テロ事件 英語。 アメリカの同時多発テロ、英語ではなんと?

パリのテロへのお悔やみの言葉。

テロ事件 英語

A ベストアンサー いろいろな言い方がありますが,「同時多発」(simultaneous? )のような言い方はしていません。 「アメリカ(本土)が攻撃された!」というほうに力点のあるようなニュアンスの言い方が多いですね。 各メディアの特集ホームページでは, America under Attack ABC, CNN Attack on America CBS, NBC また,最近の記事やニュースの中で引用される時は,No. 1, 2のような言い回しが多いですね。 地震の名称というのは,ちょうど日本で気象庁が正式名称を決めるようなシステムが向こうにあるか,ということですか? でしたら,おそらくないと思います。 日本では,大きな災害をもたらした地震・火山噴火・台風・集中豪雨などには,気象庁長官が「特別名称」というものをあたえることになっており,これまでに気象現象が17件,地震・火山が29件命名されています。 一方,アメリカで地震観測などにたずさわっている機関はUSGS(米国地質調査所)ですが,日本のような命名システムは少なくとも私はきいたことがありません。 USGSのホームページを見てみましたが,ちょっとわかりませんでした。 usgs. )のような言い方はしていません。 「アメリカ(本土)が攻撃された!」というほうに力点のあるようなニュアンスの言い方が多いですね。 各メディアの特集ホームページでは, America under Attack ABC, CNN Attack on America CBS, NBC また,最近の記事やニュースの中で引用される時は,No. 1, 2のような言い回しが多いですね。 地震の名称というのは,ちょうど日本で気象庁が正式名称を決めるようなシステムが向こうにあるか,ということ... A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while watching TV. I was eating dinner yesterday as I was watching TV. と言うような表現ですね。 また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。 I was eating dinner and wataching TV at the same time. I am walking and listening to music at the same time. 直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。 ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。 ですから、この焦点をはっきり出すために、 I'm listening to music at the same time I'm walking. I'm walking at the same time I'm listening to music. と表現できるわけです。 asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while wat... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am watching the movie. 観ている I will see the movie. 見る経験を持つ予定 I will watch the movie. 観るつもり I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり 上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie. と言う感じですね。 確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね 、と言うフィーリングになるわけです。 I saw him. 彼を そのときの みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him. と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。 ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am... A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... Q アドバイスお願いします。 パリでのテロのお悔やみの言葉、また、慰めの言葉を英語でどう伝えるか迷っています。 You have my sympathies. 心中お察しいたします。 Please accept my sincere sympathy. 心からお悔やみ申し上げます。 ご愁傷さまです。 my deeprest sympathy. ご冥福をお祈りします。 色々とあると思うのですが、上記文のいずれでも大丈夫でしょうか。 ただ励ましの言葉、いたわりの言葉、が中々いいものがありません。 Please cheer up! 元気をだして! だと軽いような気もします。 I'm always with you. いつもそばにいるよ。 You should take it easy. 無理しないでね。 Can I do something to help you? あなたの力になれることはない? 等でも大丈夫でしょうか。 また、自然災害・テロなどで被害に遭われたときには、 My thoughts are with all the victims. と言うとあったのですが、どういった意味でしょうか? あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、やはりデリケートな問題なので、気を使います。 何かほかにいい言葉があったら教えてほしいです。 よろしくお願いします。 アドバイスお願いします。 パリでのテロのお悔やみの言葉、また、慰めの言葉を英語でどう伝えるか迷っています。 You have my sympathies. 心中お察しいたします。 Please accept my sincere sympathy. 心からお悔やみ申し上げます。 ご愁傷さまです。 my deeprest sympathy. ご冥福をお祈りします。 色々とあると思うのですが、上記文のいずれでも大丈夫でしょうか。 ただ励ましの言葉、いたわりの言葉、が中々いいものがありません。 Please cheer up! 元気をだして... A ベストアンサー 私は友達がパリにいますのでSNSに次のようにメッセージを入れました。 Pray for Paris. My heart goes to all people in Paris and France. この二番目のMy heart goes to 誰それというのは、My thoughts are with 誰それと意味はまったく同じで「お悔み申し上げます」です。 似たような言い方で My heart goes out to 誰それというのも「心から同情いたします」という言葉でよく用いられます。 」です。 この短いフレーズで、同情と被害や悲しみにあわれた人が一日も早く立ち直れるように願っているという二つの意味を込めています。 11の時も感じたのですが、こういったテロの時は受け止め方が個人によりさまざまなので、あまりこちらから「元気を出そうよ」的なメッセージは出さない方がいいかなと。 なのでできるだけ短く、でもこちらが相手を気遣っているのだけわかるようなメッセージが一番ではないかと個人的に思います。 私は友達がパリにいますのでSNSに次のようにメッセージを入れました。 Pray for Paris. My heart goes to all people in Paris and France. この二番目のMy heart goes to 誰それというのは、My thoughts are with 誰それと意味はまったく同じで「お悔み申し上げます」です。 似たような言い方で My heart goes out to 誰それというのも「心から同情いたします」という言葉でよく用いられます。 Q 次の英訳をお願い致します。 アメリカとイラクの戦争がイラクで1月下旬から二月始めにも始まるとニュースで知ったが、もしかすると時期が早まるかもしれないとも言っていた。 戦争が起こることによってテロがアメリカ国内で起こる可能性があると聞いた。 だから私の両親や親戚、友人達が私達のアメリカ行きに反対した。 私はアメリカにとても行きたいけど命も大切だしテロにあうのも怖いので今回はアメリカ行きを断念した。 私だってアメリカに行けないのはとても辛いのです。 どうか私の気持ちもわかってください。 上記の文です。 お手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。

次の

テロリズムとは

テロ事件 英語

ロンドン同時爆破事件の被害とされたバス路線のひとつ、系統30。 バスも同じタイプの。 同日午前9時47分頃(現地時間)、のあるラッセル広場近くのを走行中の、型1台が爆発し、屋根を含めて2階部分が完全に吹き飛んだ。 ロンドン同時爆破事件で爆破された3台のバスのうち2台は、ロンドンのシンボルとも言えるデニス・トライデント・2型で、他の1台も含めて全て「・ロンドン(Stagecoach London)社」の所有だった。 最初に爆破されたバスはの車体を利用して修復され、ロンドン市民からは「ロンドンのスピリット(Spirit of London)」という名前で呼ばれている。 被害 このテロ攻撃によって56名が死亡した。 ただし、その中に実行犯4名が含まれている。 地下鉄車両は完全に破壊され、施設にも被害を受けた。 ラッセルスクエア駅近くの現場では、地下鉄トンネルの崩落など2次災害の危険が語られたが、トンネル崩落は起こらなかった。 実行犯 イギリス捜査当局はによるテロと発表した。 発生当時は起爆装置を爆発させたによるテロと発表していたが、後日と修正した。 実行犯は4名で、のによって揃いのバックパックを背負っている4人の青年が撮影された。 4名は郊外のからロンドンまででやってきた。 実行犯の内、2人は小さな子供がいる上に妻が妊娠中で、内1人は予定日が1週間後に迫っていた。 また、後に妻の1人であるは、やなどで発生した武力攻撃に関与した疑いがかけられている。 逮捕 ()は事件の企画者として33歳の人男性を逮捕した。 この男性は実行犯と同じリーズにある大学でを学んでいて、への経験もあり、事件1週間前からエジプトに帰国していた。 また、彼は日に5回の祈りを欠かさない敬虔なであった。 逮捕当初からエジプト政府が彼の関与を否定、捜査によって無実であることが明らかとなった。 彼のほかにも、リーズを中心に多数のムスリムの若者が逮捕されたが、ほとんど無実あるいは証拠不十分で起訴されなかった。 、ロンドン警視庁は、このテロに関与した「反テロ法」違反の容疑で、男性3人を逮捕したと発表した。 警察は22日の午後1時ごろ、30歳と23歳の男を、から()行き飛行機に搭乗しようとしたところ逮捕した。 次いで午後4時ごろ、26歳の男を、中部リーズの自宅で逮捕した。 また同時に彼等の家などが家宅捜索された。 犯行声明 犯行後、のや上に「欧州の聖戦アルカーイダ組織」を名乗る犯行声明が寄せられた。 声明には、アラブ・イスラム諸国はやで虐殺に加担しているイギリス政府に対して起ち上がる時であるという呼びかけがあり、また、政府や政府など、アフガニスタン・イラクに軍隊を派遣している各国政府に対して撤退しなければ同じ目に遭うという警告があった。 その後、その掲示板に関与を否定する書込みが相次いだこと、この組織に活動実態がないこと、の大停電など無関係なものに発せられる傾向があるため、信憑性が乏しいと考えられた。 作者不明の犯行声明ではあったが、その報道により、イギリス国内で在英ムスリムや住民に対する嫌がらせが発生した。 英国協議会の公式サイトには3万件もの脅迫紛いが送りつけられ、ではの窓が破壊された。 2005年8月13日、The Independent紙の報道では、警察との情報元を引用し、7月7日の爆発犯たちは海外にいるアル・カーイダ主謀者の計画に沿って独自に行動を起こしたとされている。 2005年9月1日、に送付したビデオによって、自殺した犯行者の肉声と共に、アル・カーイダは公式にテロへの関与を認めた。 (テープの書き下ろし内容はWikisourceで参照できる) 報道 キングスクロス駅での報道テント• 及び イギリスの主要なチャンネル の両局は通常番組を中止して、この事件のニュースを報じ続けた。 海外向け()の 及び も通常番組を中止して放送を行った。 また、BBC のサイトでは一般の人に目撃情報、写真、映像の提供を呼びかけた。 のは BBC 放送の生番組を、やなどの民放は ITV の生番組を放送し続けた。 アメリカ は海外向けを含めて通常番組を中止して、この事件のニュースを放送した。 では が通常番組を中止し、途中を挟みながら BBC News 24 を付きで放送した。 の深夜の時間帯はを付けた形で通常番組を放送した。 及び は通常のニュースに折り込む形で放送した。 各国のは1面にてトップニュースとして報じた。 また各国国営短波放送局はトップニュースとして報じた。 影響 市民生活 ロンドン市内では警察によって、事件翌朝に無用な外出は控えるよう市民に呼びかけたが、すぐにいつも通りの生活に戻ろうという呼び掛けが行われた。 一時的に徒歩や自転車、タクシーなどの通勤利用が増えたが、地下鉄の運行再開と共に回帰した。 ロンドン市長も地下鉄で通勤した。 一方、地下鉄構内では、訓練を受けた数十匹の犬による爆発物の探知が行われ始めた。 サミット 合同記者会見を行うサミット参加国首脳。 ブレア英首相が代表して「テロには結束して対抗する」との声明を読み上げる。 イギリスではからが開催されており、テロはこれに合わせて行われたと考えられる。 事件発生を受けた英首相をはじめとする首脳は、日本時間7日午後8時から緊急記者会見。 直後にブレア首相はサミットを中座して一時ロンドンへ戻り、そしてテロに動じないとの声明を発表した。 3日間開催されたサミットの主要議題は、議長国であるイギリスが事前に定めた「アフリカ支援・気候変動」であったが、このテロのために、アメリカが積極的に推し進める「テロとの戦い」こそが世界の最重要課題となった。 サミットの予定日程• 6日:英女王主催の夕食会• 7日:午前)気候変動・世界経済について討議、昼)中国など新興5か国との対話、午後)地域情勢・安全保障、夜)会食• 8日:午前)アフリカ支援について討議、昼)アフリカ諸国との対話、午後)総括発表 2005年7月の実際の日程• 6日:予定通り• 7日:テロに関する宣言発表(例年の経緯から見れば、その後この件について話し合わないように、という意味)• 8日:テロについての議論が継続、対テロ声明を採択して終了(2度も同じ内容で宣言が発せられるのは極めて異例) また事件は、の開催が決定した翌日でもあったが、これは偶然だと思われる。 誤射事件 イギリス国内の警察もテロ警戒に対し過剰反応し、に警察官が地下鉄車内で男性を射殺する事件が発生した。 警察は当初、「地下鉄駅構内で男性が不審な動きをしていたため呼び止めたところ、走って改札を飛び越え、地下鉄へ逃げるように飛び乗った。 追いかけて確保しようとしたところ、抵抗した為に(自爆するのではと)危険を感じて発砲した」という旨の発表をした。 しかし、この男性はただの配管工で、爆弾などは持っておらず、テロリストとは全く関係なかったことが判明し、ロンドン警視庁は世界中から非難され、イギリス政府が遺族やブラジル政府に対し謝罪するに至った。 それどころか、駅構内の監視カメラでは、男性は警官に呼び止められず、改札は普通に通り抜けた上、横のまで手にとっている。 地下鉄にも若干小走りに乗り込んだ程度で、逃げるようには見えなかったという証言もある。 また、「警官(私服だったという)は数人で座席に腰掛けていた男性を取り囲み、至近距離から何発もの銃弾を撃ち込んだ(もし爆発物を不法所持している人物に自爆のおそれが高い場合は、問答無用に銃弾をもって制圧しなければならない)。 」と証言され、誤認どころか行き過ぎであったことが明らかとなり、警視庁の説明がでたらめであったことが後に判明した。 誤射した警官らは逮捕されたが、イギリスのマスコミは、男性を射殺した警官2人が不起訴になる見通しであり、ロンドン警視庁や政府高官が確認したと報道した。 に独立調査委員会のハードウィック委員長は、事件の報告書を検察当局に送付することになるだろうと述べ、関与した警察官が刑事訴追される可能性のあることを明らかにした。 検察当局が報告を受けて、起訴するかどうかを判断する。 、殺害から1年が経過し、ストックウェル駅前で追悼集会が開かれた。 イギリス検察庁は、、ロンドン警視庁の組織としての責任を問うとしながらも、射殺した警官やブレア警視総監の訴追を退けた。 遺族や支援者は、検察庁の判断を非難し、ブレア警視総監を含む責任者の処罰、事件の真相究明、ロンドン・テロ事件後警察が採用したテロ容疑者即時殺害方針の撤回などを求めている。 弾劾 このテロにはブレア首相へのに影響したと見る向きもある。 に英紙でブッシュ・ブレア両氏がイラク戦争に関し情報操作を行ったと報道し、ブレア首相弾劾派に弾みがついていた。 にはブッシュ大統領が「ブレア首相はサミットでイラク戦争支持の見返りを期待しないように」「ブレア首相は私同様、平和維持と対テロ戦争勝利にとって最良と思う方法をとることを決定した」と語って、対米従属型の共同歩調を強調しており、弾劾派はいっそう反ブレアの機運を高めていた。 ところが、このテロによって米国の「対テロ戦争」の重要性が国民に印象付けられ、弾劾派は勢いを失いそうになった。 だが、ロンドン警視庁の捜査ミスや工作が相次いで発覚し、ブレア内閣への求心力は高まらなかった。 この事件の容疑者として6名が逮捕・起訴された。 この事件は、実際に爆発は起こっておらず「未遂」に終わっているが、後の調べにより、バックパックに入っていたの量などから7月7日の爆弾よりもより強力なものを作成しようとしたことがわかっている。 未遂に終わったのは、爆弾の作成者が、それぞれの化学物質の計算を間違え、量が正確ではなかったことがあげられる。 また、実行当時の気温が高かったために、量が正確であったとしても化学反応は起こらなかっただろうと見られている(2007年7月11日現在)。

次の

テロリズムとは

テロ事件 英語

いろいろな言い方がありますが,「同時多発」(simultaneous? )のような言い方はしていません。 「アメリカ(本土)が攻撃された!」というほうに力点のあるようなニュアンスの言い方が多いですね。 各メディアの特集ホームページでは, America under Attack ABC, CNN Attack on America CBS, NBC また,最近の記事やニュースの中で引用される時は,No. 1, 2のような言い回しが多いですね。 地震の名称というのは,ちょうど日本で気象庁が正式名称を決めるようなシステムが向こうにあるか,ということですか? でしたら,おそらくないと思います。 日本では,大きな災害をもたらした地震・火山噴火・台風・集中豪雨などには,気象庁長官が「特別名称」というものをあたえることになっており,これまでに気象現象が17件,地震・火山が29件命名されています。 一方,アメリカで地震観測などにたずさわっている機関はUSGS(米国地質調査所)ですが,日本のような命名システムは少なくとも私はきいたことがありません。 USGSのホームページを見てみましたが,ちょっとわかりませんでした。 参考URL: A ベストアンサー オーケストラのスコアのように壮大なものは score 一般的な楽器や声楽のようなものは music 楽譜を検索したり購入する場合は sheet music といいます。 下のようなサイトが参考になると思います。 free-scores. php? easysheetmusic. free-scores. dalymusic. sheetmusicarchive. htm.

次の