東海オンエア uuum加入。 ワタナベマホトなど6組のクリエイターがUUUMに新加入。U

東海オンエアに見る、UUUMにおける「クリエイター」と「バディ」の関係性〜鎌田社長のnoteを読んで〜|なかがわ あすか|note

東海オンエア uuum加入

東海オンエア 2017. 18 etto1310 東海オンエアがUUUMに加入!!!U-FESに緊急参戦??今後の展開は?? みなさん、こんにちは。 今回は、あの6人組の人気YouTuber『 東海オンエア』が、最大手YouTuber事務所の UUUMに電撃加入した件についてどこよりも詳しく解説していきたいと思います!!!! 愛知県岡崎市で活動している6人組のYouTuberグループ『 東海オンエア』がHIKAKINやはじめしゃちょーなどの大物YouTuberが所属している、業界最大手YouTuber事務所の『 UUUM』に加入したことがUUUMの祭典『 U-FES 2017 』で発表されました!!!! スポンサードリンク 東海オンエアのメンバーは、てつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡の6人。 それでは、東海オンエアのUUUM電撃加入について詳しく見ていきましょう!!!! 目次• U-FESとは、毎年開催されているUUUM主催のイベントのことです。 昨年100名以上のクリエイターが集結した「U-FES. TOUR 2016」では、 8月の大阪公演を皮切りに全国6都市 大阪、広島、仙台、名古屋、福岡、東京 で開催し、 総来場者数は約15,000人となりました。 特に、今年のU-FES 2017では「RED STAGE」と「RAINBOW AREA」の2つのイベントを開催し、刷新した「YouTubeクリエイターフェス」を催しています。 U-FESでは、UUUM所属の様々なジャンルのクリエイターが集結し、歌やゲーム、トークライブなど様々な企画が用意されています。 東海オンエアってGENESIS ONEに入ってなかった?? 東海オンエアは、以前まで違うYouTube事務所のGENESIS ONEに所属していました。 GENESIS ONEは、ワタナベマホトやimiga、サグワ、タケヤキ翔などが所属する業界第二位の事務所で、YouTube活動だけでなく音楽活動にも熱心な事務所です。 そして、東海オンエアもワタナベマホトに才能を見出され有名になったことがきっかけでGENESIS ONEに所属していました。 司会は、HIKAKINで、会場のボルテージもMAX!!!! てつやさんは、UUUMに加入することに関して 「UUUMのクリエイターが、こんなに多くの人を沸かせていてとても感動した。 このメンバーの仲間に入れてとても嬉しい。 」とコメント スポンサードリンク まとめ どうだったでしょうか。 東海オンエアがまさかのUUUMに加入。 しばゆーが、しばなんチャンネルでKiiiに加入したことで東海オンエアもKiiiに加入するのでは?と思っていましたが、まさかのUUUMでしたね笑 今後は、UUUMに所属しているYouTuberとのコラボが増加することが予想されます。

次の

人気YouTuberグループ「東海オンエア」がUUUMに加入 「U

東海オンエア uuum加入

動画は、「そろばんはもう要らないんじゃないか?」というところからスタートします。 現代には計算機があるし、スマホにも計算機能はついています。 しかし、そろばんはそろばんを使う手法を覚える必要があり、その時間がもったいないと彼らは思ったようです。 そして、「そろばんに新しい価値を見出そう」と考えた彼らは、そろばんを改造し始めました。 しかし、改造したものは「新しい価値を見出すもの」とは言い難いものが出来上がったのです。 納得いく結果が出なかったためなのか、虫眼鏡さんは、「 その世にそろばんがなければ、こんなことをして時間を無駄にすることはなかった。 そろばんを絶滅させなかったから。 」と言い放ちます。 それに対してりょうくんが「みんなはそろばんに謝ったほうがいい」とすぐにフォローしますが、「そろばんが僕たちに謝った方がいい」という反論を虫眼鏡さんが言って動画は終わります。 現在のコメント欄からは、元の批判コメントを見つけるのは難しく、むしろ「そろばんで炎上が面白い」「東海にとって炎上に値しない」「炎上した意味が分からない」という意見の方が多いです。 しかし、 「そろばんを大切にしている人も多くいる」「そろばんを作っている人に失礼」「憤りを覚えた」という意見もあり、炎上していたのは事実ですね。 東海オンエアの動画に物申したそろばん講師も炎上! 先ほどの動画に対し、そろばん講師がTwitterで抗議文をツイートしたとして、そろばん講師のTwitterが炎上しました。 クレイジー吉本さん…そろばん愛があるのは分かりますが、自分から吹っかけといてTwitterの垢変えたり、YouTubeの動画消したり逃げるのはダサいよ。 珠算した所で頭が良くならない事自分で証明しちゃったね。 — 優花 nnfRC6pIsZd3Y3P ツイートの内容としては、 「そろばんの何が分かるんだ!動画を消せ!訴えてやる。 逃げたら殺すぞ!」というような内容でした。 このそろばん講師というのが「そろばんグランプリジャパン」という全国大会で日本一になった経験があり、なんとNEC39期生でもあるクレイジー吉本さんという方。 しかし、LINEニュースや有名youtuberなどに取り上げられ、批判コメントもどんどん増えていき、炎上はなかなか収まりませんでした。 そのためそろばん講師は、 自身のTwitterアカウントを一時停止、YouTubeチャンネルのコメント欄閉鎖、一時非公開などの対策を行ったところで、ようやく炎上は収まったようです。 そろばん講師は動画を見た当初はイライラしていて、お酒の力もあって勢いでツイートしてしまったようですが、予想もしていなかった反響に驚き、とんでもない事をしてしまったと思ったようです。 軽い気持ちでSNSに投稿してしまった言葉がきっかけで、取り返しのつかない状況に陥ってしまったそろばん講師のクレイジー吉本さん。 そろばんを思う気持ちも分かりますが、言い方を考えた発言の仕方があったんじゃないかなと感じますね。 東海オンエア炎上中にそろばんを捨てる動画アップでさらに炎上! そろばん講師の炎上が収まったところで、事態は収束するかと思われました。 しかし、以下のライブ配信の一部が原因で、コメント欄ではまたプチ炎上が起こったようです。 この動画は、オンエアハウスの年末大掃除の様子をライブ配信していたものです。 りょうくんがそろばんを持ち出し、「これいる?」と聞きましたが、「そんなもん捨てちまえ!」「要らないからな!」と虫眼鏡さんが言い放ち、りょうくんは「お世話になりました」と言いつつごみ袋にそろばんを捨てました。 これにはチャット欄で、「また炎上するよ」「そろばん捨てたらダメだよ」「また叩かれるよ」などというコメントが流れる中、「そろばんwww」「そろばんのくだり笑った」「炎上wwww」というコメントも多数ありました。 ネット上では、 「全然反省してない…」「炎上してるのにそろばん捨てるところ映さなきゃいいのに」といった声もあり、またプチ炎上してしまったようですね。 これに対して、東海オンエア側からの謝罪などはなかったようです。 しかし断捨離をしているということを考えれば、捨てる際の「お世話になりました」という言葉の中にいろんな感情も込められているのではないでしょうか。 その後の東海オンエアやそろばん講師の対応は? そろばん講師の方は、今回のことに関して 「めちゃくちゃ後悔している、いろんな方に迷惑をかけてしまった」と反省しているようです。 この一連の騒動に対し、「東海オンエアに直接会って謝りたい」とUUUMに申し出たそうです。 ですが、事務所側からの反応はなかったようです。 事務所が対応しなかったことが、正しいのかはわかりません。 しかし、対応の仕方によってはまたネット上でなにか書かれる可能性もありますし、冷戦な判断なのではないでしょうか。 まとめ 今回は、東海オンエアが起こしたそろばん動画の炎上エピソードについての記事でした。 今回の記事をまとめると以下になります。 「そろばんがなければ時間を無駄にすることもなかった。 」「そろばんが僕たちに謝れ」のどの過激な発言により炎上。 ネットニュースにもなり、自身の活動にも影響が出た。 そろばんをごみ袋に入れる様子を映し、「反省してない」「捨てるところを映さなければいいのに」とネット上で再びプチ炎上。 事務所からの返信はなく、東海オンエアからの謝罪もない。 一連の騒動の流れを見ると、炎上の規模も大きいですし、何回も炎上が繰り返されているのが分かるかと思います。 しかしこの騒動があってから、もう1年以上経っています。 東海オンエアは、もちろん今までどおり活動をされていますし、そろばん講師の方もYouTubeチャンネルで動画をアップし活動されています。 これらの騒動はなかったことにはできませんが、一部では炎上ネタとして、「これも面白い」ともいわれています。 今後の活動も目が離せませんね!.

次の

ワタナベマホトなど6組のクリエイターがUUUMに新加入。U

東海オンエア uuum加入

UUUMでは、クリエイターのマネジメント担当者を「マネージャー」とは呼びません。 「バディ(相棒)」と呼んでいます。 芸能界でよく聞く「マネージャー」という言葉は、どうしても「上から」というイメージがあります。 でも、クリエイターもマネジメントする側も、どっちが上か下かではなく、あくまで「隣りにいる」ような関係性。 ぼくらはもっとクリエイターに寄り添った存在でありたい。 ということで「バディ(相棒)」という言葉を選んだのです。 (…)バディという概念は、クリエイターのことを第一に考えるUUUMの哲学の根幹に近いものなのです。 こちらのnoteでは、UUUMにおける「クリエイター」と「バディ」の関係性を始め、「クリエイター」にとって「バディ」はどうあるべきか、具体的にどんな働きをするのか、バディに求められる素質は何か……といったことが語られていました。 (現在、新しいバディさんを募集しているようです) 何となく読み始めたnoteでしたが、なるほど、とても面白い。 YouTubeが所属する事務所の数は他にもありますが、多くのクリエイターが「UUUMに入りたい…!」と思う理由のすべてがここに詰まっているように感じました。 同時に、このnoteを読み終わったあと、 すっごく腹落ちしたんです。 今回は、何だか居ても立ってもいられなかったので、東海オンエアが過去に投稿した動画を参照しながら、それを再確認していこうと思います。 最大限の想像で書いている部分もありますので、あしからず……。 岡崎市在住の6人組YouTuber「東海オンエア」って? 東海オンエアについては、ちょうど1年ほど前に執筆したnoteを見ていただければ、最低限は分かってもらえると思います : 簡単にまとめると、愛知県岡崎市を拠点に活動する、とても個性豊かな男性6人組のグループYouTuberです。 現在(2019年12月15日時点)のチャンネル登録者数は約483万人。 プレゼンnoteを書いたときは約390万人だったので、1年ほどで100万人近くも伸びています! なぜ、東海オンエアはこれほどまでに高い人気を誇るのか? 理由は山ほどあると思いますが、鎌田さんのnoteで確信に変わったのは、「 並々ならぬバディのサポート」も彼らの人気を支える要因の一つだということです。 企画を面白くするための努力を惜しまない では、バディさんは具体的にどのようなサポートをしているのでしょう? それが垣間見える東海オンエアの過去動画をいくつか紹介します。 「【発注ミス=自腹】東海オンエアに必要なものを外注せよ!第一回外注王!!」という動画では、当時のバディであるタカオカさんも(声のみ)参加し、メンバーと同様に外注をしています。 バディが動画に出演するケースは少ないですが、この動画に関しては、企画会議の段階でバディが誰よりも早く「 東海オンエアに絶対必要なものを見つけました!」と言い出したのがきっかけで参戦が決まったようです。 即座にそんなことが言えるのは、 常日頃から「クリエイターのために何ができるだろうか?」「今のクリエイターに足りないものは何か?」を考えている証拠だと思います。 また、この動画からバディが「企画会議」に参加してることも分かります。 東海オンエアの企画会議は月に一度、各々が用意してきた案を発表して詳細を詰め合うスタイル(のはず)です。 開催頻度が低い分、その日は朝から晩までスタジオに缶詰め。 そこに同席してることが、個人的には驚きでした。 もちろん、コンプライアンスチェック的な観点もあると思いますが、それだけが目的なら採用された企画だけを確認すればいいはず。 長時間の企画会議に同席するのは、きっと 採用された動画をより面白くするためには何ができるかを一緒に考えるためなのかなと感じました。 「【クイズ番組あるある】難し過ぎるクイズに自分だけ正解する快感を味わってみたい!」の動画では、現在のバディ(カメちゃん)さんがクイズの出題者として(声のみ)出演しています。 加えて、動画で出題されている30問のクイズ(超難しい)もバディさんが用意しています。 問題作成の場面を実際に見ているわけではないので、これは想像でしかありませんが、「高確率で当てられはしないけど、(動画の展開的に)一人は分かるかもしれない問題」を30個も用意するのは至難だったと思います。 これさ…1番すごいのって、「分かりそうで分からない、けどもしかしたら分かるかもしれない」っていうギリギリのラインのクイズ30問を上手に見つけてきたカメちゃんさんじゃね…?(コメント欄より引用) 視聴者が残した上記のコメントには、5,000を超えるグッドボタンが押されています。 私以外の多くの視聴者が、同じことを感じていた証拠です。 今回の場合、クイズの質が動画の展開を大きく左右するはずなので、その大役をバディさんに任せるということは、 東海オンエアもバディさんをかなり信頼しているんだなと思いました。 クリエイターの成功を、自分のことのように喜ぶ バディさんの素晴らしさは、東海オンエアのサブチャンネル(彼らの日常を配信するチャンネル)でも見られます。 サブチャンネルの登録者数が200万人を超えたときは、特注デザインが施されたナイキの靴が贈られていました。 適当に考えていたら、こんなにセンスの良いプレゼントは思いつかないと思います。 さらにこの動画の途中(4:30〜)では、メンバーがバディ(カメちゃん)さんについて次のように話しています。 UUUMのバディさんは、クリエイターのことをすごく好きでいてくれるから、嬉しいことはすぐに教えてくれる。 「最近の東海オンエア、まじヤバいっす。 登録者数のブーストかかってます」って(笑)。 クリエイターの成功や幸せを、自分のことのように喜んでくれる。 そんなバディさんが近くにいるからこそ、クリエイターは「次も頑張ろう」と思えるのかもしれません。 「ここぞ」というときは、ちゃんと注意する それだけではありません。 バディさんは、クリエイターを誰よりも気にかけているからこそ、クリエイターのダメな部分を見過ごしません。 「【盗撮】としみつがイベントで大遅刻したのでブチギレます」の動画では、名古屋で開催するファンイベントにメンバーの一人が大幅な遅刻をします。 バディさんの叱り方からは、相手を想うがゆえの真剣さがひしひしと伝わってきました。 バディさんの注意の仕方が、社会人一年目の僕は将来参考にしたい。 バディさんの注意の仕方、すごく厳しくもあり、落ち込ませ過ぎないようにするところめっちゃかっこいい。 コメント欄には、こういった意見が数多く寄せられていました。 それほどまでにベースに「愛」がある叱り方だったのだと思います。 冒頭で紹介した鎌田さんのnoteには、「ときには、厳しいことを伝えてあげるのも、バディとしての大切な仕事なんです」と書いてありました。 この動画は、まさにその真意を感じられます。 さて、ここまで勢いでガーッと書いてしまいました。 特にちゃんとしたオチがあるわけではありませんが、鎌田さんのnoteを読んで「うん、うん、そうだよな〜」と納得したことを、東海オンエアの動画と照らし合わせて再確認でき、とても満足しています :) 以前からも感じていたことではありますが、視聴者が見ているYouTuberの世界は本当にほんの一部分なんだろうなと改めて思いました。 昨日見た動画も、今日見た動画も、数々の神企画の裏側には、クリエイターとそれを支えるバディの並々ならぬ努力がある。 それが本人たちの口から語られる機会は多くないと思いますが、きっとすべてのコンテンツがそう作られてるんですよね。 このnoteを書き終わった今、以前にも増してYouTuberが好きになりました。 いつも素敵な動画を投稿してくれて、本当にありがとうございます。 以上、UUUMにおけるクリエイターとバディの関係性についてでした!.

次の