが、腰痛や筋肉痛が全くありませんでした。 いつもなら、このような作業の翌日、腰痛や筋肉痛を感じていたのですが、それが全く無かったので不思議に感じていました。 自家製の酵素ジュースも毎日飲んでいたので、必ずしも「白井田七」の効果とは言い切れないですが、「疲労の軽減」は実感できました。 そのため、長期間継続して飲み続けることで、血管の老化など加齢に伴う様々な症状の改善に、期待がもてるサプリだと思いました。

次の

末梢血管を強くする方法は

血管 を 強く する お茶

血管を強くする食べ物や飲み物はコーヒーやシナモンだけでなく腸を健康する効果のある発酵食品も多い。 血管を強くする食べ物で太く修復して若返らせるにはリストにある甘酒、チーズ、ヨーグルトなどを使ったレシピのメリットだけでなく運動時のおならのような悪い面もある? 血管を強くする食べ物と飲み物とは、どのようなものなのでしょうか?血管は若い頃には、柔らかくしなやかで強いのですが、血管が老化すると硬く柔軟性がなくなり弱くなります。 血管を強くする食べ物と飲み物とは? 血管に悪い食べ物や運動不足などにより血管内の血液が流れる道が狭くなるので、それを取り除いて血管を太くする食べ物として、発酵食品に効果が高いものが多いです。 発酵食品というと腸内フローラを改善するイメージが強いですが、血管を若返らせる食べ物でもあるのです。 では、血管を強くする食べ物や飲み物について、コーヒーやシナモンなどだけでなく発酵食品を取り上げて見て行きましょう! 血管内皮幹細胞を用いて血管を作ることで虚血性疾患など血管障害の改善が期待できる。 引用元: 血管を強くする食べ物の一覧 血管を強くする食べ物の一覧を、魚、海藻、野菜、キノコ、発酵食品に分けて見て行きましょう。 血管を強くする食べ物の魚 血管を強くする食べ物の魚には、サンマ、ブリ、サバ、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAやEPAがポイントになります。 DHAやEPAは、脳の活性化にも繋がるので積極的に食べるようにしましょう。 血管を強くする食べ物の海藻 血管を強くする食べ物の海藻には、ビタミンAが含まれるワカメ、ナトリウムを排出してくれるひじき、ビタミンCやビタミンEが含まれるあおさのりなどがあります。 しいたけ、まいたけ、しめじ、エリンギなどを野菜と一緒に料理すると食べやすいですね! 血管に悪い食べ物 血管に悪い食べ物としては、動脈硬化を悪化させるハム、ベーコン、ボンレツハム、焼豚、コンビニ弁当、惣菜、菓子パン、クッキー、冷凍食品、スナック菓子、インスタント麺、梅干、漬物、さつま揚げ、はんぺん、かまぼこなどがあります。 血管を強くする飲み物の一覧 血管を強くする飲み物としては、コーヒー、緑茶、桑の葉茶、グァバ茶、ウーロン茶、麦茶、水などがあります。 血管を強くする飲み物のコーヒー 血管を強くする飲み物のコーヒーには、フラボノイドが含まれていて、抗酸化作用があり、血かんをサビ付かせない働きがあり 老化を予防でき、血栓の予防になりますが、1日2杯程度までにしないとデメリットがあります。 ですので、良質な水を1日に2リットルを目安に飲むことで老廃物を排出して血管を改善する効果が期待できます。 血管を強くする飲み物にシナモン 血管を強くする飲み物に粉状のシナモンを入れることがありますが、シナモンは、カリウムによって余分な水分を排出し、冷えを解消して、毛細血管を拡張するので血流改善、血管の老化防止に役立ちます。 心臓を強くする飲み物 心臓を強くする飲み物として豆乳が挙げられます。 心臓は、筋肉細胞にカルシウムが入ることによって縮み、そのカルシウムの量をマグネシウムが調節して緩みながら動いています。 マグネシウムが不足した状態だとカルシウムの量が調節できず筋肉が縮んだままになり、カルシウムが不足すると逆に縮む動きができなくなるのです。 血管を強くする食べ物の発酵食品 血管を強くする食べ物の発酵食品には、どのようなものがあるのでしょうか?健康効果が高い発酵食品として、納豆、味噌、ヨーグルトをメインに取り上げて行きたいと思います。 血管を強くする食べ物の納豆 血管を強くする食べ物の納豆で血管と骨が老けないと言われています。 年間の納豆の売り上げ額は、2016年において過去最高の2,140億円に達しています。 これは、小さい国の国家予算ぐらいあってスゴイ金額なのです。 発酵食品の納豆の4大栄養素 血管を強くする納豆の4大栄養素としては、ナットウキナーゼ、レシチン、大豆イソフラボン、ビタミンK2があります。 これ以外にもタンパク質など健康に良い栄養素がたっぷりです。 納豆のナットウキナーゼ によると、血管が老けるということは、大きく分けると2つあり、血管が詰まるということと血管が硬くなるということです。 血管年齢を下げる方法は下記を参考にして下さい。 血管が詰まるのを改善 血管の詰まりを防ぐ納豆のスゴイ栄養素が、ナットウキナーゼです。 これは、納豆にしか存在しない栄養素でナットウキナーゼは血栓を溶かしてくれます。 血栓は、血液の中に含まれる白血球、赤血球、血小板のような血球成分が固まりを作ったものです。 この血栓が血管にフタをしてしまうと、そこから先に十分な栄養が流れなくなって細胞が死滅してしまいます。 これが、心臓の血管で起これば心筋梗塞になりますし、脳の血管で起これば脳梗塞になります。 日本人の死亡原因の第2位と第4位が血管に関するものです。 日本人の死亡原因ランキング 日本人の死亡原因ランキングは下記のようになっています。 1位:悪性新生物 がん• 2位:心疾患 心筋梗塞など• 3位:肺炎• 4位:脳血管疾患 脳梗塞など このような怖い病気の原因になる血栓をやっつけてくれるのが、ナットウキナーゼです。 では、どのように血栓を溶かしてくれるのでしょうか? 血栓は、血球が手を取り合ってスクラムを組んでいる状態ですが、そこにナットウキナーゼが作用すると血球の手をほどきバラバラにしてくれるので、血栓ができるのを防ぐことができます。 ナットウキナーゼは納豆のどこにあるのでしょうか?ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分の中に含まれています。 納豆のレシチン 納豆に含まれるレシチンには血管を硬くさせない働きがあります。 レシチンが含まれているのは、納豆のどの部分なのでしょうか? レシチンは、大豆の栄養素です。 正常な血管には何のトラブルもありませんが、不規則な食生活などで悪玉コレステロールが増えると血管の内側にコレステロールを押し込みます。 その結果、血管の内側にコレステロールのこぶのようなものができて、分厚くなります。 本来、血管はしなやかで柔軟性がありますが、コレステロールにより柔軟性が失われて行きます。 血管を太くする食べ物 レシチンは、この悪玉コレステロールを取り除いてくれます。 レシチンと悪玉コレステロールがくっつきます。 悪玉コレステロールがいなくなれば血管の壁が汚れないということになります。 ですので、納豆は血管を太くする食べ物だと言えます。 悪玉コレステロールが血管の内側にコレステロールを運んで、溜まったコレステロールがこぶです。 ですので、こぶができないようにするのが、レシチンの働きです。 こぶを取り除くのではありません。 では、血管の壁に溜まってしまったコレステロールは手術などで取り除くしかないのでしょうか?そんなことはありません。 善玉コレステロールが多くなれば、血管の壁のコレステロールも小さくなって行きます。 肝臓から血液中に送り出されるコレステロールは、アポタンパク質と結合した状態のリポタンパク質という水溶性の状態で血液中に溶け込みます。 リポタンパク質は、コレステロールとアポタンパク質、リン脂質と中性脂肪が組み合わさって出来ています。 なので、肝臓に良い食べ物は積極的に食べるようにすると良いです。 血管を修復する食べ物 この肝臓の働きと同じように血管壁に溜まったコレステロールもリポタンパク質化すれば、血液に溶けて肝臓に戻ります。 先ほどの納豆に含まれるレシチンはリン脂質なので、コレステロールを血中に溶け込みやすくしてくれますので納豆は血管を修復する食べ物だと言えます。 では、レシチンを摂ることで悪玉コレステロール値に変化が出るのかを市原淳弘医師監修のもと、2週間に渡って検証を行いました。 その結果、8人中7人が悪玉コレステロール値が減少しました。 検証前 検証後 検証結果 135 130 マイナス5 92 74 マイナス18 149 146 マイナス3 127 123 マイナス4 145 130 マイナス15 75 70 マイナス5 104 88 マイナス16 113 129 プラス16 市原淳弘医師によると、2週間の納豆生活は非常に短いので、もっと長期間続けることによって悪玉コレステロール値はさらに下がる可能性があります。 LDLコレステロール値を下げるには下記の特集記事を参照して下さい。 納豆の大豆イソフラボン 大豆イソフラボンは、血管を丈夫にしてくれる効果が期待できます。 ナットウキナーゼ、レシチン、イソフラボンという3つの栄養素が手を取り合って血管を守ってくれます。 血管を若返らせる食べ物の納豆の食べ方 赤石定典医師によると、納豆は血管にとって頼もしい栄養素が多く含まれています。 血管を老けさせないナットキナーゼは、間違った食べ方をすると大損をする羽目になります。 納豆をかき混ぜることで胃酸でナットウキナーゼが溶けるのをネバネバ成分が防いでくれます。 混ぜることによって、ナットウキナーゼが増えることはありません。 混ぜることで糖タンパクが増えます。 この糖タンパクがナットウキナーゼを保護し胃酸から守ってくれます。 では、何回くらい納豆をかき混ぜれば良いのでしょうか?目安としては、50回程度で糸を引くくらいかき混ぜるのがベストです。 それ以上混ぜたからといって問題はないので、たくさん混ぜる分には構いません。 納豆マニアの方は、納豆かき混ぜ棒を使うのも良いですね。 この棒を使うことによってネバネバが出やすくなります。 この納豆のネバネバ成分は花粉症対策にもなります。 なぜかというと、納豆のネバネバ成分は、粘膜保護の効果があり、花粉症や風邪対策になります。 ですが、納豆のタレは、かき混ぜた後に入れるのが正しいタイミングになります。 なぜならば、タレを後から入れた方がネバネバの量が多くなるからです。 なぜ、ネバネバの量が変わるかというとかき混ぜる前には白い被りというものがついています。 この被りがネバネバのもとです。 かき混ぜる前にタレをかけると白い被りが流れ落ちてしまいます。 そのあとに混ぜても、粘りが出にくくなってしまうので、まずかき混ぜてからタレをかけた方がネバネバが多くなるのです。 では、味の面ではどうでしょうか?これについても、タレを後から入れた方がおいしさも増します。 なぜなら、白い被りに、たくさんの酵素とうま味成分を含んでいるからです。 なので、納豆をかき混ぜる、タレを入れる、更にかき混ぜるという流れが正しいかき混ぜ方になります。 ですが、ナットウキナーゼは熱に弱いという弱点があります。 ナットウキナーゼは、50度で働きが悪くなり、70度を越えると機能をほぼ失います。 ですので、ご飯の上に納豆をかける場合には、アツアツではなく、少し冷ましてからかけるようにします。 炊き立てのご飯は、80度から85度くらいですので、まずは、ご飯をジャーの中でかき混ぜて、茶碗によそってから、納豆の準備をすれば、適度に冷めたご飯の上に納豆をかけることができます。 納豆チャーハンや納豆カレー、納豆を油揚げで包んだ揚げ物など納豆を高温にしてしまうとナットウキナーゼは働かなくなります。 納豆蕎麦や納豆うどんなども熱いものではなく、冷たいものであればナットウキナーゼの効果を得られます。 尚、イソフラボンとレシチンについては、このような温度による影響はないと赤石定典医師が言われています。 ナットウキナーゼの効果を考えると納豆は夜に食べる方が効果が高いとされています。 なぜならば、血管の天敵である血栓は寝ている時にできやすいからです。 なぜ、睡眠中に血栓ができやすいかというと睡眠中には汗をかいていますが、昼間と違って水分補給ができません。 水分不足になって血液から水分が減ってしまうので、血液がドロドロになるので、血栓ができやすくなります。 朝と夜の両方とも納豆を食べるでも良いが、3パックだと摂り過ぎです。 納豆菌は非常に強い菌なので、摂り過ぎてしまうとカラダの中の必要な菌を死滅させてしまいます。 ですので、朝に1パック、夜に1パックなら問題なく、メリットのみを得られます。 納豆は冷蔵庫から出してからどれくらいで食べる? ナットウキナーゼとレシチンを増やすためには、納豆は冷蔵庫から出してしばらく置いてから食べるのが正しい食べ方です。 納豆は発酵食品なので、常温に置くと発酵が進み、ナットウキナーゼが増えます。 ナットウキナーゼを増やす方法 ナットウキナーゼを増やすには、常温で20分から30分程度置いておくと良いです。 ですので、最初に納豆を冷蔵庫から出して、食事の準備をすることにより、発酵が進んでナットウキナーゼを増やすことができます。 納豆は賞味期限内に冷凍すれば、成分に問題はありません。 冷凍によって、納豆菌の活動が停止します。 食べる前に冷蔵庫に移動して1日おいておけば通常の状態に戻って、納豆菌が活動し始めます。 納豆のトッピング アンケートによると納豆に入れるトッピングは下記のようなランキングになりました。 順位 トッピング 1位 ネギ 2位 生卵 3位 キムチ 4位 しらす 5位 大根おろし 6位 大葉 7位 オクラ 8位 ゴマ油 9位 塩 10位 チーズ この中でおすすめ出来ないのは、生卵です。 納豆には、ビタミンB群のビオチンが含まれています。 ビオチンは、肌に良いのですが、このビオチンの吸収を妨げるのが、生卵の卵白です。 納豆に生卵をトッピングする場合には、卵黄だけを入れるか、温泉卵のように白身が加熱された状態のものを使います。 加熱される ことによって、ビオチンの吸収を妨げなくなるというわけです。 血管におすすめな納豆のトッピング 納豆のトッピングとして、血管の若返りに特におすすめなのが、ネギとチーズです。 ネギには、アリシンという成分が含まれています。 このアリシンには、血栓を防ぐ効果があります。 チーズには、ラクトトリペプチドという成分が含まれています。 ラクトトリペプチドには、血管をしなやかにする効果があります。 納豆にネギとチーズを一緒に入れても良いし、片方だけでも血管を若返らせ効果が高まります。 骨を老けさせない納豆の成分 によると、日本の骨粗しょう症患者は、およそ1,300万人もいます。 全国を8ブロックに分けて行った大腿骨近位部骨折発生率の調査によると東日本は骨折が少なく、西日本は骨折が多いのです。 西日本の人は納豆を食べないことが多く、納豆の摂取量と骨折が関係があるのではないかと言われています。 納豆には、カルシウムも含まれていますが、カルシウムだけでは骨折予防には不十分です。 この不足する栄養素が納豆に含まれるビタミンK2です。 骨は、3ヵ月から半年程度で新しい骨に生まれ変わっています。 体全体でいうと5年程度で全て生まれ変わります。 これが行われないと骨が老化します。 カルシウムが骨にしっかりと沈着するためには、骨タンパク質の一種である「オステオカルシン」が必要です。 このオステオカルシンの働きを活発化してくれるのが、ビタミンK2です。 ビタミンK2があるとオステオカルシンが活発になり、カルシウムを骨にキレイに沈着させます。 骨の老化を防ぐ納豆の種類は? 納豆には、小粒納豆、大粒納豆、ひきわり納豆がありますが、どれが骨の老化を防ぐのに良いのでしょうか?東京慈恵会医科大学附属病院栄養部のによると栄養素の数はどの納豆も同じです。 ですが、栄養素の量が異なります。 骨の老化を防ぐビタミンK2は、ひきわり納豆が圧倒的に多いのです。 その差は、小粒納豆や大粒納豆に比べて、ひきわり納豆はビタミンK2が1. 5倍も含まれています。 なぜ、ひきわり納豆にビタミンK2が多いのかというと、ひきわり納豆は、作る際に豆を砕いて作るので、表面積が広くなり納豆菌が多くつきますので、結果的にビタミンK2が多くなります。 ご当地納豆料理レシピ ご当地納豆料理レシピでおすすめなのが、血管と腸を老けさせないレシピとして、そぼろ納豆、ひっぱりうどん、納豆ネバネバ爆弾のレシピがあります。 血管と腸を老けさせないレシピ:そぼろ納豆 そぼろと言っても、肉のそぼろではありません。 切り干し大根と納豆をまぜたものです。 大豆には、タンパク質が豊富でビタミンや ミネラルが入っていますが、食物繊維も豊富で腸内で善玉菌のエサになります。 これに加え、切り干し大根は、生の大根に比べて食物繊維が15倍になっています。 可食部100gに対する食物繊維の量は下記の通りです。 まぁこれは、干して水分が抜けていることが大きいでしょう。 生の大根:1. 切り干し大根:21. 3g 作り方• 水で戻した切り干し大根を細かく切る• 小さな皿で重しをして、冷蔵庫で一晩寝かせて味を浸透させる• 納豆と切り干し大根を混ぜれば完成 血管と脳を老けさせないレシピ:ひっぱりうどん ひっぱりうどんでポイントになるのは、納豆にサバの缶詰を組合せていることです。 既に説明済みですが、生卵を入れる時には白身を取り除くか、温泉卵にします。 作り方• うどんを茹でる• 納豆、サバの水煮、生卵、ネギ、大根おろしなどを入れる• めんつゆや醤油で味付け うどんは、炭水化物なので血糖値が上がりやすいのですが、サバのDHA・EPAが血糖値の上昇を抑えてくれます。 なぜ、これが脳を老けさせないのかというと、サバのDHAが脳細胞を活性化するからです。 DHAの成分が脳の神経細胞膜を保護し、頭が良くなるという研究データもたくさんあります。 また、レシチンは悪玉コレステロールを抑えてくれる作用があるので、血管の健康に良いです。 それだけでなく、レシチンは脳にとっても良いのです。 レシチンは、リンと脂質が合わさったもので、脳細胞の主成分と同じなのです。 これが、アセチルコリンという神経伝達物質のもとになります。 アセチルコリンが不足しないことで、記憶力、思考力、集中力をアップさせる効果が期待できます。 発酵食品レシピ:納豆ネバネバ爆弾 血管や骨に良い食材を使った納豆ネバネバ爆弾のレシピは下記の通りです。 マグロ• しらす• めかぶ• ミョウガ• 減塩醤油• 亜麻仁油• ごま油 作り方 材料をボールに入れ、50回以上かき混ぜるだけです。 納豆の香りが苦手な場合には、レモン、カボス、柚子などの柑橘系を絞ると納豆のニオイが抑えられます。 マグロに含まれているEPA・DHAが血液中の中性脂肪を減らします。 DHA・EPAとタンパク質が手を取り血管の健康を保つ効果が期待できます。 しらすには、骨を老化させないカルシウムとビタミンDが含まれています。 ビタミンDの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。 味噌で血管が老けない 味噌は塩分が多いから血圧が上がって逆に血管に悪いのでは?と思うかも知れませんが、味噌汁1杯に入っている塩分は、平均1. 4g程度です。 厚生労働省による1日の塩分摂取量目安では、男性が9g未満で女性が7. 5g未満ですので、3食全てで飲んでも、4. 2gにしかなりません。 これに対し、ラーメンが6g程度ですので、味噌汁3杯よりも多いのです。 まぁこれは、ラーメンのスープを飲んだ場合ですけどね。 塩分の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。 味噌汁の塩分が意外と少ないのは分かりましたが、味噌汁が血管に良いのはなぜなのでしょうか?最近の研究において、大豆に入っているペプチドが血圧を下げてくれる効果があることが分かっています。 実験において、高血圧のマウスに味噌の抽出物としてペプチドなどを投与したところ、6時間後には、血圧が低下したというデータがあります。 ペプチドは、血圧を上げる酵素を抑える効果があります。 ですので、塩分の血圧上昇効果よりもペプチドによる血圧を下げる効果の方が優勢に出たので、血圧が低下したのです。 このことから、味噌の摂取量と血圧は関係ないと考えられます。 白澤医師によると、味噌汁を飲むと血圧が上がるとは言い切れないという結論です。 味噌の種類 では、味噌には、白みそ、赤みそ、合わせ味噌などがありますが、この味噌の種類によって糖尿病の抑止効果が異なることが分かっています。 ご当地味噌としては、下記の表に示すようなものがあります。 地域 味噌の種類 東北地方 米味噌 東海地方 赤みそ 豆味噌 関西地方 白みそ 九州地方 麦みそ この糖尿病の抑止効果がある味噌は、赤みそで医学的に注目されています。 赤みその色の成分には、糖の吸収を抑えるパワーがあります。 色の成分が医学的に注目されている「メラノイジン」と呼ばれるものです。 メラノイジンは、腸内で糖の吸収を抑えて、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。 血糖値スパイクの予防については、下記の特集記事を参照して下さい。 ですので、食後の血糖があがりずらく、糖尿病になる確率も、悪化する確率も低くなっています。 これは、赤みそを多く消費する愛知県の厚生労働省によるデータから分かります。 糖尿のコントロールができると血管も若々しくなります。 赤みそは、熟成が進むと濃い茶色から黒くなります。 このように色が濃くなるとメラノイジンの濃度が濃くなっていると判断できます。 血管を若返らせる方法については、下記の特集記事を参照して下さい。 熟成が進んだ赤みそほど、糖尿病の抑制効果や血管の若返り効果が高いと言われています。 赤みそ以外でも発酵して黒くなって行くと同様に効果が高まります。 メラノイジンは、発酵の過程で出来るので、発酵の時間が長ければ長いほど効果が高いのです。 愛知県の人は味噌汁だけでなく、味噌カツや味噌煮込みうどんなど様々な料理に赤みそを使っています。 味噌汁の具材 味噌汁の具材として、血圧を下げるのに良いのは、わかめと豆腐です。 豆腐も大豆から作られているので大豆ペプチドが入っています。 わかめにはカリウムが入っていますので、体内の余計な塩分を排出してくれます。 カリウムの多い食品については下記の特集記事を参照して下さい。 味噌汁の味噌を入れるタイミング 味噌の効果を高めるためには、味噌汁を作る時に火を止めて、5分経過してから味噌を入れるようにします。 これは味噌のような発酵食品に生きた菌が入っていることが関係します。 味噌に入っている麹菌、乳酸菌、酵母菌は、煮たてるとほぼ死滅してしまいます。 火を止めてから5分程度で鍋の温度が50度くらいになります。 この状態になってから味噌を入れれば、生きた菌が腸まで届きやすいのです。 ただし、加熱によって菌が死滅しても腸内細菌のエサになるので無駄にはなりません。 生きたまま腸まで乳酸菌を届けるには特殊カプセルに入った乳酸菌サプリがおすすめです。 ヨーグルトで腸が老けない 白澤卓二医師によると、最近の研究で免疫は腸に直結していることが判明しています。 免疫を保つためには腸を若々しくする必要があります。 この中で重要なのは、善玉菌です。 腸内の善玉菌を悪玉菌よりも多くするようなことをすることにより、腸を若々しく保つことができます。 発酵食品と腸 発酵食品のヨーグルトの中には、善玉菌がたっぷり入っています。 この善玉菌としては、乳酸菌やビフィズス菌です。 大腸にいる菌の割合は、ビフィズス菌が99. ですので、大腸の腸内環境を整えるには、ビフィズス菌がポイントになります。 最近のシカゴ大学の研究によるとビフィズス菌はがん抑制効果が期待できることが発表されています。 発酵食品で健康 がん細胞を抑制するNK細胞を活性化するのがビフィズス菌です。 大腸内のビフィズス菌が少ないと悪玉菌が増加してがんの予防ができなくなります。 発酵食品は健康維持にも役立つのです。 腸内の善玉菌は、様々な条件により年齢とともに減少していきます。 中でも歳をとることが最大の要因になります。 これは平均値であり、40代や50代で睡眠不足や偏食、過度のストレスなどで更に減少する可能性があります。 ですが、このビフィズス菌は今からでも増やせます。 発酵食品でダイエット 発酵食品でダイエットする場合には、大腸の善玉菌であるビフィズス菌を含む発酵食品を食べる必要があります。 これによって、便通が良くなり、老廃物が排出されて代謝アップにより痩せやすくなります。 発酵食品でおなら 発酵食品でおならが出るのは、腸内環境が悪化していた状態で、発酵食品を食べることで腸内の悪いものが分解されて、おならとして排出されるからです。 便秘を解消したいなら、大ぜん動も合わせて起こしましょう。 ヨーグルトを食べるタイミング ヨーグルトはいつ食べるのが良いのでしょうか?これは、食後に食べるのが良いとされています。 これは、ビフィズス菌が胃酸に弱いので、空腹時は胃酸が多くビフィズス菌が死滅しやすいのです。 これに対し、食後であれば食べ物が一度、胃に入り胃酸が中和されているので、ビフィズス菌が生きたまま腸に届く可能性が高くなります。 ビフィズス菌を腸まで届けるには特殊カプセルに入ったビフィズス菌サプリがおすすめです。 乳酸菌と同様にビフィズス菌も死滅したとしても善玉菌のエサになるので無駄にはなりません。 続いて、ビフィズス菌を活性化させて食べる方法です。 ホットヨーグルト ビフィズス菌を活性化させるには、ヨーグルトを40度程度に温めるホットヨーグルトにして食べると良いとされています。 なぜかというとビフィズス菌は、腸内の温度と同じくらいの40度程度で増えるからです。 ホットヨーグルトは、500Wの電子レンジで40秒加熱するだけで作ることができます。 もし、温めすぎて60度くらいになるとビフィズス菌が死滅してしまうので気をつけましょう。 ホットヨーグルトでダイエットについては、下記の特集記事を参照して下さい。 ヨーグルトと一緒に食物繊維 ヨーグルトには、善玉菌のエサが入っていません。 ですので、エサになる食物繊維を含むフルーツを一緒に食べることで善玉菌が腸内で増殖します。 スペシャルヨーグルトのレシピ 腸内環境を整えるヨーグルトのスペシャルレシピは、ヨーグルトに下記を加えるだけです。 バナナ:食物繊維• きな粉:食物繊維• ハチミツ:オリゴ糖 きな粉は大豆が原料なので、食物繊維やタンパク質が豊富です。 この組み合わせが、味も美味しくて腸内で善玉菌を増やす組み合わせです。 血管を強くする運動 血管を強くする運動としては、まずはウォーキングから始めると良いでしょう。 いきなりストイックな運動をしても続かないので意味がありません。 正しい歩き方についは下記の特集記事を参照して下さい。 毛細血管を強くする運動 毛細血管を強くする運動としては、静脈周りの筋肉の中でも下肢の筋肉、第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」の筋肉を鍛えると効果が高いです。 美尻を作るエクササイズがこれに対応するので、下記の特集記事を参照して下さい。 毛細血管を強くする食べ物 毛細血管を強くする食べ物としては、タマネギ、トマト、豚肉、青魚、納豆などがあります。 豚肉に含まれるオレイン酸には高い抗酸化作用があるため、活性酸素を除去して酸化LDLを減らし、毛細血管を強くする効果があります。 血管を強くするサプリメント 血管を強くするサプリメントとしては、下記のようなものがあります。 きなり• 大正DHA・EPA• 肝パワーEプラス• 美健知箋EPA・DHA• ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット 発酵食品の効果 発酵食品の効果は下記の通りです。 菌の種類 菌の効果 乳酸菌 便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌を抑制し、腸内環境を整え免疫力を高める 麹菌 必須アミノ酸、ビタミンB群を多く含み血行を促進して代謝を上げる作用が高くダイエット効果 酢酸菌 豊富なクエン酸が腸内環境を整えるため便秘解消・食欲増進・血液をサラサラにする効果 酵母菌 腸内で善玉菌として働き、悪玉菌と戦って腸内環境を整え、糖分やアルコールを分解する 納豆菌 善玉菌を助け、腸内環境を整える 発酵食品のメリット 発酵食品のメリットは、下記の通りです。 発酵することで食べ物がおいしくなる• 発酵することで栄養価が増す• 発酵食品によって免疫力がアップ• 発酵食品によって代謝アップ• 発酵することによって保存性アップ 発酵食品のリスト 発酵食品のリストとしては、下記が主なものです。 野菜ピクルス・キムチ・漬け物各種• 穀物:味噌・納豆・醤油• 魚介:くさや・海鮮類の塩辛・アンチョビ・かぶら寿司• お酒:日本酒・ビール・ワイン・泡盛• お茶:ウーロン茶・プーアル茶・紅茶• 乳製品:ヨーグルト・チーズ・発酵バター• 発酵食品の甘酒は、免疫力アップ、血圧上昇抑制、目のクマ対策、睡眠不足解消、肌荒れ対策が挙げられます。 美肌になる食べ物は下記の特集記事を参照して下さい。 発酵食品のチーズ 発酵食品のチーズには、カルシウムとビタミンB2が含まれています。 カルシウムは脂肪を吸収しにくくし、ビタミンB2は発酵によって増え、脂肪燃焼を促進します。 ですので、体脂肪を減らすには、ビタミンB2が必須と言えるでしょう。 発酵食品のヨーグルト ケンブリッジ大学最新研究によると発酵食品のヨーグルトを使った調査で、低脂肪ヨーグルト120gを週4~5回食べると2型糖尿病の発症リスクが28%減少したと言う結果が出ています。 発酵食品の納豆 大豆が発酵して納豆という発酵食品になることで下記のような変化が生まれます。 肌を作るビタミンB2が約6倍• シミ・シワ予防レシチンが約1. 納豆に含まれるレシチンは肌が生まれ変わるのを促す• 骨粗しょう症の予防につながるビタミンK2が増える• 大豆が納豆になることでビタミンK2が約86倍になる 発酵食品の味噌 発酵食品の味噌には、蒸した米を麹菌で発酵させた米麹に大豆を加え発酵させたもので、乳酸菌、麹菌、酵母菌が含まれています。 発酵食品のキムチ 発酵食品のキムチは、発酵が進むと乳酸菌が発生し、さらに発酵が進むと乳酸菌の力は弱まり酢酸菌が出て酸味が加わります。 キムチの乳酸菌は、植物性乳酸菌で1gにに億単位の乳酸菌が含まれていると言われています。 発酵食品のお酢 発酵食品のお酢には、酢は酢酸であるが、酢酸を摂取すると血管が広がり血圧を下げる効果が期待できます。 血圧が上昇すると血管を痛め、老化を早めるのでお酢を積極的に食べるようにしましょう。 発酵食品のぬか漬け 発酵食品のぬか漬けは、米を発酵させて作るぬか床に野菜を漬けて作るのだが、これにより野菜のビタミンが数倍になるのです。 中でもビタミンB1やビタミンB2は増殖率が良いのでダイエット効果が期待できます。 血管を強くする食べ物や飲み物の発酵食品一覧とレシピ!腸に健康効果のまとめ 血管を強くする食べ物や飲み物はコーヒーやシナモンだけでなく腸を健康する効果のある発酵食品も多い。 血管を強くする食べ物で太く修復して若返らせるにはリストにある甘酒、チーズ、ヨーグルトなどを使ったレシピのメリットだけでなく運動時のおならのような悪い面もある? 悪玉コレステロールを減らすには食べ物や運動が重要なカギを握っています。 その中でもクルミは世界各国で注目され、多くの研究論文が発表されて医師たちが認める血管若返り効果があるので、積極的に食べるようにしましょう! 悪玉と言われるLDLコレステロールが高いのをチェックするだけでなく、善玉のHDLコレステロールが低い場合もチェックしないとヤバい病気のリスクが高まります。 スギ花粉を中心に日本人の多くが苦しんでいる花粉症ですが、食べ物や飲み物などで体質改善を行い、基本的な対策を徹底的に行うことで、薬に頼らずとも症状をかなり軽減することが可能です。 血管を老化させる太ったカラダをダイエット 血管を老化させる食生活や生活習慣を送ってブヨブヨに太ったカラダをダイエットして痩せることで、血管にかかる負担を減らすことにも繋がります。 痩せている人の中にも血管の老化は見られますが、太っている人の老化具合とは比較になりません。 太っているということは、血管の老化を含めた様々な生活習慣病になる可能性が高くなるのです。 でも、今まで好き勝手に食べていた食事を変えるのは難しいですよね?ですので、食事を変えるのではなく、腸内環境を変えることによって太りにくく、痩せやすい体質になってダイエットしましょう。 ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか? ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾 おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与 ぶっさんorミスさちよ ・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか? それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。 デブ菌:余分な栄養を吸収する• 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。 いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!• 「私って食べても太らない体質なの…」• 「ダイエットのコツ?特にないよ!」 っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。 痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。 ぽっちゃりわがままボディー 笑 の私でも、たった2週間で3. 6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

次の