一般小説 エロ。 官能小説&体験告白 ましゅまろくらぶ

一般小説だけど中身はバリバリのblって言う小説を教えてくだ...

一般小説 エロ

世界が闇に覆われ始めていた世界。 辺境の小国ナーガラの次期当主・アルクは、剣の修行に勤しみつつの平和な日々を過ごしていた。 彼には、両想いだった従姉のアウレリアがいたが、彼女は政略結婚するためにアルクとは一緒にいられなくなってしまった。 アルクはこのことをきっかけにして力を求めるようになる。 力を手に入れたアルクは、この力を使ってハーレムを作りつつ、激動の世界に身を投じていく。 『終末のハーレム ファンタジア』は、剣と魔法の世界での、エロティック&ダークファンタジー漫画となっている。 男子高生・太多陽太は高校の教室から、 校庭を歩く不気味なズタボロの巨大人形を目撃した。 そして、次の瞬間には陽太の目の前に現れ、陽太を窓から突き落とした。 意識を失った陽太が目を覚ますと、そこはドラゴンが飛び交い、赤と青の月が夜空をきらめく異世界であった。 しかも、ここはただの異世界ではない。 この世界には、何千年もの間、ずっと男が1人もいなかった。 そこで始めて出会った女の子である、聖騎士ルーミに導かれて、一緒に旅をしていくことになる。 女の子たちも、ただの女の子ではなく、男である陽太に触れられると体調に変化が生じる特徴があった。 世界唯一の男として冒険をしていく、ハーレム系の異世界ファンタジー漫画である。 映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「AV女優」パピコを中傷する張り紙だった。 彼はこの嫌がらせ行為を許せずに、町中で張り紙を剥がして回る。 そんな 零の様子を見つけて声をかけてきたのは、憧れの人・パピコであった。 出会うはずのない2人が出会ったときに物語は動き出す。 しかし、この作品はただのボーイ・ミーツ・ガールではない。 人間界に侵攻してきた魔王ディアボロを勇者レイは倒した。 主人公のルーシュの父は、「マクロドライバー」と呼ばれる世界最速の運び屋であり、世界中を超高速移動魔法で飛び回り、勇者の仲間として勇者レイをサポートしていた。 そんな父を誇りに思っていたルーシェであったが、姉や幼馴染と暮らす平和な日常は、 彼の目の前に勇者レイが現れたところから一変する。 勇者レイは、世界を救ったときとは別人のようになっていて、父と同じく「マクロドライブ」を使うルーシュの姉をさらっていってしまった。 勇者レイに何があったのか? 「マクロドライブ」の力に隠された秘密は? 少年ルーシュとその仲間たちの冒険が始まる。

次の

一般人が書籍化せずにネットの小説ブログで稼ぐ方法と集客術

一般小説 エロ

世界が闇に覆われ始めていた世界。 辺境の小国ナーガラの次期当主・アルクは、剣の修行に勤しみつつの平和な日々を過ごしていた。 彼には、両想いだった従姉のアウレリアがいたが、彼女は政略結婚するためにアルクとは一緒にいられなくなってしまった。 アルクはこのことをきっかけにして力を求めるようになる。 力を手に入れたアルクは、この力を使ってハーレムを作りつつ、激動の世界に身を投じていく。 『終末のハーレム ファンタジア』は、剣と魔法の世界での、エロティック&ダークファンタジー漫画となっている。 男子高生・太多陽太は高校の教室から、 校庭を歩く不気味なズタボロの巨大人形を目撃した。 そして、次の瞬間には陽太の目の前に現れ、陽太を窓から突き落とした。 意識を失った陽太が目を覚ますと、そこはドラゴンが飛び交い、赤と青の月が夜空をきらめく異世界であった。 しかも、ここはただの異世界ではない。 この世界には、何千年もの間、ずっと男が1人もいなかった。 そこで始めて出会った女の子である、聖騎士ルーミに導かれて、一緒に旅をしていくことになる。 女の子たちも、ただの女の子ではなく、男である陽太に触れられると体調に変化が生じる特徴があった。 世界唯一の男として冒険をしていく、ハーレム系の異世界ファンタジー漫画である。 映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「AV女優」パピコを中傷する張り紙だった。 彼はこの嫌がらせ行為を許せずに、町中で張り紙を剥がして回る。 そんな 零の様子を見つけて声をかけてきたのは、憧れの人・パピコであった。 出会うはずのない2人が出会ったときに物語は動き出す。 しかし、この作品はただのボーイ・ミーツ・ガールではない。 人間界に侵攻してきた魔王ディアボロを勇者レイは倒した。 主人公のルーシュの父は、「マクロドライバー」と呼ばれる世界最速の運び屋であり、世界中を超高速移動魔法で飛び回り、勇者の仲間として勇者レイをサポートしていた。 そんな父を誇りに思っていたルーシェであったが、姉や幼馴染と暮らす平和な日常は、 彼の目の前に勇者レイが現れたところから一変する。 勇者レイは、世界を救ったときとは別人のようになっていて、父と同じく「マクロドライブ」を使うルーシュの姉をさらっていってしまった。 勇者レイに何があったのか? 「マクロドライブ」の力に隠された秘密は? 少年ルーシュとその仲間たちの冒険が始まる。

次の

【2020版】エロシーンがある一般漫画のおすすめ作品を紹介する。下手なエロ本よりもエッチな一般漫画

一般小説 エロ

Q こんばんは。 質問させて下さい。 先日、「純情エレジー」という短編集を読みました。 有名作品のようで、あまり本を読まない私でもタイトルを知っていたため、図書館で借りました。 表紙の絵が10代の女子の心を掴むかわいらしさで、ワクワクしながら読んだのですが…私には面白さが理解できませんでした。 以下少しネタバレを含みますので、ご注意下さい。 特に一番はじめの、缶ジュース1本で売春する高校生の女の子と、クラスメイトでその女の子を軽蔑する男の子の話は理解不能でした。 男の子は女の子を罵倒し、でも結局セックスします。 男の子が女の子を好きになったとか、怒り心頭して犯してしまうとかならまだしも、いずれでもなさそうでした。 この小説はいわゆるエロ小説ではないので、おそらく作者が描きたいとは性描写そのものではなく、その向こうにあるものだと思うのですが、分かりません。 この作品に限らず、性描写が多い作品の面白さや、意図すること、メッセージ性を教えて下さい。 他の作品を例に用いる際は、必要部分のあらすじも教えて下さると嬉しいです。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。 官能小説とは異なると考えます。 そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。 1 即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。 2 男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。 性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。 心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への同化の程度次第である。 さて、 質問は 2 を求めていらっしゃいますので何がしか付記するならば、 ・文章のしっかりした作家(いわゆるポルノ作家でない)の作品を選ぶ。 彼らはきわどい場面を書いても表現を選び書きすぎず、 余韻すなわち読む人の感性に訴える余地を残す。 ・ストーリー乃至はテーマを持つ作品を選ぶ。 これが良い加減だと場面変われど内容は繰り返し。 ・短編か長編かは読者の好み。 下手な作家の短編は最悪だし長編は付き合いきれない。 ・作家を切り口にして読み込むこと。 そして自分の感性に合う作品や作家を見つけるのが快感です。 もちろん、ある作家の全作品が全て自分に合うわけではありません。 ご参考まで、 Chapter0さんの年代・好み等不明ですが、 是非お読みなさい!は『13のエロチカ』坂東眞砂子 角川文庫 薄くて安い本です。 20台30台40台50台の女性若干名づつに薦めて読後の感想とその理由を聞きましたが、 総じて好評です。 どれが好みかは当然個人差があります。 男性も女性も読書の習慣のない人は官能小説はだめのようですネ。 小池真理子、坂東眞砂子、林真理子、藤田宜永、瀬戸内晴美、他 良いのがあります。 清水一行も古くには官能小説を書いているのをご存知ですか? 豊田行二もある時期から官能小説を大量に書きましたが殆どがワンパターンです。 こんなのはいかがでしょう。 「浪漫的恋愛(ろうまんてきれんあい)」小池真理子 新潮文庫 登場する三人の女性達は中年で家庭を持ち、きっかけこそ異なれども一途に恋にはまりこむ。 家庭に縛られ自由の利かない女達が男好きになり、相手を求めて逢引に出かける。 明示的な表現は僅かだが、明らかに肉欲とその行為を伴う逢う瀬である。 救われるのは相手の男は彼女達との恋に真剣なことである。..... 「透光の樹(とうこうのき)」高木のぶ子 文春文庫 下半身の単純な欲望ではなく、体のもっと上の方、胸のあたりから、 切なくうずきながら下半身に訴えかけてくる感覚。..... 「天涯の船」玉岡かおる 新潮文庫 一般の小説ですが、小説として面白く後半では主人公の切なさが十分伝わります。 耐えられるポルノ小説と言うとこんなのはいかがですか。 「官能小説化R」杉本彩 徳間文庫 まったく気楽に読んでそれっきりといったものです。 つい多言を要したにもかかわらずお役に立つか否か不明ですが、 良い本に巡り合われることを祈ります。 オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。 官能小説とは異なると考えます。 そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。 1 即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。 2 男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。 性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。 心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への...

次の