伊勢 市 コロナ。 新型コロナウイルスに関する対策について【随時更新】|伊勢内宮前 おかげ横丁

臨時特例奨学金|伊勢市公式ホームページ

伊勢 市 コロナ

ページ番号1009609 更新日 令和2年5月27日 新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に困窮する大学生・高校生等を対象に伊勢市奨学金制度を拡充します。 拡充内容• 専修学校(高等課程・専門課程)を追加します。 申請時の収入で判断します。 申請期間を延長します• 臨時特例奨学金の案内チラシです。 受給資格 新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に困窮する世帯方で、次のすべての項目を満たす方• 大学、高等学校、中等教育学校の後期課程、高等専門学校または専修学校の高等課程・専門課程に在学していること。 保護者が伊勢市内に住所を有していること。 学業優良で学資に乏しいこと。 令和2年中の世帯合計所得金額見込みが、生活保護基準額の1. 支給年額• 高等学校• 高等専門学校(1年~3年)• 中等教育学校(後期課程)• 高等専門学校(4年~5年)• なお、選考決定後に、奨学生の資格に該当しなくなった等、事情により支給を廃止または停止する場合があります。 申請方法 申請受付期間内に、提出書類1. の種類を全て揃えて、下記受付場所へ申請してください。 受付場所 伊勢市教育委員会事務局 学校教育課 〒519-0592 伊勢市小俣町元町540番地(小俣総合支所2階) 提出書類• 奨学金支給申請書(別紙 第1号-1様式)• 在学証明書等(令和2年度在学していることがわかる学生証の写しも可)• 本人と保護者の属する世帯全員の収入を証する書類。 ただし、学生・生徒は不要。 その他• 本奨学金制度は、他の奨学金制度と兼ねることができます。 伊勢市教育委員会の委嘱 または、任命する選考委員会において奨学生を選考を行います。

次の

【公式】キャッスルイン伊勢|内宮・外宮まで車で13分以内とご参拝に最適、最上階の展望大浴場はいつでも利用可能で伊勢市が一望できます。

伊勢 市 コロナ

ページ番号1009609 更新日 令和2年5月27日 新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に困窮する大学生・高校生等を対象に伊勢市奨学金制度を拡充します。 拡充内容• 専修学校(高等課程・専門課程)を追加します。 申請時の収入で判断します。 申請期間を延長します• 臨時特例奨学金の案内チラシです。 受給資格 新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に困窮する世帯方で、次のすべての項目を満たす方• 大学、高等学校、中等教育学校の後期課程、高等専門学校または専修学校の高等課程・専門課程に在学していること。 保護者が伊勢市内に住所を有していること。 学業優良で学資に乏しいこと。 令和2年中の世帯合計所得金額見込みが、生活保護基準額の1. 支給年額• 高等学校• 高等専門学校(1年~3年)• 中等教育学校(後期課程)• 高等専門学校(4年~5年)• なお、選考決定後に、奨学生の資格に該当しなくなった等、事情により支給を廃止または停止する場合があります。 申請方法 申請受付期間内に、提出書類1. の種類を全て揃えて、下記受付場所へ申請してください。 受付場所 伊勢市教育委員会事務局 学校教育課 〒519-0592 伊勢市小俣町元町540番地(小俣総合支所2階) 提出書類• 奨学金支給申請書(別紙 第1号-1様式)• 在学証明書等(令和2年度在学していることがわかる学生証の写しも可)• 本人と保護者の属する世帯全員の収入を証する書類。 ただし、学生・生徒は不要。 その他• 本奨学金制度は、他の奨学金制度と兼ねることができます。 伊勢市教育委員会の委嘱 または、任命する選考委員会において奨学生を選考を行います。

次の

伊勢市 コロナ検査センター運用開始 ドライブスルー方式 三重

伊勢 市 コロナ

Contents• 感染報道について 感染者が出たとの報道が朝日新聞社でされた事で明らかになりました。 三重県は24日、新たに60代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明したと発表した。 この女性については、伊勢市の伊勢赤十字病院がPCR検査の結果を陰性と誤認し、発表が遅れたという。 県内の感染者は計44人となった。 県によると、女性は伊勢市の保育園調理師で、11日に発熱の症状が現れた。 17日に出たPCR検査の結果は陽性だったが、病院側が誤認し、県に陰性と報告していたという。 引用元:www. asahi. com このような報道がされています。 三重県でもこれで44人の感染確認となります。 症状歴・行動歴は? 感染された方の症状歴は以下の通りです。 症状・経過 4月11日(土) 発熱の症状出現 13日(月) 医療機関A受診 14日(火) 医療機関A再受診、レントゲンで肺炎の所見 15日(水) 伊勢赤十字病院受診 検体採取し、民間検査機関でPCR検査を実施 17日(金) PCR検査の結果、陽性であったが、伊勢赤十字病院で陰性と誤認し、県に報告 18日(土) 頭痛、食欲低下 医療機関A再受診 20日(月) 伊勢赤十字病院から本人に陰性を報告 医療機関A再受診 22日(水) 医療機関A再受診 23日(木) 伊勢赤十字病院にて誤認が発覚し、県に修正報告 県内の医療機関に入院 <現在の症状> 軽症(発熱) このような情報が出ています。 今回の事例は、医療機関が民間の検査機関に委託してPCR検査を実施し、4月17日に陽性が確認されていましたが、誤って県に陰性と報告していたものです。 一言コメント 陽性だったのに、誤って陰性と報告したというのは、いかがなものかと思います。 あの保育園の調理師さんかぁ。 複雑ですね。 伊勢志摩の旅館も営業しないでください。

次の