視力 回復 老眼鏡。 近視・老眼で悩んでいるあなたへ視力回復B

老眼治療|視力回復.jp

視力 回復 老眼鏡

訴求「每天3分鐘,拯救近視、散光、 老花眼、 飛蚊症、 白內障、 青光眼」的神奇 眼球操從日本夯到台灣,佔據暢銷書排行榜,提倡者是美國醫學博士、日本視力訓練中心所長中川和宏,他認為人們視力差,所反映的是腦力也同時衰退,若僅仰賴眼鏡或隱形眼鏡矯正,長期下來會弱化眼睛的體質,甚至最終導致失明。 他也以腳骨折為例,認為拐杖如同眼鏡一般,只是健康輔助器材,應回頭訓練自己拋棄這些工具,才能同時讓視力、腦力恢復年輕。 不動刀、不矯正,區區在家練習眼球轉動,真能有此神奇效果嗎?大安双眼明眼科診所院長王孟祺搖頭說:「實在太誇張了!如果眼疾這麼簡單就能解決,那全民都沒近視、老花了。 」 他翻出研究佐證,2005年眼科權威期刊《小兒眼科斜視雜誌》的一篇研究系統性回顧眼球運動的效果,研究人員檢視43個相關研究,宣稱眼球運動可改善會聚、眼球肌肉運動問題、眼睛肌肉調節障礙、弱視、學習困難、發音困難、眼睛疲勞、近視、暈車、立體感、視野等問題,詳加分析後發現,只有在「立體感缺乏」和「會聚不足」的人身上,有一點改善,至於對其他療效的結論則是「no scientific evidence,就是沒有什麼效果,」他指著研究報告說。 因此王孟祺認為,眼球運動或許有助緩解用眼過度的疲勞感,但對於提升視力或治療特殊眼疾則沒有作用,大眾不應期待過高。 消除疲勞是最大功效 台北市立聯合醫院副總院長翁林仲則認為,這些護眼動作看來神奇,其實多數是將眼科醫生用以檢查病人是否罹患眼疾的原理,運用在自我訓練方面,儘管不能做到消除眼疾、視力回復的作用,但他仍建議一般人可以依照自己的需求來做,仍有一定的護眼效果。 就像照相機對焦一般,讓睫狀肌一下看遠一下看近。 動作:鬥 雞眼訓練 做法: 1. 舉起食指置於正前方,慢慢靠進鼻子,停在兩眼中央,讓眼睛做鬥雞眼動作,維持10~20秒不動。 食指慢慢遠離、再慢慢靠近,眼睛隨著食指的位置,一下變成鬥雞眼、一下回復正常,來回約10次。 說明:王孟祺指出,鬥雞眼是訓練內直肌和睫狀肌,因為眼睛看近的時候眼睛要會聚,同時睫狀肌會收縮、瞳孔變小,眼科通常用以矯正兒童外斜視問題。 一般人可用鬥雞眼訓練來轉換睫狀肌的鬆緊度,太近距離的工作往往會使這些肌肉疲勞,反而要望遠來放鬆消除眼睛疲勞。 初發性老花眼的人可以做看看,但是如果反而造成眼球的酸痛疲勞,則不宜太過勉強。 活動眼球附近較少用到的肌肉。 做法: 1. 坐在椅子上,手臂伸直在前方畫大圓,在脖子不轉動的姿勢下,眼球跟隨指尖轉動,做2次後換左手畫圓,各做2~5次。 也可換畫三角形、四方形或星形,儘量讓眼球可以上下左右活動。 說明:翁林仲說,長期做同件事,例如閱讀或看電腦,眼球周圍的肌肉僅用到幾條,這個動作可讓平時少用的肌肉伸展開來。 利用凸透鏡或高度數的老花眼鏡解除眼睛疲勞。 做法:眼睛疲勞時,將眼鏡或隱形眼鏡摘下來,換上高度數老花眼鏡,無目的地朝外看,這時眼前霧茫茫看不清楚是正常的,就是完全放鬆。 (如果沒有老花眼鏡也沒關係,就完全放鬆,讓眼前感覺霧霧的、不清楚就好。 ) 說明:翁林仲解釋,凸透鏡的效果在眼科稱為霧視,類似點睫狀肌麻痺劑(俗稱散瞳劑)的作用,可以解除睫狀肌的痙攣收縮。 可配合眼部熱敷,促進血液循環,讓眼睛獲得完全的休息。 影像聚焦在小孔中,讓人不必戴眼鏡也看得清楚。 做法:不須費力用眼時(例如洗澡、看電視、休閒時)戴著針孔墨鏡,眼睛不用刻意聚焦,外界影像也很清晰。 說明:翁林仲指出,戴上針孔墨鏡後,所有光線集中在最小的孔洞裡進入眼睛,在這個狀況下無論是近視、遠視、散光,都會覺得視力好很多。 眼科診療時會以針孔效應來解除光學或屈光度引起的視力變化,在光學部份都完成聚焦之後就是病人的最大視力,如果從針孔中還是看不清楚,醫生就會判斷可能並非屈光的問題,這時就要另做檢查。 不過,新竹國泰醫院眼科主任陳瑩山也痛批,坊間有業者販賣針孔墨鏡,誇大宣稱可以治療眼疾、回復視力,且價格不斐,「戴上去看得清楚,跟你隨便拿一張紙戳一個洞一樣,拿下來還是看不清楚,眼睛不會變好,不要被騙了。 」 小心 視網膜剝離風險 若以緩解眼睛疲勞的保健效果來說,翁林仲認為 眼球操有些幫助,不過,有些族群轉動眼球時要特別留意。 王孟祺遇過一個中年女性求診,原因是做 眼球操結果保養不成,反而弄到視網膜剝離,「有高度近視或視網膜剝離風險的人,絕對不能快速轉動眼球,」他解釋,急速震動下,眼球裡的玻璃體轉動疾停時有慣性,會增加拉扯的力量,對於視網膜比較脆弱或本來就有破洞的人來說,這股拉力太強的話,就會導致視網膜剝離的危機。 因此王孟祺建議,無論是轉動眼球或是看近看遠的訓練,都要「慢慢來」,速度放慢才能兼顧紓解疲勞和安全性。 當然,無論效果如何, 眼球操的最大意義還是在於隨時提醒自己讓眼睛休息,調整生活步調,規律運動,才是養眼護腦的不二法門。

次の

【驚きの効果!】老眼鏡で視力回復?かけるだけで視力が回復する方法とは

視力 回復 老眼鏡

「近場ばかりを見つめていると、まず、毛様体筋が疲れ切ってこわばり、水晶体の厚みが変わりにくくなります。 こうして、近眼や老眼になり、視力低下が起こります。 毛様体筋が疲弊しているときには、眼球の向きを上下左右に自由に動かす6本の筋肉群(総称は外眼筋)もこわばっています。 毛様体筋や外眼筋が緊張していると、目の血流が悪くなり、目の酸欠状態が引き起こされます。 さらに、毛様体筋から分泌される房水という目の体液の循環も悪くなるため、栄養が十分に届けられなくなります。 こうして目のコンディションが低下すれば、近視や老眼、目の充血、ドライアイなどの諸症状が起こりやすくなるのです。 しかし、本部先生によれば、「 メガネをかけると、視力は落ちたまま固定されます。 それどころか、メガネに慣れることで、視力はさらに落ちていくこともあるのです。 さらに、メガネをかければ周囲がはっきり見えるので、目の本来的な機能が回復したと勘違いしてしまいがちです。 目がメガネに慣れてしまうと、本来持っている 見ようとする力が失われ、かえって近視や老眼の進行が進んでしまうのです。 」といいます。 3の視力が1. 0に改善 「 視力は、体調や体のリズム、気分、姿勢、天候などに左右され、一定ではありません。 たとえ、健康診断などで視力が低下したという結果が出ても、慌ててメガネを作る必要はありません。 切実に困ったことがない限り、少しの間は様子を見るといいでしょう。 」と、本部先生。 このように話すのは、先生の中学の頃の体験がきっかけだそうです。 「中学生のとき、眼科で行った視力検査で、右目の視力が0. 3と出ました。 医師からは、「すぐにメガネを作りましょう」と言われましたが、まず 自分なりの改善策を試すことを考えたのです。 そのときに実行したのは、遠くの風景を見るようにしたり、寝ながら読書をすることをやめたり、勉強机の照明を明るくしたり、目を休ませる時間を作ったりといったことです。 その結果、視力は1. 0まで回復しました。 私のケースは、おそらく一時的にピント調節力が下がって視力が低下する 仮性近視だったと思われます。 」 そして、先生が今でも老眼知らずの状態をキープしている秘密は、毎日行っている目のトレーニング「 目のスクワット」にありました。 例えば、足腰が衰えてくると、スクワットで足の筋肉を伸び縮みさせて強化すると思います。 同様に、目においても、 目の筋肉を鍛えることで、視力低下の予防や改善に効果があるそうです。

次の

近視・老眼で悩んでいるあなたへ視力回復B

視力 回復 老眼鏡

老眼鏡には、 近くと遠くのどちらかに焦点を合わせた単焦点タイプのものと、 一枚のレンズで近くと遠くの両方に焦点が合うようにできている多焦点(遠近両用)タイプのものがあります。 単焦点の老眼鏡は、一定の距離にピントが合っているため、長時間、近くや遠くを見つめる作業に適しています。 反対に、多焦点の老眼鏡は近くと遠くの両方を見ることが多い場合に便利です。 ただし、多焦点レンズにも 「レンズの視野が狭い」、「ふたつの焦点が切り替わるところで画像がゆがむ」などの短所があり、慣れないうちは目が疲れる場合があります。 どちらの老眼鏡を作るかは、使用者の生活パターンによって異なります。 老眼鏡を頻繁にかけなおすことが苦にならない場合は、近距離用と遠距離用のものを一つずつ、遠距離・近距離の切り替えがすばやくできたほうが良い場合は、遠近両方の老眼鏡を作ると良いでしょう。 また、読書など目に近い作業を長時間行なう場合は、遠近両用の老眼鏡のみでは目が疲れやすいため、あわせて近距離用の老眼鏡を作るのがおすすめです。 老眼鏡は眼科の処方箋で作ろう 老眼が始まったかなと思ったら、 まずは眼科で検査を受けましょう。 現在、老眼鏡は、激安メガネ店や100円ショップでも手軽に購入できますが、 老眼が起きる年齢は、他にも緑内障・白内障などの眼疾患や、高血圧・糖尿病といった生活習慣病を併発しやすい時期でもあります。 眼科で行なう老眼検査では、視力だけでなく眼底(目の奥)や眼圧(眼球の内部圧力)を調べることによって、これらの疾病の兆候についても発見が可能です。 老眼とコンタクト 老眼鏡をかけることに抵抗がある場合は、 老眼用に開発されたコンタクトレンズを使用する方法もあります。 特に今後は若いうちからコンタクトレンズを使い慣れた世代が増えるため、老眼用コンタクトレンズの高性能化や低価格化が期待されています。 現在、老眼用として販売されている主なコンタクトレンズは、同心円状に近距離と遠距離の焦点をとった多焦点タイプ(遠近両用)のコンタクトレンズです。 ただし、一般的な遠近両用メガネと比較すると、コンタクトレンズの場合は 目の中で動きやすく、焦点がずれがちで、メガネより視界がぼやける傾向があります。 また、「周囲の明るさによって瞳孔の大きさが変わると焦点が合いづらくなる」、「価格が通常のコンタクトの倍以上する」など、いくつかの課題も残されています。 老眼用コンタクトレンズが合うかどうかは個人差もあるため、 あらかじめ眼科に相談し、レンズの試着をさせてもらうと良いでしょう。 老眼鏡との併用もアリ。 老眼とコンタクト CKは、米国FDA(食品衛生局)によって 老眼治療として認可されている外科手術です。 角膜の外側にラジオ波(高周波エネルギー)を当てて、遠近両用レンズのようにかたちを変え、近くと遠くの両方にピントが合うようにします。 手術に使われるラジオ波は、歯科手術などに用いられる安全性の高いもので、通常は 効き目の反対側の片目のみに行なわれます。 施術には、CKを開発した米国Refractec社が発行する「ViewPointCKライセンス」が必要となるため、国内での普及率はまだ高くありませんが、 過去にレーシックや白内障手術を受けている人でも治療を受けることができ、手術後、老眼が進行して治療効果が弱まった場合でも、 2回程度までは再手術可能と、メリットの多い老眼治療です。 CKの注意点としては、視力回復の効果が出るまでに数週間かかることや、読書など長時間の手元作業では老眼鏡が必要になる場合もあること、また矯正の範囲が狭いため、中度~強度以上の近視や遠視の場合、手術前にレーシックなどで矯正する必要があること、などがあげられます。 【メリット】 遠くも近くもある程度見えるようになる メスを使わず安全 再手術が容易 手術時間は5~10分 米国FDA認可の唯一の老眼治療法(免許保持者のみ施術可) 【注意点】 効果は次第に弱まる。 人工レンズを埋め込むことで、 白内障とともに近視・乱視などの屈折異常も矯正できるメリットがあります。 遠近両用白内障手術の場合、人工レンズに多焦点の遠近両用眼内レンズを使うため、これらの治療効果に加えて、 さらに老眼治療を行なうこともでき、手術後は遠くと近くの両方にピントを合わせられるようになります。 白内障手術そのものは、国内でも頻繁に行なわれているポピュラーな外科手術で、 手術方法(術式)や治療効果が確立された安全性の高い手術です。 使用する人工レンズも厚生労働省、もしくは米国FDAの認可を受けたものが原則的に使われます。 遠近両用白内障手術の注意点としては、 手術に使われる遠近両用眼内レンズが健康保険の対象外となるため、通常の白内障手術(単焦点眼内レンズを使用した場合)と異なり、保険での診療が受けられなくなってしまうことです。 【メリット】 遠くも近くもメガネなしである程度見えるようになる 術式・効果が確立された白内障手術の応用 使用される人工レンズは厚生労働省およびFDA認可 【注意点】 遠近両用眼内レンズを使用することで、通常、保険診療となる白内障手術(単焦点眼内レンズの場合)で保険が適用されない 「レーシックで老眼は治せるか」「レーシックを受けても老眼になればメガネをかけなくてはならないのか」等、老眼とレーシックの関係については、さまざまな疑問や心配が聞かれます。 一般に、レーシックは近視・乱視といった屈折異常の矯正をメインとしているため、目の調節力の低下で起きる老眼は治療が難しいとされています。 「レーシックで角膜の屈折率を変えても、ピントを合わせる機能が衰えれば、やはり老眼鏡が必要になる」というのが、多くの眼科で聞かれる定説でした。 ただし、最近はピンホール効果や老眼コンタクトレンズの理論を応用して レーシックによる老眼治療を行なっている眼科もあります。 角膜内に「カムラインレー」という小さな穴のあいた黒いリングを挿入することで、ピンホール効果により近くのものを見えやすくすることができます。 また、CKやモノビジョンレーシックと比較すると 遠方の視力にも影響を与えることが少ないと言われています。 利き眼で遠方を、反対側の眼で近距離を見られるようになります。 カムラインレーやレインドロップは通常、片眼のみに挿入し、 術後に取りだすことも可能。 手術後の眼の外観にも違和感がありません。 手術時間は約10分程度と短くすむうえ、レーシック同様、短時間で視力回復効果を得ることができます。 モノビジョンレーシック モノビジョンとは、 意図的に左右の目の度数を変えた状態を言います。 たとえば右目で近距離を、左目で遠距離を見えるようにし、見る距離によって左右の目を使い分けるようにします。 モノビジョンレーシックは、エキシマレーザーで角膜の屈折率矯正を行ない、このモノビジョンの状態を作り出す手術です。 手術後は、近くと遠くの両方がある程度見えるようになりますが、 目の使い分けに慣れるのに1ヶ月~3ヶ月程度かかる点や、片眼視によって物の立体感・遠方の視力が低下する場合があるなど、注意点もあります。 【メリット】 遠くも近くもメガネなしである程度見えるようになる 【注意点】 細かい文字を見る時には、メガネが必要になることがある 見え方に慣れるまで1ヵ月から3ヵ月かかる.

次の