うっかり ミス 多い。 仕事のミスが多いあなたへ〜ミスを減らす!対策16選〜

仕事で失敗が多い人へ。うっかりミスを防止するための対策4選。

うっかり ミス 多い

仕事における単純なケアレスミスをなくす方法を考える前に、ケアレスミスとなる原因を探しましょう。 ケアレスミスとなる原因の中には、メールのタイピングミス、仕事に必要な備品の忘れ物、単純な伝達ミスなどあります。 これらが原因で起こるケアレスミスは、いつ起こるかは解りません。 笑って許されるうっかりミスなら良いですが、それが重大なミスを呼んでしまうかもしれません。 こうしたうっかりミスが起きてしまうのは、何が原因なのでしょうか。 ケアレスミスをなくす方法を見る前に、まずはその原因を知りましょう。 ケアレスミスの原因は複数案件の同時進行が多数 仕事でのケアレスミスの原因は「うっかり」という心の油断から起きてしまうケースがほとんどです。 普通にしていれば何なくできる事なのに、あれこれ自分で仕事を抱えていることが原因で、うっかりミスになるのです。 そうしたミスが起きる原因の一番は、やはり「仕事量」ですよね。 仕事の案件をあまり多く抱えすぎるのもミスが増える原因ですので、仕事量を少なくすることも考えましょう。 そうすれば、うっかりミスも見落とすことが減るでしょう。 仕事でケアレスミスをしてしまう人の特徴とは? 仕事のケアレスミスは笑って許されるミスもあるかもしれません。 が、ケアレスミスをなくすことなく、小さなミスが積み重なってしまうと「またアイツか!」と言われるようになってしまいます。 結果的にケアレスミスが原因となって信頼を失ってしまうかもしれません。 うっかりケアレスミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。 上司からの指示などを後周しにする人は、結果的にそれを忘れてしまう場合が多く見られます。 ケアレスミスをなくすためには、効率を重視するのも確かに大事な事ですが、言われた事は、できる事からサクサク片付けた方が良いケースもあるという事です。 例えば、朝の時間にギリギリの時間まで寝ているなど、忘れ物や寝過ごしなどのケアレスミスをしやすいです。 時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。 ケアレスミスをなくすためにも、日頃から余裕を持つよう心がけましょう。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がケアレスミスをなくす結果につながります。 まだあった!ケアレスミスを犯す人の典型的な5つの特徴! 上記以外の特徴にも、ケアレスミスをする人の典型的特徴があります。 仕事でケアレスミスをなくす方法は? ケアレスミスをしてしまう人の特徴について見ていきました。 それでは最後に、仕事でケアレスミスをなくす方法について見ていきます。 これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。 ケアレスミスをなくすことで、指摘を受ける回数も減り、仕事の評価も上がりますよ。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 確認することで、ケアレスミスをなくしていきましょう。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がミスをなくす方法につながります。 社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事です。 それを防ぐ為には、一度してしまったミスを覚えておく事です。 また、ケアレスミスをなくすためには、何かのメモなどに書き留めておくのが効果的でしょう。 もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。 このうっかりミスをなくす方法も、いろいろな場面で応用してみてください。 気にしすぎないことが大事!万一ケアレスミスをした場合は事後対処を ケアレスミスをすると、その分だけ信頼が下がってしまいます。 スピード重視のタイプ、正確さ重視のタイプ、バランス型のタイプ。 自分に求められている仕事のスタイルは何なのかを把握する事も非常に大切です。 ケアレスミスはしないに越した事はありませんので、うっかりミスをなくす方法を知る事は大切です。 しかし、ケアレスミスが起きてしまう事はあります。 そうした時には、その後の対応もしっかりする事が大切だと覚えておきましょう。 仕事でのうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法は「マメな再確認」と「メモを工夫する」の2点! 仕事における単純なうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を見ていきましたが、いかがでしょうか。 ケアレスミスが発生するのには、いくつかの原因がありますが、それを引き起こす人にも共通の特徴があることが分かりました。 ケアレスミスをしてしまうと周りに迷惑がかかってしまいますし、上司からため息がもれてしまいますのでなくす努力をしていきましょう。 またケアレスミスをなくすには、日常から時間や気持ちに余裕を持つ事が大切になってきます。 確認とメモの2点に注意して仕事を進めましょう。

次の

仕事でミスを連発する人は「トヨタ式」に学べ 原因を知り、共有し、精神論で終わらせない

うっかり ミス 多い

1.ケアレスミスが多い原因 ケアレスミスは、ミスが起きる理由がいくつもあります。 たとえば……• 指示を忘れたので、ケアレスミスをする• 思い込みで行動してミスをする• 文章を読み飛ばしたので、ケアレスミスをする• 言われたことが理解できないので、自分流で行動してミスをする• 聞き間違いをしたのでミスをする• 頭が働いていないときに行動して、ミスをする このように、ケアレスミスは原因がいくつもあり、いつどの原因でミスをするかわかりません。 過去に戻ってやり直すならいつ?ってたまに聞いたり見たりするとき、思い巡らせてまぁ…今のままでいいやとなるんだけど、仕事の時に「なんでここにハンコ押しちゃった?! 」とかのケアレスミスで1分前に戻ってやり直したいってのはよくある — ゆーき yukinycomu その結果、常にミスを心配するようになって、マイナス思考に陥ってしまいます。 そして注意をしているのに、ケアレスミスをしてしまうことが起きます。 ですから、常日頃から行動の一部に対策を組み込んで、習慣化することがミスをなくす第一歩になります。 それでは、次の章から対策方法をご紹介します。 2.思い込みで行動してミスをする 思い込みとは……ある考え方に執着し、合理的な推定の域を超えていること。 Wikipediaから引用 思い込みの問題点とは強く信じすぎてしまうために、問題になるところですね。 人の言ったことを思い込んでしまうと、 誰かに間違いを指摘されるか、ミスをするまで気付けません。 そのため、思い込んで間違えそうなところを、あらかじめ対策することが必要です。 例を挙げます。 たとえば、あなたが仕事をしているときに『あの書類を直しておいて』という指示があったとします。 このとき、 思い込みを起こさないためにする質問はこちらです。 書類を直してと言われたが、どのように直すのか?• 書類をいつまでに直すのか?• 書類を直す手順はわかっているのか?• 書類の訂正する箇所は、自分が考えている箇所と合っているのか? もし、ひとつでも思い当たる節があれば、質問して事前にミスを防ぎましょう。 また、 指示内容を「いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように」という5W1Hの見方で整理すると、誤解が減ります。 5W1Hとは……情報伝達のポイントのこと。 5W1Hにあたる内容を相手に伝えるようにすると、情報をわかりやすくできる。 コトバンクから引用 ためしに、先程の疑問点を5W1Hに照らし合わせます。 そうすれば、思い込みが起こる前に疑問を解消することができ、ミスは減らせます。 私の話を全然聞いていないのか!! と怒られます。 怒られないためには、 指示内容の一部を聞き直すように意識することです。 たとえば「今日の15時30分に東京駅に集合して」という指示を受けたとします。 このとき、何時に集合するのかだけ忘れてしまったら、「今日は東京駅へ何時に行けば良いですか?」と聞き直すのです。 または「今日の予定ですが、何時に集合するのか時間だけ忘れてしまったので、教えてください」と質問しても良いです。 そうすれば、話を聞き直された側も、「ああ、集合時間だけわからないんだな」と思って教えてくれます。 話をまるごと聞いていなかったという印象にはなりません。 4.指示の聞き間違いでミスをする 聞き間違いというのは、 APD(聴覚情報処理障害)という障害が起きている可能性がある症状です。 APDを簡単にいうと、相手の話す言葉を覚えることが苦手になる障害です。 しかも、この障害は身体検査で耳に問題がない人にも、起こりうる障害になります。 APD当事者の具体的な悩みとしては• 言葉自体がよく聞き取れなくて、相手の言っていることがわからない• 言っていることは聞き取れるけど、言っていることの意味がわからない• 言葉の意味を間違えてしまう こういった症状があります。 あなたは、心あたりがありますか? 聴覚情報処理障害かもしれない 言葉の音が聞こえても意味わからないこと多々ある — 栃倉は筆談で暮らしたい harpsealisgod 「もしかしたら……」と思うことがあれば、APD(聴覚情報処理障害)かもしれません。 その場合、聞き間違いの対策はこのようなものがあります。 4-2.シミュレーションをする 何度も同じ内容の聞き間違いをしている場合は、 経験にして身体で覚えるという方法があります。 たとえば、お菓子のケーキを作ってくださいという指示があったとします。 ケーキは色んな材料が必要になりますよね。 小麦粉だったり、砂糖だったり、ベーキングパウダーだったり……これを 一度で覚えるのは難しいです。 仕事であっても、何度も確認してしまいます。 小麦粉の重さと粉砂糖の重さを、聞き間違えてしまうかもしれません。 気温も分量も湯煎の温度も気にしなきゃいけないデリケートな作業を要するお菓子作りはADHDにとって鬼門 — 🍬つーこ🍭 25mnts ですから、このような場合は何度もシミュレーションして、身体に覚えさせます。 最初はメモを見ながらやってみます。 最初にやることを覚えたら、次の工程までをメモなしでやってみます。 一つずつ着実に覚えていくことで、全体像を だんだん 理解できていきます。 この方法は習得までに時間がかかりますが、間違いがだんだん減りますし、作業スピードが早くなります。 しかし、シミュレーションをするときに、気をつけたいポイントがあります。 ポイント 落 ち着いた環境で、実物を使いながら練習する。 ADHDは気が散りやすいので、他人が近くにいると集中力がなくなります。 そのため、自分1人でいるタイミングで、シミュレーションすると覚えやすくなります。 しかし、 イメージする力が弱い場合は、実物を使って練習するといいです。 説明書を読むだけや、頭の中でシミュレーションをしているだけだと、100%の再現はできません。 実際にモノを触ったときに 『あれ、思っていたのと違う……』となることがあるからです。 ですからシミュレーションは、実際のモノを使ってやるのがオススメです。 そして、シミュレーションをしたら理解ができているかを確認することが必要です。 頭にインプットをした後、正しくアウトプットできているかを確認しないと再びミスをしてしまうからです。 先ほどのケーキ作りの例で言うならば…… メモを見ながらケーキ作りのシミュレーションをする。 という流れでミスをなくしましょう。 なので、この2つを合わせて実践してみてくださいね。 まとめ ADHDはしんどいぞ。 ADHDは変化に弱く、いざ改善しようとすると心身が疲れてしまうからです。 そのため、一つずつ着実に改善できてから、次に進もうと考えた方が続けやすくなります。 また、ケアレスミス対策は細かいことが多いです。 『なんで、こんなに面倒なことをしないといけないの……』と思って、改善行動が続かないこともよくあります。 そこで、覚えておいてほしいことがあります。 改善行動が続かないことがあっても、全部の改善を1度にできなくても、問題ないということです。 改善行動は自分の意思でやることなので、個人のペースを優先することが一番です。 昨日から一つ一つの行動を再確認しながら過ごしています。 そうしないとケアレスミスをごまかすことばかりしてしまいそうなのです。 僕にとってはとても苦痛な作業だけど、変われるタイミングは今しかない予感がしました。 少しでも生きやすいように 足掻いてみます。 むしろ1ヶ月に1つの改善でもいいので、 改善した経験を積み上げることが大切だと思います。 無理せず、ちょっとずつケアレスミスの対策をやってみてくださいね。

次の

うっかりミスは改善デキる!不注意型ADHDはワーキングメモリを鍛えよう

うっかり ミス 多い

の著者であり、脳科学・認知科学に詳しい学習コンサルタントの宇都出雅巳さんは、人間が一度に注意を向けられることには限界があるという前提に立つと、こうしたミスは劇的に減ると指摘します。 本記事で取り上げる仕事のミスは「アテンションミス」。 注意にかかわるミスであり、「うっかりミス」や「見落とし」などです。 ミスの規模は小さくても、ミスの代償は大きな損害や事故につながることも少なくありません。 たとえば巨大システムのプログラムミス。 ほんの1行分の誤りが、銀行のATMシステムや飛行機の運航システムなどをダウンさせて、何十万、何百万もの人に影響を与えたりもします。 または証券会社の営業担当者が犯した入力ミスが、数百億円の損害をもたらしたこともあります。 株価と株数の数字を入れ替えて入力してしまったミスでした。 コンピューターの普及とネットワーク化により、今の時代は「うっかりミス」が「うっかり」で済まされない時代にもなっているのです。 では、この「アテンションミス」はなぜ起きるのでしょう。 「もっと注意しろ」と言い聞かせて防ぐことができるなら苦労しませんが、そうはいかないようです。 そのメカニズムを見ていきましょう。 ハーバード大学発の実験動画 「人は世界をそのまま見ているようで見ていない」 これはここ数十年、急速に研究が進んでいる認知科学で明らかになっている事実です。 私たちは世界をそのまま見ていると思っていますが、目から入った情報は脳で処理されることで初めて認識できます。 つまり、私たちは「眼」ではなく「脳」で見ているのです。 これが認知科学の研究が明らかにしてきた事実です。 そして、アテンションを向ける対象が変わることで、見えるもの、見えていないものが出てきてしまうのです。

次の