ボンズ ラッパー。 【徹底解説】ラッパーの梵頭 (ボンズ)とは?UMB2019で活躍したラッパー|MCバトル.com

【徹底解説】ラッパーの梵頭 (ボンズ)とは?UMB2019で活躍したラッパー|MCバトル.com

ボンズ ラッパー

ワンパックです しょーもなっ! うるさっ! ヨーヘイ&ビック・ブー No レアリティ 入手できるデータ BRS01-008 C ボイス 入手できるボイス グレイト ウェイト チェックメイト 突進 ゴブリン ゴールイン 終わり お断り お友達 ヨーヘイ&デカミ No レアリティ 入手できるデータ BRS01-009 C ボイス 入手できるボイス ヴァイブス 台風 かいじゅう ワンパン アンパン トンチンカン ええっ! ありがとぉ! バズるかも ぶんぶん丸(BOOM-BOOM-MARU No レアリティ 入手できるデータ BRS01-010 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 お魚屋さんの背景 【BGM】 レゲエのビート プーパイセン THE KING OF STUDENTS No レアリティ 入手できるデータ BRS01-011 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 校庭の背景 【BGM】 演歌のビート ディス山先生 THE FUNKY STAFF &キャオリ先生 SEXY BOMB! No レアリティ 入手できるデータ BRS01-012 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 職員室の背景 【BGM】 メロウなビート 病ジャック JACK THE RAPPER No レアリティ 入手できるデータ BRS01-013 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 病ジャックの部屋の背景 【BGM】 イルなビート ヨーヘイ No レアリティ 入手できるデータ BRS01-014 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 上西町の背景 【BGM】 ヒップなビート ビック・ブー No レアリティ 入手できるデータ BRS01-015 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 教室の背景 【BGM】 バトルのビート デカミ No レアリティ 入手できるデータ BRS01-016 C BGM+背景 入手できる背景 入手できる曲 【背景】 ドーナツレコードの背景 【BGM】 ランデブーのビート ヨーヘイ No レアリティ 入手できるデータ BRS01-017 R ボイス 入手できるボイス 平普町 生まれ 育ち YO! HEY! OK! ランデブー! 屁リケーン! ブーリザード! ビック・ブー No レアリティ 入手できるデータ BRS01-018 R ボイス 入手できるボイス マジパネェ 涙目 滝汗 ガラムマサラ がむしゃら 札束 ライム マイク ライフ デカミ No レアリティ 入手できるデータ BRS01-019 R ボイス 入手できるボイス 大きな声で 小さい声は オォアアァァ 恥ずかしい 難しい だっしゃらあ! 本当は 歌を 歌いたいのぉ〜〜! ワンパック No レアリティ 入手できるデータ BRS01-020 R ボイス 入手できるボイス BIG UP big shout it out once again COMEON freestyle in da house すなっ! ラップでね! お前はきっと ヤヴァイバーだ ヨーヘイ&KEN No レアリティ 入手できるデータ BRS01-021 R ボイス 入手できるボイス こいつの 名前は KEN! ブッ ツ ッパ ジャンッ パンッ クゥ〜ン? ヨーヘイ&ビック・ブー&デカミ&ワンパック&KEN No レアリティ 入手できるデータ BRS01-022 R ボイス 入手できるボイス みんなで 一緒に 共演だ 集まれ 騒げ 鳴らせ プチョヘンザ! Bラッパーズ! ヤヴァイブス!• PROJECT, メ~テレ• , LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED. Film Partners• Film Partners• Milne and E. Shepard.

次の

BGM

ボンズ ラッパー

名前の由来は、20代でラッパーを始める際に、野球好きの仲間から、「 バリーボンズに似ているよね」と当時活躍していたメジャーリーガーから付けたようです。 活動初期は、「 BIG BONZ」として活動していましたが、が主催を務めた2011年のイベントで、フライヤーに「 梵頭」という名前で書かれたことから、その後は、「梵頭 ボンズ 」に書き方を変えたようです。 また、梵頭 ボンズ は、2度の服役経験や、父親の指名手配など、ハードな人生を歩んでいることから、ハードコアな経験を楽曲やバトルで表現しています。 ちなみに、岐阜刑務所で一番美味しかった、食べ物は「カレー」と「ハワイアンチキン」だそうです。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 梵頭 ボンズ の主なバトルの戦績 梵頭 ボンズ は、• 戦極東海獏丸祭 2019 準優勝• UMB2019 BEST8 の戦績を持っています。 実績もさることながら、梵頭のバトルは印象に残ります。 堅気とは思えない見た目はもちろんですが、バトル中には、ユニークな草ネタを替え歌で表現したりと、他のバトルMCとは違うオリジナルなスタイルでインパクトを残します。 ただ、基礎的なラップスキルの土台があるために色物ラッパーではなくて、あくまで会場を盛り上げる表現の1つとして昇華しているところに梵頭の凄さがあるのではないでしょうか。 同じく草ネタを得意とする名古屋のラッパー、とは私生活でも親交が深いようで、BASEとは、バチバチになりつつも楽しくバトルが出来るため、毎試合印象に残っているようですね。 梵頭 ボンズ のベストバウト そんな梵頭のベストバウトを紹介します。 凱旋MC バトル夏ノ陣2019 vs NovelCore.

次の

クラブは怖いところ?元スタッフが実際に体験したアングラなストーリー

ボンズ ラッパー

KJI(ケイジェイアイ)は、岐阜HIPHOPシーンを代表するラッパーで、2006年に地元の仲間と一緒に音楽レーベル「GH-RECORDS」を設立しています。 さらに、2009年にはMS ENTERTAINMENTと契約して、自身名義のアルバム3枚と、監修コンピレーションアルバム1枚をリリースしています。 KJIは数々のアーティスト作品に客演としても参加しており、AK-69のクラブツアーではフロントアクトとして同行するなど、同じラッパーからもその実力は認められています。 2016年には、岐阜県内一の歓楽街としても知られる岐阜市柳ヶ瀬に自身がプロデュースした「CLUB RAGZA」をオープンさせて、岐阜HIPHOPシーンを盛り上げています。 2019年1月には、地元可児市でデビュー10周年ライブも兼ねた、1,000人規模のヒップホップチャリティーイベントを開催して成功を収めた。 KJIは長年にわたり、地元岐阜のために精力的に活動しているラッパーです。 「ただ指をくわえて見ているだけじゃなくて、有言実行で何事にも挑戦する」というのが、KJIの思想です。 DAG FORCEの特徴は、RAPと唄を融合させた「Blues Rap」というオリジナルなラップです。 DAG FORCEの楽曲には、一度聴いたら癖になって、思わず口ずさんでしまう独特なメロディセンスがあります。 人間味溢れるライブパフォーマンスが最大の魅力で、あらゆるジャンルの壁を飛び越えるポテンシャルを持っています。 代表曲には「I LOVE YOU なんて言えねぇ」があります。 DAG FORCEは、ヨーロッパツアーや武道館ライブで培った経験とマイクスキルを武器に、全国各地のHIPHOPシーンで活躍し続けています。 DUCK(ダック)|岐阜のワイルドスタイルラッパー 岐阜県郡上市出身のラッパー「DUCK(ダック)」は、GH RECORDS、YOUNGEST IN CHARGEに所属しています。 DUCK(ダック)は、岐阜県郡上市のヒップホップクルー「WILDSTYLE」のリーダーです。 DUCKは、岐阜県郡上市のHIPHOPシーンはもちろん、岐阜市や名古屋にも活動の幅を広げています。 さらに、AK-69、KJIなどの楽曲にも客演として参加しており、その知名度も高まっています。 DUCKの持ち味は、私生活から染み付いたワイルドさと、超越したマイクスキルです。 DUCKの代表曲には「Iron Heart」があります。 梵頭(ボンズ)|岐阜ラッパー集団HIKIGANE SOUNDのボス 岐阜県出身ラッパーの「梵頭(ボンズ)」は、HARD VERKや裂固が所属する岐阜の日本語ラップ集団「HIKIGANE SOUND」のボスです。 裂固は、中学卒業後、15歳の時にラップのイベントで輪入道をみて、大きな衝撃を受けたのがきっかけで、ラップを始めるようになります。 第9回高校生ラップ選手権優勝、SCHOOL OF RAP優勝〟SPOTLIGHT優勝、2016年KING OF KINGS本戦出場など、様々なMCバトルの大会で実績を残しています。 さらに、裂固はテレビ朝日「フリースタイツダンジョン」の2代目モンスターに抜擢されて、レギュラー出演し、その知名度を全国に広げています。 同時に年間70本以上のライブを行い、自身のラップスキルを磨き続けています。 ソロでの楽曲や、他のアーティストの楽曲への客演など、音楽制作も精力的に行なっています。 TOSHI蝮(トシマムシ)|ネオ東海シーンの主要ラッパー 「TOSHI蝮(トシマムシ)」は岐阜県瑞浪市出身で、ネオ東海シーンのHIPHOPを牽引するラッパーです。 HIPHOPをはじめたきっかけは、エミネム主演の映画『8 MILE』に大きな影響を受けたことでした。 MAKERは高校中退後、DUCKが率いる地元のクルー「WILD STYLE」に加入して、ラップ活動をしていきます。 18歳の時に、自主制作でシングル音源をリリースしています。 岐阜や名古屋を中心に活動するラッパーです。 MAKERは、呂布カルマの楽曲「Voice of TUNK」に客演として参加しています。 呂布カルマは「MAKERの良さは、まだまだ全然みんなに届いていない。 もっと広く聞かれてほしい」と発言しています。 MAKERのアルバム「さそり座ストリップ」は、かなりの名作です。 K-SNIPER(ケースナイパー)は、メッセージ性が豊かで、リスナーの心に響くリリックによって、人気を集めています。 K-SNIPERは2003年に、TUFF ONE、BOON STEINとともにレゲエグループ「音斬草」を結成して活動しており、代表アルバムに「inna di yellow」があります。 ソロでの代表曲には「Another Sky」「まずは…」などがあります。 そのほか、デフチン、裂固、獅子丸、ADACHIMAN、iTex、ARROW様々なアーティストとも共同で楽曲を制作するなど、すぐれた順応性と感性を発揮している。 2013年4月から2年半は活動拠点を関東に移して、様々な経験を積み、その後、地元に戻って、iTex、ARROW、獅子丸とともにレゲエグループ「the Speakers」を結成して、「YELL」などの名曲を残しています。 NEW JACK(ニュージャック)|バイブス満タンの岐阜ラッパー NEW JACK(ニュージャック)は1987年10月27日生まれで、岐阜県飛騨高山出身のラッパーです。 2007年に本格的にラッパーとしてのキャリアをスタートさせ、地元高山を中心に、岐阜や名古屋などの東海エリアで活動をしていきます。 KJIの呼びかけにより、GH Recordsからリリースされたコンピレーションアルバム「レペゼン岐阜」のvol1、2に参加しています。 2011年には、名古屋052のHIPHOP集団「BALLERS」が企画した「BALLERS PARK 2011マイクコンテスト」で優勝を勝ち取ります。 "E"qual」をリリースしています。 また、NEW JACKは名古屋RADIXにて毎月開催された「SIN CITY」のレギュラーであり、愛知県最大のHIPHOPイベント「NAMIMONOGATARI」にも出演するなど、その実力はかなり認められています。 現在は、名古屋の老舗ストリートショップ「SQUARE」を拠点にして、アーティスト活動をしています。 WAMU|岐阜HIPHOPイベントに欠かせないラッパー 岐阜県出身ラッパーの「WAMU」は、2005年からラッパーとして活動しており、独特な言い回しのラップが特徴です。 まとめ 最後に、岐阜県出身のラッパーをまとめておきます。 KJI(ケイジェイアイ)• DAG FORCE(ダグフォース)• DUCK(ダック)• 梵頭(ボンズ)• 裂固(レッコ)• TOSHI蝮(トシマムシ)• 2dubA(トゥーダブエー)• K-SNIPER(ケースナイパー)• NEW JACK(ニュージャック)• 蓮臥(レンガ)• MAKER• WAMU• 獅子丸 岐阜県には、日本のHIPHOPシーンの第一線で活躍するラッパーがたくさんいますね。 岐阜の若大将「KJI」から、フリースタイルダンジョンの2代目モンスター「裂固」まで。 年齢問わず、豊富なラッパーが揃っているのが岐阜県です。

次の