進撃の巨人 123。 最新ネタバレ『進撃の巨人』122

【進撃の巨人122話】最新ネタバレ考察 始祖ユミルにエレンが願うこととは?

進撃の巨人 123

検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 135• 2,506• 1,900• 606• 1,482• 1,482• 1,290• 300• 916• 748• 748• 3,066• 2,390• 115• 181• 314• 249• 249• 591• 591• 3,773• 106• 219• 3,448 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

進撃の巨人123話のネタバレ注意感想所 : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃の巨人 123

誰もがエレンは変わったという 私もそう思う でもそれは違うのかもしれない エレンは最初から何も変わっていない あれがエレン本来の姿だとしたら 私はエレンの何を見ていたのだろう ミカサが過去を回想する形でナレーションが入っています。 コニー、ジャン、サシャ、アルミン、リヴァイ、ハンジ、ミカサ、エレンの8人は船に乗り、どこかへ向かっています。 彼らは大型客船の外の景色を眺めながら、話をしています。 「壁の外」という言葉を使ったコニーに対して、ジャンが気をつけろと注意。 「私達が 壁外の地を踏む初の壁内人類…」とサシャが言うと、 「…だから言うなって」とジャンが再び。 これこそ我々の仕事だというハンジが 「調査開始だ」と言います。 マーレ大陸へようこそ、とオニャンコポンがもてなします。 コニーが車を指さすと 「あぁ!!?」と興味津々な様子。 コニーが「馬」と言うのに対してサシャが「そういう牛ですよ」と出鱈目かまします。 「車だよ!!」「聞いたろ 来る前に!!」「オーイ車!!」と慣れないハンジ。 珍しかったのか通りすがりの人たちが3人を見ています。 恥ずかしいなと顔を赤らめるジャンと、 「マズいよ 見られてる…」と汗をかくアルミン。 奴らを止めねぇととハンジたち3人の様子を見てリヴァイ兵長が言います。 「何があるかわからないから…」「私のそばを離れないで」とミカサは相変わらずエレンに意識を向けています。 そんなミカサとは別に周囲を見渡して不安そうな表情をしているエレン。 二人のもとにきたアルミンが 自分たちは壁の外にいるんだよと興奮ぎみに言います。 「あぁ…」「これが」「海の向こう側…なんだよな」と暗い表情のエレン。 私達は…気付かなかった もしくは… 気付きたくなかったのだろう 「これください」 サシャは初の壁外の食べ物に夢中らしく、何か買っている模様。 またサシャが勝手にやってるよ、とあきれるジャンですがコニーと一緒に食べています。 「!?ッ…冷てぇばい これ!!」とサシャ。 彼らが食べているのはアイスクリームのようです。 「あいつら目立つなとあれほど…」とリヴァイ兵長が言いますが、 島の悪魔とは思われないよ、とハンジ。 そんな兵長に背後からピエロの格好をした人物が話しかけてきます。 「そこのボク」と甘いキャンディでリヴァイ兵長を釣ろうとしています。 ピエロの方を振り返ると、 「カッコイイね!チビッ子ギャングかな?」と言われる兵士長。 ミカサは先ほどのアイスクリームを片手に若干戸惑いの様子ですが、嬉しそうな表情でエレンのもとに向かいます。 後ろの方ではサシャたち3人がまだ賑やかにやっています。 ミカサ: 「エレンも食べて」 エレン: 「アイスか…」 ミカサ: 「知ってたの?」 親父の記憶で見たから知っている、収容区のエルディア人は滅多にアイスは食べれないとエレン。 「オイ」「それはお前の財布じゃねぇぞ」 リヴァイ兵長が見知らぬ少年の右腕を持ち上げています。 その子の手には財布が握られています。 食べ物に夢中になっているサシャの財布を盗んだのでしょう。 「スリだ!!」 「また敵国の移民か」 それに気づいた周りの人々が野次馬のように群がってきました。 少年は周囲を囲まれてしまいました。 海に放り投げよう、右手をヘシ折ってやろう、と周囲の人々が話し合っていますが、 それはやりすぎですよとサシャ。 子供の問題ではなく、商売をしている自分たちの問題にかかわるから放っておくわけにはいかないと周囲の人々。 「何より国を追われた移民なら『ユミルの民』かもしれねぇ」 「ここ数年どの国も血液検査に躍起になっているからな」 「悪魔の血がその辺に紛れてちゃ夜も眠れたもんじゃねぇよ」 現地の言葉が通じていない様子の少年ですが、大人たちのしゃべる様子から察したのか、酷く怯えているようです。 兵長が突然子供の体を抱えあげ、その場から退場します。 「誰がスリだと言った」と兵長。 サシャはその少年の姉であると周りの野次馬に言い、一行は退散します。 離れたところに着くと兵長が 「…あのガキどこ行った?」、ハンジが 「…あそこ」と指をさした先に少年がいました。 涙を流しながら、リヴァイたちに笑顔で感謝を意を伝えているように見えます。 アズマビトからもらった金だから、と少年から取り返すことはなかったようです。 キヨミ様と合流、言語を超えた宴会を 一行はアズマビト家の屋敷と見られる場所に着き、ひと段落を迎えます。 「そのようなことがありましたか…」とキヨミ様。 血液検査の技術が向上し、ユミルの民の存在が発覚するケースが問題となっているとキヨミ様から説明があります。 エルディア帝国全盛期はユミルの民の血を持つことが高貴とされていたが、帝国の衰退ともにその逆のことが起きたと言います。 壁外でのそんなエルディア人の現状ではパラディ島の友好を図ることは難しいとキヨミ様。 ただジークの作戦に乗れば、ヒストリアとその子供が犠牲になるとアルミン。 もちろんその未来は避けたいとハンジ。 明日の国際討論会に登壇する「ユミルの民保護団体」の話を聞くことになっているようです。 ただその団体の理念は不明だと後ろ向きなキヨミ様です。 心配の色を隠せないキヨミ様ですが、 我々は最善を尽くさないわけにはいかない、とハンジ。 「エレンはどこ?」とミカサが問います。 ミカサは屋敷から出て、エレンを探しに行きます。 外で一人立っているエレン。 あなたは敵の最重要目標、みんな探し回っている、と背後からミカサが伝える一方、エレンは涙を流しています。 左手で涙をぬぐうエレン。 エレンとミカサがそうこうしていると、向こうの方に人間の姿があります。 その中には市場にいた少年がいました。 少年の家族のようです。 「ここは?」とミカサが問うと 「戦争で居場所をなくした人達が集まって暮らしてる」と答えるエレン。 周りにはいくつかテントがあります。 エレンは壁の破壊のときのことを思い出しているようです。 「すべての自由を…」「奪われるんだ」 すると今度はミカサに話しかけます。 エレン: 「オレは…」「お前の何だ?」 ミカサ: 「……」「…あ」 「あなたは…」「家族…」 そこで少年の祖父らしき人物が、飲み物の注がれたカップを二つ持ってきました。 言語が異なるため、そのおじさんが二人(エレンとミカサ)に何を言っていたのか正確にはわかりませんでしたが、おもてなしの言葉をかけているようです。 「…え?」とミカサ。 「もてなしてくれるみたいだ」とエレン。 「オーイ!!」 ジャンたちがやって来ました。 ジャン: 「何やってんだてめぇエレン!!」 コニー: 「バカじゃねぇのか!?」 ジャンたちの姿を確認したエレンは 「ちょうどよかった…」と言い、アルミン、サシャ、コニー、ジャンにこっちに来いと合図します。 少年とその家族がいたテントに入り、食事を囲むように輪になって座る104期兵6人。 カップに注がれた飲み物をエレンが飲むのを、5人は心配そうに見つめています。 エレンに続くように他の104期兵もそれを飲みました。 おそらくお酒でしょう。 それからどれくらいの時間が経ったのかわかりません。 しかし、みんなよく酔っぱらっている様子です。 その悲しみか、もしくは宴会でみんなで楽しんだ記憶が特にエレンの記憶に残ったことで、120話の記憶にこの少年が出てきたのかもしれません。 ただ、一方で少年にはまだ秘密があるかもです。 それはまた今後考えていきます。 ミカサにとってエレンとは… 「オレは…お前の何だ?」と聞くエレンに、ミカサ赤面。 がしかし、ナガト的にはミカサとエレンの意図はズレていたのかなと思っています。 「家族か恋人か」を意識する乙女ミカサに対して、エレンの方はもう少し哲学的なことを意図してるのかな…と。 ちょっと説明するのが難しいですね。 どう説明したらいいのか、困ったものです。 112話でジークからアッカーマンの秘密を聞いたエレンは、ミカサはアッカーマンの習性によって自分を宿主だと錯覚しているだけだ、と言いました。 エレンとしては、ミカサが自分を守ろうとするのは本心ではなく、アッカーマンの習性だと疑っているのかな、と。 とはいっても、エレンとジークが兄弟水入らずで話し合いをしたのはこの後だと思うので、あの時点ではアッカーマン秘話は知らないのでは?と思いました。 とするとアッカーマン秘話は記憶のなかで知ったことかもしれない、と思うんですよね。 歴代の始祖継承者の記憶を介してアッカーマンの歴史を見たとか…。 ユミルの民保護団体も虚しく マーレに「ユミルの民保護団体」なるものがあったとは。 それでも「島の悪魔」を敵と認識し活動しているので、友好を図るのは難しいはず。 そもそもマーレにユミルの民を守る組織が存在することが難しいのでは?と個人的には思うので、やはり「島の悪魔」を共通の敵にするしかないのかもしれません。 あれは大きすぎた 何ですか あれは? ミカサの気持ちそのままに 「あれは何…!?」「大き…すぎる」ですよ! あの背中から突き出る感じ、一瞬ステゴサウルスかと思いました(汗)。 ちょうど周囲には超大型巨人がいたので、サイズをイメージしやすかったですが、本当に大きい! 脚の長さだけで超大型巨人と同じくらいの大きさでしょうか。 ロッド・レイス巨人が全長120mほどで超大型巨人の2倍ですが、その比じゃない…。

次の

【進撃の巨人】123話「島の悪魔」ネタバレ!あらすじまとめ&感想

進撃の巨人 123

ついに地鳴らし発動 壁外の調査 ミカサが回想する形で始まり、エレンとミカサ達は船に乗って壁外の調査をする為、海を渡っています。 ミカサはエレンの横顔を見ながら、エレンが変わったとみんなが言うが、あれがエレン本来の姿だとしたら、エレンの何を見ていたのだろう、と回想しています。 さらにハンジは、これこそが元より我々に課せられた仕事だと言い、いよいよマーレ大陸に上陸します。 全員、外の世界で見る物に興味津々ですが、目立ち過ぎているのでリヴァイが渋い顔をしています。 エレンだけは父親の記憶でアイスクリームを知っていますが、収容区のエルディア人は滅多に食えない物だと言い、エレンは暗い表情になってしまいます。 一方、リヴァイはピエロからちびっ子ギャングと言われて、甘いキャンディを勧められていますが渋い表情です。 リヴァイが少年の右手をつかまえて、それはお前のサイフじゃねぇぞと注意しますが、周りの大人達がスリだと騒ぎ立てます。 大人達はスリの少年を海に放り投げよう、右手をヘシ折ってやろう、等と過激な罰を与える話をし始めます。 サシャが自分の財布は無事だし、やり過ぎだと抗議しますが大人達は俺達の問題だと引きません。 青ざめて怯える少年を見たリヴァイは、サシャの弟だと言って少年を助けようとします。 少年を抱えて大人達から逃げたリヴァイ達ですが、逃げているどさくさに少年はリヴァイの財布を盗んで行ってしまいます。 ただ、リヴァイはアズマビトからもらったこずかいだとあまり気にせず、少年を許します。 そしてハンジ達が目指している友好を図り、和平の道を探る道は極めて困難だと言われます。 調査兵団は明日行われる国際討論会に登壇する「ユミルの民保護団体」に、和平の道を期待します。 市場の少年は戦争で居場所をなくした人達が集まっている場所で暮らしていました。 エレンは少年の境遇を見て、自分がかつて壁内で全てを奪われた過去を思い出します。 顔を真っ赤しながらもミカサはエレンに家族と答えますが、そこに市場の少年と一緒にいた人物がエレン達をもてなすと言ってきます。 リヴァイやハンジ、オニャンコポンがエレン達を見つけた時には、酒に酔いつぶれた状態で見つかります。 難民の援助は求めるが、エルディア島のユミルの民は憎むべき島の悪魔だと言い、「ユミルの民保護団体」は対話が出来る団体ではない事が判明します。 和平の道が望めない事を知ったエレンはこの後、調査兵団の元を去りジークに全てを委ねると書いた手紙をリヴァイ達に送り、マーレ強襲を強行します。 そして壁中から出てきた多数の超大型巨人が歩き始めています。 マーレに集まっている連合軍を潰すつもりだ、エレンは味方だ!!とアルミンはミカサに言いますが、ウォールマリアの壁まで崩壊している事に気付きます。 マーレの連合軍を潰すだけならシガンシナ区外壁の数百体だけで十分なのに、壁を失ってまで攻撃する事にアルミンは驚きます。 エレンは始祖の巨人の力を介し、全てのユミルの民へ話しかけている事を説明します。 コニー、ジャン、ライナー、ピーク、ガビたちも座標の砂漠へに意識が移動し、エレンの話を聞いています。 しかし世界はパラディ島の人々が死滅する事を望んでいて、すべてのユミルの民が殺され尽くすまで世界は止まらないだろうとエレンは話し、エレンはその望みを拒むと言います。 しかし、「ユミルの民保護団体」は和平を交渉できるような相手出ないとエレンは分かり、以降ジークと組んでマーレ強襲を行い「戦鎚の巨人」を手に入れています。 そして、時間軸は現在に戻りいよいよ始祖の力を手に入れたエレンは、壁の巨人を使って地鳴らしを行います。 エレンの望みはパラディ島の人々を守る事でしたが、そのためにパラディ島の外の人間すべての命を駆逐すると言い始めます。 確かに22巻 90話のラストで「向こうにいる敵…全部殺せば…オレ達自由になれるのか?」とエレンは言っていて、この頃の考えをそのまま実行したように受け取れます。 冒頭エレンは最初から何も変わっていなかったというミカサのセリフは、この事を指しているように見えます。 次回、地鳴らしが発動した後、エレンに制御されているはずの無垢の巨人が、兵士達を襲い始めます。

次の