アイランド 約束のネバーランド。 TVアニメ「約束のネバーランド」ショートノベルコンテスト

TVアニメ「約束のネバーランド」ショートノベルコンテスト

アイランド 約束のネバーランド

出典:ja. wikipedia. org ピーターパンではメインランド(人間の国)からネバーランドまでは2時間45分飛ぶことで到着します。 意外と近いですよね。 ネバーランドの意味は「理想郷」、「どこにもない国」、「夢の国」などの意味として捉えられています。 このことから、子供達が目指すネバーランドは実は身近にある。 つまり「外」の世界がネバーランドだったのではと予想します。 そしてこの現実の世界をネバーランドにしていく、新しい国を作ろうとしているのではと。 そういった意味では先程の「約束」は、ネバーランドでの「再会」ではなくネバーランドを作る「約束」かもしれません。 映画「アイランド」に似ている? 約束のネバーランドと似た設定の映画があります。 2005年に公開された「アイランド」です。 映画アイランドのあらすじ 2019年、主人公のリンカーンは大気汚染から救い出された数百人の住人と共に、完璧に管理された閉鎖的なコミュニティで暮らしています。 ここで暮らす住民の夢は地上の楽園「アイランド」へ行くことでした。 コミュニティとアイランド以外の人類は大気汚染により絶滅したと教わっていましたが、ある日リンカーンは外から入ってきた蛾を発見し、人類が大気汚染で全滅したことに疑問を抱きます。 施設内を探索したリンカーンは驚くべき事実を目にします。 このコミュニティで暮らす住人は、クライアントへ臓器提供するために生産された「クローン」で、アイランドとは地上の楽園ではなく臓器摘出の場所だったのです。 そしてリンカーンは施設からの脱出しますが、施設からはリンカーンを連れ戻そうとする追っ手が派遣されます。 リンカーンは施設から逃げ延び仲間達を助けることができるのか!? 似ている設定 ハウスとコミュニティ 約束のネバーランドとアイランドの似ているところとしては、まずハウスとコミュニティの存在。 どちらも徹底した完璧な管理で、住人達は何不自由なく暮らすことができます。 外とアイランド 次に外とアイランドの関係です。 約束のネバーランドでは外の世界へ行くことを夢見るよう教育がされ、アイランドではアイランドが地上の楽園と教育されます。 そして実際はどちらも地獄でした。 脱獄 約束のネバーランドでもアイランドでも脱獄することが目的となります。 クローン こちらはあくまでも予想ですが、アイランドの設定と似ていることから、約束のネバーランドの子供達もクローンではないかと予想しています。 クローン説の考察はこちらの記事でまとめました。

次の

「約束のネバーランド」、英米文学者が謎の核心に迫る考察本が登場!

アイランド 約束のネバーランド

集英社は、書籍「英米文学者と読む『約束のネバーランド』」を8月17日に発売する。 価格は946円(税込)。 予約受付が開始されている。 著者は戸田 慧氏。 本書籍は、全世界累計発行部数2,000万部超を記録する漫画「約束のネバーランド」を、英米文学者が専門の立場から読み解こうと試みた考察本。 「約束のネバーランド」は、6月15日に完結したばかりだが、その意表をつく展開や、複雑な頭脳戦といった要素から、背景では、多彩な文学作品や宗教に関する膨大な知識が踏まえられていることがうかがえる。 本書では、同作の名場面を豊富に引用しながら、作中の様々な手がかりを基に、「あの鬼のモデルとなった人物は? 」、「『約束』や『原初信仰』の謎を解く鍵は? 」といった数々の謎の核心に迫っていく。 また、原作の白井カイウ氏や作画の出水ぽすか氏の見解をまとめた「公式解説本」ではなく、あくまで「週刊少年ジャンプ」編集部の許可のもと、英文学やユダヤ・キリスト教などの英米文化の観点から、作品の謎を学術的に読み解こうと試みた「考察本」という位置付けになっている。 原作の終盤にかけての「読み解き」を含むゆえに、ネタバレが多く行なわれているので、あらかじめ注意してほしい。 【目次】 まえがき 第1章 イギリス文学・文化とのつながり 1.J. バリー「ピーター・パン」 ~「約束のネバーランド」というタイトルの意味~ 2.ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」 ~白ウサギ、レウウィス、チェス~ 3.十九世紀のロマン派作家たち ~バイヨン卿とバイロン卿~ 4.J. トールキン「指輪物語」 ~エルフと鬼~ 5.鬼社会とイギリス社会 ~階級、キツネ狩り、女王~ コラム(1):レウウィスのペットはなぜ猿なのか 第2章 原初信仰とユダヤ・キリスト教 1.ユダヤ教とは何か ~原初信仰とソンジュ~ 2.キリストの奇跡 ~ムジカ~ 3.モーセと約束の地 ~エマ~ コラム(2):ストーン・ヘンジは誰が作った? 第3章 ジェンダー(男らしさ/女らしさ) 1.女らしさの神話と男の世界 2.「ジェンダー」からの解放 3.男らしさの神話 コラム(3):エマと「戦う女たち」の系譜 コラム(4):「約ネバ」と「わたしを離さないで」と「アイランド」 あとがき.

次の

約ネバのモデルになった可能性のある6つの物語

アイランド 約束のネバーランド

ストーリー [ ]。 地球の大気は汚染され、生き残った人々は、徹底管理のゆき届いたハイテクなコロニーで暮らしていた。 ここに暮らす全ての住人の夢は、唯一汚染を免れた自然豊かな美しい島「アイランド」に移住すること。 しかし、誰でもアイランドへ行けるわけではなく、コロニーでは毎日抽選が行われ、運よく当選した人物だけがアイランド行きを許されるのだった。 主人公リンカーンもコロニーに暮らす一人であり、そして今日もまた抽選に外れては肩を落としていた。 コロニーでの暮らしは安全且つ快適だが、下界は汚染されているため外には出られず、唯一の楽しみは施設内の女性棟に住むジョーダンと時折会話を交わすことだけ。 リンカーンは、コロニーでのそんな生活に退屈し始めていた。 ある日リンカーンは、たまたま換気口から侵入して来た蛾を発見し、外の空気は汚染されているはずではなかったかという疑問を抱く。 そして、部屋を抜けだしてこっそりコロニーを探索した彼は、恐るべきものを目撃してしまう。 それは、数日前に当選して「アイランド」へ行ったはずの男が臓器を摘出され、また代理出産に選ばれた女性が出産後に薬殺されてしまう姿だった。 リンカーンは危険を察知し、「アイランド」行きに選ばれたばかりのジョーダンを連れて施設から脱走する。 地上に出た彼らが目にしたのは、汚染とは程遠い澄み切った青空と広がる大地だった。 二人は、コロニーで友人になった技術者のマッコードを捜し出し、施設が隠している秘密を話すよう迫る。 そして、自分たちが保険会社のクライアントにやを提供するためのでしかないこと、彼らの幼い時の記憶でさえもプログラムで捏造されたものなのだということを知らされる。 その後、マッコードの協力も得て、初めての下界に戸惑いつつも、手に手を取って逃亡を図るリンカーンとジョーダン。 しかしコロニーの機密を知ってしまった彼らには、既に追手が掛かっており、容赦なく二人を排除しようとしていた。 アルバート・ローラン - ()• バーナード・メリック医師 - ()• ジェームス・"マック"・マッコード - ()• ジョーンズ・3・エコー - ()• ガンドゥ・3・エコー - ()• ローランのチームメンバー -• Blu-ray Disc• アイランド(発売)• DVD• アイランド (発売)• アイランド 特別版(発売)• UMD• アイランド(2005年11月25日発売) 脚注 [ ].

次の