嫌 な こと を 忘れ たい。 嫌なことを早く忘れたい! 考えすぎないための3つのコツ:fumumu

イヤな記憶を消す方法、過去の嫌な思い出を消す方法|セラピールーム・ソラ

嫌 な こと を 忘れ たい

彼氏に振られて落ち込んでいる…。 仕事失敗して上司にめちゃくちゃ怒られた…。 人生の中には良い事ばかりではなく「嫌なこと」も多くありますよね?毎日良い事ばかりが続けば良いですが、人生はそんなに甘くありません。 さらに「嫌なこと」はどうしても記憶に残ってしまい、なかなか立ち直ることが難しいと思います。 うまく気持ちを切り替えることができれば問題はないのですが、頭に「嫌なこと」の記憶がずっと残るといつまでも落ち込んでしまいます。 嫌なことが忘れられないのは脳の仕組みにあった!? 良い記憶、良い思い出もずっと色褪せずに残ったりしますが「嫌なこと」「嫌な思い出」もなかなか消せずに残ってしまうものです。 それは人の脳のメカニズムによるものだったのです。 人が「嫌な記憶」を簡単に消せないようにした意味は何なのでしょうか? まず一つ目は嫌な思い出を残すのはダメだったことへの対処法を探すためと言われています。 「彼氏に振られた」「仕事で失敗した」というのはきっとどこかで自分にもミスがあったからだと脳が判断します。 もしすぐに忘れることができるならきっと人は成長することはできないでしょう。 もうこんな気持ちになりたくない!という思いが人を成長させるのです。 そのため嫌な思い出、記憶をなるべく残そうとします。 二つ目は脳の勘違いによるものです。 人は嫌なことが起こると何度も何度もその時のことを思い出してしまいます。 勉強や成長する上で大事なシステムなのでどうすることもできないですが、嫌な時はすぐに消えて欲しいものです…。 人の記憶を消すのは意外と簡単!? 実は人の記憶というのは意外と簡単に消えてしまいます。 今日の朝食べたものは覚えていると思いますが、3日前はどうでしょうか?さらに1週間前となると特別なことがない限りほとんどの人が覚えていないと思います。 またパッと11桁の電話番号を見てもすぐに記憶することはできないですよね?今まで見たものや聞いたこと全てを記憶するととんでもない情報量になります。 そのため脳は必要ないと判断したことなどはすぐに忘れてしまうのです。 ではなぜ嫌なことはすぐに忘れることができないのでしょうか?先ほども言いましたが対処するためと言うのはもちろん理由の一つだと思います。 さらに大きな原因として「納得がいっていない」というのがあります。 朝食のことなどは比較的に忘れても問題はないことが多いのですが、嫌な記憶の時は整理が出来ていない場合が多いのです。 それは「怒り」「悲しみ」「絶望」などいつもとは違う「特別な記憶」になります。 そのためいつまでも記憶として残ってしまうのです。 嫌なことを忘れる7つの方法 嫌なことが記憶として残る原因を説明しました。 ポイントとしては「何度も繰り返し思い出す」「感情があり特別になっている」「まだ納得がいっていない」などがあります。 では嫌な記憶を残したくない時はこのことをしないようにすれば良いのです!難しい感じもしますが自分の脳を自分でコントロールできればそこまで難しくはないはずです。 また7つの方法は「え?そんなこと!?」というのがほとんどです。 ぜひ試してみてください! 嫌なことを忘れる方法その1:思い出す暇を与えない 一つ目の方法は思い出す暇を脳に与えないようにすることです。 繰り返し思い出すことで記憶が濃くなるので、別のことを無理やり考える環境を作り出すことが重要になります。 それは「仕事に没頭する」でも良いですし、「頭を空っぽにしてゲームをする」でも良いです。 何よりもそのことを思い出さないようにすることが重要です。 もし思い出しそうになっても、無理やり違うことを考えるようにしましょう!没頭することは何でも良いと思いますが、なるべく嫌なこととは遠いことが良いと思います。 例えば彼に振られたのなら彼とは全く関係のないことに打ち込みましょう。 もしゲームが2人の思いでなら忘れるどころか思い出してしまうので。 嫌なことを忘れる方法その2:お酒を飲む 2つ目の方法はお酒を飲むです。 こういう時はお酒の力頼るのも全然ありだと思います。 もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが、お酒を飲めば考える力が衰えるので記憶に残る可能性が低くなります。 また友達を誘ってパアっとやれば気分転換にもなると思います!また店選びも重要で、なるべく行ったことがない場所に行くと良いと思います。 新鮮な気持ちになれるのでオススメです。 何度も言いますが飲み過ぎにだけは注意しましょう!もし二日酔いで辛い思いをするとそれも嫌な記憶として濃く残ってしまうことがあります。 「辛い」という感情が付いてきてしまうので逆効果になります。 嫌なことを忘れる方法その3:運動をする 3つ目の方法は運動をするです。 人間の体は動かすことによって脳内の血液の循環を早く行うことができます。 また脳は一度に多くのことを考えることはできません。 運動をしているときは運動のことに集中できるので嫌なことは考えにくくなります。 しかしただのジョギングだと思いだすこともあるので、なるべく頭を使う運動の方が良いでしょう。 女性だと難しいかもしれませんが、団体のスポーツだとより効果があると思います。 とにかく運動に集中して嫌なことを考えないないようにする環境が必要になります。 嫌なことを忘れる方法その4:誰かに愚痴る 4つ目は誰かに愚痴るです。 頭を整理するためには誰かに話をすることが大切だと思います。 自分の中で溜め込まずに誰かに話を聞いてもらいましょう!納得できなかった気持ちがきっと整理できて納得できるようになるはずです。 また納得できなくても、「納得できなかった」ということが分かったと思います。 それだけでも大きな前進になります。 誰かにぶちまけるのはとてもオススメです。 しかし話をするなら仲の良い友人にしましょう。 親身になってきいてくれる親友に話すことが効果的です。 愚痴を聞くというのはそこまで良い気分でもないので、今度その友人が逆に落ち込んでいる時はちゃんと話を聞いてあげましょう。 嫌なことを忘れる方法その5:大声で歌う 5つ目の方法は大声で歌うです。 これはやはりカラオケが良いですね。 自分の部屋で音楽を聴きながらでも良いですが、近所迷惑にならない程度にしましょう。 カラオケで歌を歌っている時はそのことだけに集中できるので、他のことを考える余裕はなくなります。 また歌うならなるべく楽しく明るい曲が良いですね。 声出すことはリフレッシュ効果もあるのできっとスッキリできるはずです。 嫌なことを忘れる方法その6:嫌なことをノートに書く 6つ目の方法は嫌なことを書き留めることです。 こうすることで頭を整理することができます。 また忘れるということは緊張をなくすということでもあります。 書き留める=緊張をなくすことだという習慣を身につければその行為自体が忘れることへの1歩になります。 しかしそれだけだとなかなか記憶は無くすことはできないので、書き留めて整理が出来たら今度は思い出さないように上記で説明したことを実践してみると良いかもしれません。 またその嫌なことの次のステップのことも書くと効率的です。 仕事で失敗したのであればそうならないようにはどうするべきなのか?次はこういうことをしてみようかな?とか次のステップについても一緒に書くようしましょう!振られたなら綺麗になるためにはどうすれば良いのかを考えるのも良いと思います。 嫌なことを忘れる方法その7:どーでもいいと思う 最後の方法はどうでもいいことだと思うことです。 嫌な記憶として残っているということはあなたの中で重要だと思っているからだと思います。 怒られた、振られたということは意外とどうでもいい事だと知りましょう。 長い人生で「彼に振られた」ということは意外と重要ではありません。 その人と縁がなかっただけなのです。 誰かに傷つけられたとしても、あなたを傷つける人は、あなたの味方ではないのですから、そんな人からの言葉や態度を自分の人生の重要事項から外していきましょう。 そんな人に何を言われても問題は無いはずです。 大したことがない!と思えるようになれば記憶としても残りにくいと思います。 まとめ 今回は嫌なことを忘れるようにする方法を7つご紹介しました。 やはり重要なのことは「考えないようにする」ことだと思います。 7つの方法を全て試すなら嫌なことがあったらまず自分で整理して納得できるように書き留めて、友達を誘ってカラオケに行って、お酒を飲みながら愚痴る!この流れが一番良いですね。 気持ちが落ち着いたらどうでもいい事だったと振り返ることができればもう思い出すこともないのではないでしょうか? 今回は忘れる方法をご紹介しましたが、それは現実から逃げることとは別だと思います。 もし嫌なことが、「考えなければいけないこと」なら逃げずに考えるようにしましょう!記事でも説明しましたが、嫌なことはそのことを対処する必要があるものでもあります。 目を逸らすことだとまた意味が違ってきてしまいますね。

次の

嫌なことを一瞬で忘れる方法 4コマ漫画が話題|feely(フィーリー)

嫌 な こと を 忘れ たい

嫌な事なんて皆んな忘れたいと思ってるよ、きっと …でも嫌な事って忘れられないと思う。 だって心に傷が残るから… 嫌な事を乗り越える力がある人だから、嫌な事があるのだと思います。 幸せな事ばかりだと、幸せだなぁ〜〜って感じがわからないと思うし、嫌な事があるから幸せを感じる事が出来ると思います。 自分の嫌な事は周りの人たちには味合わせない気配りが出来るようになると思います。 心の優しい人になれると信じます。 私もたくさん嫌な事ばかりでしたけど、 ウツにもなりました。 今も…ですけど… 嫌な事があって何も考えたくない時は何も考えずにいてもいいと思います。 そんな時は、今自分に何をしてあげたい考えて、自分を可愛がって下さい。 自分が喜ぶ事をしてあげて下さい。 私は心療内科に通っています。 先生に話しを聞いてもらえたりするから気持ちは楽になった気がするのですが…また繰り返します。 多少の逃げ道も必要かと思います。

次の

【リフレッシュ】嫌なことを忘れる 6つのオススメの方法【忘れたい】

嫌 な こと を 忘れ たい

嫌なことを忘れたい、記憶の中から消し去りたいと日々悩んでいませんか? 寝る前に1日の出来事を思い出して、ああすればよかった、こうすればよかったと、ベッドの上で苦しんでいませんか? 嫌な記憶を消しされれば、思い悩まずにいい眠りにつけるのに、何度もその日の嫌な出来事、失敗を思い起こしてしまう日々。 そんな悩みを解決するには反省ノートを書くことが効果的です。 反省ノートを書くことで、嫌な記憶を呼び起こさない前提条件を組み立てることができます。 嫌な出来事が起こるたびに、寝る前の脳内反省会を開いてしまうあなた。 今から紹介する方法で嫌な記憶を消し去り、忘れることでネガティブになりがちな精神を正常な状態に持っていきましょう。 知らずにやっている記憶術 あなたは嫌な出来事や失敗談ばかりが、記憶に残っていませんか? いつも「なんで自分ばっかり、こんな嫌な出来事に合うんだ!」と考えていませんか? それは、あなた自身が 「嫌な出来事を記憶に刻み込んでしまっている」のが原因です。 頭の中でぐるぐると、嫌な出来事や失敗したことを思い出すことで、知らず知らずのうちに記憶を刻み込む「想起術」を駆使しているのです。 「想起術」とは記憶を定着させる方法のひとつで、試験勉強などで長期記憶を形成する際に使われる記憶術。 その方法は単純明快。 記憶したいことを何度も何度も繰り返し、頭の中で思い出す作業をすること。 そうすることで、脳が重要な情報であると判断して長期記憶として情報を保存してくれるのです。 試験勉強であれば歓迎される方法です。 覚えたい内容を記憶に定着できれば、試験を突破するのに役立ちます。 受験生にとっては役立つ記憶術ですが、 ネガティブ思考の人間には有害です。 「想起術」を知らないうちに使って嫌な記憶を脳に覚え込ませてしまう。 だから、嫌な出来事や失敗談ばかりが強く印象に残ってしまうのです。 寝る前の反省会をとりやめる 寝る前に脳内反省会を開くことも記憶を刻み込んでしまう主な原因です。 寝る前というのは、一日の内で最も記憶が残りやすい時間であり、記憶術の中にも寝る前の重要性が取り上げられています。 試験勉強をする際は、寝る前に一日の復習をすることがおすすめされます。 寝ている最中に記憶の整理が行われ、長期記憶として保存する準備が整うのです。 ネガティブ思考の人間は、脳内反省会を寝る直前のベッドの上で行ってしまう。 あなたも寝る前に一日の反省をしていませんか? 寝る前の脳内反省会をとりやめましょう。 知らないうちに、長期記憶を形成するための記憶術を使ってしまっているようなものです。 嫌な記憶を定着させないためにも寝る前に、1日を振り返り、反省することはやめたほうがいい。 さもないと、嫌な記憶が便器の黒ずみのごとく脳みそにこびり付いてしまうことになります。 反省ノートに嫌なことを封印する ネガティブな考えの人は、上記の記憶術を知らないうちに駆使して、嫌な記憶を脳内に刻み込んでしまっているのです。 何度も繰り返して思い出すことで記憶を定着させる「想起術」。 寝る前に1日を振り返ることで記憶整理の準備を整える記憶術。 どちらも試験勉強の際に使用するのであれば、記憶を定着させるのに一役買います。 ですが、嫌な記憶の定着に応用してしまっては、自分がつらくなるだけです。 とは言っても、ネガティブな人間はどうしても、1日の反省をしてしまうもの。 ああすればよかった、こうしてればもっとうまくいったかも、そんな考えに頭の中が支配されてしまうのです。 しっかりと反省をする。 それはいいことです。 次の失敗を予防する効果があります。 ですが、何度も頭の中だけでぐるぐると考えているだけでは、何の結論にも達しません。 それどころか「想起術」を駆使している状態におちいり、嫌な記憶を定着させかねません。 頭の中だけで考えるのは、最適解を妄想するだけになりがちです。 反省をするのであれば、しっかりと反省してしまいましょう。 具体的には「反省ノート」を作ることからはじめてください。 普通のノートに嫌な出来事、失敗談、反省点を書き込んで、書いた後はもう思い出さないようにするのです。 つまり、反省ノートに記憶を封印してしまうのです。 頭の中の形になっていない思いを文字に起こすことで、悩みを整理することが出来ます。 頭の中だけでぐるぐると思いをめぐらしていても、考えの整理はできません。 思いを文字にして、頭の中から締め出してしまうことで、気持ちをすっきりさせられるのです。 嫌な出来事、失敗したことをノートに書きこんでいき、反省するべき点も文章にして整理する。 それが終わったら、ノートを閉じて嫌な記憶たちからいったん距離を置きましょう。 1日の終わりに脳内反省会を開くよりも、よっぽど有意義な反省の仕方です。 嫌な記憶を忘れる方法 嫌な記憶を定着させない方法は、一日のケアにかかっています。 反省ノートに嫌な出来事や失敗談、反省点を封印することで、その後、思い出さないようにする。 嫌な記憶を定着させないように予防策を講じることで、ネガティブな思考におちいらないようにできるのです。 ですが、すでに定着してしまった、嫌な記憶を忘れるにはどうしたらいいでしょうか。 長期記憶として脳内に保存された情報を消し去ることは難しいことです。 何度も思い出して、怒ったり、恨んだり、悲しんだりした記憶は簡単には消えません。 しかし、嫌な記憶と疎遠になることは出来ます。 嫌な記憶と疎遠になる準備として、頭の中にある嫌な記憶、嫌な思いを紙に書きなぐってみてください。 できるだけ思いのままに、頭の中のぐちゃぐちゃした思いを吐き出すように書きなぐっていきましょう。 理路整然とした文章でなくて結構。 支離滅裂でもかまいません。 頭の中のよどんだ気持ちを文章にして外に出すことに集中してください。 声に出しながらやると更に効果的です。 思いを紙にぶつけるのです。 ある程度書きなぐると、じょじょに書きたいことも無くなってきます。 そうなったら、書きなぐった紙を目の前でびりびりに破り捨てましょう。 自分の目の前で、自分の手を使って、びりびりに破る作業が大事です。 自分自身に嫌な記憶との決別を印象付ける。 1度でダメなら何度も同じようにやることで、嫌な記憶と疎遠な状態に持っていけます。 その際に大事なのは、自分自身に嫌な記憶を捨て去るイメージを刻み込むことです。 そうすることで、脳が必要のない情報になったのだと判断して、嫌な記憶を呼び起こさなくなります。 嫌なことを忘れる簡単な方法まとめ 以上が嫌な事を忘れる簡単な方法でした。 前半は嫌な記憶を定着させない予防策であり、予防の段階が一番大事です。 嫌な記憶は定着させないようにすること。 それが気分良く生きていくための最善の方法です。 まず、一つ目として嫌なことがあったり、失敗したりしても、その記憶を何度も思い出さないこと。 記憶を定着させる「想起術」を嫌な記憶に使わないようにする。 次に、二つ目として寝る前の脳内反省会を開かないこと。 寝る前に1日を振り返ることで、記憶整理の準備が整ってしまい、嫌な出来事が長期記憶に移行しやすくなってしまいます。 三つ目に、反省ノートに1日の反省点や嫌な出来事、失敗したことを書いて封印すること。 ノートに書きだすことで、何度も思い出して反省してしまったり、寝る前に脳内反省会を開いてしまったりすることを予防できる。 そして最後に、嫌な記憶を忘れる簡単な方法として、紙に嫌な出来事、悩みなどのネガティブな感情を書き出すこと。 そして、それを自分の目の前で破り捨てて、決別の意志を脳みそに見せつける。 そうすることで、脳がいらない情報として処理してくれるのを待つのです。 以上が、嫌な記憶を忘れる方法であり、嫌な記憶を定着させないようにする方法です。 記憶を忘れる方法は時間がかかりますが、嫌な記憶を定着させない方法は、今日からでも出来る簡単な方法です。 物事をネガティブにとらえがちな場合は、以上の事を意識しながら生活してください。 とくに、 寝る前の脳内反省会は即中止しましょう。 嫌な記憶を自ら定着させる悪い習慣です。 自分自身の心を守るのは、普段の自分の行動次第。 心の健康を保てるように、普段から意識して生活してみてください。

次の