どんな とき も wifi マンション。 アパート・マンションでネットを使いたいときは「どんなときもWiFi」がおすすめな理由7選!

速度改善!どんなときもWiFiは遅いのか検証【2020年】

どんな とき も wifi マンション

通信障害の復旧のめどがたたず、4月6日以降、販売が停止されました。 現状では「どんなときもWiFi」の契約をオススメできません。 動画もサクサク再生されれるし、一日中ネットを使ってもマジで速度制限されません! スマホとパソコンを同時につなげても余裕があり、自宅用インターネットにももってこいです! 今すぐネットが必要な人には「 マジで使ってみて!」と言いたいです。 さらに 2020年5月10日まで初期費用3,000円が無料になるキャンペーンが開催されています!人気急上昇なので、申し込みはお早めに! もくじ• どんなときもWiFiはマンションの高層階まで電波は届くの? どんなときもWiFiはスマホの電波を使ってネットに接続するポケットWiFiです。 具体的には docomo、au、SoftBankの電波を利用します。 最近では、スマホがつながらない場所ってないですよね? スマホなら高層ビルの上層階でも、極端な話、山の頂上でも普通にネットが見れますよね。 それと同じ仕組みなので、どこでも快適にネットを利用することができます。 壁や床に強いから部屋の奥まで電波が届く よくあるWiMAXだと建物の中にはいると電波が届かなくなる、なんていわれます。 これはWiMAXが使っているWiMAX回線が壁や床など障害物に弱いからです。 しかし どんなときもWiFiは障害に強い、docomo、au、SoftBankのLTE回線を利用します。 なので、 奥まった場所にある住戸でも、部屋のすみっこでも、十分電波が届き、ネットが使えるわけです! 電波を安定させる仕組みがある 上で解説したように、どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの電波が利用できます。 しかも、「 使う場所によって一番強い電波に自動接続」します。 だから いつでも電波が安定しているんです。 すごいチップが入っている さらに、どんなときもWiFiの中には、「 すごいチップ」が入っています。 このチップは、アップルやサムスンを抑え、 世界シェアNo. 1のクアルコム社製です。 クアルコム社製のチップのおかげで電波が安定して、ネットがサクサク見られるんです。 私自身、 NEXTmobileやWiMAXなど、いろんなポケットWiFiを試してきましたが、 ネットの速さや安定感では「どんなときもWiFi」が圧倒的にいいです。 たとえば、家族三人が同時に別々の動画を見ることだってできますよ! また、本体から10mくらい離れても接続することができます。 リビングでも、自分の部屋にいても「どんなときもWiFi」を利用できるわけですね。 速度制限がないからストレスがない 他のポケットWiFiだと、月7GBまで、3日で10GBまでなど、ネット利用に制限がついています。 しかし、マンションで家族と共有するなら速度制限があるサービスはNGです。 みんなで使うとネットを使う時間や量も増えるので、すぐに速度制限がかかります。 「どんなときもWiFi」であれば、データ容量無制限。 どれだけネットを使っても速度制限にひっかかることはありません。 残りのギガ数を確認したり、他の人に気を使う必要もありません。 どんなときもWiFiをマンションで使っている人の口コミ 私自身、自宅のマンションで「どんなときもWiFi」を使っていて、快適にネットを利用しています。 マンションタイプのフレッツ光(100Mbps)より遥かに良い。 — アラサーSE投資家 SE69946893 まとめ このページのポイントは以下の通りです。 どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの電波を使う• スマホが使える場所ならどこでも利用できる• 鉄筋コンクリートの建物内でも大丈夫!• 高層階でも低層階でも利用できる• 同時に5台まで接続できるから家族で一緒に使える• 速度制限がないから残りのデータ量を気にせず使える• マンションで使っている人が多く、評価も高い• もし使ってみて満足できなければクーリングオフできる ポケットWiFiって利用エリアがせまい、建物内だと電波が弱いってイメージがありましたが、どんなときもWiFiは全然余裕でした。 私自身、マンションで自宅用に使っていますが、まったく問題なく使えています! 「どんなときもWiFi」は口コミでもかなり評価が高く、人気があります。 購入を決めている人は早めに申し込みましょう!.

次の

高層階タワーマンション・高層マンションでWiMAXをおすすめできない理由とは?

どんな とき も wifi マンション

同じく3大キャリアの回線を完全無制限使えるWiFiではどんなときもWiFiが有名ですよね。 この2つのポケットWiFiですが、 一体どちらがお得なのでしょうか? このページでは、3大キャリアを完全無制限で使える 「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」を徹底比較。 端末や 通信速度・月額料金だけでなく、 通信速度の実測結果や端末のレビューについても紹介しているので、どちらを契約すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。 それではさっそく見ていきましょう! Mugen WiFiとどんなときもWiFi 2つのポケットWiFiの比較ポイント• 契約できる端末とスペック• 初期費用や月額料金などの費用• 海外での利用料金や対応国 以上の3つの比較ポイントについて、それぞれ見ていきましょう。 契約できる端末を比較 Mugen WiFiとどんなときもWiFiでは、契約できる端末に違いはあるのでしょうか?各端末のスペックについて徹底比較しました。 Mugen WiFiで契約できる端末 Mugen WiFiは、U2sとG4の2つの端末が契約可能です。 U2sはWifi機能のみが備わったよくある普通のポケットWiFi。 G4はWiFi機能に加えて、翻訳機能や充電器機能がついています どんなときもWiFiで契約できる端末 どんなときもWiFiで契約できる端末は「D1」1種類のみ。 写真を見て気づいた方もいるかもしれませんが、D1は、名前が違うだけでMugen WiFiのU2sと同じ端末です。 最大通信速度や使用可能エリア等のWiFi機能は、どの端末も同じ。 G4は基本的なWiFi機能に加えて、 翻訳機能・充電器機能がついているため、海外によく行く方や、スマホの充電器が手放せない人にはおすすめです。 詳細は以下の表をご確認ください。 Mugen WiFi どんなときもWiFi 端末 G4 U2s D1 機能・ スペック WiFi機能 + 翻訳機能 ・充電器機能 WiFi機能のみ 通信速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 連続 通信時間 バッテリー 12時間 12時間 月額料金と契約内容を比較 ここまで各端末について比較してきましたが、気になるのは 「結局いくらで使えるの?」ということですよね。 ここからは、Mugen WiFiとどんなときもWiFiの契約プランや料金の比較結果を紹介します。 先ほどもお伝えしましたが、Mugen WiFiとどんなときもWiFiは、使用できる回線が同じなので、 通信可能エリアや通信速度に変わりはありません。 そのため、 月額料金が安い方を契約するのが、賢い選択。 結論からお伝えすると、月額料金最安は、 Mugen WiFiのU2s。 どんなときもWiFiの料金と比較すると、2年間総額で 約9,000円も安くWiFiを利用することが可能です。 比較表のチェックポイントまとめ 3 Mugen WiFiの支払いはクレジットカードのみ Mugen WiFiの支払い方法は、 クレジットカードのみ。 どんなときもWiFiは口座振替でも申し込みが可能です。 ただし、どんなときもWiFiを口座振替で契約した場合、月額割引がなくなります。 この場合、クレジットカードでの支払いより2年間総額で2万円以上も高くなってしまうので、口座振替に強いこだわりがなければ、 クレジットカードを契約してMugen WiFiを選ぶのがおすすめです。 海外での利用料金や対応国を比較 Mugen WiFiとどんなときもWiFiは、どちらもそのまま海外に持っていくだけでWiFiが使えます。 では、その利用料金や料金体系はどうなっているのでしょうか。 海外の利用料金においても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiよりも安い結果となりました。 料金は1日ごとの定額制で、海外での利用がなければ費用は発生しません。 面倒な手続きは不要で、 電源を入れるだけで自動接続してくれるので利便性が高いです。 【実録】端末レビュー!実際の速度や操作性は? ここまでは公式ページなどの情報について比較してきました。 しかし重要なのは、 実際の速度や操作性についてですよね。 ここからは、当サイトで実際にMugen WiFiとどんなときもWiFiを使ってみたレビューを紹介します。 本当に速度は同じ?Mugen WiFiとどんなときもWiFiを速度比較 使える回線が同じとはいえ、本当に速度は同じなのでしょうか?Mugen WiFiとどんなときもWiFiの端末を使って、実際に速度を測定してみました。 測定条件 計測日:平日12時頃 場所:東京23区内 下り Mugen WiFi どんなときもWiFi G4 U2s D1 1回目 9. 0Mbps 33. 7Mbps 32. 8Mbps 2回目 12. 7Mbps 12. 9Mbps 22. 7Mbps 平均値 10. 9Mbps 23. 3Mbps 27. 8Mbps 上り Mugen WiFi どんなときもWiFi G4 U2s D1 1回目 8. 5Mbps 26. 0Mbps 25. 8Mbps 2回目 9. 0Mbps 10. 2Mbps 25. 3Mbps 平均値 8. 8Mbps 18. 1Mbps 25. 6Mbps 最新機種のMugen WiFi「G4」は、Webサイトの閲覧やSNSの利用などではストレス感じることなく利用ができるものの、実測値はやや苦戦する結果になりました。 Mugen WiFiのU2s、どんなときもWiFiのD1はほぼ同速度がでましたが、安定性はどんなときもWiFiの方が優位という印象です。 Mugen WiFiとどんなときもWiFiの測定結果まとめ• 最新機種G4は、やや遅い印象• Us2とD1はほぼ同様の速度がでた• 安定性はどんなときもWiFiの方がやや優位 【U2s】の端末レビュー!シンプルなWiFi機能のみで使いやすい Mugen WiFiとどんなときもWiFi共通のU2s端末は、シンプルな作りで操作が簡単です。 セット内容はこちらです。 マニュアル、本体、充電ケーブルが同封されています。 端末はとてもシンプルなつくり。 ボタンも1つのみなので、操作に迷うことはありませんでした。 電源ボタンは側面にあります。 数秒押すと電源がつきます。 端末裏面に、SSIDとパスワードが記載されているので、お手持ちのスマホに入力してください。 入力からしばらくは、WiFiマークが点滅しています。 数分後、点滅しなくなったら接続完了です。 翻訳&充電機能付「G4」レビュー!思ったよりも高性能 ここからは最新機種「G4」のレビューをしていきます。 公式ページには 「翻訳機能&充電器機能付」という記載だけでしたが、他にも旅行先で使える便利な機能がありました!順番に紹介していきます。 まずはセット内容の写真です。 マニュアル、端末、SIMピン、ケーブル2つ 端末を充電する用、充電器として使う用 が入っています。 端末の裏面と横面の写真。 大きさはiphoneXRとほぼ同じです。 起動すると以下の画面になります。 スマホとほぼ変わらない見た目です。 公式ページでは「翻訳機能&充電器機能付」との記載がありましたが、Googleマップやトリップアドバイザーで各国の情報収集もできることがわかりました。 G4端末は、スマートフォンのような使用感で、 視覚的・直感的に操作することが可能です。 普段iPhoneを使っている筆者ですが、 マニュアルをほぼ見ることなく、スムーズにWiFiに接続することができました。 まとめ Mugen WiFiとどんなときもWiFiを比較してきましたが、いかがでしたか? 2つのポケットWiFiを比較した結果、Mugen WiFiの方が以下の理由によりおすすめという結論になりました。

次の

【どんなときもWiFi】ゲーム配信できる?賃貸マンションのネット回線に満足できない人のために調べました!: 【WiMAX】激分かり!

どんな とき も wifi マンション

2社の比較するポイント• 契約期間• 端末のスペック• 通信速度• 速度制限• 通信可能エリア これらの違いやそれぞれの良い点と悪い点を含めてサービス全般を徹底的に比較します。 料金形態の比較 料金についてですが、どんなときもWiFiは1つの会社で提供していますが、WiMAXは複数のプロバイダによって料金が異なるため一番安く利用できるの料金をもとに比較します。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 (初月) 2,170円 (初月〜2ヶ月) 3,480円 (〜24ヶ月まで) 3,480円 (〜36ヶ月まで) 3,980円 (25ヶ月〜) 4,263円 (37ヶ月〜) 契約事務手数料 3,000円 3,000円 端末代金 無料 無料 解約時の端末返却 返却が必要 返却不要 この比較表を見るとどんなときもWiFiは契約期間が2年で一律で月額料金が3,480円ですが、WiMAXは初月〜2ヶ月までの料金は安く設定されています。 WiFi端末がレンタルと返却不要の違い また契約事務手数料は3,000円、WiFi端末利用代金は無料と2社に差はありません。 ただし提供されるWiFi端末(ルーター)はどんなときもWiFiの場合 「レンタル提供」となるため解約時には 返却が必須です。 auとWiMAXのセット割りの正式名称は「auスマートバリューmine」と言います。 例えばauスマホのフラットプラン20GBを使っていたとすれば、毎月1,000円の割引が適用されます。 その場合の料金を比較した場合は以下となります。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 3,480円 セット割なし -1,000円 auスマートバリューmine 実質3,480円 実質 2,480円 もしもauスマホを契約しているなら毎月の費用がどんなときもWiFiよりも最大で1,000円も安くなります。 WiMAXのセット割りが適用されるauスマートバリューmineについては以下で詳しく解説しています。 通常の月額料金であれば両者の料金形態は互角です。 ただしauスマホユーザーであればWiMAXとのセット割を適用するとWiMAXの方が総合的に安くなります。 またどんなときもWiFi側は端末は解約時には付属品もすべて揃えてへ客が必要。 契約期間の比較 次は契約期間や契約途中の解約による解約金の比較です。 どんなときもWiFi WiMAX 契約期間 2年 3年 契約解除料金 1〜12ヶ月 19,000円 19,000 13〜24ヶ月 14,000円 14,000円 25ヶ月以降 9,500円 9,500円 更新月( 無料解約月) 25ヶ月目(2年) 49ヶ月目(4年) 37ヶ月目(3年) 73ヶ月目(6年) 契約期間と更新月はどんなときもWiFiが1年だけ早い2年毎の自動更新で、WiMAXは3年契約(3年毎の自動更新)となっています。 ただし25ヶ月目以降もどちらも契約を続けた場合は途中解約はどちらも9,500円の解約金となります。 契約期間を考えるとどんなときもWiFiの方が短いスパンでサービスの乗り換えが可能。 通信端末の比較 どんなときもWiFiで取り扱いのある通信端末は1台、WiMAXでは4種の通信端末を取り扱っています。 取り扱い最新機種「1種」 グローカルネット「D1」 (持ち運びタイプ) 下り速度:150Mbps 上り最大:50Mbps 同時接続台数:5台 無線LAN 2. 持ち運びタイプのWiFi端末もあれば、自宅に据え置きのホームルータータイプも2種類ずつ用意されています。 速度や接続台数の上限などを比べるとやはりWiMAXで取り扱いのある通信端末の方がスペックが勝っています。 関連記事• 通信制限・速度制限の比較 次にパケットデータを大量に消費することによる通信制限についての比較です。 この2社はそれぞれ通信制限にかかる条件は異なっています。 どんなときもWiFi WiMAX 通信制限・速度制限について 直近3日による速度制限 なし 3日間で10GB超えた場合は翌日に速度制限 速度制限実施時の速度 384Kbps 1Mbps どんなときもWiFiの強みは短い期間にいくらパケットデータを使っても通信制限・速度制限の実施は行わないとしています。 基本的に無制限という認識でいて良いとは思いますが、大量のダウンロードなどによる過度な大量通信を行った場合などは速度制限を実施する可能性があると公式サイトには書かれています。 関連記事• どんなときもWiFiとWiMAXのまとめ WiMAXとどんなときもWiFiはどちらもパケットデータがたくさん使えるWiFiサービスには違いはありませんが、細かく比較していくと違いも多くありました。

次の