シマノ ベイト リール。 シマノベイトリールおすすめ25選!【スコーピオン・アンタレス・バスワンなど】

【2020年】私が絶対おすすめするベイトリールランキングベスト13

シマノ ベイト リール

この記事の目次• よく飛ぶベイトリール=「よく釣れる」 バス釣りをはじめ、釣りではより遠くまでルアーや仕掛けを投げたほうがよく釣れます。 遠投で広範囲を探れること、また遠投ができれば近~中距離のキャストでは力を抜けるため、正確なキャストができることもよく釣れる理由です。 特にベイトリールを多用するバス釣りにおいて、よく飛ぶベイトリールが欲しいと考えている方は多いでしょう。 ただ、いざ選ぼうとしたときにはシマノやダイワなど各メーカーがたくさんのベイトリールをラインナップしていて、一体どれを選んだらいいかわからないと思います。 この記事では釣り歴27年・元釣具屋でフィッシングカレッジ卒業生の僕が、バスアングラーに馴染み深いシマノ・ダイワのよく飛ぶベイトリール全11機種をご紹介します。 最後にベイトリールで遠投するための7つのコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 DC搭載のよく飛ぶベイトリール DC(デジタルコントロールブレーキシステム)とは、シマノ独自の電子制御式ブレーキシステムです。 スプールの回転を電子制御することで、遠心力ブレーキやマグネットブレーキでは不可能なブレーキコントロールを実現しています。 実際にDC搭載のベイトリールを使ってみると、バックラッシュしない範囲でありながら、スプールからラインがスムーズに出ていく状態を保ってくれることがよくわかります。 ブレーキの設定方法によっては、バックラッシュを防ぐためのサミングを必要としないほど高性能です。 またキャスト時にブレーキが稼働している証拠の甲高い電子音は、聞いていてとても気持ち良いものです。 現在、ハイエンドモデルはもちろん、実売2万円程度でもDC搭載のベイトリールが手に入るようになっています。 シマノ SLX DC SLX DCは、2020年に発売された低価格帯のDC搭載ベイトリールです。 実売2万円程度で手に入ります。 ブレーキシステムは「I-DC4」で、設定は外部ダイヤル4段階のみと非常に簡単。 遠投したいときはダイヤル1か2、ダイヤル3・4に関してはノーサミングノーバックラッシュも可能です。 スプール径はベイトリールの黄金比34ミリで、対応するルアーの重さも幅広く、遠投に限らず一般的なバスルアーを幅広く使えます。 安くて性能の良いベイトリールなら、SLX DCが間違いないです。 自重 210g ギア比 8. 2 シマノ アンタレスDC MD アンタレスDC MDは、ビッグベイトやバイブレーションを大遠投したい方に最適。 よく飛ぶ理由は、DC搭載であることと、スプール径が38ミリと大きなためです。 スプール径は大きくなればなるほど慣性力が強く働き、よく飛ぶようになります。 遠投では内部ダイヤルを「XBモード」に設定し、外部ダイヤルで微調整を行ってみてください。 世界の大型魚を相手にテストされているので、耐久性が高く安心できる点もこのリールのおすすめポイントです。 自重 260g ギア比 4. どのようなスプールかというと、スプールの厚みを超薄肉設計とし、第二世代マグナムライトスプールよりもスプール幅を狭くしたことで、約15%の低慣性化を達成した画期的なスプールです。 このスプールによってバックラッシュを軽減しつつ、飛距離を伸ばすことに成功しています。 キャストしてみた印象は、「最後まで鋭く伸びる」といった感じです。 最後まで鋭く伸びることは遠投にも役立ちますが、カバー下に低弾道で投げ込むときにも使いやすいと感じます。 シマノ メタニウム メタニウムは、2020年新製品の中でも特に注目を集めているベイトリールです。 マグネシウム一体成型の「コアソリッドボディ」は、自重の軽さを実現するとともに、これまでのベイトリールよりもさらにパーミングしやすくなっています。 ブレーキシステムは「SVSインフィニティ」で、基本的に内部ブレーキシュー4つすべてオンの状態で外部ダイヤルを調整すれば、遠投もバックラッシュを抑えたキャストも可能です。 さらに遠投したい場合には、内部のブレーキシューを1~2つオンにした状態で投げてみてください。 自重 220g ギア比 7. 4 TWS搭載のよく飛ぶベイトリール TWS(Tウイングシステム)とは、ダイワベイトリールに搭載されているT字型レベルワインドのことです。 TWSはクラッチを切るとレベルワインドの幅広い開口部分をラインが通るようになり、スプールからのライン放出抵抗が抑えられるためよく飛ぶ仕組みとなっています。 TWS搭載のベイトリールを使って感じた遠投以外のメリットですが、 ルアーを沈めるときにも抵抗が少ないため、障害物に対してよりタイトにフォールさせることが可能です。 遠投することができ、フォールもさせやすくなる画期的なレベルワイドが、ダイワのTWSです。 ダイワ ジリオン 10. 0L SV TW 現在のベイトリール最速ギア比10. 0を採用した、通称「ジリオン10(テン)」。 TWS搭載で飛距離を出しつつ、「G1ジュラルミン製SVスプール」でバックラッシュを抑制しているので、使いやすさのバランスが取れています。 使い方としてはバイブレーションやビッグベイトを遠投し、高速巻きでバスをバイトさせるような釣りで使いやすいです。 もちろんギア比の高さを活かし、テキサスリグやラバージグで効率よくカバーを撃っていく釣りにもおすすめです。 自重 190g ギア比 7. 1 軽いルアーがよく飛ぶベイトリール 軽いルアーをベイトリールでよく飛ばしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。 実際に試したことがありますが、最適なベイトリールを選び上手くブレーキ設定を行えば、スピニングタックルよりベイトタックルのほうがよく飛ぶこともあります。 その理由は、スピニングタックルだとキャスト時にラインが螺旋状に放出され、ガイドに強く干渉するのに対して、ベイトタックルはラインがほぼ真っ直ぐに放出され、ガイドに干渉しにくいからです。 軽いルアーではこのライン放出抵抗が飛距離低下に及ぼす影響は少なくないため、ベイトタックルのほうがよく飛ぶこともあります。 またベイトリールの場合は一度スプールが回転し始めれば、回転し続けようとする慣性力が働くので、それもよく飛ぶ理由です。 さらに、キャストの手返しや正確性は圧倒的にベイトリールが良いので、釣れるバスが増えることも期待できます。 軽いルアーをよく飛ばすためには、スプール径の小さなベイトフィネス仕様の機種選択が鍵となるので、以下のリールを参考にしてみてください。 ダイワ スティーズ AIR TW スティーズ AIR TWは、ダイワのハイエンドベイトリール・スティーズシリーズのベイトフィネス専用機です。 「超小口径28ミリG1ジュラルミン製AIRスプール」の搭載により、2~3グラムのルアーは問題なしに、さらには1グラム台のルアーをもキャストできます。 先にご紹介した「TWS」も搭載しているので、ライン放出抵抗が少なくよく飛びます。 さらに 自重が135グラムと、ベイトリールでトップクラスの軽さであることもこのリールの魅力です。 自重 165g ギア比 8. 2 ベイトリールで遠投するための7つのコツ 遠投するにはよく飛ぶベイトリールを使うことはもちろんですが、投げ方のコツを知っているかどうかで飛距離は変わってきます。 ここではベイトリールで遠投するための7つのコツをご紹介します。 ベイトリールにはメカニカルブレーキとブレーキシステムがありますので、それぞれをシビアに設定していきます。 具体的には、まずメカニカルブレーキを締め込み、徐々に緩めていきながらスプールが左右にカタカタとなり始める点を見つけます。 この左右にカタカタとなり始める点を見つけたら、わずかにメカニカルブレーキを締めてカタカタとならないようにします。 左右にカタカタとなる状態では、キャスト時にスプールがブレて飛距離が落ちる原因となるので注意してください。 次にブレーキシステムは、スプール上でラインが浮き上がるか浮き上がらないかギリギリのところに設定します。 まずは強めのブレーキ設定から試してみて、徐々にブレーキを弱くしていき、バックラッシュする一歩手前の設定位置を見つけてみてください。 具体的には、バイブレーションやメタルバイブ、ラバージグ、チャターベイト、ワームだとヘビキャロのように重いシンカーが使えるものが遠投できます。 ミノーやクランクベイトの場合は、重心移動システム搭載のもの、固定重心でも空中で回転せず飛行姿勢の安定したものであれば遠投できます。 ラインは太くなるほど、 ・ガイドやレベルワインドへの干渉が強くなる ・ライン自体の重さが増す ・ルアーが飛んでいる最中に受ける風の抵抗が大きくなる ので、飛距離が落ちます。 遠投で使うラインの目安は、フロロカーボンラインやナイロンラインだと8~14ポンド、PEラインだと1号程度がおすすめです。 スリークウォーターキャストとは、オーバーヘッドキャストとサイドハンドキャストの中間くらいで投げる方法です。 スリークウォーターキャストのメリットは、 ・ルアーの放出点を高くできること ・全身を使って投げられること ・キャストの正確性が保ちやすいこと が挙げられます。 ルアーの放出点をできるだけ高くしつつ、腕と背中の筋肉・体の回転・体重移動を意識しながらキャストすると遠投できます。 またキャスト後のフォロースルーを、ラインへの抵抗を少なくするようにロッド角度を微調整するとより遠くへ飛ばせます。 垂らしを長くすることでルアーの放出点を高くでき、同時にルアーにキャスト時のティップのブレがルアーに伝わりにくくなるので飛行姿勢が安定してよく飛ぶようになります。 垂らしの長さはロッドの長さや硬さ、ルアーの重さによってかなり変わるので一概には言えませんが、まずは50センチくらいから始めてみて、徐々に長くしながらよく飛ぶ長さを見つけてみましょう。 よく飛ぶ垂らしの長さを見つけたら、ロッドのガイド位置を目安にして覚えておくと再現性を高めやすいです。 具体的には7フィートを超えるロッドが遠投に適しています。 また、 「ルアーを投げるのに支障のない範囲で最も硬いロッド」を使うと、反発力と遠心力を活かせるので遠投しやすいです。 追い風でキャストする場合は、いつもより少し上に向かって投げるイメージで、風にルアーとラインを乗せるとよく飛びます。 どうしても向かい風でキャストする必要がある場合は、風で浮き上がる分を考慮して少し下に向かって投げるイメージで投げてみてください。 よく飛ぶベイトリールでバス釣りを楽しもう! よく飛ぶベイトリールを使えば、今までルアーが届かなかった範囲のバスも狙うことができ、近~中距離キャストの正確性もアップするので、おのずと釣れるバスの数が増えます。 なんといってもよく飛ぶベイトリールを使えば、気持ち良く釣りができます。 ぜひ今回の内容を参考によく飛ぶベイトリールを選び、遠投のコツも抑えてバス釣りを楽しんでみてください。

次の

【2020年版】初心者必見!本当にコスパがいい ベイトリール 12選

シマノ ベイト リール

しかも、ベイトリールの中でも、似たような名前なのに、「中重量級ルアー用」、「ライト 軽量 ルアー用」、「ベイトフィネス用」みたいに細分化されて行き、選択肢が広がるのは、ありがたいことですが、その分、どのリールを購入していいかわからなくなります。 特に初心者の方やこれからベイトリールで釣りをはじめようとしている方であれば猶更です。 そんな方の為に、価格帯別に本当におすすめできるベイトリールを選んでみました。 今回選んだのは、~用というよりも、比較的どんな釣りのスタイルでも使えるので、はじめてのベイトリール、コスパのいいベイトリールをお探しの方は、参考にしてみてください。 実売価格 13,000円前後 16スコーピオンのお株を奪ってしまったリール。 ハガネボディで高強度、MGLで飛距離も十分。 俺達で有名な秦氏のインプレでは、19アンタレスとほぼ同じ飛距離を叩きだしてます。 ノーマル、HG、XGとギア比も三種類。 スプールサイズも70とスコーピオンと同じ。 重量は、全く同じ190g。 それでいて、実売価格は、15,000円前後と16スコーピオンよりもお買い得。 違いは、ベアリング数とXSHIPの搭載有無。 少しでも巻き心地がいいリールが良ければスコーピオン。 余り気にしないようであれば、SLX MGLで十分そうです。 実売1. 5万円~2万円以下 この価格帯になると、ハイエンドモデルじゃなくてもいいと言いという人が多いのではないでしょうか。 ハイエンドモデルを5年間使うなら、この価格帯のモデルを2年に1度買い替える。 または、ハイギアとローギアで2台買うなど、使いがってがいい価格帯です。 ハイエンドモデルと比べて、実釣に影響するマイナス要素は、ほぼないと言えます。 スコーピオン70(シマノ) 実売価格 18,000円前後 シマノの高コスパリールと言えば、スコーピオンです。 ハイエンドモデルと遜色ない、飛距離に巻き心地、スペック。 重量も190gと軽量で、軽めのルアーもよく飛びます。 シマノで最初の1台といえば、このリールをおすすめします。

次の

【2020年】私が絶対おすすめするベイトリールランキングベスト13

シマノ ベイト リール

シマノリールのギアに対する こだわりと巻き心地の追求は スピニングと同じく ベイトリールにも現れています。 構造を追及するXシップや 巻き心地を向上させる マイクロモジュールギアを 搭載したリールは シマノらしいフィーリングを持っています。 ソルトウォーターにも対応出来る 製品が多いので、様々な釣りで ベイトキャスティングを楽しむ事ができます。 ブレーキシステムも 電子制御を取り込んだ DCシステムが特徴的で 独特のミーンと言う音が 好きで使用している アングラーも多いと思います。 飛距離を最大限まで高めるために ブレーキが薄めなので 少々慣れや技術が必要ですが 習得してしまえば 快適に釣りを楽しむ事ができるのが シマノベイトリールの特徴です。 スピニングでは収まりの悪い 8lbや10lbのラインを使って ライトリグをカバーに入れる 釣り方をベイトフィネスと呼びます。 ベイトリールは構造上糸の 収まりがよく、太くハリのあるラインを 小口径のスプールで扱う事ができますが 重いスプールを軽いルアーで 回転させることが出来ませんでした。 ベイトフィネス専用と ついているモデルは 超軽量のスプールを搭載し この問題を解決しています。 回転性能を上げるために 高価な素材を使い パーツ点数が多いため 高額な製品が多いですが 攻めるポイントが増える事で 釣果アップに期待できます。 軽量なスプールは 薄く穴が多いので パワーをかけすぎると 歪む恐れがあります。 適切な強度のラインと ドラグ設定で楽しんでください。

次の