カニ 呼吸。 カニを飼育してみよう! 自宅で飼えるカニの種類から飼育方法まで解説します

蟹が泡を出す理由は生命の危機!?知っておきたい蟹の特徴と呼吸法!

カニ 呼吸

概要 [ ] から極地まで、世界中のに様々な種類が生息し、一部は沿岸域のや域にも生息する。 成体の大きさは数mmしかないものから、脚の両端まで3mを超すまで変化に富む。 箱形にまとまったに5対の歩脚(胸脚)があり、このうち最も前端の1対が鉗脚(かんきゃく:)となる。 は2対あるが、どちらもごく短い。 腹部は筋肉が発達せず、頭胸部の腹面に折り畳まれる。 ただしそれぞれ例外もある。 なお、食用の「カニ」としてや等も知られるが、これらは正確にはではなくに分類される。 よく見ると歩脚が3対6本しかないように見えるが、これは第5歩脚が甲羅内の(鰓がある空間)に折り畳まれているためである。 特徴 [ ] 大部分がからなる体は、背面全体が堅いの頭胸甲()で覆われている。 頭胸甲の前縁から一対の柄の付いたが突き出し、通常はすぐ外側の溝()に倒して収納できる。 は2対あるがいずれも短い。 第一触角は前に突き出して上に折れ、先端に小さながある。 第二触角は単純な毛髪状である。 口部は第三が扉のように変化して大顎をはじめとした口の諸器官を覆うが、やの一部等では第三顎脚が小さく、大顎が露出する。 5対10本の胸脚の内、第1歩脚は鉗脚(はさみ)に変化していて、餌を摑んだり敵をしたりするのに用いる。 のオスでは片方の鋏が巨大化するが、大きな鋏は行動のみに使い、採食にはもう片方の小さな鋏を用いる。 他4対のは鉗脚ではなく、歩くための「」となる。 但し例外もあり、は名の通り歩脚が3対6本しかない。 や等では第5脚あるいは第4・第5脚が小さな鉗脚、あるいは鉤状に変化し、これでやを背負って身を隠す。 では第5脚、では4対の脚全てが状に変化している為、歩きより泳ぎの方が得意である。 多くのカニが「横歩き」をするが、は前歩き、やのカニは後ろ歩きをする。 クモガニ科とコブシガニ科のカニは七個の節からできている脚の各節が管状で、前後左右へ自由自在に動くことができる。 また横歩きしか出来ない種類でも回転で弱らせると暫く縦歩きをする。 類やと違って腹部の筋肉は発達せず、また尾部先端の「尾扇」もない。 腹部は等一部の分類群を除いて頭胸甲の下側に折り畳まれる。 その形状から俗に「」とも呼ばれる。 オスの腹部は幅が狭く、1対の交尾器があるが、メスの腹部は抱卵する為に幅が広く、を保持する為の腹脚が発達する。 は頭胸甲の両側にあるで行う為、生存にはが不可欠である。 鰓は、「ガニ」ともいい、俗に有害であるといい、「カニは食っても(食うても)ガニ食うな」といましめられる。 陸上生活にある程度適応したや類等も、たまに水分補給をする必要がある。 水揚げしたカニが「泡を吹く」のは、限られた水を繰り返し使っているうちに水分の蒸発や鰓の粘膜成分が混じる等が原因で粘着性が出て泡となったものである。 但し陸生種は長時間の乾燥に耐えうるので泡を吹くことは少ない。 また水中に居るカニは泡を吹かない。 また、茹でると殻が赤くなるのは、甲羅の中で通常蛋白質と結び付いているという色素が、加熱により蛋白質と分離するからである。 発生 [ ] 卵から孵化したはとして海中を浮遊しながら成長し、それぞれの生息に適した場所に漂着しとなる。 これは陸上生活に適応したアカテガニやオカガニ類とて例外ではなく、のの夜など特定の時期に一斉にに集まり、それぞれに水中で産卵(実際には卵の中で育った幼生を放出)して、再びへと戻ってゆく行動が見られる。 海棲のカニでは普通、初めにという幼生の時期があり、次いで期にややカニらしくなり、やがて稚ガニとなって底生生活にはいる。 但しとは幼生期を卵の中で過ごす為、一生を海と無縁に、淡水中で過ごす。 生息環境 [ ] ズワイガニ 淡水・汽水・域から深海や洞窟まで、様々な水域に色々なカニが生息する。 陸上、純淡水に生息する種は少なく、汽水域、海岸線から海中に大部分が集中する。 林では木に登っているものもある。 ではとして数が多く、もっともよく目立つものである。 巣穴を深く掘るものが多く、底質の構造に大きな影響を持ち、の餌としても重要である。 他の動物の体を生息場所にするものもあり、や、などに生息するものも知られるが、かかは判別し難い。 やなどの体内に生息する物もおり、それらを使ったから出てくることもある。 淡水域 - 、、、• 川辺や海岸近く - 、等• や - 、、、、、等• 岩礁 - 、、、等• 等の体内 - 、等• 浅い海の砂泥底 - 、、、、、等• 浅い海の岩場 - 、、、オウギガニ、等• - 、、等 は11月頃にアカガニが大量発生することで有名である。 分類 [ ] De Grave et al. 2009 より。 彼らは目と科の間に分類階級「」 section を置いている。 カイカムリ群 [ ]• , - 現生240種、化石(現生除く、以下同じ)1265種• アサヒガニ群 [ ]• , - 現生39種、化石196種• マメヘイケガニ群 [ ]• , - 現生89種、化石27種• 真短尾群 [ ]• de Saint Laurent, - 現生6191種、化石125種 ヘテロトレマータ亜群 [ ]• Guinot, - 現生5066種、化石1209種• メンコヒシガニ上科 Aethroidea ,• Bellioidea ,• ユノハナガニ上科 Bythograeoidea Williams,• クリガニ上科 Cheiragonoidea ,• ヒゲガニ上科 Corystoidea ,• Serene,• オカガニ上科 ,• ムツアシガニ上科 Hexapodoidea ,1886• Orithyioidea ,• ヒシガニ上科 Parthenopoidea Macleay,• Pseudothelphusoidea ,• ユウレイガニ上科 Retroplumoidea ,• ,1886• Trichodactyloidea H. Milne Edwards,• トラコトレマータ亜群 [ ]• Guinot, - 現生1125種、化石55種• MacLeay,• カクレガニ上科 Pinnotheroidea ,• 亜群未定 [ ]• 亜群未定 - 現生0種、化石1種• 法は、、、、等多種多様である。 蒸したり茹でたりして殻を割って食べる事もあるし、身を解して、等の具材にもする。 カニの殻を割るための道具としてクラブクラッカーがあるほか、カニを食べるための専用の道具としてカニスプーンやカニフォークがある。 殻をむく手間を省くため、脚はむき身や半むき身(ハーフポーション)の状態で供されることもある。 蟹の流通形態には、生のほか、(まるごとのもの、脚、爪など部位を分けたものなど)、などがある。 また、のもとなど、他の食材と組み合わせて、乾燥した身を入れているものや、カニの茹で汁を基にした出汁、濃縮スープなども販売されている。 缶詰でカニ肉が硫酸紙に包まれているのは、カニ肉の変色を防ぐためである。 では「九雌十雄」といい、旧暦の9月はメスの上海蟹()が、10月はオスの上海蟹が美味とされている。 これは秋に気温が下がるに従って上海蟹の産卵時期が近づき、ミソや肉が溜まりだすからである。 同じ頃、日本のも漁の時期となる。 上海蟹は生きたまま、藁で足を縛って流通させられる。 なお、一般にカニは高級食材なので、代用品として魚肉で作るもある。 食用以外にも、カニやの殻からは、、などが製造される。 また、カニを潰したを採取し、などの「かぶれの薬」等として使う人もいるが、これはの域を出ない。 食材としてのカニ• かに料理専門店チェーン• 食品としての害 [ ]• を起こしやすい食品とされる。 日本では「第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 別表第四」により特定原材料に指定されており、食品衛生法第19条の適用を受けるため、カニを原材料として含む製品を販売する場合にはカニを原材料に使用している旨を表示する義務がある。 エビも同様に特定原材料に指定されている。 など、を持つカニもいる。 人ののとなるものがあり、日本では十分な加熱処理を経ていない淡水産のカニを食べると、に感染する可能性がある。 古くからのとして、飲用水と交互に食すと軽いを起こしやすいとされている。 文化 [ ]• のことを英語で cancer と言うが、この呼び名はとその周辺のその他の組織が作り出す形状がカニに似る事からの「カニ」から引用されて付けられた。 西洋の名称はラテン語なので、星座の一つである「」も Cancer である。 「」も潰れたカニの様に見えるという理由からこの名が付いたが、かに星雲があるのはかに座ではなくである。 カニと言えば横歩きが有名なので、横に進むものに「カニ」の名が付けられる場合がある。 が作曲した「」に含まれる「」は、各旋律が左右を行き違う様から「(または「蟹のカノン」)」とも呼ばれている。 江戸時代以降の日本では横方向に進むオランダ語や英語のアルファベット文章の事を蟹文字と称していた。 中国ではカニを横行君子(おうこうくんし)とも呼ぶ。 台湾の社の社章のカニの絵は「横行天下」(『天下に横行する』、即ち『世界をのし歩く』)という社訓に基づいて採用された。 には、インドネシア諸島アンボイナから舟でセラム島を目指す途中海に落とした十字架をカニが拾い届けてくれた、舟底に空いた穴をカニが塞いでくれた、カニの背中に十字架が刻まれる様になった、という逸話が有る。 これに因み、フランシスコ・ザビエルの日傘や鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂の鐘には十字架を持ったカニが描かれている。 第一脚の鋏が目を引く特徴である。 日本のである「」ではそのためカニは鋏を持ってをやっている。 エレベーターや列車などに設置されているはドアに指を挟まぬよう警告するが貼られていることがあるが、そのステッカーの絵が人の手が蟹に挟まれている絵である場合がある。 、は、の観点から公約の一つに「カニを生きたままゆでる調理法の禁止」を掲げた。 慣用句 [ ] 蟹の念仏 蟹の念仏(かにのねんぶつ) 蟹が口の中でぶつぶつ泡を立てるように、くどくどと呟(つぶや)く様子。 蟹は甲羅に似せて穴を掘る 蟹は自分の甲羅の大きさに合わせて穴を掘るものだということから、人は自分の力量や身分に応じた言動をするものだということ。 また、人はそれ相応の願望を持つものだ。 蟹の爪がもがれたよう 爪はカニにとって武器であり、餌を採る大切な手だが、それをもがれたという状態から、頼りを失い呆然自失の様をいう。 うろたえる蟹穴に入らず 穴もぐりの名人といわれるカニも、慌てふためくと、自分の穴がどこにあるのかわからなくなる。 という意で、冷静に物事に対処しないと、適切な判断や行動が出来ず失敗するという意。 蟹の穴入り カニが慌てて穴に逃げ込む様子から、慌てふためく状態をいう。 蟹の死にばさみ カニがいったん物を挟むと、爪がもげても放さないことから、欲深さや執念の深さを例えていう。 後這う蟹が餅を拾う いつも「鵜の目鷹の目」でせかせかしていなくても、思わぬ幸運に行き当たることもある。 という意で、人の運、不運を例える。 蟹の横這い 単に横に移動するという意味にも使うが、貴人に顔を向けたままで横に移動する様子をその様に言う場合もある。 この言葉が諺として使われる時は「人目には奇妙に見えても、自分には適したやり方」と「物事が奇妙に横にずれていくこと」という二通りの意味がある。 では、断崖絶壁の中腹にあって足を交互に出せないほど細いルートをこのように呼ぶことがある(例:) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 『マグロは時速160キロで泳ぐ』 PHP文庫 中村幸昭 PHP研究所 38ページ• De Grave, Sammy; Pentcheff, N. Dean; Ahyong, Shane T. ; et al. 2009 , , Raffles Bulletin of Zoology Suppl. 21: 1—109 , [ ]• asahi. com. 朝日新聞社. 2019年6月5日閲覧。 - 消費者庁、2010年5月17日 [ ]• [ ] [ — ]• 時事通信 2019年8月30日. 2019年8月31日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

カニはエラは食べられない?かにの呼吸と食べられる部位を徹底解説!

カニ 呼吸

エビの呼吸法 エビの呼吸法はエラ呼吸です。 全身が甲羅で覆われているため、エラがあることが分かりにくいですが、胸の殻の内側にエラがあります。 小さなエビでは確認しにくいですが、伊勢海老など大型のエビでは、ハッキリと確認することができます。 またエビの甲羅を向いたら、ビラビラとしているものが確認できるはずです。 それがエビのエラになっています。 なぜオガクズの中でも呼吸し続けることができるのか? 生きているエビを保管するときオガクズを入れた箱に入れます。 なぜこのような状況でもエビは生き続けることができるのでしょう? エビはエラの部分に水を取り入れる隙間を持っています。 オガクズに入れておくと、オガクズによって水を取り入れる隙間を密封することができます。 それによってエビの中の水分を保持することが可能になります。 このような理由があるため、エビはオガクズの中でも呼吸することができるのです。 <スポンサーリンク>.

次の

カニの呼吸法は?陸上でも呼吸できるの?

カニ 呼吸

磯遊びをしているとカニが泡を吹いている姿を見かける事があります。 一方のザリガニはどうでしょう? 同じカニだから泡を吹く事もあるだろうと思いきや、カニとザリガニは呼吸の仕方に違いがあるのでした。 ザリガニ、カニの呼吸の違い ザリガニ、カニ、エビの呼吸はエラ呼吸です。 エラ呼吸は水分から酸素を取っているので水がないと彼らは息ができません。 ですが砂浜に上がって彼らが移動している姿をよく目撃されています。 その場合、彼らの呼吸法は変わらずエラ呼吸なのですが水の中にいなくても自らの身体に付着したわずかな水分で呼吸ができるのです。 ただその水分もいつかは乾燥してなくなってしまいます。 その時に見られるのがカニの泡吹きです。 人間で言うと口の水分がなくなると口内に粘り気が出て気持ち悪くなりますが、カニも同じく水分がなくなったがゆえに粘りが出てしまい、口に泡が発生します。 要はカニの呼吸が少し苦しくなってきたという合図なのですがその泡によってまたわずかに呼吸を行う事ができるという防御法でもあります。 スポンサードリンク ザリガニは口から泡を吹かない 一方で水辺から上がった、または水のない水槽にいるザリガニが泡を吹いた時、カニと同じなのだろうと思いきや、そうではありません。 カニにとって泡吹きは一種の呼吸法でカニに備わっている本能ですが、ザリガニには泡を吹く能力はありません。 ですのでザリガニが泡を吹いていた場合はかなり危険な状態にある、という事です。 原因はカニと同じく水分の不足です。 ザリガニもエラ呼吸にて身体に付着した水分で呼吸ができますが、それすらも不足してくると息ができません。 カニは泡を吹く事によってまだ呼吸をする事ができますが、ザリガニは泡での呼吸はできませんので息ができなくて苦しんでいる状態といっていいでしょう。 そのような時はすぐに水を入れてあげ、呼吸ができるようにしてあげて下さい。 まとめ 同じ甲殻類でもカニとザリガニは全然違うという事ですね。 もう一つザリガニに似た種族で同じ甲殻類のエビがいますが、実はザリガニはカニと名前がついていても分類的にはエビに近い種族だそうです。 そう言われるとザリガニはカニよりエビに似ていますね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の