マナブログ カスタマイズ。 Manablog Copy(マナブログコピー)のカスタマイズにくじけそうな人へ

【JINカスタマイズ】codeタグを、マナブログ風にしてみた【オシャレ】|テックダイアリー

マナブログ カスタマイズ

カスタマイズを始める前に子テーマを作るのがオススメ WordPressでは、親テーマ(マナブログコピー)のファイルを直接編集していると、カスタマイズした変更を残しながらアップデート内容を取り込むということが、とても大変になってしまいます。 メリットとしては、• どれだけ子テーマを編集しても親テーマには影響が無い• カスタマイズで使用したコードの管理が楽になる• 親テーマをアップデートしても、子テーマには影響が無い というところになると思います。 この記事を書いた少し前にもマナブログコピーのテーマに大きなアップデートがありましたが、やっぱりアップデートがあったら自分のブログに反映したい場合が多いと思うので、まずはカスタマイズをする前に子テーマを作るのがオススメです。 css と functions. php ファイルを作成します。 テーマ一覧などで子テーマのサムネイル画像を表示させたい場合には、 screenshot. png という名前の 880 x 660px(解像度は72でOK)の画像を追加します。 style. 子テーマとして認識させるために、以下のコードを style. css にコメントとして追加します。 Template: 部分はマナブログコピー(親テーマ)のフォルダ名を記入する必要があるので、 お使いのマナブログコピーのフォルダ名を記入するようにしてください。 でないとユーザーに見えることはありませんが、テーマが壊れているというエラーが表示されます。 子テーマをサーバーにアップロード ここまでできたら、作成した子テーマをFTPなどを使ってサーバーにアップロードします。 うまく子テーマが表示されていれば、これで完成です。 子テーマを認識してくれないとき・テーマが壊れていると表示されるとき 子テーマを認識してくれないときや、テーマが壊れていると表示されるときは、子テーマのstyle. cssに書く Template: の箇所が原因かもしれません。 Template: の箇所には、 親テーマのフォルダ名を書く必要があるので、子テーマをうまく認識してくれない場合には、こちらをチェックすると解決するかもしれません。 それでもうまくいかないときは、以下をチェックしてください。 Template: の後は親テーマの「フォルダ名」になっているか• 親テーマのフォルダ名に、半角などのスペースが入っていないか• 親テーマのフォルダ名と Template: の後に大文字、小文字の違いはないか• Template: の後などに全角スペースが入っていないか• Sublime Textなら Save with Encoding でwith BOMでない方のUTF-8を選択します。

次の

マナブさんのワードプレステーマ「Manablog Copy」の評判をまとめてみた!

マナブログ カスタマイズ

ブログを始めるにあたって、まずは上手くいってる人を真似ようと、 マナブログさんのワードプレステンプレで始めることにしました。 あとはサーバーとドメイン契約して、マナブログさんのワードプレステンプレートをインストールした後に、 当初の想定と違って(記事やメニューバー、投稿画面など)、僕がつまづいて変に時間がかかってしまったところも記載しておきます。 どちらかと言うと初めてブログを開設する方向けです。 マナブログさんのワードプレステンプレでブログを開始するにあたっての流れ 大枠は下記• ただ、実際は「Hello world」みたいな記事ぐらいがあって(多分WordPress始めたらデフォルトであるやつかと)、メニュー(ナビバー)もないし、ページ上部の固定ページ(3つ並んだやつ)もないし、「あれ?あれ?」となりました。 (今考えると初めて使うのもので「ないのは当たり前」かと思います。 ) 前提として、 マナブログさんのワードプレステンプレートはアップデートされてます。 ただ、僕は上記を見逃して、などを参考にCSSを編集する作業から始めてしまい、うまく反映されない事が多く、大変無駄な時間を消費してしまいました…。 まずはこちらの「mblog管理」から情報を入力。 こちらの入力で、おそらくサイト名や、プロフィールやSNSの部分が反映できたかと。 「ピックアップ記事」の項目は、そもそも記事がまだないので未入力のままになるはず。 メニュー(ナビバー)ないけど、どうやって作るの? 前提として、記事もないのに先にメニューを作るかどうかとかはあると思いますけど、僕は作りたかったので作り方も記載。 僕は形から入るタイプだったので、投稿の前に先にカスタマイズを試みました。 ロゴ変えたい• 色変えたい• レイアウト変えたい• もっと人と違う感じにしたい 他にも色々と出てくると思いますけど、そんな中お世話になったブログ。 僕の場合は、 前述の りゅうた学さんの このページからサイト全体の色の変更とブログタイトルを画像に変更して、 あとは マナブログコピーまとめさんの ここを参考に気になる部分を変更して、 最後にWEBST8さんの SSL(https化)をして、という感じでした。 ただ僕はここでも初っ端つまづきました… 投稿に際しての参考は、 01ブログさんの 動画付きだったので「分かり易いなー」と思って、ひと通り動画を見て、早速「投稿」の「新規追加」をポチっとしたのですが、画面が下記になりました。 「あれ?01ブログさんの画面と違う」 マナブログさんのページで確認してもなんか違う。 画面を色々いじっても全然同じような画面にならない…。 またしても見逃してました…。 プラグイン設定をしないと、同じ画面にならないみたいでした。 (これはでも記載されてます) なので、 「プラグイン」項目から、Classic Editorを検索してインストールして有効化。 これで同じような画面になりました。 あとは 01ブログさんの動画を見ながら投稿。 自らの不覚で時間を取られながらも、なんとかスタートを切れました。 今振り返ってみると、多分変に知識がある分先走ってしまって、普通の人よりも時間がかかってしまった感が否めないのと、参考サイトも1つに統一した方が良かったのかもですが、そこは勉強として。

次の

マナブログコピー(WordPressテーマ)のカスタマイズ記事まとめ

マナブログ カスタマイズ

カスタマイズを始める前に子テーマを作るのがオススメ WordPressでは、親テーマ(マナブログコピー)のファイルを直接編集していると、カスタマイズした変更を残しながらアップデート内容を取り込むということが、とても大変になってしまいます。 メリットとしては、• どれだけ子テーマを編集しても親テーマには影響が無い• カスタマイズで使用したコードの管理が楽になる• 親テーマをアップデートしても、子テーマには影響が無い というところになると思います。 この記事を書いた少し前にもマナブログコピーのテーマに大きなアップデートがありましたが、やっぱりアップデートがあったら自分のブログに反映したい場合が多いと思うので、まずはカスタマイズをする前に子テーマを作るのがオススメです。 css と functions. php ファイルを作成します。 テーマ一覧などで子テーマのサムネイル画像を表示させたい場合には、 screenshot. png という名前の 880 x 660px(解像度は72でOK)の画像を追加します。 style. 子テーマとして認識させるために、以下のコードを style. css にコメントとして追加します。 Template: 部分はマナブログコピー(親テーマ)のフォルダ名を記入する必要があるので、 お使いのマナブログコピーのフォルダ名を記入するようにしてください。 でないとユーザーに見えることはありませんが、テーマが壊れているというエラーが表示されます。 子テーマをサーバーにアップロード ここまでできたら、作成した子テーマをFTPなどを使ってサーバーにアップロードします。 うまく子テーマが表示されていれば、これで完成です。 子テーマを認識してくれないとき・テーマが壊れていると表示されるとき 子テーマを認識してくれないときや、テーマが壊れていると表示されるときは、子テーマのstyle. cssに書く Template: の箇所が原因かもしれません。 Template: の箇所には、 親テーマのフォルダ名を書く必要があるので、子テーマをうまく認識してくれない場合には、こちらをチェックすると解決するかもしれません。 それでもうまくいかないときは、以下をチェックしてください。 Template: の後は親テーマの「フォルダ名」になっているか• 親テーマのフォルダ名に、半角などのスペースが入っていないか• 親テーマのフォルダ名と Template: の後に大文字、小文字の違いはないか• Template: の後などに全角スペースが入っていないか• Sublime Textなら Save with Encoding でwith BOMでない方のUTF-8を選択します。

次の