統合失調症 映画。 精神障害を扱った映画【4】 精神病(統合失調症、双極性障害等)、精神病院など

【映画 路上のソリスト】統合失調症初期が理解できる【精神科ナース必見】

統合失調症 映画

インターネットの普及などで、情報が、早く広く伝わるようになったせいでしょうか。 実際、僕の友達にも、統合失調症やうつ病に悩まされている人たちがいます。 パニック障害とか躁うつ病とか、他にもいろいろ聞きますね。 やはりストレス過多の時代が原因なのでしょうか。 実生活 このジョン・ナッシュという人物は、確かに誰もが認める天才数学者だったのですが、その人生は、とてもドラマチックです。 映画の批評欄でも、数々そういったエピソードが、書かれていますね。 この映画と実像は、相違点が多いと言われています。 映画では、ラスト・シーンで、ノーベル賞を受賞したジョン・ナッシュが、ジェニファー・コネリー演じる妻のアリシアに感謝の言葉を贈るという場面があります。 実生活では、夫婦は離婚もしており、統合失調症の治療において、実際に闘病生活の手助けをしたのは、実の娘さんであったとも言われているようです。 その他にも、同性愛者疑惑であるとかもありました。 一度ジョン・ナッシュ夫妻は、離婚したんですが、また同じ配偶者同士で、再婚もしています。 ノーベル賞受賞 この映画のテーマは、統合失調症にもめげずにノーベル賞を受賞した努力と内助の功を発揮した妻の存在が、大きなテーマになっています。 しかしながら、先にも書きましたが、実際には、ナッシュ夫妻は、離婚をし、また同じ夫婦で再婚をしています。 決して、映画で描かれている夫婦像とは、違っていたようです。 とはいえ、かなり以前、やはり映画で、ラジウムを発見した夫妻を描いた「キューリー夫人」という映画を観たことがあります。 やはり夫婦愛と研究にかける夫妻の情熱をテーマに描かれたと思うんですが、実際、キューリー夫妻も、あまり夫婦仲は、良くなかったとか聞きました。 ただし、彼らの功績というのは、人類の大きな財産になっていますね。 結婚って、難しいものっていうことかもしれません。 ラッセル・クロウとJ・コネリー 主演のラッセル・クロウは、僕の中では、「グラディエータ」や「 L. コンフィデンシャル」に観られるナイスなタフガイのイメージなんです。 でも、この「ビューティフル・マインド」では、繊細な数学者の役をしっかりと表現しましたね。 また、妻のアリシア役を演じたジェニファー・コネリーも、良妻役が、はまってました。 ちょっと美人過ぎる印象はありましたけどね。 お父さんのショーン・コネリーも、喜んでいたことでしょう。 フェルマーの定理 数学に関するお話なんですが・・。 僕は、あまり数学は得意ではありませんでした。 学生時代に、数学の授業で、「フェルマーの定理」という話を聞いたことがあります。 近年まで、数学界最大の難問といわれてきた定理です。 17世紀の数学者、フランスのフェルマーが、残した定理なんですが。 彼は、ある数式の証明を本の余白に記すと残したまま亡くなってしまいました。 結局、その答を記したメモが見つからず、それから360年間も、数多の数学者が、その数式の答えを証明することに挑戦しましたが、誰も説き明かすことができませんでした。 アンドリュー・ワイルズ この数式の証明をしたのが、イギリスの数学者アンドリュー・ワイルズです。 何でも、10歳の時に、フェルマーの定理を証明しようと決めていたそうですね。 多くの数学者が、このフェルマーの定理に挑戦し、生涯かけて挑んでも、証明できなかったのです。 アンドリュー・ワイルズも、この挑戦に反対されたとか。 命がけの挑戦だったんですね。 こう考えると、人間の英知というのか、心理を探求するという行為は、勇気と行動力のいることなんだなぁと思いますね。 今日も、映画とは関係のない部分の記事が多かった気がします。 ゴメンナサイ! では、また次回にお会いしましょう。

次の

統合失調症

統合失調症 映画

特定のに対して言及しており、• に対する知識の普及を以ってへのを促し、• の解消に勤め偏見のない社会に資する 病気に関する映画で、• 特定疾患を主題としていない映画(=特にその疾患でなくとも内容に大きな差はない映画)(等)• 一般的な人間愛や医療倫理を主題とした映画(等)• 架空の疾患(等) は特定疾患を扱った映画一覧には含めない。 凡例 [ ]• 『邦題』 原題 公開年 製作国 疾患名、病名、その他情報 あ行 [ ]• 『』 1964年 日本 (書簡集『愛と死をみつめて』(実話))• 『』 Iris 2001年 アメリカ・イギリス (原作『アイリスとの別れ』に基づく実話)• 『』 I am Sam 2001年 アメリカ• 『』 Away from Her 2006年 カナダ• 『』 2006年 日本• 『』 1969年 日本 (実際に熊本県ので起きた(通称、黒髪校事件)を題材にした実話)• 1975年 フランス 「レ・ミゼラブル」で有名なフランスの小説家の娘アデル・ユーゴー の実話• 『』 Analyze This 1999年 アメリカ• 『』 Analyze That 2002年 アメリカ• 『』 Still Alice 2014年 アメリカ• 『』 Love Story 1970年 アメリカ (エリック・シーガル原作)• 『』 2018年 日本 (監督)• 『』 1952年 日本 (監督)• 『』 2004年 日本 (実話、木藤亜也『1リットルの涙』エフエー出版)• 『』 1957年 アメリカ• 『』 The Lost Weekend 1945年 アメリカ• 『』 The King's Speech 2010年 イギリス• 『』 The Elephant Man 1980年 アメリカ・イギリス 顔面,,かつて言われていたはまちがい(実話)• 『』 1958年 日本 (原作:「女の防波堤」。 監督) か行 [ ]• 『』 2010年 中国・香港• 『』 THE OTHER SISTER 1999年 アメリカ• 『』 2008年 日本• 『』 The Fault in Our Stars 2014年 アメリカ 、• 『』 Gleason 2017年 アメリカ ALS(筋萎縮性側索硬化症)• 『』 The Notebook 2004年 アメリカ• 『』 1958年 日本 (原作。 監督)• 『』 1989年 日本 (原作。 監督)• 『』 2004年 日本 (原作。 監督)• 『』 1952年 日本 (『』原作。 監督)• 『』 ADAM 2009年 アメリカ• 『』 1973年 日本 (原作。 監督)• 『』 Mr. Jones 1993年 アメリカ• 『』 1940年 日本 (原作。 豊田四郎監督)• First Do No Harm 1997年 アメリカ (疒眞頁)(疒閒)《てんかん》(実話)• 『』 1968年 日本 症()(原作。 監督)• 『この手に希望を~ME/CFSの真実~』 2018年 日本 ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎・)(監督)• 『』 2003年 日本 ,• 『』 2018年 日本 (実話) さ行 [ ]• 『』2016年 日本 (実話)• 『』 Sally 2000年 アメリカ• 『』 You're Not You 2014年 アメリカ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)• 『』 Shame 2011年 イギリス• 『』 1949年 日本 (原作:菊田一夫「堕胎医」)• 『』 Shine 1996年 オーストラリア (実話)• 『』 Shutter Island 2010年 アメリカ• 『』 Now Is Good 2012年 イギリス 白血病• 『』 GIRL INTERRUPTED 1999年 アメリカ DSM-IV , ICD-10 (実話)• 『』 Something for Joey 1977年 アメリカ (実話)• 『』 Frances 1982年 アメリカ ?(実在する女優の半生を元にしているが脚色が多い)• 『』 1974年 日本 (原作)• 『』 2008年 日本 一般• 『』 The Saint of Fort Washington 1993年 アメリカ• 『』 Silver Linings Playbook 2012年 アメリカ• 『』 2004年 日本 (原作)• 『』 Sophie's Choice 1982年 アメリカ ソフィーの恋人ネイサンが妄想型 の同名小説が原作• 『』 The Beaver 2011年 アメリカ た行 [ ]• 『』 2006年 日本• 『』 2007年 アメリカ (実話。 原作はフローラ・リータ・シュライバーのノンフィクション『』• 『打撃王』The pride of the Yankees 1942年 アメリカ• (実話)• 『』 Dallas Buyers Clubs 2013年 アメリカ• HIV• 『』 Extraordinary Measures 2010年 アメリカ• 『』1978年 日本 骨肉腫(実話。 『』 2011年 日本• 『』 2011年 日本 (実話)• 『』 Temple Grandin 2010年 アメリカ (実話)• 『』 2010 日本• 『父ちゃんのポーが聞える』 1971年 日本 (詩集『父ちゃんのポーが聞える』)• 『ドコニモイケナイ』 2011年 日本 な行 [ ]• 『』 2004年 フランス は行 [ ]• 『』 The Theory of Everything 2014年 イギリス ALS (実話)• 『』 2006年 日本• 『』 2017年 日本 (実話、中原尚志・麻衣のエッセイ)• 『』 2004年 日本 、• 『』 1953年 日本 (『』)• 『』 PHILADELPHIA 1993年 アメリカ• 『』 Forrest Gump 1994年 アメリカ• 『』 1980年 日本 (『震える舌』三木卓(新潮文庫))• 『』 Breathe 2017年 イギリス (実話)• 『』 A Beautiful Mind 2001年 アメリカ (実話)• 『』 1993年 日本 、(『病院で死ぬということ』山崎章郎(文春文庫))• 『』 Lust for Life 1955年 アメリカ もしくは• 『』 OSCAR ET DAME ROSE 2009年 フランス・ベルギー・カナダ 白血病• 『』 2012年 日本• 『』 2013年 日本• 『』 1990年 日本 (、、)• 『』 2011年 日本 (実話)• 『Bon Voyage ~SMAの勇者、ここに誕生~』 2019年 日本 (SMA) ま行 [ ]• 『』 My Own Private Idaho 1991年 アメリカ• 『』 The Cure 1995年 アメリカ• 『』 Marvin's Room 1996年 アメリカ• 『』 Mary and Max 2009年 オーストラリア や行 [ ]• 『』 Lovely, Still 2008年 アメリカ• 『』 1992年 日本• 2015年 アメリカ• 『』 1985年 日本 (原作。 監督)• 『』 1948年 日本• 『』 Le Huitieme Jour 1996年 フランス (21トリソミー)• 『』2009年 日本 (監督)• 『』 2009年 日本 乳癌 (原作、監督) ら行 [ ]• 『』 2007年 日本 肝臓・類上皮血管内皮種(実話をもとにしたフィクション)• 『』 The Dark Side of the Sun 1988年 アメリカ・ユーゴスラビア• 『』 2007年 日本• 『』 Rain Man 1988年 アメリカ DSM-IV , ICD-10• 『』 Awakenings 1990年 アメリカ (実話に基づく創作、原著者は)• 『』 Lorenzo's Oil 1992年 アメリカ (実話)• 『』 The Soloist 2009年 アメリカ わ行 [ ]• 『』 내 머리 속의 지우개, A Moment to Remember 2004年 韓国• 『』 My Sister's Keeper 2009年 アメリカ (原作)• 『』 2012年 日本。 (監督・原案)• 『』 Prozac Nation 2001年 アメリカ• 『』 1992年 日本 (原作) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

感動する!統合失調症が主人公・テーマにしたおすすめ映画ベスト

統合失調症 映画

統合失調症の彼女に見せていい映画かどうか教えて下さい。 お世話になります。 僕には付き合って3年になる統合失調症の彼女がいます。 この3年間で、陽性症状と陰性症状を繰り返し、体調が良くなったり悪くなったりしています。 最近は比較的体調が良く、目立った症状も見受けられない程度まで回復してきました。 しかしまだ医師の処方する薬の量はまだ多く、まだ気が抜けない状態なのだと思っています。 さて、質問なのですが、 先日動画サイトにて「ツレがうつになりまして」という映画を見ました。 この映画ではうつ病をテーマに闘病していく様子をとてもリアルに描かれていて、とても共感する事が出来ました。 そこで、彼女にもこの映画を見てもらい、何か刺激になって貰えればいいなと思っているのですが、それが悪いように作用しないか不安だったので質問させて頂きました。 彼女が自身の病気の事を理解し、放棄せずに闘うことで、寛解出来るのではないかと考えております。 そこで、何らかの精神疾患を患っている方や、お医者様で、この映画を見られた事がある方が、どのように感じたか、是非教えて頂きたいです。 過保護に思われてしまうかもしれませんが、僕の不用意な考えで症状を悪化させてしまいたくないので、何卒よろしくお願い申し上げます。 補足映画を見て感動や感情の共有をしたい、という意味合いではなく、自分の症状がけして特異なものでは無く、同じ様に苦しんでいる人もいるという理解と、症状に向き合う事で認知行動療法的な効果が期待できるのではと思い質問しました。 精神疾患の症状には個人差があり一概に良い悪いとは判断出来かねるとは思いますが、レビューでは上記の様な効果が期待できる 出来た という意見もありましたので、実際の声を聞きたくなりました。 ・こう言う映画があった、 ・僕は観てすごく良かった、 ・主人公が君に似ていた ・発見があった ・観てよかった 等、 普通に「良い映画を観たんだ!」と言う 説明だけすればどうでしょう。 一緒に見ようとしない方が良いと思うんですね。 興味があれば自分で借りて見るでしょう。 あなたがリッピングして、 ダビングしておけば良いと思います。 いつでも観られる状態にしておくと、 気分がいい時に『自分発信』で観ますよ。 自分発信で一人で観るように 持って行けば良いと思う。 いくら良い映画でも 例えば親のない子に 「グッドウィルハンティング」や 「誰も知らない」を 「一緒に見よう!!!!」 って押し付けがましいと思うんです。 私、その親のない子なんですけどね、 元々是枝監督が好きだったから 「誰も知らない」は観たかったんですよ。 それをね、お節介な先輩に 「一緒に見に行こうよ」 ってクソ笑顔で言われて吐きそうになりました。 観たらきっと泣くと思うんですね。 それを、横に自分のことをよく知ってる人に 居て貰いたくないというか、 ・お前私が泣くとこ見たいんだろ ・その時、真横に居たいんだろ ・良い事したとか思いたいんだろ ・そういうのデリカシー0って言うんだわ って思いました。 見せてやろうと思わないで欲しい。 自分が観てよかった、 まだまだ知らないことがいっぱいだ、 って伝えればいいんじゃないかな。 見せて良いか悪いかはあなたが決めることじゃない。 彼女が観たいか観たくないかを決める権利も、 そう言う映画がある事を知る権利もある。 あなたは教えればいいだけ。 見せようとしてるよね。 なんで紹介しようと思わないわけ? 精神障害者かも知れないけど、 発達障害じゃないわけで、 いい物を良いと感じることは出来るし、 アスペルガーみたいに例えが分からない、 共感できない、って障害ではない。 精神障害である前に 成人女性だと思うんですね。 自分に向き合う能力はあるよ。 それ観て傷ついたり、パニックになった時に あなたが支えればいいわけで、 転ける前に石をどかすのはおかしい。 この道は歩きやすいからこっち歩きなさい と言うのもおかしい。 過保護と言うより過干渉だよね。 自分発信で見たいと思った物には 自分で責任持てる。 もたす。 見せられてパニックになったら 「なんでこんなの見せたの」って思うでしょ。 あなたは彼女を赤ちゃんだと思ってる。 私はうつ8年です。 ちょうど映画が公開されているときにこの著書を読みましたが、 ツレうつのご夫婦は両人とも自由業なので、 ああいう事ができたと思います。 それを一般的な社会人(会社勤めとか)に当てはめることはできませんし、 「この人達は自由になる時間があるから」と、 私はかえって反感を持ちました。 ツレうつは特別な事例だと思いますし、これを観ても、 「それで?」という感想しか出ないのではと思いますよ。 うつ状態は人によって差がありますし、 どんなに調子が良く見えていても心の中はストレスでいっぱいです。 あなたは健常者であり、相手は精神疾患。 同じものを見て同じように感動して前向きになれると思われますか? 私はあまり刺激しないほうがよいと思います。 映画は見てませんが、他の一人方が言ってるように見せない事のが良いかと思います。 私は、鬱病とパニック障害で、妻は統合失調症と軽度精神遅滞や複数の合併障害で、医師に聞いても、きちんと説明すらしてもらえない状態です。 私が一緒行ければ聞けるのでしょうかが、妻の担当医師は平日のみなので、聞けてません。 問題は、精神疾患の患者は、自分でも治せるなら治したいと対応は考えてます。 但し、現実てきには、自分の思い通りには生かず苦しんでるんです。 映画では、どんな結末かはわかりませんが、治ってハッピーエンドってところでしょうか? 仮にそうだとしたら、確実に逆効果です。 それなら、人混みは辛はずですが、大きな公園に行って、二人で散歩したり、少しずつでも、体を動かせる事のが良いです。 彼女の興味はわかりませんが、もし何かしら興味があるのであれば、それに付き合うのも良いかと思います。 妻も病気持ちなので、少しでも、妻が興味持ちそうなのを探して、一緒行こうと約束をしてます。 きつい事を言いますが、病気とは一生続けてく覚悟無いなら、早めに決断をしましょう。 私は、結婚する道を選びましたが、お互い病気の事を知った上での結婚なので、それなりには上手く行ってますよ。

次の