ライン き どく を つけ ず に 読む。 【LINE】機内モードで既読をつけずに読む方法と既読がつく場合を解説!

【iPhone・Android両対応】LINEのメッセージ(トーク)を既読つけずに読む方法

ライン き どく を つけ ず に 読む

LINEである程度、女性と仲良くなったあとは駆け引きをする段階になります。 とはいいつつも、初心者にとっては気になる女性からのメッセージは気になって仕方ないもんです。 ダメだーと思いながらも、ついつい本文を見てしまってはいませんか? でもそれでは駆け引きにならないので、相手に既読はつかずに、自分だけ本文を読むテクニックを教えちゃいます。 LINEで相手に既読をつけずに本文を読むテクニック 1. 通知表示かトーク画面で本文を確認 トーク画面をひらくと、30文字程度だけですが、本文を読めます。 このまま トーク画面からすすまなければ、相手に既読マークはつきません。 もし緊急性があれば即レスするべきですが、そうでなければ少し暗い放置するのも恋愛駆け引きのテクニックかもしれません。 相手に気付かれず、本文全てを読むテクニック 相手の送信してきたメッセージが30文字を大きく超える場合、本文を読みたい衝動にかられてしまうこともあるかもしれません。 そんな時に使えるテクニックを紹介します。 まずはLINEを開いてトーク画面に移動します。 機内モードをオンにします。 トーク画面から本文を読みます。 LINEのアプリをバックグランドからも閉じて、ホームに戻ります。 機内モードをオフに戻します。 この手順通りすすめると、なぜか相手に既読はつかないのに、本文はつかないのです。 ただしその後にさらに相手からメッセージがきた場合や他の人からメッセージがきて、LINEを開いたら・・・ その瞬間に相手に既読マークがついてしまいます。 ですので、相手にばれずに本文を読めるのは、1通目と2通目の間の時間だけなんです。 とりあえず、いざという時の駆け引きテクニックとして覚えておくと重宝しますよ。 おすすめ出会い系ベスト3! 1位 PCMAX 2位 Jメール 3位 ハッピーメール.

次の

ラインが未読のまま!なんでっ?「ラインで未読スルー」男女の理由を比較

ライン き どく を つけ ず に 読む

もはや生活の必須ツールとなった「」ですが、その特徴の1つとしてメッセージを送った相手が内容を開いたかを確認できる「既読」機能があります。 返信が無くとも内容が伝わったか間接的に把握ができる便利な機能である一方、「既読スルー」という用語ができたように、「早く相手に返信をしないと失礼にあたる」という焦りが生まれるデメリットも存在します。 そのため、相手にはメッセージを開いたことを知らせず(=既読をつけず)、内容だけ確認できたら便利ですよね。 そこで本記事では、Android版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法を紹介します。 標準機能で実現できるものから、別途アプリを用意することで写真まで未読のままチェックできる方法も解説しているので、ぜひご覧あれ。 前提:「新着メッセージがあります」問題を解消する 近年のLINE仕様変更により、メッセージの通知が表示されても内容は「新着メッセージがあります」とだけ表記され、実際にLINEアプリ自体を開かないと確認できない現象が発生しています。 本記事の主旨となっている「既読をつけずに内容を確認する方法」は、全て共通してこの「新着メッセージがあります」問題を解決しておくことが前提となっています。 どうやらこの問題は、トークメッセージを暗号化する通信方式「 Letter Sealing」設定が関わっている可能性があり、デフォルトでオンになっている設定を無効化したところ、 機内モード状態の受信側でメッセージを確認できる一方、送信側に既読はつかない。 ただこのワザには2つ注意点があります。 「機内モード」に切り替えるタイミングはメッセージを受信してから Androidの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られない一方で、相手からの新しいメッセージも受信できなくなります。 そのため、新着メッセージを確認したい場合は、一度「機内モード」をオフに戻す必要がありますが、そうすると下記の問題が発生します。 「機内モード」をオフに戻すと既読が一斉につく Androidの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られないだけで、受信側のLINEアプリは「既読となった」事実は把握している状態となります。 従って、新着メッセージを確認するために「機内モード」を一度でもオフに戻す(=通信環境が元に戻る)と、保留となっていた「既読となった」連絡が一斉に相手に送られてしまいます。 以上よりこの方法は、あくまで一時的に「既読をつけずに内容を確認する」ことができるだけで、スマートフォンをずっと「機内モード」にしておくことが現実的でない以上、すぐに相手に伝わってしまう欠点があります。 通知のポップアップ画面で確認する 続いてが、LINEでメッセージを受信した際、一時的に画面表示される「通知のポップアップ」上で内容を確認するワザ。 複数のメッセージを左右にスワイプして確認できる他、長い文章は上下にスワイプして表示もできます。 もちろん、この状態で確認すると「既読」はつきません。 このワザの注意点は下記2つ。 一度でもポップアップを閉じると再確認はできない 「通知のポップアップ」は便利な機能ですが、一度でも閉じてしまうと再表示できないため、結局LINEを開く(=既読をつける)ことになります。 LINEのメッセージは突然届くため、もしタイミングが悪くポップアップを閉じてしまった際は、本記事で挙げる別のワザと組み合わせることで、既読をつけずに内容確認することもできます。 ぜひ参考にしてみて下さい。 ロック画面を解除せずとも誰でもメッセージを確認できてしまう 先述したLINE側の設定で「画面オフ時のポップアップ表示」にもチェックを入れていると、スリープ状態で通知が届いても「ポップアップ」から既読をつけずに内容確認ができますが、ロック解除をする必要がないため、第三者に見られるリスクもあります。 便利である一方、プライバシー上の懸念もある点は把握した上で設定をして下さい。 専用のアプリ画面で確認する 最後に紹介するのが、「既読をつけずにLINEメッセージを確認する機能」に特化した専用アプリ上で確認するワザ。 この手のアプリはいくつかありますが、例えば「 無既読」というアプリなら専用の画面上で、メッセージ内容はもちろん、写真まで既読をつけずにチェックが可能となります。 同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない LINEアプリのバックアップ機能を応用すれば、トーク履歴を維持したまま同スマートフォン上で複数アカウントを切り替えることができます。 同様の裏ワザ的な豆知識は、関連記事【】でまとめて解説しています。 〆:既読に悩まずメッセージを確認しよう! 以上、 Android版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法! 未読のまま写真もチェックできる の說明でした。 忙しい時や面倒な相手からメッセージが届いた際、今回紹介したワザで既読をつけずに内容を確認できるようになることで、「早く返信しなくては!」という焦りからきっと解放されるはず。 ぜひ、お試しあれ。

次の

LINEの裏ワザ!既読をつけないでメッセージを読む方法

ライン き どく を つけ ず に 読む

LINEの既読をつけないPC版の機能 PC版LINEは既読をつけないでメッセージを読めたり、画面キャプチャを共有や画像のテキスト化など便利な機能が盛りだくさん。 PC版も併用して、より便利にLINEを使いこなしましょう。 PC版LINEの1つめの凄ワザに「ID・電話番号の検索機能」があります。 本来、スマホのLINEアプリでID・電話番号の検索機能を使うためには、NTTドコモやauといった携帯キャリアでの年齢認証が必要です。 そして、18歳未満のユーザーは、このID・電話番号の検索機能を使えません。 また、格安SIMのスマホの場合は、そもそも年齢認証を行えないため、18歳以上であっても、ID・電話番号の検索機能が使えないのです。 しかし、PC版LINEでは年齢認証せずに、ID・電話番号の検索機能を利用可能。 格安SIMユーザーや18歳未満でも、IDや電話番号での友だち追加ができるのです。 LINEを既読つけないで確認できる PC版LINEの2つめの凄ワザが「既読をつけないで読む」です。 PC版であれば、簡単に既読をつけないメッセージを見られます。 やり方は相手とのトーク画面を開き、アイコン写真をクリック。 相手のプロフィール画面が開いている間は、送信者には既読をつけないでメッセージを確認できます。 PC版LINEの3つめの凄ワザが「画面キャプチャを直接共有する」です。 トーク画面の切り抜きツールをクリックして画面キャプチャ機能を使うと、送りたい部分だけを切り抜いて送信可能。 わざわざWinShotなど他のツールを使わなくて済みます。 PC版LINEの4つめの凄ワザが「切り抜いた画像をテキスト化する」です。 切り抜いたキャプチャ画像を右クリック。 「テキストに変換」を選択すると、自動で文字をテキストに変換できます。 そのままメッセージとして送信でき、英語・韓国語・中国語に翻訳も可能です。 PC版LINEの5つめの凄ワザが「キーワードにタグ表示する」になります。 これで見逃しを防止できます。

次の