紫 だ ち たる 雲 の 細く たなびき たる。 春はあけぼの 清少納言「枕草子」意味・現代語訳

春はあけぼの 清少納言「枕草子」意味・現代語訳

紫 だ ち たる 雲 の 細く たなびき たる

【原文】 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜。 月のころは さらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。 雨など降るも をかし。 秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いと つきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて わろし。 【現代語訳】 春は明け方がいい。 だんだんと白くなってゆく山際の方の曽良が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがいい。 夏は夜がいい。 月が輝いている時間帯は言うまでもなく、闇(月が登っていない)のときでも、蛍が多く飛んでいるのがいい。 また、たくさん飛び交ってはいなくても、蛍が一匹二匹とほのかに光って飛んでいるのも趣がある。 雨が降っているときも趣がある。 秋は夕暮れがいい。 夕日が落ちてきて山の端が近く感じるようになってきたころに、烏が巣に帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子にさえ心がひかれる。 ましてや雁などが列をつくって飛んでいる様子が小さく見えるのはとても趣があってよい。 日が沈んでしまってから聞こえてくる風の音や虫の音なども、言うまでもなくよい。 冬は早朝がいい。 雪が降っているときは言うまでもない。 霜がおりて白くなっているのも、またとても寒い時に、火を急いで起こそうと炭をもってくるのも冬の朝に大変似つかわしい。 しかし、昼になってだんだんと暖かくなったときに、火桶の火も白い灰になってしまっているのは似つかわしくない。

次の

小学校国語/枕草子

紫 だ ち たる 雲 の 細く たなびき たる

春はあけぼの 写真:春の早朝(出典:GANREF/撮影者:すずろ) 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 現代語訳 春はほのぼのと夜が明けはじめるころ(が良い)。 だんだんと白んでいく山際が少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている(様子が良い)。 「春のうららの隅田川」との関係 ちなみに、の2番の歌詞は、『枕草子』の春と秋のくだりを意識した表現となっている。 関連ページ: 夏は夜 写真:石川県白山市 新中宮温泉のホタル(出典:一里野高原ホテル ろあん) 夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。 雨など降るもをかし。 現代語訳 夏は夜(が良い)。 月が明るい頃は言うまでもなく、闇夜もまた、が多く飛び交っている(様子も良い)。 また、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 関連ページ: 秋は夕暮れ 写真:秋の夕暮れ(出典:カメラ片手にお散歩ダイアリー) 秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 現代語訳 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差して山の端にとても近くなっているときに、ががねぐらへ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急ぐ様子さえ、しみじみと心打たれる。 言うまでもなく、雁などが連なって飛ぶ様子が、とても小さく見えるのは、たいへん趣が深い。 日が暮れてから聞こえてくる、風の音やなどは、また言うまでもない(言うまでもなく趣が深い)。 関連ページ: 冬はつとめて 写真:京都「美山」の雪灯籠(出典:4travel. jp) 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 現代語訳 冬は早朝(が良い)。 雪が降っているのは言うまでもなく、霜がとても白いのも、またそうでなくても非常に寒い早朝に、火などを急いでおこして、炭を持ってあちこち移動するのも、とても冬の朝らしい。 昼になって、寒さがだんだんとやわらいでいくと、火桶の炭火も白い灰が目立って見栄えがしない。 関連ページ: 関連ページ 春のうた、夏のうた、夏祭り・盆踊りのうた、秋のうた、冬のうた、お正月のうたなど、日本の春夏秋冬を彩る季節の歌まとめ。

次の

枕草子の冒頭『春はあけぼのやうやう白く~』の現代語訳 / 中学国語 by 春樹

紫 だ ち たる 雲 の 細く たなびき たる

やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 』 春はなんといってもほのぼのと夜が明けるとき。 だんだんとあたりが白んで、山のすぐ上の空がほんのりと明るくなって、淡い紫に染まった雲が細くたなびいている様子。 この歌と出会ったのは小学生の高学年か中学生の頃だったと思う。 淡い思い出が蘇えるwww 落書きです。 966年頃、あまり身分の高くない受領階級の娘として生まれました。 として活躍していた家系で、父親はの撰者でもあるで、その文才を受け継いだのです。 16歳頃、はと結婚し、翌年に則長を生みます。 そして993年、が30歳くらいの時にの妃である定子に仕えるため、宮中に出仕しました。 定子とは非常に仲が良く、当時貴重だった紙を定子に貰った事が執筆のきっかけになったといいます。 はこのを密かに書いていたのですが、左中将の源経房が訪れた時にこの本を借り、それを周囲の人間にも読ませた事から世間に広まっていきました。 の出仕から1年程たった頃、定子は父を亡くし、兄がになるなどがあり、その後は定子もも惨めな経験も余儀なくされたのでした。 しかし、にはそういった辛い出来事などは書かれていません。 執筆のきっかけとなった定子でしたが、に紙を渡した数年後、24歳の若さで亡くなってしまいます。 定子はの全編を読むことが出来たのでしょうか・・・ ちなみには当時としては長命で、60歳程まで生きたとされています。

次の