タット ダンス。 タットダンスをやっているものです。

ダンス初心者向け 「タット」やり方・練習方法

タット ダンス

腕や肘、手首などを巧みに操り、リズムに合わせてさまざまなパターンを繰り出すタットというテクニックは、振り付けに取り入れればメリハリのあるダンスに仕上がり、ダンスを見ごたえあるものとしてくれます。 一見難しそうに見えますが、基本さえ押さえれば少しの工夫でオリジナリティ溢れるタットが完成します。 そのタットの基本の動きや短時間で習得する方法、ダンスに取り入れる際のポイントなどを紹介していきます。 タットの基本的な4つの動き タットは自由度の高いテクニックなので、型にはまった動きはないように感じますが、腕や肘、手を以下4つのように動かすのが基本となります。 スライド• キープ• ウェーブ• ロール まずはこれらの単純な動きを練習しましょう。 基礎的な動きがきっちりできれば、初心者でも簡単にタットを形にすることができます。 【スライド】腕や手をまっすぐ動かす 腕や手で直線を作り、地面に平行だったり壁に平行だったりを意識しながらまっすぐ動かしてスライドさせます。 腕が曲がったり、ブレたりしないようにするのがポイントです。 最初はゆっくりでも良いので、直線的な動きができるようにしましょう。 【キープ】腕や手をしっかり止めて動かさない キープは腕や手をぴたりと止めて1mmも動かさないことです。 この停止がきっちりできていないと、だらだらしたタットになってメリハリを感じません。 次のムーブにも影響してくる重要な動きとなるので、簡単そうに見えますが軽視してはいけません。 【ウェーブ】腕や手を波のように動かす 体に波を起こすように動かすテクニックですが、タットでも使われることが多い動きです。 腕や手を波のようにウェーブさせられると、タットのバリエーションを広げることができます。 滑らかな動きをイメージすることが大切です。 【ロール】腕や手をあらゆるパターンで回す タットは腕や手をロールさせて型を作っていくこともたくさんあります。 ただ回すのではなく、パターン化した動きを左下から右下、右下から右上、右上から左上、左上から左下にまた戻すといったように、円に沿って動かしていくようなものがよく見られます。 タット上達のための3ステップ 初心者がタットを上達させるために必要なステップはたったの3つです。 しかし、どのステップも特に裏技やコツはなく、地道な繰り返しが重要になってきます。 それでも、マスターすれば自分のダンスに新たな魅力を追加させることができるので、努力を積み重ねていきましょう。 1.動画でタットの型を見ながら反復練習してオリジナルを編み出す タットが注目され始めたのはそんなに昔ではありません。 最近では、タットの練習方法や型の解説がされている動画がネット上にはびこっています。 それらを見ながら型を覚え、繰り返し練習しましょう。 2.タットの繊細な動きのため必要な肩の柔軟性を向上させるストレッチ タットを練習していくと、肩に負担がかかることがわかるでしょう。 腕や手首、肘などを使って繊細な動きを作り出すには、肩の柔軟性が不可欠です。 3.メリハリのあるタットに仕上げるために手首の筋力アップが必須 手首を90度に曲げる動きは、タットにおいてとても重要な動きです。 キレイに手首を曲げられるようになるためには、手首の筋力アップが必須となります。 以下のトレーニングを行って手首の筋力をつけましょう。 タットの見栄えをよくする応用的な技 タットの基本をマスターしたら、応用的な動きができるように練習しましょう。 腕や肘、手首の動きのみのタットを、さらに広げた動きができるようにすればダンスに取り入れた際にもすんなり体が動いてくれます。 体の向きを変えながら体全体を使ったタット タットの基本を練習している際は体を正面に向けたまま行うことが多いでしょう。 それができるようなったら、体の向きを変えながらタットができるようにしましょう。 繊細な動きがより不思議に見えて、目を惹きつけられるムーブとなります。 ステップにタットを取り入れる 脚でステップを踏みながらタットができるようになれば、タットがダイナミックなものになるので凄みが増します。 体全体での表現は繊細なタットが映え、緩急あるダンスの展開に幅が出ます。 タット初心者が注意したいダンスに取り入れる際の2つのポイント タットが形になってきたら、さっそくダンスに取り入れてみましょう。 タットが振り付けのひとつとして使えるようになれば、これまでのダンスを一味も二味も違ったものにできます。 その際、下記2つのポイントに注意しましょう。 淡泊になりすぎない振り付け タットだけで躍動感のあるダンスをするにはかなりのスキルが必要になってきます。 タット初心者なら、まずはステップを組み合わせるなどして淡泊になりすぎないような振り付けにしましょう。 独創性のあるタットを組み込む 動画で見たタットを真似するのは練習としては行うべきですが、ダンスの振り付けとしてタットを取り入れるなら真似事ではなくオリジナルのタットを組み込みましょう。 タットを一種の技として確立させるためには、ベースは基本の動きでも工夫を凝らしたオリジナルのものがおすすめです。 タットは基本的な動きをマスターしてオリジナルのダンスにする 腕や手などを使って繊細な動きを体現するタットは、初心者でも基本をマスターすれば簡単に自分なりの形にすることができます。 タットの型などを紹介している動画を見ながら、テクニックを磨いていきましょう。 正確な動きでタットの質を上げるためには、肩の柔軟性と手首の筋力アップも必要です。 基本をマスターしたら、体の向きを変えたりステップと組み合わせたりして応用技にチャレンジしましょう。 ダンスに振り付けとして取り入れる際は、淡泊になりすぎないように注意し、オリジナルのタットを盛り込むのがベストです。

次の

ダンス初心者向け 「タット」やり方・練習方法

タット ダンス

Contents• キッズのためのヒップホップダンス基礎技解説動画 しなやかな身のこなしがイカした感じのJeff Cowansさんの動画を参考にして、ヒップホップダンスの基礎技をマスターしていきましょう。 キッズのためのヒップホップダンスの中でも、ニードロップやポップ、ロック&ドロップ・イットは、慣れるまで難しいかと思います。 ひざを曲げた状態でダウンしたりドロップする動きは、身体の使い方をマスターしていないと難しいものです。 何度も何度も練習してみてください。 続けるうちに、必ず出来るようになります。 ジャスティン・ビーバーのキックステップ Kick Step like Justin Bieber 子供向けヒップホップ hiphop ダンスのジャスティン・ビーバーのキックステップ Kick Step like Justin Bieber について、お伝えしていきます。 キックステップの中でも、ジャスティン・ビーバーがよくやっているキックステップをやっていきます。 まず、右足を真っすぐ伸ばして、前に出します。 足をスイッチして、左足を真っすぐ伸ばして、前に出します。 スイッチするときは、軽くジャンプしながらスイッチします。 スイッチした後に、左足をターンさせて、ひざから後ろに足を曲げます。 身体の向きを変えるときに、後ろに曲げた足を前に伸ばしながら leg out 、反対サイドに身体を向けていきます。 反対側スタートも同じように、左足を真っすぐ伸ばして、前に出します。 スイッチするときは、軽くジャンプしながらスイッチします。 スイッチした後に、右足をターンさせて、ひざから後ろに足を曲げます。 腕は、ひじを支点に、左と右を逆に上下に動かすとかっこよくなります。 ファイナルファンタジーの、サボテンダーのような腕のイメージです。 右、左、右、スイッチして、左、右、左で腕を動かしていきます。 ニードロップ Knee Drop 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのニードロップ Knee Drop について、お伝えしていきます。 ニードロップは、文字通りひざをドロップして、下に身体を落としていきます。 簡単ではないので、しっかり練習してマスターしてみてください。 動画をrewind(巻き戻す)して、何度も繰り返し動きを見て覚えてみてください。 動作の間、ひざは、常に軽く曲げておきます。 右足で、右へステップアウトします。 右足のancle(足首、くるぶし)を、左足のひざの裏にくっつけます。 ひざの裏に足を引っ掛けるようなイメージです。 足を折り曲げて下に身体を落としながら、両手を床につきます。 腕をハンズアップしたまま、身体をドロップしてもいいかと思います。 ひざは、床につかずに、足の上につくようにします。 足は、かかとを浮かせた状態です。 ひざを足の上につくことで、ニーパッドがなくても、ひざが浮いているので、ひざを痛める心配がありません。 ドロップするときに、後ろに引っ掛けた足をスライドダウンさせないように注意しましょう。 スライドダウンすると、ひざを床に打ち付けて、ひざを痛めてしまう可能性があります。 最後は、コークスクリューのように、身体をスピンでターンさせながら、身体を上げていきます。 胸の下辺りで、ひじをサイドに出して、右手を上にして両腕の指先をクロスさせます。 右、左、上、ドロップ・イット(下ろす)と腕を動かしていきます。 足は、右足のひざを曲げて、つま先をインして、内側に入れます。 続いて、左足のひざを曲げて、つま先をインして、内側に入れます。 身体をドロップダウンするときに、つま先をターンアウトで、外側に開いて、ひざを曲げたまま上体を下に下ろしていきます。 腕を上にアップしたときに、上体をドロップ(下に下ろす)するイメージです。 ひざを曲げて、しっかり身体をバウンスさせていきましょう。 パンプ・イット Pump It 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのパンプ・イット Pump It について、お伝えしていきます。 パンプ・イットは、とても簡単な動きです。 リズムにノッて楽しくやっていきましょう。 パンプ・イットは、クレイジーダンスです。 はちゃめちゃに、自分を開放して楽しく踊っていきましょう。 右手の拳を握って、パンプ・イットして、拳を斜め上に、上げたり下ろしたりしていきます。 腕をスイッチして、左手の拳を握って、パンプ・イットして、拳を斜め上に、上げたり下ろしたりしていきます。 両手でやるよりも、片手ずつやったほうがかっこよくなります。 もう一つ、別のバージョンのパンプ・イットをやっていきます。 左サイドを向きます。 両腕の拳を握って、前にならえの上の形で、ひじを曲げて、胸の下のサイドに腕を引きつけます。 腕をプッシュアウトして、前に出して、引いていきます。 腕を前に出すときに、身体を、背中を丸めて、後ろに出します。 ひざを軽く曲げて、パンプ・イットしていきます。 背中を丸めて後ろに出すのがきつい方は、腕の動作だけでもかっこよくなります。 シャムロック Shamrock 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのシャムロック Shamrock について、お伝えしていきます。 左サイドを向きます。 左足で前に、フロントステップを踏みます。 身体をターンさせて、右サイドを向きます。 左足をステップ・インして、両足を揃えて、バウンスアップで、ジャンプします。 そのまま、右足で前にフロントステップを踏みます。 ピボットターンをして、左サイドを向きます。 右足をステップ・インして、両足を揃えて、バウンスアップで、ジャンプします。 リズムに合わせると、ステップ・ピボット・バウンスアップ、ステップ・ピボット・バウンスアップの繰り返しです。 ピボットターンする時に、かかとを浮かせるといいかと思います。 足をステップ・インすると同時に、バウンスアップしましょう。 指先で、自分が動く方向を示したり、腕を回したり、自由に腕を動かしてやってみてください。 腰の前辺りの服を掴んでも、かっこよくなります。 1から4カウント目で、ひじを曲げて、猫の手のように、手先を肩の前に持ってきます。 ショルダーを、右肩を下げながら右に、左肩を下げながら左に、腕を動かしていきます。 どちらかの肩が常にドロップダウンして、下がっているイメージです。 足は右足から、ステップして開いて、クローズして閉じるを繰り返していきます。 常にひざを軽く曲げた状態で、足をステップ・クローズしていきます。 5カウント目で、フロントで足を肩幅くらいに開いて、ストップモーションを入れます。 次は、6カウントから8カウントで、頭を右に持っていって、左に持っていって、もとに戻します。 さらに、お尻を、右、左、右、左と回しながら、身体をダウンさせていきます。 そのまま、お尻を、右、左、右、左と回しながら、身体をアップさせていきます。 ジャーク Jerk 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのジャーク Jerk について、お伝えしていきます。 ジャークは、Rej3ctzのミュージックビデオで使われている動きです。 常に、ひざを軽く曲げた状態でやっていきます。 上半身も少し下げたまま動いていきます。 常に、バウンスしているイメージでやっていきます。 umpire(審判員)になったつもりで、ひざを軽く曲げて、上半身を下げます。 左サイドに身体を傾けながら、左足にリーンして傾きながら、右足のひざを内側にインしてバウンスいきます。 バウンスなので、インしてひざがはねかえるように戻していきます。 2回ずつ、サイドにバウンスを入れていきます。 腕は、サイドに伸ばしてもいいし、自由に動かしてみましょう。 慣れてきたら、足をスライドインさせて、内側に少しすらせるように動かしてもかっこよくなります。 バウンスは、1回ずつでも、2回ずつでも、5回ずつでも、自分の好きなようにやってみてください。 リジェクト Reject 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのリジェクト Reject について、お伝えしていきます。 リジェクトの動きは、よくジャークと間違われますが、今回お伝えする動きはリジェクトです。 左サイドを向きます。 左足をピックアップして、ひざを上にあげます。 右足で、フロントに、前にジャンプします。 左足を、バックに、後ろに下げます。 そのまま、右膝をピックアップして、右ひざを上にあげます。 左足で、フロントに、前にジャンプします。 右足を、バックに、後ろに下げます。 リズムに合わせると、ホップフォワード、ステップバック、ホップフォワード、ステップバックの繰り返しです。 腕は、手を上に上げたり、サイドに伸ばしたりと、自由に動かしてみましょう。 ウェーブ Wave 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのウェーブ Wave について、お伝えしていきます。 ウェーブは、身体を使ったウェーブもあるし、腕を使ってウェーブもあるし、背中を使ったウェーブもあります。 今回は、腕をサイドに真っすぐ伸ばして行うウェーブをやっていきます。 サイドにまっすぐ腕を伸ばします。 1で、手首から下に、指先を下ろします。 2で、ひじを上げて、肘から先の手を下に下ろします。 3で、肩を耳に近づけて、腕をサイドに伸ばします。 4で、胸を前に出します。 5で、肩を耳に近づけます。 6で、ひじを上にあげて、肘から先の手を下に下ろします。 7で、腕を真っすぐ伸ばして、手首から下に指先を下ろします。 8で、手首から上に指先を上げます。 慣れてきたら、1の前に、指先の第二関節から曲げる動きを足して、ウェーブをより細かくしていきます。 肩を耳に近づける動作を、肩を前に回す動作にしてもかっこよくなります。 ひじを上げる動作を、ひじを後ろに下げる動作にしてもかっこよくなります。 ウータン Wu Tang 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダ ンスのウータン Wu Tang について、お伝えしていきます。 ウータンは、90年代に、Wu Tang Clanというグループがいて、そこから名前の由来がきています。 Wの形をダンスで作っていきます。 常に、pelvis(骨盤)を下げるように動いていきます。 右手をみぞおちの高さで、サイドから反対側サイドの骨盤の高さへ引いてきて、左手をみぞおちの高さで、サイドから反対側サイドの骨盤の高さへ引いてきます。 両腕で、胸の高さから、骨盤の高さに腕を下ろして、胸より高く腕をあげて、腕を骨盤の高さに下ろします。 内側から、アルファベットのWを描くイメージです。 ヒップホップでは、常にひざを軽く曲げて、バウンス動作を入れていきます。 今回のウータンでもしっかりひざを曲げてバウンスしていきましょう。 タット Tut 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのタット Tut について、お伝えしていきます。 タットには、いろんなスタイルがあります。 まずは、ボックススタイルをやっていきます。 両腕を胸の前に出して、ボックスの形を作ります。 右手を肩の高さに上げて、手首から先を下に向けます。 左手をみぞおちの高さにして、手首から先を上に向けます。 左右の腕の位置をリバースして、反対側も同じようにして、両腕でボックスの形を作ります。 腕をスイッチするとき、指先の位置を変えずに、指先をひじに付けたまま、腕の位置を変えて、ボックスを作るイメージです。 タットダンスをするときは、常に、まっすぐのラインで、90度の形を腕で作っていきます。 タットダンスをするときは、手首をしっかり伸ばして、ストレッチを何度も何度も合間にやっていきましょう。 次は、エジプシャン・タットをやっていきます。 腕をサイドに伸ばして、ひじを曲げて肘から先を上に向けて、手首から先を曲げて、指先をサイドに向けます。 肘を支点にして、肘から先を下に向けたり、指先の向きを内側にしたりと自由にタットダンスをやってみましょう。 次は、バイブルタットをやっていきます。 バイブルタットは、とても簡単です。 両腕を揃えて、手のひらを合わせて、胸の前で伸ばします。 みぞおちの前で手のひらを合わせて、合掌します。 左右の手首の向きを逆にして、手首から先を90度に曲げて、手の甲に手のひらを重ねたり、いろいろな動きを作ってみましょう。 ボックススタイル、エジプシャン・タット、バイブルタットの3つのタット技を組み合わせて、自由にタットダンスを楽しんでみてください。 ウォーク・イット・アウト Walk It Out 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのウォーク・イット・アウト Walk It Out について、お伝えしていきます。 ウォーク・イット・アウトは、パーティーで使われる動きです。 右足で、ターンアウトして、つま先を外に開いて、ひざを軽く曲げて、足の内側を正面に見せるようにステップします。 反対側も同じように、左足で、ターンアウトして、つま先を外に開いて、ひざを軽く曲げて、足の内側を正面に見せるようにステップします。 ひざを軽く曲げることで、一つの動作から次の動作までのバウンス動作がスムーズになり、かっこよくなります。 ひざも、つま先もターンアウトして、外側に開くイメージです。 腕は、胸の前で腕を組んでもいいし、自由に腕を動かしてみましょう。 ウィップ・マイ・ヘア Whip My Hair 次は、子供向けヒップホップ hiphop ダンスのウィップ・マイ・ヘア Whip My Hair について、お伝えしていきます。 ウィップ・マイ・ヘア Whip My Hair は、髪の毛を振り乱すという意味です。 まず、右サイドに頭を2回、おでこから落として、髪を2回振っていきます。 左サイドも同じように、左サイドに頭を2回、おでこから落として、髪を2回振っていきます。 これを2週繰り返します。 腕は、身体をスイッチするときに、スイッチする方向側の手を前に半円を描くように回すとかっこよくなります。 次は、両足を揃えて、右サイドに軽く跳びます。 右手で、髪の毛を払いのける仕草を入れます。 両足を揃えて、左サイドに軽く跳びます。 左手で、髪の毛を払いのける仕草を入れます。 もう一度、両足を揃えて、右サイドに軽く跳びます。 右手で、髪の毛を払いのける仕草を入れます。 右足をステップフォワードで、前に踏み込んで、ピボットターンで、身体を左に向けます。 右足で、フロントに踏み込みながら、円を描くようにステップを踏んで、サイドから正面を向いていきます。 頭は、髪を振り乱すように振っていきます。 今のようにダンスを教えるようになる前は、ダンススクールでダンスを習っていました。 ダンスに、Caught the bug(ずっと熱中する)状態で、今に至っています。 Kelly Rowland,Crystal Waters,Robin S. 今は、Icon Dance Complexでダンスの先生をやっています。 ボクは、常にダンスを楽しんできました。 ダンスを愛してきました。 今もずっと、ダンスの虜になっています。 ボク以外にも、たくさんのコレオグラファー達が、ダンスを動画で教えてくれています。 いろんな人の動画を見て、練習して、練習して、これでもかというくらい、練習してみてください。 そうすれば、かならずダンスがうまくなります。 踊りがパーフェクトになっていきます。 子供向けヒップホップ hiphop ダンスの基礎は、基本的な技で構成されています。 パンぷいっとやウォークイットアウトでシンプルな動きを通して、ヒップホップでいちばん大事な、ひざの使い方をしっかりマスターしていきましょう。 ジャスティン・ビーバーのキックステップやリジェクトで、足をホップする感覚を身に着けていきましょう。 足のスイッチ動作をスムーズにできるようになると、踊れるダンスの幅が広がっていきます。 がんばってください。

次の

タット講座

タット ダンス

人物 [ ] 1998年4月27日にアメリカのフロリダ州マイアミで生まれ、ジョージア州アトランタで育つ。 兄弟は兄がいる。 小さい頃は体操やチアリーダーをやっており、学校の成績も優秀だった。 2歳でダンスに関わり始め、 、、コンテンポラリー、 、、タットなど様々なジャンルのダンスを 習ってきた。 アトランタへ引っ越してからダンスに情熱を注ぐようになっていく。 現在のダンススタイルは主にポップやアニメーションだが、タットやディジッツも得意としている。 2015年のWORLD OF DANCEにPoppinJohn、Nonstopらと出場し、一躍有名となる。 踊るバービー人形と形容されるその美貌から、世界中に沢山のファンを持ち、現在では振り付けや モデルの仕事でも活躍している。 現在はカリフォルニア州ロサンゼルス在住。 出演 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル• などしてくださる(、)。

次の