猫 フロント ライン。 疥癬|フロントラインcom

猫用フロントラインの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

猫 フロント ライン

フィプロニルのLD50とNOEL• 犬のデータを転用すると、1ピペット(0. 5mL)に含まれるフィプロニルはおよそ50mgですので、猫の体重が4kgだとすると2. 6gを超える量を一気に経口摂取した場合に急性毒性に陥る危険性があります。 ピペットに換算すると52本です。 めったに起こりそうもない状況ですが、フィプロニルは肝臓のシトクロムP450と呼ばれる酵素で代謝されます。 猫の体質や基礎疾患によっては少ない量で中毒に陥ったり、不活性成分として含まれているエタノール(アルコール)、ポリソルベート、ポリビニルピロリドンなどによる危険性もありますので、製品の管理は油断せずに行う必要があります。 また同居猫や同居猫がいる場合、滴下部位をなめてしまわないようしっかり監督しておく必要もあるでしょう。 皮膚接触による猫での副作用 報告された副作用のうち皮膚症状が86. 公式データシートでは猫の皮膚に対する毒性が明示されていませんが、犬を対象とした調査ではフィプロニルが表皮の角質層に限局され真皮層には浸透しないことが判明しています。 ですから フィプロニルは皮膚のバリアに阻まれてほとんど血中に入り込まないため、少なくとも経皮的に吸収された成分による中毒は起こりにくいと考えられます。 ただしフィプロニルやその代謝産物であるフィプロニルスルホンおよびGABAとの結合力が10倍ほど強いフィプロニルデスルフィニルの皮膚に対する刺激性はよくわかっていません。 世界中で逸話的に報告されている皮膚症状から考えると、全く無害というわけではないのでしょう。 ちなみにウサギの皮膚はフィプロニルへの感受性が猫や猫に比べて10倍ほど高いため、1990年代半ばから使用しないよう警告されています。 誤飲や吸引による人での副作用 カリフォルニア大学の調査チームは2001年から2007年の期間中に報告されたフィプロニルに関連した中毒症例を集めて内容を精査しました (:S. Lee, 2010)。 症状はおおむね軽症でしたが、フィプロニル製品を使うときは室内の換気を十分に行うよう注意しています。 なお製品の添付文書においても、特に3歳未満の乳幼児がいる家庭においては子供が誤って滴下部を触ってしまわないよう注意書きがなされています。 この年齢層の子どもたちが高い確率で指をなめてしまうからです。 皮膚接触による人での副作用 人における接触性皮膚炎の症例も報告されています。 2日程度で治癒する軽いものでしたが、メーカーに問い合わせても具体的な成分を「企業秘密」を理由に開示してくれなかったとのこと (:Mackley, 2005)。 またケンタッキー州のマリー州立大学が行った調査により、犬の被毛に付着した有効成分(フィプロニル)は24時間後のタイミングにおける濃度が589. 3ppmと最も高く、2週間ほど漸減が続いた後、時間の経過とともに薄くなって5週間後には検知不能レベルになることが明らかになっています (:Jennings, 2002)。 滴下後の2週間程度は被毛に触れることで衣服や手にフィプロニルが付着し、接触皮膚炎のほか誤ってなめてしまうなどして中毒に陥る危険性が否定できませんので、覚えておいたほうがよいでしょう。 製品の添付文書にも「滴下部に直接触れないこと」という注意書きがあります。 いつから使える?使用条件は12週齢以降で体重制限はありません。 使用頻度は?ダニに対する効果が1ヶ月であることから毎月の使用が望ましいとされています。 逆に安全性(危険性)の検証が十分でないことから「最低4週間あけること」という注意書きがあります。 使用期間は?ノミやダニは通年性で生息していますので1年中使用することが望ましいとされています。 値段は?動物病院や使用頻度によって合計費用は変動しますが、病院で処方される1ピペットの値段は700~800円程度です。 なお要指示薬には指定されていませんが、基本的には獣医師による診察と処方が理想とされます。 付ける場所は?猫の肩甲骨間の被毛をかき分け、使い切りのピペットを皮膚に直接滴下して使います。 【公式動画】• 使用量は?液剤1mL中に含まれるフィプロニルは100mgです。 犬とは違い体重に合わせた製品のサイズ区分はなく、1頭につき1ピペット(0. 5mL)を全量滴下します。 使用上の注意は?使用する際の注意点は「皮膚炎がある部位に使用しない」「ウサギには使用しない」「完全に乾くまで投与部位に触れない(4時間程度)」「滴下前後2日間はシャンプー・お風呂禁止」「人もペットも滴下部をなめない」「使用期限が過ぎたものを使わない」などです。 誤って口に入った場合は嘔吐や食欲不振が引き起こされる危険性が示されています。 5mL、1つにはフィプロニル溶液とメトプレン含有の首輪、残りの1つは何もしない状態で、ネコノミの成虫40匹+虫卵100個+幼虫100個+さなぎ100個に暴露しました。 さらに粟粒性皮膚炎と脱毛の度合いでも改善が確認されました。 ピペット滴下式でノミに対しては1~1. 5ヵ月間、マダニに対しては約3週間の駆除および新規の寄生防御効果があるとされています。 また(S)-メトプレンによりシラミ(ハジラミ)の駆除効果、およびノミのすべての発育ステージ(卵・幼虫・さなぎ)を最大6週間阻害する効果もあります。 いつから使える?使用条件は8週齢以降で体重制限はありません。 使用頻度は?ダニに対する効果が1ヶ月であることから毎月の使用が望ましいとされています。 逆に安全性(危険性)の検証が十分でないことから「最低4週間あけること」という注意書きがあります。 使用期間は?ノミやダニは通年性で生息していますので1年中使用することが望ましいとされています。 値段は?動物病院、猫の体の大きさ(体重)、使用頻度によって合計費用は変動しますが、病院で処方される1ピペットの値段は700~900円程度です。 なお動物医薬品のため、基本的には獣医師による処方箋がないと使用できません。 付ける場所は?猫の肩甲骨間の被毛をかき分け、使い切りのピペットを皮膚に直接滴下して使います。 【公式動画】• 使用量は?液剤1mL中に含まれるフィプロニルは100mg、メトプレンは120mgです。 犬とは違い体重に合わせた製品のサイズ区分はなく、1頭につき1ピペット(0. 5mL)を全量滴下します。 使用上の注意は?使用する際の注意点は「皮膚炎がある部位に使用しない」「ウサギには使用しない」「完全に乾くまで投与部位に触れない(4時間程度)」「滴下後2日間はシャンプー・お風呂禁止(滴下直前の制限はなし)」「人もペットも滴下部をなめない」「使用期限が過ぎたものを使わない」などです。 誤って口に入った場合は嘔吐や食欲不振が引き起こされる危険性が示されています。 駆除率はその後漸減し6週目には93. 一方、孵化可能な虫卵数は未治療グループと比較して大幅に減少し、幾何平均では最初の6週で76. この物質は昆虫の成長を抑制する効果を有しており、成熟する前の段階で発育を止めることで新たな産卵が起こらないようにします。 R体とS体という2つの光学異性体がありますが、昆虫の幼若ホルモンに似た作用を有しているのはS型異性体だけであるため、成分の頭には区別のために(S)が付きます。 脂溶性が高いため容易に猫の皮脂腺に入り込み、長期に渡って皮脂とともに全身に広がるのが特徴です。 成分と接触したメスノミの卵巣内に濃縮すると同時に、産み落とされた虫卵の卵殻に浸透することで孵化を防ぎますが、殺虫効果はありません。 哺乳動物の体内においては(S)- メトプレンが作用する部位が存在していないため、事実上無毒性と考えられています。 48頭の猫を対象とし、推奨量の3~5倍に相当する量を月1回のペースで半年に渡って滴下しても、臨床上悪影響はなかったとされています (:公式技術資料)。 とは言え全く影響がないわけではなく、ラットにおける半数致死量(LD50)は体重1kg当たり5~34mg超、慢性毒性は5000ppm(1kg当たり5g)とされています。 また犬の慢性中毒もラットと同じく5000ppmとされていますが、猫に関する毒性データは明記されていません。 皮膚を通して吸収した時の半数致死量(LD50)は体重1kg当たり5gと推計されていますが、これはウサギにおけるデータが転用されているようです。 いつから使える?添付文書や公式ページにおいて使用制限はなぜか設けられていませんが、他のフィプロニル含有製品と同じく8週齢以降が安全だと思われます。 使用頻度は?ダニに対する効果が1ヶ月であることから毎月の使用が望ましいとされています。 逆に頻繁に使用した際の安全性(危険性)が十分に検証されていないため「最低4週間あけること」との注意書きがあります。 使用期間は?ダニは通年性で生息していますので1年中使用することが望ましいとされています。 値段は?動物病院、猫の体の大きさ(体重)、使用頻度によって合計費用は変動しますが、100mL入りボトルの場合は2,100~2,600円、250mL入りボトルの場合は3,600~4,000円程度です。 なお動物医薬品のため、基本的には獣医師による処方箋がないと使用できません。 付ける場所は?ボトルを猫の被毛から10~20cm離し、毛並みに逆らう方向で被毛全体にスプレーしてなるべく毛の根元を湿らせるようにします。 使用量は?液剤1mL中に含まれるフィプロニルは2. 5mgです。 使用量は体重1kg当たり3mL(フィプロニル7. 5mg)を基準量とし、毛の長さに応じて6mL(フィプロニル15mg)まで増量できるとされています。 使用上の注意は?エアロゾルとして空気中に噴霧されるため、使用する際は飼い主がゴム手袋を着用すること、および屋外で使用することが推奨されています。 また皮膚炎がある部位に使用しないこと、スプレーが完全に乾く4時間程度は被毛を触らないこと、使用期限が過ぎたものを使わないこと、および使用前後の2日間(合計4日間)におけるお風呂やシャンプーを控えることなどが規定されています。 姉妹商品と同様、ウサギには使用できません。 調査に参加したのは、動物病院を受診したときにノミの寄生が確認された猫合計41頭(平均3. 8kg 平均4. 1歳)。 品種や性別はバラバラです。 全頭に対しフィプロニル0. 98mLの割合でスプレーし、2ヶ月後にノミの数をカウントしました。 また最初の1ヶ月間効果が見られなかった割合は7. かゆみの症状を示していた割合は受診時の88. 6から2ヶ月後には12. 猫30頭をランダムで5頭ずつ6つのグループに分け、偶数グループは体重1kg当たり5~6mLのフィプロニルスプレー(0. またネコノミの成虫をカンザス1コロニー(KS1)、フロリダ(R6)、ARCという3つに細分して有効性を比較したところ、30日後における駆除率がそれぞれ89. さらに産卵に対する抑止効果を治療なしグループと比較したところ、30日後における各系統に対する有効性は96. しかし猫の健康状態がもともと悪かったとか、使用状況や使用量が不明瞭などの理由により、製品との因果関係は確定していません。 スプレーに関してはグルーミングという習性を持っている関係上、犬よりも猫における中毒・副作用事例が多数あります。 猫が自分自身の被毛をなめたり、同居猫同士がグルーミングを通してお互いの被毛をなめたり飲み込んだりしますので、スプレーが乾ききるまでは注意深く監督しておく必要があります。 また副作用事例でもあるように、にかかって皮膚がぼろぼろになった猫に使用すると、ただれた部分から成分が過剰に吸収され、死亡を含めた副作用の危険性が増大しますのでご注意ください。

次の

疥癬|フロントラインcom

猫 フロント ライン

野良ニャンコがかかりやすい病気に疥癬という皮膚病があります。 疥癬は「かいせん」と読みます。 これは、人間にもある皮膚病。 ちょっと小難しく言うと、無気門亜目ヒゼンダニ科のダニやヒゼンダニの寄生による皮膚感染症。 ま、ざっくり言って「ダニによる皮膚病」です。 ですが、このヒゼンダニは、マダニなどライトフライ級のダニとは違う、かなりのラスボス的存在。 猫の皮膚病には沢山の種類があるけれど、その中でも最大級にかゆい!!! 罹ったニャンコ、超かゆい!!!!(泣) 人間でも疥癬という皮膚病があります。 人間とニャンコではヒゼンダニの種類は異なりますが、基本は一緒。 かゆい。 とにかくかゆい。 猫の場合は、皮膚の層の中にヒゼンダニ寄生します。 感染すると、しばらくして発症。 皮膚がボロボロになり、かゆいから爪で引っ掻くので、傷がついてまたひどくなる。 悪循環です。 そして痒さと痛さでどんどん弱っていきます。 これはまだ初期の頃ですが、皮膚がボロボロしてきてるのがわかりますか? 耳もざらざらしてますよね。 そんなに悲惨なニャンコにとってはかなり致命傷的な皮膚病。 でも、実は治療はかんたん。 注射や飲み薬を飲むだけなのです。 病院に連れて行けるなら、注射を1本。 連れていけないなら、飲み薬を飲ませる。 それを1度。 それから2週間後にもう1回。 よほどひどくなければ、これで終了。 もしそれでもまだ少しヤバそうならば、また2週間後にもう1回。 治り具合によって回数は増えますが、それでもちょっとお薬を飲むだけ。 お薬も大体の場合、こういう液体のものを処方されますので、これを缶詰などに混ぜてあげるだけです。 そう、治療は痛くないし、人間からするとお値段も注射1500円~2000円あたりのそれほど負担にならないお値段。 幣店のあたりにいる野良ネコの1匹も、4月にこの疥癬にかかってひどいボロボロ状態で、店の前にきました。 その様子が、こちら。 2か月前、2月末には何ともなかったのに、一体3月から4月になにが彼にあったのか??? 4月末に久しぶりにこの猫に再会したときには、もうひどい状態で、げっそり痩せていました。 病院に連れて行かねば…… でも野良ちゃん。 これまで触らせてくれたことはない。 抱っこなんてとんでもない。 この状態でどうやって病院に連れて行くか……??? と、あれこれ悩んでいた店主ですが…… な、なんと、彼の方から店主の腕の中に抱かれようとするのです。 お店の中に入ろうとします。 「これは相当弱っている証拠」 ニャンコは普通、死ぬことがわかると、誰もいない場所に行ってひっそり死を迎える……と言われています。 しかし、例外もあるのです。 自分が長くないのを知っていて(かどうかはわからないけど)、いきなり家の中に入ってきて、そのまま勝手に居座り、温かいところでぬくぬくして1-2か月後にぽかぽか陽気のベランダで死んでいった野良にゃんこというのが実際数匹、過去におりました。 一体どこから来たのか。 誰だったのか。 未だにさっぱりわからずじまい 笑 でも、まあ人間が畳の上で死にたいと思うように、ニャンコたちもぽかぽかした気持ちのよいところでお腹一杯で死にたいと思うのかもしれません。 ちょっと話がそれましたが…… ともかく病院に連れていき、ケージの外から注射を1本プスッ。 全く知らない病院で全く知らない先生。 でもなんの抵抗もなし。 それほど弱っておりました。 残念ながらこの疥癬は他の猫にうつるため、家の中にはいれられず、店の軒下で暫く様子を見ていたところ…… やっぱり薬はすごい! 今の医療はすごい! 日に日に元気を取り戻していく様子がわかるのです。 しかもぼろっぼろだった顔や耳も徐々に綺麗になっていく。 これが観察結果です 笑 皺くちゃの爺さんみたいな顔だったのが、元の愛くるしい顔にもどりました! 首から耳にかけても、きれいになりました。 この皮膚病は見たら、一発でわかります。 この茶色い子が治りかけていた矢先、今度はこちらの黒い子の肌の様子がおかしいことを発見。 どうやらうつったようです。 そう、疥癬は猫同士でうつります。 初期状態の疥癬です。 こういう皮膚をしてるニャンコがいたら、ほぼ間違いなく疥癬。 すぐに病院に連れていくか、病院で疥癬の薬をもらって飲ませると、治ります。 ちなみに、病院でくれる疥癬用のお薬は透明な液体が多いかと思います。 こちらは、イベルメクチン。 実は犬のフィラリア用のお薬と同じものです。 そのほかにも、疥癬を治す薬としてレボリューションがあります。 レボリューションは、よくご家庭でノミダニ用によく使われるものです。 そう、実は製薬会社さんはレボリューションの効能にヒゼンダニを入れていませんが、ちゃんと効きます。 じゃあノミダニ用でよく使われるフロントラインは? 残念、フロントラインでヒゼンダニは駆除できないのです。 ということで、疥癬を治すならば、病院でもらうお薬(たぶん今ならイベルメクチン)か、レボリューションです。

次の

フロントラインプラスの猫への副作用と効果を解説!

猫 フロント ライン

フロントラインプラス猫用の副作用 猫用も犬用も首筋(肩甲骨の間)に垂らすだけの簡単投与で、被毛をかきわけて垂らして使用します。 犬ちゃんより体が柔らかく、毛繕いをする習慣のある猫ちゃんですので、垂らす場所を間違うとフロントラインプラスを舐めてしまう場合があります。 他にも多頭飼いの場合は、他の猫ちゃんのフロントラインプラスを舐めてしまう心配もあります。 フロントラインプラス投与後は、完全に乾くまでは投与部分に直接触れてはいけませんので、エリザベスカラーを装着したり、投与した猫ちゃんは隔離したりと工夫しましょう。 スポットタイプのお薬を、舐めてしまうと危険です。 舐めてしまった場合、副作用としてよだれがなかなか止まらないケースがあります。 舐めてしまった量にもよりますので、まずは獣医師に相談しましょう。 猫ちゃんの個体差にもよりますが、他にも副作用として嘔吐や食欲不振、元気喪失する場合もあります。 フロントラインプラスは、体重別でサイズを選ぶお薬です。 猫ちゃんの体重を測り、ベストなサイズを投与してあげましょう。 フロントラインプラス猫用の効果 フロントラインプラスは、一度投与すると一か月効果が続きます。 「フィプロニル」と「メトプレン」と言う、」二つの成分が働くことで、ノミやマダニを駆除予防してくれます。 投与後約24時間で、ほぼ100%のノミを駆除してくれます。 フロントラインプラスは従来のフロントライン同様に、猫ちゃんに寄生したノミやマダニを駆除しれることに加えて、ノミの卵のふ化や発育まで阻止してくれます。 寄生虫のノミだけではなく、その繁殖や再寄生をも予防してくれる優れたお薬です。 その他に、猫ちゃんのハジラミを駆除する効果も確認済です。 室内飼いの猫ちゃんには、必要のないお薬と思われている飼い主さんも見えるかもしれません。 ノミやマダニは外出される飼い主さんによって、室内へと入りこむ場合があります。 目に見えてないから大丈夫!と油断されると、危険です。 ノミやマダニは、猫ちゃんだけでなく人間にも病気をもたらします。 フロントラインプラスは、一か月に一度の投与でOKです。 ノミやマダニに寄生されてからでは、猫ちゃんが可愛そうです。 予防も兼ねて、毎月のフロントラインプラスをオススメします。 フロントラインプラスの最安値情報 フロントラインプラスは通常、動物病院で購入をすると1回分が1500円から1800円前後の価格帯が相場となっていますが、通販では1回分あたり、700円前後で購入が可能です。 《価格比較表》 他店価格 ご案内価格 1本当たり 1500円~ 700円~ 1ケース:6本 9000円~ 4200円~• 猫用 フロントラインプラス.

次の