ティックトック プッシュ通知設定とは。 【TikTok】プッシュ通知設定のオン・オフと、フォローした人の投稿通知

プッシュ通知オン/オフの設定変更方法|iPhone、Android

ティックトック プッシュ通知設定とは

原因その1:相手が自分をフォローしていない場合 その場合は、最大3件までしかメッセージを送ることができません。 相手が自分をフォローしてないと、1~3件目までは次のようなアナウンスが表示されます。 4件目のメッセージを送信しようとすると、次のように表示され、メッセージを送れない状態になります。 このように、「 !」マークが表示され、「チャットメッセージの上限に達しました。 このユーザーにはメッセージを送信できなくなります。 」とアナウンスされます。 原因その2:相手にブロックされている場合 その場合は、次のように表示され、メッセージを送れない状態になります。 このように「 !」マークが表示され、「プライバシー設定のため、このユーザーはあなたのメッセージを受け取れないかもしれません。 」とアナウンスされます。 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)が送れないときの対処法は? 次に、DM(ダイレクトメッセージ)を送れないときの対処法を説明します。 相手が自分をフォローしていない場合の対処法 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)では、相互フォローをしていないと、最大3件までしかメッセージを送れないことになっています。 そのため、はじめのメッセージで「メッセージのやり取りをするために、フォローをしてほしい」旨を相手に伝えておきましょう。 相手にブロックされている場合の対処法 LINEなどほかのチャットツールでは、相手にブロックされていてもメッセージ送信はできます。 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)では、相手にブロックされているとメッセージを送信することができません。 ブロックの設定にはいくつかの手順があるので、間違ってブロックしてしまっている可能性は低いでしょう。 相手の迷惑にならよう、無理に連絡をとることは控えた方がいいかもしれません。 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)が届かないときの対処法は? インターネット環境が整っていなかったり、相手がTikTokの通知オフの設定にしている場合は、別の連絡方法でDM(ダイレクトメッセージ)を確認してもらうように伝える必要があります。 緊急の用事や、重要なメッセージを送るときは、相手の状態を考慮して、相手が確認しやすいチャットツールを使うことも大事なことですね。 以上、 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)が送れない&届かない原因と対処法について解説してきました。 TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)の安全性について TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)の利用条件として、相互フォローが必要など、他のチャットツールと比べて不便な点が多いです。 ただ、その理由として、利用者が安心・安全に利用できるように配慮されていることも理解しておきましょう。 TikTokは動画投稿アプリで、その情報拡散性は非常に高いです。 そのため、利用者が安心・安全に利用できるよう『コミュニティガイドライン』でコメントなどに対して厳しい規制がされています。 TikTokではDM(ダイレクトメッセージ)機能も、メッセージの送信しやすさよりも、受け取り側の安全を第一にしているようです。 相手の迷惑にならないよう、ガイドラインにのっとり慎重かつ安全な利用を心がけましょう。

次の

【解決】TikTokの言語を日本語に変更できない/切り替わらない場合の対処設定方法

ティックトック プッシュ通知設定とは

プッシュ通知の設定変更 iPhone iOS12 の場合 大きく2種類の方法で、プッシュ通知の設定変更を行うことができます。 ロック画面・通知センターに届いている通知から変更する方法と、2. ロック画面・通知センターに届いている通知から設定変更する方法 1. ロック画面・通知センターに届いている通知を、 左にスワイプして、「管理」をタップします。 メニューが表示されるので、ここから設定を変更することができます。 目立たない形で配信• 通知センターには表示されますが、 ロック画面、バナー(操作中に画面上部に表示される通知)には表示されず、 サウンドやバッジ表示もオフになります。 その名の通り、 通知がオフになります。 届いた通知を見て、すぐに操作ができるので便利ですね。 再びオンにしたい場合などは、「設定」から変更することができます。 (次でご紹介いたします) 2. 「設定」から「通知」をタップし、 設定変更したいアプリをタップします。 一切の通知をオフにしたい場合は、 「通知を許可」をオフにすればOKです。 部分的に通知の方法を変更したい場合は、その下の項目の設定を変更します。 通知(3つの絵)• 通知が表示される場所として、 ロック画面、通知センター、バナー(操作中に画面上部に表示)のオン/オフを選ぶことができます。 バナースタイル• 「一時的」は、バナー表示オンの時に、通知が画面の上部に表示された後、自動的に表示が消えます。 「持続的」を選ぶと、自動的に表示は消えません。 サウンド• こちらは文字とおりの意味です。 バッジ• アイコンに表示される赤い丸のことですね。 プレビューを表示• 「常に(デフォルト)」は、通知の内容が表示(プレビュー)されます。 「しない」にすると、「1件の通知」のような文言のみになり、内容は表示されません。 通知のグループ化• 「自動」は、各アプリの通知が、通知内容によって自動的にグループ化されて表示されます。 「App別」は、各アプリの通知が、すべて1つのグループにまとめられて表示されます。 「オフ」は、グループ化しないで1件1件表示されます。 1つ目でご紹介した 「目立たない形で配信」をタップすると、この部分の設定は下のように変更されます。 寝るときだけ通知をオフにしたい場合 通知は受け取りたいけれど、寝る時に、沢山の通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、 おやすみモードで、簡単に通知をオフにすることができます。 画面下部から上にひっぱると出てくる コントロールセンターで、 おやすみモード(月のアイコン)をオンにします。 すると、ステータスバーに月のアイコンが表示され、 ロック中は、着信や通知が(サウンドや、バイブレーションなども)オフになります。 プッシュ通知の設定変更 iPhone iOS11 の場合 1. 「設定」から「通知」をタップし、設定変更したいアプリをタップします。 一切の通知をオフにしたい場合は、 「通知を許可」をオフにすればOKです。 部分的に通知の方法を変更したい場合は、その下の項目の設定を変更します。 通知センターに表示• 画面上部から下にひっぱると出てくる 通知センターに表示するか、しないかを選ぶことができます。 サウンド• こちらは文字とおりの意味です。 Appアイコンにバッジを表示• アイコンに表示される赤い丸のことですね。 ロック画面に表示• これも文字通り、ロック画面に表示するか、しないかですね。 オフにすると、ロック画面にも通知されず、ロック画面からアクセスする通知センターにも表示されなくなります。 画面下部にある3つの絵(ロックされていないときの通知のスタイル)• 画面下部にある3つの絵は、 ロックされていないとき(スマホを操作している時)に、通知を受け取った場合の表示方法(スタイル)になります。 ロックされていないときの通知のスタイル• 画面には表示されません。 間違いやすいポイントです。 バナー• 画面の上部に表示され、自動的に表示が消えます。 画面の上部に表示され、元の操作に戻る前に確認が要求されます。 バナーと異なり、 自動的に表示が消えません。 その他、 寝るときだけ通知をオフにしたい場合は、iOS12と操作方法は同じなので、をご確認ください。 その 各アプリの情報画面を開く方法が何種類かありますので、後ほどご紹介いたします。 Android OS4. 1以上から、設定で通知をオフにすることができます。 OS4. 0や2. 3の人は、誠に残念ながら、個々のアプリを起動して、アプリ内の設定からオフにする必要があります。 「設定」から各アプリの通知の設定変更をする方法 1. 「設定」を開き、 「アプリ」、あるいは 「アプリと通知」をタップします。 (端末やOSによっては、 「通知」というメニューもあります。 ) 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy 2. 通知設定を変更したいアプリをタップして、 各アプリの情報画面を開きます。 「通知」をタップします。 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy 3. 「通知」画面から、 オン/オフの設定変更を行うことができます。 単純なオン/オフという表現もあれば、「ブロックする」のオン/オフ、「通知を許可」のオン/オフなど、端末やOSによって、画面や文言が結構異なりますので、お使いの端末の文言をよくご確認の上、設定いただければと思います。 【左】OS9. 0 Nexus 【右】OS7. 0 Galaxy OS8. 0以上では、通知の設定がとても細かくできるようになりました。 通知チャネルは、1つのアプリの中でも、 通知の内容や種類によって設定を変えることができるもので、表示の方法や、サウンド、通知ドット(通知が届いた時にアイコンに表示される丸いドット)など、細かくカスタマイズすることができます。 各アプリの情報画面を開く方法 「設定」からの変更方法をご紹介いたしましたが、「設定」以外にも、 各アプリの情報画面を開いて、通知の設定変更を行う方法は何種類かありますので、ご紹介いたします。 長押し以外にも、通知を左右に 少しだけスワイプすると、設定アイコンが表示されます。 端末やOS毎に若干異なりますが、タップすると、 先程の画面が開くものや、 その場で、設定変更を行うことができるものもあります。 アプリ切り替え画面から、アプリ情報画面を開く方法 アプリ切り替え画面で、 左上のアイコン部分を長押ししても、同様にアプリ情報画面が開き、設定を変更することもできます。 OS7. 1以上では、 アプリアイコンを長押しすると、アプリ情報を示すアイコンが表示されるので、それをタップして、アプリ情報画面が開き、設定を変更することもできます。 寝るときだけ通知をオフにしたい場合 通知は受け取りたいけれど、寝る時に、たくさんの通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、通知を一時的にオフにすることができます。 画面上部から下にひっぱると出てくる クイック設定パネルで、 「通知を非表示」や「通知をミュート」、「マナーモード」などのアイコンがある場合は、それをオンにします。 OSや端末によって、若干機能が異なりますが、 着信や通知時の音とバイブレーションをオフにすることができます。 機内モードも、着信や通知時の音をオフにできますが、そもそも、インターネットから遮断されてしまいます。 通知を非表示は、ネット接続はそのままで、着信や通知時の音をオフにすることができます。 また、 「アラーム」は例外として動作するように設定できるものがほとんどですので、ご安心ください。 特にAndroidの場合は、iOSと違って、アプリ毎にプッシュ通知の有無を確認するダイアログを表示しなければならない、というルールは、現時点ではありません。 iOSと同様に、初回起動時にダイアログを表示するアプリもありますが、そういった有無の確認なしに、1回目のプッシュ通知が送られてきて、はじめて気が付く、ということも多いのではないでしょうか。 ちなみに多くのアプリが「プッシュ通知」を実施している理由の一つとしては、ユーザの目に触れる機会が多く、またそこからの反応もいいということで、有益なマーケティングツールになっている、ということがあるようです。 参考にしていただければと思います。

次の

Tik Tokの通知をオフにする方法【iPhone/Android】

ティックトック プッシュ通知設定とは

再起動する事で改善されることもあります。 それでも通知がこない場合はTikTokアプリに不具合が発生しているという可能性があります。 とりあえず、ツイッターなどで他にも同じような状態になっている人がいないか検索してみると良いでしょう。 もし不具合やアップデート後のバグなどが原因であれば他の人も同じようにプッシュ通知されない状態となるはずです。 その場合には不具合が解消されるまで待つしか方法がありません。 少し様子を見るようにしましょう。 アプリ内から設定変更した後はスマホ側の設定確認と変更を忘れないようにしましょう。 最後に一つ補足として…、受信したプッシュ通知には相手の名前が表示されます。 逆に言うと、自分がいいねやコメントをした時には自分の名前が相手のプッシュ通知に表示されるという事になります。 ) もし名前を変更したい時にはプロフィール編集画面から変更する事ができるので早めに変更しておくと良いでしょう。 TikTokのプロフィール編集については以下でやり方をまとめてるのでこちらも参考にどうぞ。 関連リンク•

次の