マクドナルド qr決済。 QRコード決済のシェアを大公開!今から始めるなら何Pay?

マクドナルドのモバイルオーダー開始!行列に並ばずにスマホ決済が可能に

マクドナルド qr決済

目次 メルペイは「iD決済」ならマクドナルドでの支払いに利用可能 フリマアプリの「メルカリ」から利用できるスマホ決済サービスのメルペイですが、 メルペイは「iD決済」であればマクドナルドでの決済が可能です。 メルペイの「コード決済」は現状マクドナルドに未対応 2019年11月現在、 メルペイの「コード決済」はマクドナルドに対応していません。 メルペイならメルカリの売上もマクドナルドで利用できる これはメルペイを使う最大のメリットと言えますが、 メルペイは「メルカリ」で得た売上金を使って決済できます。 メルカリの売上金をお店での支払いに利用する場合、従来は自身が登録した振込先口座に出金して現金化する必要がありましたが、メルペイの誕生によって、 売上金を「iD決済」や「コード決済」からそのまま店舗で使えるようになりました。 「そういえば、随分前にメルカリでいくらかモノを売ったから、売上金が少し残ってたな…。 」 といった方は、今すぐメルペイを使えるようにしましょう! メルペイをマクドナルドで使うとお得なクーポンやポイント還元は得られる? では、メルペイを使って得られるお得なポイント還元やクーポンについて紹介します。 メルペイに通常のポイント還元は無し 現状メルペイにポイント還元率は定められていません。 以前は「メルペイフィーバー」「メルペイサンデー」といったキャンペーンが開催されていましたが、3月31日をもって終了しています。 随時お得なクーポンも発行されている なお、 メルペイではお得なクーポンも随時発行されています。 メルペイで発行されるクーポンは期間によって毎回内容が変更していきますが、 過去はマクドナルドで使えるクーポンも配信されていたので、最新のクーポン情報をチェックしておいてください! マクドナルドでのメルペイの使い方 では、メルペイを使ってマクドナルドで支払う手順を見ていきましょう。 まずはメルペイに銀行口座を登録してチャージする まずはメルペイに銀行口座を登録して残高をチャージしましょう。 メルペイを使うには残高へチャージしておく必要がありますが、メルペイではクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのが。 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも手数料無料となります! はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、 まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。 メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! メルペイでiD決済を設定する まずメルカリを起動し、「メルペイ」を選択して「iD」のロゴをタップします。 「次へ」をタップして「設定をはじめる」を選択すると4桁の認証番号が自身のSMSに送付されるので、空欄に入力します。 「電子マネーの情報を追加する」をタップし、利用規約に同意しましょう。 するとApple Payにメルペイが追加されます。 メルペイの「iD決済」を使ってマクドナルドで支払う メルペイにiD決済を設定した後、マクドナルドの店員さんに「iD あいでぃー で」と伝え、自身のiPhoneからApple Payに追加したメルペイを表示しましょう。 上記の画面を、マクドナルドの支払い端末にタッチすれば支払い完了です。 マクドナルドでお得に使えるメルペイ以外のキャッシュレス決済は? マクドナルドでは、メルペイ以外にも以下のようなキャッシュレス決済サービスが利用可能です。 電子マネー• 楽天Edy• WAON• nanaco• QUIC Pay 交通系電子マネー• Kitaca• Suica• PASMO• TOICA• manaca• ICOCA• SUGOCA• nimoca• はやかけん クレジットカード• VISA• マスターカード• JCB• JCB PREMO• アメリカン・エキスプレス• ダイナーズクラブカード• ディスカバー 現状マクドナルドでは「PayPay」や「LINE Pay」といったQRコード決済は利用できず、使えるのはクレジットカードや電子マネーのみとなっています。 まとめ:マクドナルドでメルペイを便利に使っていこう!.

次の

マクドナルドで使えるキャッシュレス一覧とお得な物をランキング形式でまとめてみた

マクドナルド qr決済

マクドナルド(マック)で使えるQRコード(スマホ)決済 QRコード決済 マクドナルド(マック)ではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとしたQRコード決済は利用できるのでしょうか? 2019年6月現在は、答えは「 NO」です。 中国人向けにAlipayやWeChatPayなどQRコード決済の導入もありません。 クレジットカード 現金以外の支払い方法(キャッシュレス)という観点であれば、 マクドナルド(マック)ではクレジットカードはビザ・マスター・JCB・アメックス・ダイナースと一通り利用することは可 能。 電子マネー さらに Suicaなどの交通系の電子マネーや、iDやQUICPayなどのクレジットカード会社提供の電子決済も利用は可能。 これだけ使えれば、決済手段という意味ではなんら問題はないですね。 マクドナルド(マック)でキャッシュレス マクドナルド(マック)ではキャッシュレス化はかなり進んでいます。 先に取り上げたように使える決済手段は盛り沢山。 マクドナルド(マック)では現金以外のキャッシュレスでの支払いは全てレジ横の端末で行うことになります。 クレジットカード(IC)であれば端末に自分で差し込み、IC非対応のカードであれば自分でカードをシュッと通します。 電子マネーについては端末の上部の画面があるあたりに当てて決済します。 一台で全てが完結しますし、店員さんにカードを渡さないのでセキュリティ的にもやや安全。 ちなみにマクドナルド(マック)の店頭には何が使えるかの一覧が貼ってあることも。 キャッシュレス決済がこれだけ使えればQRコード決済を導入する必要もないのかな・・・。 マクドナルド(マック)でQRコード決済の今後 残念ながらマクドナルド(マック)では、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )をはじめとした QRコード決済(スマホ決済)を利用することはできません。 AlipayやWeChatPayなどの中国人向けのQRコード決済の導入もありません。 外国人対応としてはクレジットカードが使えればとりあえずは大丈夫ですからね。 マクドナルド(マック)は現金以外にクレジットカードや電子マネーもかなり豊富に利用できるので、決済シーンとしてはなんら問題はないのです。 競合他社の状況はどうかというと、ケンタッキーではQRコード決済の一つのOrigami Pay(オリガミペイ )が使えるようになっていますね。 ケンタッキーでもクレジットカードや電子マネーでの決済は十分にできるのにオリガミペイというQRコード決済を導入しています。 また、QRコード決済ではないですが、静岡県の75店舗限定ではありますが、「モバイルオーダー」サービスというものが導入されています。 事前にモバイル端末にてオーダーをして、お店に商品を取りに行くという仕組みですが、その支払いでLINE Payが利用できます。 試験的な導入や今後の広がりの状況からマクドナルド(マック)でもQRコード決済の導入の可能性もなくはないと思います。 ただし積極的に導入をするかというとやや疑問ですね。 QRコード決済についてのキャンペーンが多く行われるのは導入期の今時分でしょうから、早めに導入していただけると消費者としても恩恵にあずかることができるのですけどね。

次の

QRコード決済のシェアを大公開!今から始めるなら何Pay?

マクドナルド qr決済

QUICPayは11月20日から利用可能になった。 相性の良い電子マネー どれでも dカードプリペイドの割引がなくなったのでどれで支払ってもOKかと。 自らカードを通す形。 QRコード決済 使えない ポイントカード 楽天スーパーポイントカード、dポイントカード いずれも提示すれば100円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能。 ただしdポイントの利用は10ポイントから。 ただし、 料金の一部をポイントで支払うと、残高は現金払いのみになってしまうので要注意。 貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント、dポイント 現金いらず得点 5. 0点(5点満点中) 完全キャッシュレスになりました。 公式HP 概要• マクドナルドで使える電子マネー マクドナルドでは プリペイド式電子マネーの楽天Edy、WAON、そしてポストペイ型の電子マネーだとiDが使用可能です。 2017年の8月からSuicaやPASMOといった各種交通系電子マネー、及び、セブングループのnanaco も対応。 ただし、「マクドナルドだったらEdyもWAONもチャージもできる!」って思っている方も多いようですが、 マクドナルドでプリペイド式の電子マネーのチャージはできませんのでご注意ください。 その他、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードもクレジットカード扱いで使えます。 以前はマクドナルドでdカードプリペイドで支払えば3%オフという特典がありましたが、2018年の3月末で終了してしまっています。 仕方がないことですが残念です・・・。 マクドナルドでクレジットカード払いは可能か? マクドナルドではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード、デビットカードが利用可能です。 クレジットカード払いと伝えた後に、自分でカードを通して決済を完了する形です。 サインレスで一瞬で決済が完了します。 店員さんにカードを渡さなくて良いので便利です。 レジで支払う際には 「クレジットカード払いで」と伝えましょう(「NFC Payで」と伝えてもOKですが、クレジットカード宣言のほうがわかりやすいかと)。 「ポー」と音が鳴ったら成功です。 マクドナルドで使えるQRコード決済 マクドナルドでは現状、PayPayやLINE Pay、楽天ペイやd払いといった各種QRコード決済は導入されていません。 その他の支払い方法が充実しているので特に必要性はないのかもしれません。 マクドナルドで使える商品券・ギフトカード マクドナルドではVISAやJCBなどが発行する各種クレジットカード系のギフトカードなどは一切使えません。 ですが、 独自に発行しているマックカードという商品券が使えます。 1枚500円の商品券。 基本的にプレゼントや記念品として受け取るもので個人で購入するものではないと思われます。 マクドナルドで貯まる&使えるポイント マクドナルドでは楽天スーパーポイントとdポイントが貯まるし使えます。 貯まるのはマクドナルドの支払いに使うことができます。 支払いは1ポイントから利用可能。 楽天ポイントカード付き楽天カードを持っておくと、クレジットカードでも楽天Edyでも支払えて、さらに楽天スーパーポイントを貯めることができるようになるので便利。 dポイントカードはdocomoユーザー以外でも作ることができます。 dカードに付帯している電子マネーのiDで支払えば、これ1枚で100円で1ポイントのdポイント(提示分)に加えて、さらにポイントが1ポイント貯まる(支払い分)ので、100円で2ポイント貯まり、還元率は2%になって便利です。 オリコカードザポイントもdポイントカードを提示(100円で1ポイント)+付帯しているiDで支払う(100円で1ポイント)とポイントがdカード払いのときと同様に2%分貯まります。 ただしこの場合はカードが2枚必要になってきます(もしくはカード+アプリ)。 【注意点】料金の一部をポイントで支払うと残りは現金払いのみ マクドナルドでは 料金の一部をdポイントや楽天スーパーポイントで支払うと、その残りは現金払いのみという仕様になっています。 これを知らないと完全に現金いらずだと思ってお店に行っても突如現金が必要な事態になってしまうので注意してください。 なんとかして欲しい仕様です。 モバイルオーダー マクドナルドでは 事前注文のモバイルオーダーというシステムを一部地域で展開していましたが、2020年1月28日からは全店で展開しています。 iPhoneアプリ、Androidアプリ共にリリースされています。 店舗と朝マック、レギュラーを選択して、メニューを選びます。 メニューにはクーポン付きのものもあります。 店内での飲食でも持ち帰りもできます。 注文が決定したら受け取ります。 受け取り方は• カウンターで受け取る。 テーブルまで持ってきてもらう(テーブル番号を入力)。 の2種類があります。 支払い方法は• LINE Pay(iOSのみ、オンライン決済) が用意されています。 American Expressは現状登録不可です。 楽天ペイ、d払いのオンライン決済手段も導入される予定です。 アプリ上ですべてを完結させるという仕組み上、しょうがない部分なのですが、ご注意ください。 マクドナルドで現金必要? クレジットカードや各種電子マネーへの対応が完了し、一切必要なくなりました。 キャッシュレス界隈でずっと話題にされていたマクドナルドのクレジットカード未対応問題がようやく解決です。 これは嬉しい。

次の