野津英志。 野津英滉(ひであき)は統合失調症や発達障害「精神病判定で無罪放免か」

[のづひであき]は三田松聖高校出身で弟へのコンプレックスがあった!多重人格の発達障害

野津英志

のずひであき容疑者ボーガンで家族殺傷! 4日午前、兵庫県宝塚市の住宅で男女4人の親族がボーガンで撃たれこのうち女性2人が死亡しました。 逮捕されたこの家に住む23歳の大学生の男は調べに対し「家族を殺すつもりだった」と供述していて、警察はトラブルなどがなかったかなど詳しいいきさつを調べています。 (NHK WEB NEWSより) 兵庫県宝塚市でボーガンで撃たれけがをした20代男性が死亡したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。 殺人未遂容疑で逮捕された男(23)の弟とみられる。 死者は3人になった。 (Yahooニュースより) 6月4日の午前、兵庫県宝塚市の住宅街で殺人事件が発生しました。 「ボーガン」で刺された男女4人。 犯人の家族とみられています。 そのうち女性2人は死亡が確認されましたが、午後になり男性(犯人・野津ひであき容疑者の弟)も死亡が確認されました。 ボーガンは「荒野行動」で練習していたか? 事件が起きた兵庫県宝塚市の現場は、多くの住宅が立ち並んでいます。 ボーガンを使用して4人を襲撃した野津英滉容疑者ですが、矢であたまや首に命中させるほどの腕前。 コロナの影響で自宅にいる時間もおのずと増え、それでもって親は自分には無関心。 弟ばかりが可愛がられる姿を見ているのがつらかったのでは? ゲームの世界では、強く、自分は最強。 何度もイメージしながら矢を放つ練習をしていれば、バーチャルではなくリアルな世界でも腕は上がっていくのかもしれません。 指導した男性によると、幼少時は兄が弟を泣かせていたが、成長して立場は逆転。 英志さんは「(兄に対し、自分の方が上であるという)力関係を常に示している」と言っていた。 野津容疑者は小学校高学年ぐらいからひきこもりがちになったという。 英志さんは最近、兄の近況について「またひきこもりがちになって自分の部屋から出てこない。 家族ともほとんどしゃべらず、たまに僕と話をするぐらい」と話していたという。 幼い頃から兄弟を知るという女性(83)は「性格は全然違う。 弟はやんちゃな感じ。 兄はあいさつされると声を出さずに頭を下げていた」と振り返る。 (神戸新聞NEXTより) 亡くなった野津英滉容疑者の弟、野津英志(のづひでゆき)さんと野津英滉容疑者は幼少期に空手を習っていました。 小さい頃は弟が弱かったものの、いつのまにか立場が逆転して強くなっていった。 空手でも力の差を見せつけるように、兄弟の立場としても立ち位置が変わっていき、英志さんは 「自分の方が兄貴より上」。 そういう関係になっていったことが分かります。 弟に勝てない恥ずかしさからか野津ひであき容疑者は引きこもるようになり、母親とはもちろんのこと、弟とたまに話すぐらい。 みるみるうちに自信を無くしていました。 殺害してしまった根本的な理由はこの頃からあったといっても過言ではないのではないでしょうか。 後期分についても期限の10月末までに支払えなかった。 結局、最終期限の12月末に除籍が決まり、大学の規則で9月末時点の除籍扱いとなった。 ただ、野津容疑者は調べに「休学していたが、除籍になっているのは知らなかった」と供述 (毎日新聞より) 野津容疑者は逮捕時に自身のことを「大学4年生」と話していましたが、後の調査によると大学からは除籍されていたことが分かっています。 というのも、前期・後期分の授業料を支払えず「休学届」を提出したことで気を抜いていたのでしょう。 設けられていた最終期限の12月末までにも支払いが確認されなかったため除籍が決まっていました。 大学の規則をしっかりと把握していなかった野津英明容疑者は『休学していたが、除籍になっていることは知らなかった』と、殺傷事件を起こしたのちの取り調べにより事態を把握することになります。 高校時代から、ガソリンスタンドでほぼ毎日のようにシフトが入っていて働いていた。 正社員よりも働いているイメージが強かったかな…いつも「金欠だ」とため息交じりで呟いていて、なるべく無駄遣いをしないようにしていたっすね。 半年前ぐらいから連絡しても既読はつかなくなって、ケータイ変えたのかな?と思ってました。 (高校の同級生) 引きこもりがちになっていったことから、外部とのコミュニケーションも減り、孤立化に拍車がかかります。 家族とも話すこともない。 自分と違って弟は社交的で楽しそう…自分には持っていない部分が羨ましくて、憎い。 自分が前向きに変わろう!という考えはなく「憎い奴は消してやる」 いい方向へ変わっていれば明るい未来が待っていたかもしれない、と思うとやりきれない思いです。 (続きます…).

次の

【宝塚市ボーガン殺傷事件】弟・野津英志さん「兄貴だけは嫌いだ」兄弟仲が悪く喧嘩絶えず…空手が強い弟を凶器で殺害か

野津英志

事件概要 MBS毎日放送ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 兵庫県宝塚市の住宅で男女4人がボーガンで撃たれた事件で、逮捕された大学生の弟の死亡が新たに確認され、死者は3人になりました。 6月4日午前、宝塚市安倉西の住宅で男女4人がボーガンで撃たれた事件で、この家に住む大学生・野津英滉容疑者(23)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。 警察によりますと、野津容疑者の祖母の野津好美さん(75)と母親のマユミさん(47)の死亡がすでに確認されていましたが、病院で治療を受けていた弟の英志さん(22)の死亡も新たに確認されました。 野津容疑者の伯母(49)は病院で治療中です。 野津容疑者は祖母と弟の3人暮らしで、取り調べに対して、「家族を殺すつもりだった」と容疑を認めているということです。 警察は今後、動機について詳しく調べる方針です。 名前:野津 英滉(のづ・ひであき) 年齢:23歳 職業:大学生 在住:兵庫県宝塚市安倉西 野津英滉容疑者は、4日午前10時15分ごろ、宝塚市安倉西2の住宅でおばに矢を放ち、殺害しようとした疑いで逮捕された人物です。 野津英滉容疑者に対しては「この犯人に対して同情の余地は一切ない。 彼がどうしてこのような犯行に及んだのかも全く興味が沸かない。 」などの意見が寄せられました。 出典: こちらは、中学校三年生の時の写真であるということで、笑顔でカメラに向かってポーズをしている野津英滉容疑者の顔画像が見受けられます。 そこから8年ほど経過した現在の姿については公開などはされておりませんが、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。 【母親】 名前:野津マユミさん 年齢:47歳 状態:死亡 【祖母】 名前:野津好美さん 年齢:75歳 状態:死亡 【弟】 名前:野津英志(ひでゆき)さん 年齢:22歳 状態:死亡 【伯母】 名前:百合江さん 年齢:49歳 状態:重傷 家族4人がいたという事で、残念ながら野津英滉容疑者の手によって、上記3人が亡くなってしまっています。 また、被害にあった4人のうち、唯一生き残った伯母さんに関しては、わざわざ電話で呼び出しているということです。 捜査関係者によると、野津容疑者は事件直前、近くに住む伯母に電話。 伯母は「これから行くわ」と答えたといい、野津容疑者は自宅で待ち構えて襲ったとみられる。 伯母は、首に矢が刺さった状態で逃げ出し、近隣に助けを求めた。 自宅近くでは、伯母のものとみられる自転車が見つかった。 出典:朝日新聞デジタル 亡くなった祖母は1階の部屋のベッド近くで倒れており、母は1階リビングで倒れていたのだそうです。 また、弟は玄関近くの1階浴室前で倒れていた事も判明しており、3人とも普段着姿でありました。 野津容疑者は自宅で祖母と弟の3人で暮らしていたとみられ、母は普段、自宅からおよそ500m離れたアパートに居住をしており、伯母も近くに住んでいた模様です。 わざわざ呼び出すという事で、相当な殺意があったことはいうまでもありません。 家族間のトラブルによって、引け目や負い目を感じており、それが引き金となった可能性も十分に考えられるでしょう。 地元は、宝塚市だったようです。 高校時代は穏やかで、大人びた口ぶりが印象的だったそうですが、サッカー部に入るも2,3ヶ月で退部をしていたそう。 その後、神戸市内にある私立の大学に進学をしているのですが、その大学の在学中にこのようなおぞましい事件を引き起こしてしまったのです。 近所の人や同級生かからの評判についてでありますが、以下のように証言をしております。 普段はおとなしいけれど、スイッチが入ると気性が激しくなり、性格が180度変わった。 時折、物を振り回したりする事もあり、近寄りがたい印象だった 出典:NEWS ZERO 複雑な家庭環境だったという野津英滉容疑者の家庭。 そのため、数々の証言がある中、やはり凶暴や、おかしいと言った意見も多く寄せられ、幼き頃の家庭環境が凶悪犯罪に発展してしまった可能性は十分に考えられるでしょう。 幼少期のトラウマによって、心に深い傷を負ってしまい、家族を憎むようになった結果、殺害したしまったのかもしれません。 ネット上では「神戸学院大学」に通っているのではないかという意見が散見されます。 この根拠といて、同大学のゼミのブログに、野津英滉容疑者と同じ名前の人が執筆した形跡があるからだそうですが、年齢や書いた時期などがあやふやなことから、そちらの情報はデマである可能性が高いでしょう。 野津英滉容疑者の通う大学については、詳しいことが判明し次第、随時お伝えしていこうと思います。 親だからって、必ずしも子どもと良好な関係を築けているわけじゃないからな。 うちの親も、所謂毒親で、気分次第で子どもに媚び諂ったり、罵倒してきたりする人で、本当に嫌だったから、殺しても特に後悔はしなかったと思う。 それに知人の親も、同じような性格の人がいて、知人が鬱で退職した時、知人の母親は従姉妹にあたる人を呼びつけて、二人して知人を穀潰しだの人間失格だのと嫌味を言い続けて、結局それを聞きつけた知人の恩師が知人を家から連れ出してなんとかまともな環境に置くことができた。 もちろん殺人は絶対に裁かれるべき罪だけれど、再発防止のために病理学的観点や心理学的観点、社会福祉学的観点といった多角的な観点からの分析を求めたい。 どのような経緯があったのかは分かりませんが、怒りが爆発してしまって殺害に至ったのは紛れもない事実であります。 家庭環境が複雑だったために、歪んだ性格になってしまったのかもしれませんが、それを未然に防ぐことができなかったのかと思うと、悔しくてなりません。 2001年6月8日に発生した附属池田小学校の殺傷事件の首謀者である宅間守元死刑囚は、幼少期は典型的ないじめられっ子であった反面、弱者とりわけ動物などに対して虐待をするなどのストレス発散方法をしており、それがエスカレートしていき、小学生を殺害して世間に理不尽さを味あわせたかったという供述もしているほどです。 また、少年Aと言われた、酒鬼薔薇聖斗が引き起こした神戸連続児童殺傷事件でも、犯人の少年Aは幼少期に動物虐待をしております。 さらに、最近で言うと2019年5月に発生した神奈川県川崎市多摩区登戸で発生した、無差別殺人事件においても、死亡した犯人は幼少期に、他人の家の金魚を鉛筆で刺すなどの奇行に及んでいたと言われております。 凶悪犯罪者の多くが、幼少期に体験した動物虐待がエスカレートしていき、どんどん快感となって、そのうち対象が人になっていき、このような残忍は犯行に及んでしまうのだそう。 もしかすれば、野津英滉容疑者も幼少期に動物虐待などをしていたのかもしれません。 いずれにしても、亡くなった野津英志さん、野津マユミさん、野津好美さんには心より、ご冥福をお祈り申し上げます。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

弟の野津英志さんの顔画像やFacebookは?兄の野津英滉にボーガンで・・・・|トレンドJAPANATION

野津英志

兵庫県宝塚市の住宅で、親族4人がボーガン(洋弓銃)で襲われ、3人が死亡した事件で、兵庫県警は殺人未遂容疑で逮捕された野津英滉(のず・ひであき)容疑者(23)を6日午前、神戸地検に送検した。 死亡したのは野津容疑者の弟・英志さん(22)と、祖母の好美さん(75)と母のマユミさん(47)。 伯母の百合江さん(49)は首に矢が刺さる重傷を負った。 事件があった6月4日午前、兵庫県警は現場にいた野津容疑者を現行犯逮捕。 事件直後に野津容疑者を目撃した近所の人はこう話す。 「血だらけの女性が救急搬送されていった。 長い矢のようなものが身体に刺さっていたようだ。 野津容疑者は呆然とした感じで手錠をされて、警官に取り囲まれ、パトカーに乗せられていった」 凶器となったボーガンは自宅で発見された。 「ボーガンで4人を撃った」「祖母、弟、母の順番で撃った。 叔母も電話で呼び出して撃った」などと野津容疑者は供述しているという。 捜査関係者はこう驚きを隠せない。 「ボーガンで3人殺害というのは、前代未聞。 はじめてじゃないのか」 ボーガンは洋弓銃と呼ばれ、弓矢のように引いて矢を放つもの。 海外では狩猟やスポーツで使用される。 「拳銃なら連射できるが、ボーガンは1本づつ矢を引いては、撃つ仕組み。 どうやって、次々と3人を殺害、1人にけがを負わせたのか、謎だ」(同前) 祖母と母親は1階の居室で襲われ、ボーガンの矢が1本づつ頭部やクビに刺さっていたという。 「弟は風呂場のあたりで倒れており、2本の矢が頭に刺さっていた。 病院搬送された時はまだ息があったが、回復せず、亡くなった」(同前) 事件現場となった住宅は野津容疑者の祖母がもともと住んでいたという。 だが、数年前から野津容疑者と弟が住むようになった。 そして最初は一緒に住んでいたとされる母親は途中で家を出て、現場から徒歩数分先にあるアパートに引っ越したという。 近所の住人はこう話す。 「2年くらい前から祖母の好美さんの体調を崩し、母親が来て世話をしていた。 野津容疑者は昔から知っているが、道で会えば挨拶もするし、普通の若者と思っていた」 野津容疑者は神戸市内の大学に通っていたが、昨年9月に学費滞納で除籍処分となった。 野津容疑者の小学校同級生はこう振り返る。 「明るくて、楽しい子でしたよ。 ちょっと調子乗りみたいな感じで、みんなを盛り上げたり。 悪い印象はないです。 勉強もできた方でしたよ。 2年ほど前か、たまたま会って声をかけたら、ムスッとした感じでした。 『大学行ってんの?』と聞いても『まあ』と言うだけで、どこかに行ってしまった。 ちょっと様子が変だなと思いました」 警察の調べに野津容疑者は、「家族に恨みがあったので、殺した。 別のところに住んでいた叔母も殺そうと呼び出した」と動機を供述しているという。 兵庫県警は詳しい動機を調べている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の