米津玄師 mv「loser」。 米津玄師、渋谷センター街壁面で「LOSER」MVをゲリラ解禁

米津玄師さん「春雷」MV、13作目の1億再生突破(徳島新聞)

米津玄師 mv「loser」

米津玄師「春雷」ミュージックビデオが、7月12日 日 3時53分、YouTubeでの再生回数が1億回を突破した。 MV公開より950日での達成となった。 また、自身の楽曲でYouTube上での再生回数が1億回を突破したMVは「13作品目」となる。 「春雷」は2017年9月にリリースされたアルバム『BOOTLEG』の収録曲となり、恋に落ちた男性の一喜一憂し、揺れ動く感情を、「春」と「雷」という相反するモチーフで描いた楽曲。 ライブでも度々披露され、ファンからの人気も非常に高い楽曲の1つとなっている。 こちらも見逃せない。 米津玄師のMVは「Lemon」が日本人アーティスト最多となる5. 8億再生を誇り、1億再生超えタイトルは本作で全13作品となった。 カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. PLACEBO + 野田洋次郎 (野田洋次郎とのコラボ楽曲) 05. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 12. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. Flamingo 02. LOSER 03. 砂の惑星 04. 飛燕 05. かいじゅうのマーチ 06. アイネクライネ 07. 春雷 08. Moonlight 09. fogbound 10. amen 11. Paper Flower 12. Undercover 13. 爱丽丝 14. ピースサイン 15. TEENAGE RIOT 16. Nighthawks 17. orion 18. Lemon EN1. ごめんね EN2. クランベリーとパンケーキ EN3. 灰色と青 MUSIC VIDEO 01. Lemon 02. Flamingo 03. TEENAGE RIOT 04. 海の幽霊 05. パプリカ 06. その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。 2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。 2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。 6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。 iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。 8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。 11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。 「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。 日本レコード協会にて「史上最速」の300万DL認定など音楽史に残る記録を残している。 8月には2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。 表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。 「Lemon」は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにし、昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破、デジタル・フィジカル合算300万セールス突破と、年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても尚、軒並み首位を獲得している。 2019年5月、菅田将暉「まちがいさがし」をプロデュース。 6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として「海の幽霊」をリリース。 首位18冠を獲得し、2019年最大のヒットとなった。 8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう「パプリカ」のセルフカバーバージョンを発表、米津玄師 MV 「パプリカ」は、公開より4日と9時間で1,000万再生突破という、今年発表した「海の幽霊」MVの公開から4日と12時間という「自身最速」記録を塗り替えることとなった。 9月にはシングル「馬と鹿」をリリース。 また、MVは1億再生を超えてなお伸び続けており、2019年を代表する1曲として全世代からの支持を集めている。 そして12月には、「NHK2020ソング」として、「カイト」を制作し、紅白歌合戦にて嵐により初披露が行われた。

次の

米津玄師「LOSER」MVのビルに囲まれた屋上のロケ地はココ!

米津玄師 mv「loser」

トリプル・プラチナ(Track1、、) チャート最高順位• 週間2位()• 週間3位()• 登場回数42回(オリコン)• 週間2位(Billboard Japan Top Singles Sales)• 2017年度年間62位(Billboard Japan Hot 100)• 2018年度年間16位(Billboard Japan Hot 100)• 概要 [ ] 前作『』から約1年ぶりとなるシングルで、両A面として発売。 前作まではからのリリースであったが、今作からからのリリースとなった。 クッション封筒・紙ジャケットのCDと米津のイラストが彫刻されたドッグタグが封入される「LOSER盤」、7inchサイズの紙ジャケットのCDとミュージックビデオを収めたDVDからなる「ナンバーナイン盤」、CDのみの「通常盤」の3形態で発売。 表題曲の1つである「ナンバーナイン」は、7月22日 - 9月25日に森アーツセンターギャラリーにて開催されたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo. 9 〜漫画、9番目の芸術〜」の公式イメージソングとして、米津が書き下ろした楽曲である。 また、この展覧会に米津が描き下ろしたイラストが特別出展され、そのイラストを使用したオリジナルグッズが展示会場で販売された。 楽曲について [ ]• LOSER ナンバーナインの後に制作された楽曲。 2016年9月14日 水 の夜に米津玄師本人がSNS上で「ちょっとした企画をやります。 みんなよろしく(ピース)」という告知とともにLINE LIVEでのカウントダウンを開始し、ファンの間で話題が急沸騰。 翌15日(木)の正午から、上映場所の特定につながるヒントが30分毎に1枚ずつ解禁され、特定作業が進んでいった。 その後カウントダウンの終了後、上映場所となった渋谷のとあるビルの壁面に「LOSER」のMVが投影されて初解禁となった。 MVは米津自身が空っぽの教室、階段、夜の街でコンテンポラリーダンスを続ける内容となっており、このダンスの振り付けは辻本知彦が担当した。 米津は当時を「地獄のような日々でした(それまでほとんど運動していなかったため)」と振り返っている。 楽曲は昨年リリースしたアルバム『』の次へ進むことを意識した楽曲になっており、ラップを盛り込んだ刺々しいものになっている。 発売後のより、「」のCMソングに起用された。 ナンバーナイン ルーヴル美術館特別展「」公式イメージソングとして制作された。 MVは初回限定盤「ナンバーナイン盤」に収録されている。 YouTubeの米津の公式チャンネルでは公開されておらず、シングル作品でMVが公開されていないのは現在までにナンバーナインのみである。 amen 今作の収録曲のなかで、唯一米津がセルフプロデュースした作品。 ゴスペルを取り入れたダークな雰囲気の楽曲となっている。 間奏に朗読のような部分があり、ファンの間ではアウグスティヌスの「」の文章一例ではないかと言われている。 なお歌詞カードにはこの部分は記されておらず、朗読の声もコーラスと被せているため聴き取りづらい。 この朗読部分の内容について米津は「内緒」と答えている。 収録曲 [ ] CD [ ] 全作詞・作曲: 米津玄師。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間 1. 「amen」 米津玄師 米津玄師 米津玄師 4:34.

次の

LOSER 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

米津玄師 mv「loser」

トリプル・プラチナ(Track1、、) チャート最高順位• 週間2位()• 週間3位()• 登場回数42回(オリコン)• 週間2位(Billboard Japan Top Singles Sales)• 2017年度年間62位(Billboard Japan Hot 100)• 2018年度年間16位(Billboard Japan Hot 100)• 概要 [ ] 前作『』から約1年ぶりとなるシングルで、両A面として発売。 前作まではからのリリースであったが、今作からからのリリースとなった。 クッション封筒・紙ジャケットのCDと米津のイラストが彫刻されたドッグタグが封入される「LOSER盤」、7inchサイズの紙ジャケットのCDとミュージックビデオを収めたDVDからなる「ナンバーナイン盤」、CDのみの「通常盤」の3形態で発売。 表題曲の1つである「ナンバーナイン」は、7月22日 - 9月25日に森アーツセンターギャラリーにて開催されたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo. 9 〜漫画、9番目の芸術〜」の公式イメージソングとして、米津が書き下ろした楽曲である。 また、この展覧会に米津が描き下ろしたイラストが特別出展され、そのイラストを使用したオリジナルグッズが展示会場で販売された。 楽曲について [ ]• LOSER ナンバーナインの後に制作された楽曲。 2016年9月14日 水 の夜に米津玄師本人がSNS上で「ちょっとした企画をやります。 みんなよろしく(ピース)」という告知とともにLINE LIVEでのカウントダウンを開始し、ファンの間で話題が急沸騰。 翌15日(木)の正午から、上映場所の特定につながるヒントが30分毎に1枚ずつ解禁され、特定作業が進んでいった。 その後カウントダウンの終了後、上映場所となった渋谷のとあるビルの壁面に「LOSER」のMVが投影されて初解禁となった。 MVは米津自身が空っぽの教室、階段、夜の街でコンテンポラリーダンスを続ける内容となっており、このダンスの振り付けは辻本知彦が担当した。 米津は当時を「地獄のような日々でした(それまでほとんど運動していなかったため)」と振り返っている。 楽曲は昨年リリースしたアルバム『』の次へ進むことを意識した楽曲になっており、ラップを盛り込んだ刺々しいものになっている。 発売後のより、「」のCMソングに起用された。 ナンバーナイン ルーヴル美術館特別展「」公式イメージソングとして制作された。 MVは初回限定盤「ナンバーナイン盤」に収録されている。 YouTubeの米津の公式チャンネルでは公開されておらず、シングル作品でMVが公開されていないのは現在までにナンバーナインのみである。 amen 今作の収録曲のなかで、唯一米津がセルフプロデュースした作品。 ゴスペルを取り入れたダークな雰囲気の楽曲となっている。 間奏に朗読のような部分があり、ファンの間ではアウグスティヌスの「」の文章一例ではないかと言われている。 なお歌詞カードにはこの部分は記されておらず、朗読の声もコーラスと被せているため聴き取りづらい。 この朗読部分の内容について米津は「内緒」と答えている。 収録曲 [ ] CD [ ] 全作詞・作曲: 米津玄師。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間 1. 「amen」 米津玄師 米津玄師 米津玄師 4:34.

次の