エアコン フィルター カバー。 【通販モノタロウ】

フィルター交換|エアコン|内装|That’s(ホンダ)のメンテナンス・整備情報

エアコン フィルター カバー

天井埋め込みエアコンは掃除が必要です! 天井埋め込みエアコンは、一般家庭にあるエアコンと同じで定期的な掃除が必要です。 掃除をしないと汚れが溜まってしまい、様々な害を引き起こしてしまいます。 天井埋め込みエアコンの掃除するべき場所として、代表的な部品をみていきましょう。 【フィルター】 エアコンには、ホコリなどのごみを吸い込まないようにするための「フィルター」が設置されているのですが、使っているうちにこのフィルターにホコリなどのゴミがどんどん溜まってしまいます。 この汚れを放っておくと、ホコリが室内に放出されるだけでなく、とても臭い空気が流れるようになってしまうのです。 また、ホコリによってエアコンの稼働効率が落ち、電気代が高くなってしまうこともあります。 【ドレンパン】 また、フィルターよりもさらに内部には「ドレンパン」という水分の受け皿があり、エアコンで発生する結露などの水が溜まります。 このドレンパンの掃除を怠ると、カビやドレンスライムが発生してしまいます。 ドレンスライムを放っておくと、エアコン内部の水分が流れる「ドレン配管」が詰まってしまい、エアコンの水分の行き場がなくなります。 そうなるとカビ発生の悪化に繋がったり、水漏れの原因となったりするので注意が必要です。 紹介したフィルターやドレンパン、ドレン配管以外にも、熱交換器(アルミフィン)やファン、前面のカバー、ドレンポンプなども掃除が必要となる場合があります。 フィルターは素人でも簡単に掃除することができますが、それよりも内部の部品は複雑なため、エアコンクリーニングの業者に依頼するのがいいでしょう。 天井埋め込みエアコンの掃除はフィルターまで!フィルターの洗い方 天井埋め込みエアコンの掃除はエアコンクリーニング業者に任せてしまう人が多い中で、「自分で掃除したい!」と思う人も少なくないでしょう。 ここでは初心者でも掃除することができる「フィルターの掃除方法」についてご紹介します。 【フィルターの掃除方法】 必要な道具 ホコリを取り除くためのブラシや掃除機、表面をきれいにするためのぞうきんなどを用意しましょう。 パネルを開ける 掃除機会の多いフィルターは埋め込みエアコンのパネル部分についていることが多く、まずはパネルの固定の片側を手で外します。 なおメーカー・機種によってははめ込み式ではなく、専用のリモコンでパネル部分を降下させるものもあるため注意が必要です。 パネルからフィルターを取り外す パネルに固定されているフィルターを取り外し、掃除しやすくします。 ホコリを取る ブラシや掃除機などを活用し、フィルターについている大きなホコリを取り除きましょう。 フィルターを水洗いする 細かいほこりなどを落とすため、流水でフィルターを掃除しましょう。 その後水気を拭き取り、十分に乾燥させます。 フィルターの取り付け 掃除したフィルターをパネル部分に戻しましょう。 多くの場合、はめ込むことで固定できます。 パネルを戻す パネルを元に戻し、表面などの汚れをぞうきんで拭き取りましょう。 以上でフィルター掃除は完了です。 なお、パネルやフィルターの取り外し方は製品によって異なります。 事前に取扱説明書を読んでおくといいでしょう。 天井埋め込みエアコンを掃除するオススメ時期とは エアコンを使い始め、「臭いが気になる」と思ってから天井埋め込みエアコンを掃除する人、掃除を依頼する人は多いと思います。 しかし、天井埋め込みエアコンを使い始めてから掃除するのはオススメしません。 それではどの時期に掃除するのがいいのでしょうか?この章では、エアコン掃除のオススメ時期についてご紹介します。 【エアコン掃除のオススメ時期】 エアコン掃除のオススメ時期は、エアコンを使い始めるシーズン前です。 シーズン前に天井埋め込みエアコンを掃除してほうがいい理由は主に2つあります。 1つめの理由は、電気代やエアコン自体の負担を緩和することができるからです。 ホコリやカビなどの汚れを放っておくと、運転効率が悪くなり、電気代が上がるだけでなくエアコンの負荷も増えてしまいます。 2つめの理由は、エアコンクリーニング業者に依頼する場合に混みあわないからです。 多くの人がエアコンを使う時期になってから掃除を依頼します。 そのためシーズン中は業者が忙しくて予定が合わないことも発生してしまうのです。 天井埋め込みエアコンの内部は難しい。 業者を選ぶときのポイント 天井埋め込みエアコンの掃除について紹介してきましたが、フィルター以外の部品を自分で掃除することは難しいです。 また、オフィスやお店など、エアコンの数が多い場合は掃除が大変でしょう。 そんなときは、エアコンクリーニングの業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 業者に依頼することで、フィルターよりも内部の部品を基板まで取り外してキレイにしてくれます。 ただ、どのくらいの費用がかかるのか気になる人も多いでしょう。 そこで天井埋め込みエアコンの掃除にかかる費用相場を調べてみたところ、1台あたり20,000~30,000円ほどでした。 高いと感じるかもしれませんが、前述したとおりエアコンの掃除を怠るとホコリやカビの混ざった空気が流れてしまいます。 また、最悪の場合、故障の原因となることもあります。 そうならないための投資と思えば安いと感じることができるかもしれませんね。 まとめ 天井埋め込みエアコンの掃除を怠ると、ホコリやカビの混ざった空気が流れてしまうだけでなく、電気代の上昇・臭いの発生・故障・水漏れなどを引き起こしてしまいます。 まずは定期的なフィルター掃除を始めることからオススメします。 フィルター掃除ならばエアコンの知識が少ない人でも簡単におこなえますよ。 ただ、フィルター以外の部品はエアコンクリーニングの業者でなければ掃除することが難しいです。 少し費用がかかってしまいますが、なるべく定期的に掃除を依頼するのがいいでしょう。 (この記事は2019年11月4日に加筆・修正しています).

次の

エアコンの自動お掃除機能付きは必要か?フィルターは自分で掃除?カビと故障に要注意!

エアコン フィルター カバー

【目次】• 自分で簡単にできるフィルターの掃除方法 エアコンをお掃除する際、ほとんどの方がフィルターをキレイにしていると思いますが、どのようにお掃除していますか? フィルターを取り外し、掃除機でホコリや汚れを吸い取っている方が多いのではないでしょうか。 この掃除方法は決して間違っているわけではありませんが、エアコンの仕組みとフィルターの特性を理解した上でお掃除すると、より効率的に汚れを落とすことができます。 用意するもの• キレイなタオル2枚• 台所用の中性洗剤• ホコリが舞い散るのを防ぐため、まずはフィルターがエアコンに付いている状態で、フィルターやその周辺に付いたホコリを掃除機で吸い取ります。 ほとんどのエアコンは、正面から見て両サイドにパネルを上げるための凹みがあるので、両手でその凹みを掴んでゆっくりすくい上げるように開けてみましょう。 ポイントは左右の力を均等にすること。 ある程度上まで上げると「カチッ」と引っかかり、手を放しても落ちてこなくなります。 これでフィルターを外すことができます。 エアコンのフィルターは薄いプラスチックでできているため、強い力を加えると歪んだり破れてしまうことがあるので注意しましょう。 ホコリの多くはフィルターの表側に付いていますので、表側から掃除機をかけましょう。 裏側から掃除機で吸ってしまうと、ホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。 お掃除をする2回に1回は、掃除機で吸った後に浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。 このとき、表面から水圧をかけると逆にホコリが詰まってしまいますので、掃除機とは逆に裏面からシャワーを当てましょう。 水洗いで落ちない汚れが付いている場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、柔らかいブラシを使って洗うと、フィルターを傷めずにお掃除できます。 濡れたまま戻すとカビの原因になってしまいますので、しっかりと拭きましょう。 エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法 エアコンの吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。 ここが汚れていては部屋中に汚れた空気を撒き散らすことになるので、手の届く範囲でキレイに拭き上げます。 用意するもの• キッチンペーパー• 割り箸• コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。 ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても電源を入れれば、自動で元の位置に戻ります。 軽く回して動かない機種では、無理に作業しないでください。 この部分は手が届きにくいため、お掃除棒を使うのが便利でオススメです。 作り方は非常に簡単。 割り箸にキッチンペーパーを巻き付けて、輪ゴムで止めるだけで完成です。 エアコン内部の奥にあるフィンを傷つけないように、注意しながら見える範囲を拭くようにしましょう。 手が届かない場合や自信が無い場合は、決して無理に作業せず、プロにエアコンクリーニングを依頼した方が確実です。 届かなくて椅子に乗って作業する場合は、安全のために必ず誰か下についてもらいましょう。 エアコン内部のお掃除はプロにお任せ! 吹き出し口はこの方法でキレイになりますが、カビが一番付いている箇所は、表から見えにくいエアコン内部です。 細かな凹凸がたくさんあり、手の届かないところにカビがびっしり生えている場合もあります。 ファンのカビ・ホコリを全部取るには、安全に分解した後、業務用の高圧洗浄機が必要ですので、プロに任せましょう。 プロのクリーニング後にキレイな状態を保つ方法 プロの洗浄でキレイになったエアコンのキレイな状態を保つ方法をご紹介いたします。 カビを防ぐには、中を乾燥させてから切ることが大切です。 約1時間、送風運転を行ってエアコン内部を乾燥させると、カビ予防になり、悪臭を防ぐことができます。 部屋自体のニオイやホコリを減らし、窓をこまめに開けて換気することが、エアコンのニオイ防止に繋がります。 フィルターの汚れをこまめに取り除くことで、カビの繁殖を防ぐことができます。 今回ご紹介した方法でご家庭のエアコンをお掃除してみてはいかがでしょうか。 エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。 定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!.

次の

エアコンの自動お掃除機能付きは必要か?フィルターは自分で掃除?カビと故障に要注意!

エアコン フィルター カバー

・エアコンのフィルターを掃除するメリットは? ・エアコンフィルター掃除の頻度はどれくらいがいいの? ・エアコンフィルターの掃除方法は? ・エアコンの効果を高めるために他にもやっておきたいことは? エアコンフィルターの掃除を業者に頼むと費用はいくらくらい? Sponsored Link エアコンのフィルターを掃除するメリットは? エアコンのカバーを開けてみてください。 フィルターにホコリがびっしりとついているという状態になっていませんか? この ホコリが付く原因はエアコンが空気を取り込んで温度を変化させるという仕組みからなっています。 ではこの フィルターを掃除するメリットはどんなことがあるのでしょうか。 カビの発生を抑える フィルターに付いているホコリにはカビの胞子がくっついています。 それがエアコンの内部で空気が急激に冷やされたり、温めたりすることによって結露などが発生します。 カビの温床となりやすい条件に温度と湿度そしてホコリというものがあり、その条件を満たしてしまうわけですね。 それでカビが発生するのでフィルターの掃除が必要となります。 掃除をすることによって、部屋にカビ臭さがなくなったり、アレルギーや肺炎から特にお子さんや高齢者の方を守ることにもなります。 エアコンの風に乗ってカビがばらまかれることがなくなると、部屋の中でもカビの温床となりやすい部分にも胞子をばらまかずにすみます。 電気代が安くなる フィルターにホコリがつまりますと空気の取り込みが悪くなってエアコンの稼働が悪くなります。 そうなりますと設定温度が暑いときはもっと低めに、寒いときはもっと暖かく設定温度を調整します。 そうすることによってかかるのが電気代です。 一日中つけることもあるエアコンですから電気代も相当かかるようになります。 フィルターを掃除することによって 冷房では4%、暖房では6%の電気代が削減できると統計に出ているそうです。 エアコンの異常音がなくなる 時々エアコンの変な音が気になる時がありませんか? その時はエアコンフィルターにホコリが詰まっていることがあります。 掃除をしてホコリを取り除くことによって異常音がなくなります。 エアコンフィルター掃除の頻度はどれくらいがいいの? それではエアコンフィルターの掃除はどれくらいの割合でするのが良いのでしょうか。 使う頻度などにもよっても異なりますが、 月に一度は必ず掃除をするようにしたほうが良いというのが、業者の方々の意見のようです。 <掃除の仕方> ・危険防止のためにエアコンの電源を外します。 ・エアコンのカバーを外したらまずそのままでフィルターに掃除機でホコリを取ります。 ホコリのついたままフィルターを外しますとそのホコリが周りに広がってしまうからです。 エアコンの機種によっては内部の方にエアコンフィルターが入っている場合がありますので、その場合はそのままフィルターを外しても構いません。 そのときに隅の方は歯ブラシなどを使ってよく取りましょう。 ・次に中性洗剤を使って洗っていきます。 ・シャワーなどでよく洗剤を洗い落として乾燥させます。 エアコンの効果を高めるために他にもやっておきたいことは? エアコンのフィルターを掃除するときにあわせて エアコンカバーや周辺のホコリ取りもしましょう。 特にエアコンカバーにはカビなど付着している場合もありますので丁寧に拭き取りましょう。 また周辺のホコリを取ることによってエアコン稼働時にそのホコリが入り込まないようになります。 エアコンフィルターの掃除を業者に頼むと費用はいくらくらい? エアコンフィルターの掃除については個人でするには一部分しか手をかけることしかできません。 中の精密な部分や水気が厳禁なパーツなどがあるからです。 そこでできるなら 1年に1度は業者の方にエアコンの掃除を頼むようにしたいものです。 そこで気になるのがお値段です。

次の