あのコと一緒 感想。 あのコと一緒3巻のあらすじ、ネタバレ感想、結末・無料で読む方法まとめ【藤末さくら】

「あのコと一緒」最終回のネタバレ!かのりや香澄たちの最後とは|ささやんのマンガ倉庫

あのコと一緒 感想

女優を目指し真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、あるきっかけから、雫の付き人に。 ランジェリー広告の撮影日、共演するはずだった人気俳優の東條 昴が、アクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。 そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を引き受ける。 昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。 複雑な想いを抱えながら頼もアート系の映画の主演に抜擢される。 頼と雫は互いの夢に一歩ずつ近づくにつれ、すれ違っていき……。 そんな中、昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。 雫への想いが抑えられなくなった頼は、昴に無謀な勝負を挑む。 恋と夢が複雑に絡み合う、幼なじみ3人の想いの行方は……? 引用:あのコの、トリコ。 公式HP 目次• 「あのコのトリコ。 」登場人物 鈴木頼(吉沢亮) 出典:あのコの、トリコ。 立花雫(新木優子) 出典:あのコの、トリコ。 東條昴(杉野遥亮) 出典:あのコの、トリコ。 「あのコの、トリコ。 」のネタバレ 出典:あのコの、トリコ。 あれから10年経った今、その夢は叶わなかった・・・ 10年ぶりに故郷に戻った頼は、幼なじみの雫と昴には絶対に会いたくないと思っていた。 2人は、今を時めく超人気イケメン俳優「東條昴」と、新人アイドル「立花雫」となり、同じ高校に通う美男美女、2人は順調に夢に向かって進んでいる。 しかし、幼なじみの2人に会いたくない頼が転入手続きを取った学校は、2人が通う高校だった。 転入した当日、すぐ雫に見つかってしまった頼は、雫の勝手な願いから雫のマネージャーをやることとなった。 頼は、雫のマネージャーとなったことをきっかけに、思いも寄らない物語が始まる・・・ 鈴木頼(吉沢亮)の一途な思い 出典:あのコの、トリコ。 しかし、頼の引っ越しによって雫と昴と離れ離れになってしまう。 それから10年の月日が流れて、頼はコンビニで販売していた雑誌に雫が写っているのを見つけて、幼なじみの2人は芸能界で活躍している事を知る。 幼い頃に3人で同じ映画に出ようと約束をした事を思い出し、居ても経ってもいられなくなり、雫と昴が通う高校へ転入してしまう。 その学校へ転入してすぐに雫に見つかってしまい、雫の勝手な願いから雫のマネージャーをやることとなった。 マネージャーとして雫をサポートしているうちに、改めて雫が好きなんだと自覚をする。 立花雫(新木優子) 出典:あのコの、トリコ。 10年後のある日、雫が通う高校へ頼が転入してきたのをきっかけに、事務所の社長を通して頼をマネージャーとして迎えた。 頼をマネージャーとして迎え入れたとたんに、色々な仕事が舞い込んで来るようになり、ついには下着のCMに頼と一緒に共演することにもなる。 東條昴(杉野遥亮) 出典:あのコの、トリコ。 10年後のある日、昴が通う高校へ頼が転入してきたのをきっかけに、頼と恋のライバルとして戦うようになる。 「あのコの、トリコ。 」の感想 出典:あのコの、トリコ。 頼が初恋の相手との運命の再会を経て、徐々に大きく成長していく姿に心を打たれます。 10年ぶりに頼と雫が再開するシーン(03:35) 頼は子供の頃、幼なじみで初恋の雫と昴の3人で、同じ映画に出ようと約束をしていたが、突然の頼の引っ越しによって雫と昴と離れ離れになってしまい、10年ぶりに雫と再会したシーン。 幼い頃、幼なじみの3人で公園で遊んでいた際に、雫がジャングルジムから落ちる所を頼が助けるシーン(07:00) 頼と雫と昴の3人で公園で遊んでいた際に、雫が登ったジャングルジムから落ちた所を、頼が助けるシーン。 雫の付き人にならないかと誘われるシーン(09:00) 芸能界で活躍する雫の付き人が辞めてしまい、頼に雫の付き人になって欲しいと頼むシーン。 頼がメガネを落としてしまい、メガネをしていない顔を映画監督が見て驚くシーン(10:30) 芸能界で活躍する雫と昴を見つけて、頼が上京を決意するシーン(14:00) 親の引越しで幼なじみと別れた後、高校生になった頼がコンビニで見つけた雑誌に載っていた雫と昴を見つけて、幼なじみと3人で誓った夢を思い出し、上京を決意するシーン。 下着のCM撮影に抵抗がある雫を頼が励ますシーン(18:45) 雫が下着のCM撮影に抵抗を感じてグズグズと泣いていた時に、頼がレッサーパンダの被り物で雫を励ますシーン。 CM撮影に遅刻した雫がクビになりかけたが、監督が頼を使ってCM撮影を再開すると決めたシーン(21:55) 雫が下着のCM撮影に抵抗を感じてグズグズと泣いていた為に、CM撮影が遅れてしまった。 相手役の昴の事務所が激怒して昴は帰ってしまい、危うくCM撮影が無くなってしまうかと思われたが、監督の配慮で頼を使ってCM撮影を再会出来るようにしてくれたシーン。 頼がCM撮影用に準備した姿に、関係者全員が驚くシーン(24:00) 監督の配慮で下着のCM撮影に出演する事となった頼が、CM撮影用に準備をして現場に現れた際に頼を見た関係者全員が、驚きを隠せないシーン。 「あのコの、トリコ。 」のまとめ 出典:あのコの、トリコ。 」は、将来の夢は3人で映画に出演すること。 吉沢亮・新木優子・杉野遥亮 ドキドキの恋とキラキラの夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレララブストーリー。 白石ユキの大ヒットコミック「あのコの、トリコ。 お試し期間で気になる映画を無料で見れますよ!•

次の

あの子と一緒の結末について。以前、藤末さくらさんのあの子と一緒と言...

あのコと一緒 感想

あのコと一緒のあらすじ・作品解説 「あのコと一緒」は2003年11月から2009年11月まで月刊cookie 集英社 で掲載された藤末さくら原作の日本の少女漫画。 単行本は全13巻。 高校の入学以来仲良しの坂下かのりと坂上香澄は、ある日合コンで知り合った男子二人とそれぞれ付き合う事になった。 彼氏に夢中になる坂上に対し、かのりは実感が湧かず今一つ彼氏に夢中になれず、なんとなく付き合っていた。 ある日かのりは坂上の彼氏が他の女と度々いるのを目撃する。 かのりの彼氏は女ぐせが悪かった。 それを坂上に言った方がいいのか言わない方がよ良いのか迷うかのり。 お互い彼氏が出来た事をきっかけに2人の仲は段々ぎくしゃくするようになる。 この漫画は学生時代に誰もが経験する高校生の恋愛や友情、家庭問題がテーマになっていて高校生など同世代の読者層に人気に火が付き反響を読んだ。 内容も妊娠レイプ二股などの衝撃的な内容も含まれていて読者に物語の結末を最後まで引き付ける魅力がある。 あのコと一緒の評価 総合評価 5. 00 5. 00 1件.

次の

【ネタバレあり】あのコと一緒のレビューと感想

あのコと一緒 感想

「あのコと一緒」最終回のネタバレ まずは、香澄について少し触れましょう。 実は、もう香澄自体のお話は既に終わっています。 最終回の前、つまり12巻で彼氏との関係を終わらせているんですよね。 詳しい話は省きますが、無事(?)に逃げ出した形です。 さて、ではもう一人のヒロインであるかのりです。 かのりは引っ越しが決定済み。 浩太との遠距離になるのは難しいから、別れよう、と。 大人であれば可能である遠距離な恋愛でも、学生である彼女たちにとっては遠すぎたのです。 お互いに想い合っていることは間違いないのですが、親の都合がそれを許さなかったのでした。 さらに、時は流れて1年後。 かつての2人は再会の約束をしていました。 先に目的の場所へ着いていたのは浩太。 あとは、かのりが来れば・・・。 あれ、あれ、あれ。 かのりが来ませんね。 かのりは、遠くから歯を食いしばって見つめているだけ。 浩太もそれを察していたのか、きっぱりと身を引くのでした。 この時点で、ええええええという感じです。 さらに、この先もかのりに関して少しだけ描写されるんですよ。 この描写が、また妙に生々しいというか、リアルというか。 そんなエグみ満載な話の詳しい流れに関しては、ぜひ本編で確かめてみてください。 [AD2] 感想について リアルですね、と苦笑いしちゃいます。 いや、現実に自分もかのりの立場であれば、8割近くはかのりと同じことをする、かな。 1年っていうのは、大人だったら結構あっさりと過ぎる時間です。 でも、高校生の彼らにとっての 1年って時間は、自覚が薄いでしょうが長いんですよ。 思い返してみても、大人になったら短いように感じているだけで、当時は無限のような時間を過ごしている錯覚をしていたと思います。 それが高校生の恋愛であれば、間違いなくかのりと浩太のような結末を迎えるのが大半である、と言い張れます。 「あのコと一緒」とは違いますが、「秒速5センチメートル」の2話目の時もそうでした。 昔に付き合いがあった女の子と、徐々に疎遠になっていく主人公。 好きなんだけれど、連絡を取らなくなるんです。 主人公と連絡を取らなくなった女の子はって言うと、別の男の子と登下校をし、付き合い始めるんです。 かのりたちとは違いますが、新しい恋に向けて足を踏み出しているんですよ。 結構、他のレビューとかを流し読みしているとラストの結末に納得出来ない。 というような声を聞きますが、 リアルの感覚で言えばかのりの行為はわりと普通にあること。 むしろ、1年後に遠くからでも見守っていたのは律儀に思えます。 読後感が良い悪いって話になってくると、圧倒的に悪いのは否定できませんけれどね。 まとめ 衝撃的とは言いませんが、腑に落ちない人もいるでしょう、この終わり方は。 私は次行こう次って感じの人間なので、これは割りとすんなり受け入れられました。 ただ、ここまで引っ張ってしまったのはミスだったでしょうねー。 結構長めの作品ですので、時間のある時に手にとってみてください。 [AD1].

次の