総合 タンナー。 LINE UP

姫路のタンナー 三昌|レザークラフトなどで使用する皮革の販売店

総合 タンナー

1 紳士靴用の製革で日本トップシェア 山陽は、創業100年を超える歴史あるタンナー。 紳士靴用の製革において日本でトップシェアを誇る。 ここでは、塩漬けされた原皮の処理から仕上げまで、すべての工程を自社工場で行っている。 敷地内の南から北へ工程が進み、大勢の職人がそれぞれの作業に真剣な表情で打ち込んでいる。 大きな工場には、よそではお目にかかることの少ない機器も多くある。 たとえば、大がかりな真空乾燥器。 職人たちが素早い動きでプレートに革を挟んで乾かす様子は、きびきびしていて迫力がある。 タンニンなめしができる大きなピット槽も存在感抜群だ。 「長年続いてきた会社なので技術の蓄積はありますが、課題となるのはそれらの継承です。 嬉しいことに、新卒採用も少しずつ増え始めているので、徐々に伝えていければと思っています」 そう語るのは、同社の塩田和也さん。 お客様のニーズに応える革をつくるためには、社内における人材の育成も必要なのだ。 2 難易度の高いアドバン仕上げも可能 多くのメーカーと取引を行っている山陽だが、今回取り上げるのは、東京に工房を構えるパーリィーとの協力体制だ。 パーリィーからの依頼でつくっているのは、アドバン仕上げの革。 仕上げを担当している小崎勉さんによると、なかなかに難易度の高い革らしい。 「アドバン仕上げというのは、革の表面にグラデーションをつける加工のことです。 革の仕上げ工程で2色の塗装を重ねているので、ポリッシングマシーンで研ぎ出していくと、下の色が出てきて独特の光沢が出ます。 幾層も塗膜を重ねるので、通常の革とは違う加工をするのが難しいところです。 でも、パーリィーさんの期待に応えられるよう、常に努力しています」 アンティーク感のあるアドバン仕上げをするには、相応の技術力が必要となる。 小崎さんをはじめとする職人の手によって、取引先を満足させるクオリティの高い革が完成するのだ。 3 レザープロジェクト「100 BASIC」が好評 山陽では、105周年を記念して、ホームページをリニューアルし、「100 BASIC」というレザープロジェクトに取り組み始めた。 一言でヌメ革といっても、その風合いは多種多様だ。 そこでホームページにおいて100種類の異なるサンプルを用意し、番号を指定してお客様が求める革を1枚単位から提供している。 このプロジェクトは、海外からも反響があるという。 日本の革であることをアピールするツールといえば、ジャパン・レザー・プライド・タグの存在があげられる。 塩田さんは、「タグがあるのとないのでは、お客様のイメージもガラリと変わりますね」と、印象を語ってくれた。 「品質管理の行き届いたクオリティの高い革をアピールするのに、タグは有効だと思います。 実際に、数社のメーカー様からこのタグを使いたいというご相談も受けています」 業界最大手だからこそ、地道な努力を忘れない。 山陽が100年以上続いてきた理由はここにある。

次の

株式会社 山陽

総合 タンナー

毎度です!「1日革に関して喋っていた」ムラキです。 このお祭りは屋台や革素材や製品販売などがありなかなか盛況なお祭りです。 で、個人的な目玉はニューレザーコンテスト。 このコンテストはタンナーさんによる腕自慢大会となっており、各種様々な革が展示されています。 例年「このコンテスト面白いんだよ!」と口うるさく伝えてきたのですが、今年はより知ってもらおうと動画を作りました。 まぁ、動画を作っても手触りは伝えきれないのですが、「あれ、このコンテスト見たほうがいいじゃねぇの?」と思ってもらえたら幸いです。 目次 [hide] 「ひょうご皮革総合フェア2019」&「第28回たつの市皮革まつり」はどこでやっている? 兵庫県たつの市にある赤とんぼ文化ホールという文化会館を中心として行われます。 革製品のアウトレットセールやタンナーさんによる革の直売なども行われ、屋台も出ているにぎやかなイベントです。 個人的に本番はニューレザーコンテスト! 兵庫県たつの市と姫路市には100以上のタンナーが存在します。 それぞれが得意分野が異なっていますが、このコンテストではそれぞれが腕によりをかけた革をコンテストに出しています。 あくまでタンナーのコンテストなので革素材のみとなります。 リストを見たら販売してもらるかどうかがわかる。 このコンテストでは全ての作品の製作タンナーのリストがもらえます。 リストには販売「可」「不可」も書かれています。 これは「1枚からでも売るよ!」という意味ではなく、「ロットまとめてくれるならばメーカーさんなりに直接売りますよ。 20枚なり50枚なりになりますが」という意味です。 入賞作品は12月4. 5日に浅草で行われるレザーフェアにて展示されます。 コンテスト入賞作品は12月4日 水 ・5日 木 に浅草で行われる東京レザーフェアにて陳列されます。 ただ、入賞作品よりも入賞していない作品のほうが突拍子もないものが多いように思えます。 入賞作品だけではなく、入賞していない作品にも数多く面白いものが多いです 革日和バスツアーって? 毎年この皮革まつりにあわせて運営しているツアーで、このツアーの中で「ひょうご皮革総合フェア2019」&「第28回たつの市皮革まつり」に立ち寄り、お昼を食べてもらい、ニューレザーコンテストの解説を私が行います。 このニューレザーコンテストは単に見るだけだと「へ~、すごいね」でしかありません。 ヌバックとはどういう加工か?色落ち検査とはなんのために行い、等級は何を意味するのか?このタンナーさんの加工はどう面白いのか、などを解説します。 その後にバスで昭南皮革・オールマイティーという2社のタンナーを訪れ、タンナーの仕事を観てもらう、というものです。 来年なりもどこかのタイミングでバスツアーは開催しますので、興味ある方はまたメールマガジンにご登録ください。 バスツアーの様子はこうだった 総勢21人参加。 多分この人数くらいがタンナーさんに迷惑かけ無いギリギリの数じゃないかな、と思います。 昭南皮革 土曜日はタンナーさんはおやすみなのですが、このツアーにあわせて特別に見学させていただきました。 (気軽に行っていい場所ではないですし、機械が動いていると危険な場所でもあります。 昭南皮革様への問い合わせなどはご遠慮ください。 ) ここは日本でも数少ないピットタンニンなめしをやっているタンナーさんです。 40分ほどかけてじっくりと社長自ら解説していただき、様々な革を見せてもらいました。 オールマイティー これだけの数のタンナーが集積し、様々な革をコンテストで見ることができるのはすごく幸せなこと 過去現在未来において多分今が一番革素材を購入するには幸せといや幸せな時代だと思います。 過去は「ロットがまとまってもメーカーさんに革を直接売るのは嫌だ」と言われました。 現在は「ロットをまとめてくれるならば直接注文くれたら相談のるよ」とタンナーは言います。 革屋さんも「別に1枚からでも定番品ならば喜んで売りますよ」と言ってくれます。 で、未来ではこれだけの数のタンナーや革屋も数が減ります。 需要と供給や跡継ぎ問題など複数の要因が絡み合っています。 これだけの選択肢がある「現在」が革を購入する人にとっては幸せだとすら私は思います。 姫路市とたつの市にタンナーはなぜ多いのか?世界の革の歴史は?などは下記blogをまたご覧ください。 5のレザーフェアは革日和としてこんなことをします 東京レザーフェア会場の9Fにて靴のパタンナーさんや鞄のサンプル師を呼んでセミナーや型紙制作実演を行ってもらいます。 「人に話したくなる革の話ぷち 革の買い方や歴史編」も無料で行います。 また、nijigamitoolという木工作家を呼んで革のワークショップも行います。 上記ニューレザーコンテスト入賞作品を見がてらお立ち寄りくださいな。 鈴木清之 SUZUKI, Kiyoyuki) オンラインライター 東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。 文化服装学院ファッション情報科卒業。 文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。 日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。 現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。 このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。 最近のブログ記事• カテゴリー• 月間アーカイブ•

次の

株式会社 山陽

総合 タンナー

革財布に使われるタンナーの話 世界中に大小数千~数万いるといわれているタンナーですが、その中でも有名なのはほんの一握りです。 今回はそんな一握りのタンナーを紹介しようという趣旨ですね。 ですが、タンナーの質がどうこうというのは正直わかりませんし、格付けも難しいです。 革は使用用途に応じて求められるレベルが変わってくるからです。 財布に使う革と、車のレザーシートに使われる革と、革靴に使われる革が同じ革だと困りますから。 メンズ革財布:経年変化がカッコいい• レディース革財布:シボの深いナチュラルレザー• ハイブランド:きめ細かく美しい あとは珍しさだったり、あまり数の取れない貴重なものは値段が上がります。 基本的には素材の値段がそのまま革質にも表れてきますので、「 高い=良い革」という認識でもいいかもしれません。 ですが、 「高い=丈夫」ということではないので、使う時には注意が必要です。 ・タンナーとは タンナーというのは製革業者のことです。 革を鞣す「tan(タン)」が名前の由来でなんですね。 皮革製造に関わる人たちのことを差す言葉なので、革の染色しかしていない会社みたいに、鞣しをしていない会社もタンナーに含まれたりします。 ですがまぁ、基本的には革を鞣す会社だと思っていて大丈夫です。 国内で有名なタンナーには、 栃木レザーや 新喜皮革などがありますね。 ・皮を鞣すとは もともとの動物の皮は、そのままにしておくと腐ってしまうので、薬品などを使って皮を腐らないように変質させます。 この過程を経て「皮」が「革」になるのです。 鞣す過程で大量の水を使うため、タンナーは水のキレイな土地に集まる傾向にあります。 国内だと、兵庫県(姫路地区・たつの地区)、和歌山、東京にほとんどが集まっているんですよ。 とくに兵庫はタンナーの聖地とでもいうレベルでたくさんのタンナーがあります。 タンナーの紹介 各国のタンナーは大小合わせるとかなりの数になります。 それこそイタリアのサンタ・クローチェ地方だけでも1,000を超えるといわれています。 なので、今回は革財布用の素材として使われている有名なタンナーを中心に取り上げていきます。 並びは、あいうえお順ではなく思いついた順になっているのでご理解ください(O型ですみません)。 日本のタンナー 日本には大小合わせて様々なタンナーがあるみたいですが、僕が分かるタンナーだけ載せています。 やっぱり日本のタンナーというだけで愛着が湧きます。 栃木レザー 株式会社• 公式サイト: 栃木にある老舗タンナーです。 ここの革じゃないとダメっていう熱狂的なファンもいるくらい有名です。 タンニン鞣しだけにこだわって自社で一貫生産しています。 公式サイト :• 公式ショップ: 以前は姫路周辺にある革業者の総称を指していましたが、2013年に姫路レザーブランドを守るために会社として設立されました。 オリジナル混合なめしのアルコタンニンレザーなどを、なんと自社オンラインショップから買うことができます。 有限会社 新喜皮革• 公式サイト: 馬革タンナーとしては日本一だといわれている。 世界でも有数のコードバンを生産できるタンナーとしても有名。 オリジナルブランドとして展開しているウォームスクラフツマニュファクチャーもかなりハイレベル。 宮内産業 株式会社• 公式サイト: 車用や家具用の革をメインに作っているタンナー。 クロム鞣し顔料染めのコードバンも作っていて、本革ランドセル用の皮革素材のシェアは80%を誇る。 フランスのタンナー すごく有名なフランスのタンナーとして、デュプイ社とアノネイ社がありますよね。 両方とも最高品質のカーフレザーを使っています。 実は両社ともエルメスに買収されたという情報があったので、けっこう調べてみたのですが、僕の能力が足らず情報の出処が分かりませんでした(汗)。 革にこだわるエルメスのことなので現実味がありそうですよね。 デュプイ社• 公式サイト: 世界でもトップクラスの最高品質カーフレザーを作るタンナー。 デュプイといえばフランス、フランスといえばデュプイという印象もある。 エルメスなどの高級ブランド御用達になっていて、デュプイの革を使っていることが一種のステイタスになっている。 アノネイ社• 公式サイト: その昔、デュプイから独立した老舗タンナー。 品質はデュプイと肩を並べるほど。 高品質な革として世界中のハイブランドがこぞって求めている。 最近ではデュプイよりも良い革を作れるようになったとか、ならないとか。 イギリスのタンナー イギリスはブライドルレザー発祥の地として知られてます。 紳士の国らしい、紳士の革。 実は、ブライドルレザーが革小物に使われるようになったのはここ最近のことらしいですね。 公式サイト: イギリス最大級の老舗タンナーです。 ファッション用の皮革以外にも、馬具用や産業用、革靴の底用などの皮革も取り扱っています。 革にこだわるワイルドスワンズでもここの革が使われています。 Ltd )• 公式サイト: 国内でブライドルレザーを使っている革財布の中では、このセジュウィック社のブライドルレザーが一番よく使われているのではないでしょうか。 セドウィック社やセジウィック社など、わりと適当に呼ばれている感じがします。 Ltd)• 公式サイト: 手間暇かかる昔ながらの手法を使っていてい、流通量がかなり少ないレアなタンナーになります。 フルグレインブライドルレザーは、革の表面を削らない特殊なブライドルレザーなので耐久力が段違いです。 グレード社(GRADE LEATHER. LTD)• 公式サイト: 老舗だらけのイギリスのタンナーの中で、1991年設立と、比較的新しいタンナーです。 ホームページを見ても、かなり積極的に営業をかけられているみたいで、国内だと吉田カバンなどで使われています。 コノリー社 高級車の内装用の革として、かつて一斉を風靡していました。 今はもう会社自体が存在していませんが、在庫を大量に持っている会社が残っていたり、コノリー社が作ったレザーケア用品はレシピが残っていて流通していて名前は残っています。 ドイツのタンナー クロム鞣しの本場ドイツ。 高級皮革に分類されるボックスカーフなど、気品や色気を感じる革が得意なのです。 ペリンガー社(Perlinger leather)• 公式サイト: シュランケンカーフ、クリスペルカーフなどの高級皮革といえばペリンガーですね。 品質の良さは世界的に有名ですし、排水など環境問題へも真摯に取り組んでいます。 ワインハイム社(Weinheimer Leder GmbH)• ワインハイム自体は出来たばかりなのですが、カールフロイデンブルグから引き継いだ技術には定評があります。 イタリアのタンナー ドイツがクロム鞣しなら、イタリアは植物由来のベジタブルタンニン鞣しです。 すごい数のタンナーがひしめき合っていますが、有名なタンナーは少ないですね。 イタリアンレザーといってもタンナーがたくさんあるので、どこのタンナーか分からないメーカーだとギャンブル的な要素もあったりして。。。 バダラッシ・カルロ社(BADALASSI CARLO) 昔ながらのバケッタ製法で革を作る数少ないタンナーです。 革作りの学校で教授をしていたカルロ氏が、自分の理論を実証するために作った会社という異色の経歴があります。 比較的新しいタンナーですが、ミネルバ・ボックス、ミネルバ・リスシオ、ナッパCBなど、ガッチリとハートを鷲掴みにするヤバすぎる革を作っています。 ワルピエ社(walpier)• 公式サイト: 高級皮革のブッテーロを作っているタンナーです。 発色が良く、経年変化もいい感じなので革財布ではよく使われる皮革素材ですね。 本当に幅広く使われています。 オリーチェ社• 公式サイト: トスカーナ地方のタンナーで、ベジタブルタンニン協会に入っています。 日本ではグレンチェックのオリーチェシリーズに使われていますね。 ブランド名にもなっているので独占契約になっているのかもしれません。 ベルギーのタンナー ベルギーは一社だけが非常に有名なわけで、他のタンナーは分かりません。 ただ、その一社がとんでもなく良い物を作っているんですよねぇ。 マシュア社(masure)• 公式サイト: サドルプルアップという銘革で世間を圧倒しているタンナーです。 オイルたっぷりの革で、そのポテンシャルの高さには革好きが絶賛してしまいます。 アメリカのタンナー アメリカも有名なタンナーは一社しかありませんね。 ほら、あそこですよ。 あそこ。 ホーウィン社 公式サイト: シェルコードバンと呼ばれる世界最高のコードバンと、クロムエクセルレザーという混合なめしの特殊な皮革が有名です。 特にシェルコードバンは人気が高く、材料になる農耕馬が少なくなっている事もあって、年々貴重になっています。 まとめ いかがでしたか。 一口にタンナーといっても様々な種類のタンナーがあることが分かってもらえたと思います。 一応、革財布に使われるタンナーはそこそこ紹介できたと思いますが、「このタンナーが足りないぞ!」とか、「情報足りないんじゃないの~?」というご意見は随時お待ちしています。 また何か発見したら追記していきますね。

次の