ハンドメイド 作り方 布。 いろいろな布でかわいく♪コースターの作り方

針金ハンガーをおしゃれにリメイク、布巻きハンガーの作り方、動画あり|ハンドメイドで楽しく子育て gma.polarbottle.com

ハンドメイド 作り方 布

布プリでオリジナルタグを作ろう! 作れるのはこういうタグです。 今回は文字だけのシンプルなもの。 使用するもの• 布プリ• アイロン• インクジェットプリンタ• 印刷したいデータ• 布プリを洗うために水道水 データを作る 【注意事項】 今回はWord(Microsoft Word 2010)で作ります。 バージョンが2010なのでそれ以外のバージョンでは画面が異なることがあります。 特に2003以前をご使用の方は見た目が全然違います。 2007と2013はそこまでは変わらないはずです。 OSはWindows7なのでMacとか8とか10ともメニューとかが違うと思います。 必ず素材の配布元で確認をしてから使用してください。 Word使い慣れていない方のために丁寧にいきますのでそのくらいわかってらぁ!って方はガンガン飛ばしてください。 目次からショートカットできます。 Wordを起動する 画面左下のスタートボタンをクリック。 「すべてのプログラム」をクリック。 ラベルを作る 上のメニューから「差し込み文書」をクリック。 「ラベル」をクリック。 「オプション」をクリック。 「新しいラベル」をクリック。 ラベルサイズの設定画面です。 ここでタグ1枚のサイズを設定します。 今回のタグサイズは横約5cm、縦約1. 5cmで作る場合の値です。 「上余白」、「横余白」は0 「垂直方向の間隔」は「ラベルの高さ」と同じ 「水平方向の間隔」は「ラベルの幅」と同じです。 それ以外の計算は下記を参考にしてください。 【サイズの計算】 「用紙サイズ」は使用する用紙サイズにもよりますが、 今回はA4サイズを「横置き(横29. 用紙の向きは自分の作りたいタグのサイズとの相談です。 A4用紙をできるだけ無駄なく使えるように計算します。 【列数・行数の出し方】 計算式としてはこんな感じ。 単位はmmです。 4 これを綺麗に収まるように再計算します。 単純に四捨五入で良いと思います。 サイズ設定が終わったら、今作ったラベル名が選択されていることを確認して「OK」をクリック。 タグに入れたい文字を「宛先」に入力。 宛先じゃないけど気にしない。 入力したら「新規文書」をクリック。 レイアウトを整える それっぽくなりました。 が、まだ終わりません。 用紙の左上にプラスみたいなマークがあるのでクリック。 ない場合は「Ctrl」キーと「A」キーを同時押しで全選択。 右クリックでウィンドウが出てくるので「セルの配置」にカーソルを乗せる。 するとこんなのが出るので真ん中の絵をクリック。 縦横中央に文字が移動しました。 よっしゃ印刷!と思った方。 もう少しお待ちを。 Word上は区切り線が見えていますが印刷するとタグの文字だけになってしまいます。 このまま印刷しても大丈夫ですが、カットが面倒です。 カット用のガイドラインを引く Word上のデータの上で右クリック。 ウィンドウから「表のプロパティ」をクリック。 「罫線」の線種「すべて」を選択。 種類は線があればなんでもいいです。 線の部分は切ってしまうので。 今回は2番目の波線を選択します。 クリックすると右のプレビューに線が引かれます。 「OK」をクリック。 もっかい「OK」をクリック。 データ完成! 今度こそデータが完成です!お疲れ様でした! 本番の印刷の前に普通の紙でテスト印刷をするのをお忘れなく。 イメージが違ったらサイズを調整してみてくださいね。 ここで 力尽き終わった気になっているんですが印刷編いりますでしょうか? 簡単には私がタグ作った時の記事があるのでこちらを参考にしてください。 このテンプレートで作ったタグは商用利用していただいて構いません。 Wordの2003互換で保存してありますので2003以降のバージョンであれば使用可能なはずです。 が、あくまで自己責任でお使いください。 再配布は禁止です。 ダウンロードされた方はランキングをクリックしていってくれると嬉しいです。 役に立ったよ!のポチお願いします。

次の

布ナプキンの作り方(手順)

ハンドメイド 作り方 布

こんにちはキューです。 今日は、何の飾りもない 針金ハンガーをかわいくて使いやすいようにリメイクする方法 をご紹介しようと思います。 お家にある 端切れ布を使って誰でも簡単に出来ます。 しかも、 ハンガーに洋服をかけた時にずり落ちにくくなり、使い安いのでおすすめです。 画像と動画付きでわかりやすく説明します。 Contents• 布巻きハンガーの作り方 ではまずは用意する材料から説明します。 所要時間は15分くらいです。 端切れ布 今回私は 2m20cm使いました(巻き付け方により差が出ますので多めに用意します。 ) 幅は2. 5cmくらいに裂きます。 私はたまたま端切れというよりは余っている布があったので長い物を使いましたが、途中で付け足していけば大丈夫なので 50cmくらいづつでも作れます。 あまり厚みのない ブロード生地が良いです。 針金ハンガー 今回はうちに針金ハンガーがなかったので 100均ダイソーにて6本で108円で購入しました。 可愛いカットクロス(端切れ)も売ってましたよ。 これ先に滑り止めのゴムが付いていて白でシンプルだし普通に使えます。 買い足し決定です。 コスパも最高ですね。 手芸用ボンド 私は 裁ほう上手というアイロンで接着ができるボンドを使いましたが、 普通の手芸用ボンドで大丈夫です。 木工用ボンドでも大丈夫だと思いますが、濡れてしまった場合にはボンドが剥がれますので注意してください。 濡らさないと思いますけど。 ハサミ• クリップ 今回、ちょっとオリジナリティーを出したかったのでタグをつけてみました。 平織りタグテープ• handmadeスタンプ 既製品です• 布用スタンプ台 アイロンで定着します リボンでデコレーションをしてもかわいいと思います。 また、 布柄の色を途中で変えてもかわいくできると思いますのでお好みでアレンジしてください。 それでは作り方をご説明していきますね。 作り方• 布を2. 5cmの幅にハサミで少し切れ目を入れてから引き裂きます。 耳(布の端)がある場合は使いませんのでこちら側も引き裂いておきます。 引き裂いた布はくるくると表側を揃えるようにして、丸くまとめてクリップなどで留めておきます。 ハンガーフックの先から巻いていきます。 布の先にボンドを付けて先の部分を包むようにして、少し斜めに巻いていきます。 5mmくらいづつずらしながら、重ねて巻いていきます。 最初はハンガーの方を回すと巻きやすいかもしれません。 左手できつく抑えながら(右利きの場合)布の橋が丸まって中に入らないようにあえてほつれ部分を出して巻いていきます。 フックの根元まできたら、片側から続けて巻いていきます。 まとめてクリップで留めた布をいちいちハンガーの輪の中に通さなければならないので、多少手間がかかりますが、ここは丁寧にしっかり巻いていってください。 途中で布がなくなったらボンドで付け足しながら巻いていきます。 フックの根元まできて、ワイヤーが見えなくなったら、ボンドで留めます。 出来上がり、あとはリボンやタグなどでお好きにデコレーションしたら完成です。 タグの作り方• 平織りタグテープを12cmくらいに切り、handmadeなどと書いてある市販のスタンプを押します。 for fabrick(布)と書いてあるスタンプ台を使います。 アイロンでインクを定着します。 片側はピンキングバサミで切りましたがなければ、手芸用ボンドでほつれ止めをしておくと良いです。 もう片側は三つ折りにしてミシンか手縫いで縫います。 三つ折りの部分をフックに通したら出来上がりです。 姉妹兄弟の場合はこのタグに名前を書いてもいいかもしれませんね。 ネームタグの作り方の記事はこちら リボンの作り方 この布巻きハンガーはほつれている布が味があってかわいいので、きっちりとしたリボンよりもゆるい感じのリボンがあっていると思います。 裂いた布をそのままリボン結びしてもかわいいですね。 布巻きハンガー作り方の動画 私、ついにYouTuberになりました!(笑) ってただ一つだけ動画をUPしただけなんですけどね。 え?誰でもなれるって?まあそうなんですけど。 よろしければご視聴お願いいたします。

次の

手縫いでできる手作り布小物20選&作り方|はぎれで簡単ハンドメイド

ハンドメイド 作り方 布

手縫いや裁縫でできる手作り小物1つ目は、ポーチです。 手縫いでも簡単にできるポーチの作り方を紹介します。 裁縫初心者の方も作りやすいので、可愛い布を見つけたらポーチにしてみてはどうでしょうか? 用意するもの• 表布・裏布(片方の辺はファスナーの長さに合わせます)• ファスナー• 針と糸 手縫いや裁縫でできるポーチの作り方• まずファスナーと表布を縫います。 縫ったところに裏布を重ねて縫います。 表布の縫っていない方をファスナーの縫っていない方に合わせて縫い、裏布も縫います。 ファスナーの位置をしっかり合わせて、縫っていない部分を縫います。 返し口は開けておきます。 底を作ります。 四つの角を三角に折ります。 幅分の印をつけて、まっすぐ縫います。 まっすぐ縫って余分に余っている三角の部分は切ります。 返し口からひっくり返して、返し口を縫います。 こちらの動画が詳しくてとってもわかりやすいので参考にしてみてくださいね!マチ付きの、使い勝手のいいポーチが簡単にできます! 手縫いや裁縫でできる手作り小物2つ目はティッシュケースです。 好きな布が一枚あれば簡単に作れます。 レースで飾ってあげるのも可愛いですね。 用意するもの• 針と糸 手縫いや裁縫でできるティッシュケースの作り方• ティッシュの取り出し口になる、短い辺の部分を三つ折りにして縫います。 縫った部分が真ん中に来るように折り畳みます。 (ティッシュの形です)• 裏にして、縫ってない部分を縫います。 ひっくり返して完成です。 こちらの動画も参考に作ってみてくださいね。 手縫いや裁縫でできる手作り小物3つ目はがま口のお財布です。 がま口のパーツは100均にも置いてあるのでとっても作りやすいです。 お財布だけでなく小物入れにも使えます。 用意するもの• 口金(今回は紙紐付きのものを使います)• 表布・裏布• 針と糸• ボンド• ペンチ 手縫いや裁縫でできるがま口財布の作り方• 口金を買ってきたら、型紙が付いているのでその型紙より少し大きめに布を切ります。 袋の底部分をそれぞれ縫います。 裏布を表布の袋の中に入れます。 口部分を縫い合わせます。 返し口を作っておきましょう。 表に返して返し口を縫います。 口金の長さに紙紐を切ります。 紙紐を布に縫いつけます。 口金のくぼみの中にボンドを塗り、紙紐をつけた布を押し込んでいきます。 がま口の四隅をペンチで挟んでしっかり止めます。 こちらのブログで、写真付きで作り方を詳しく説明されています。 ポイントや注意点も載っていて参考になるので覗いてみてくださいね。 ミシンのような大きな音がしない手縫いなら、赤ちゃんを起こさずに手芸ができますよね。 あったかい布小物はプレゼントにも喜ばれます。 用意するもの• コットンやガーゼなどの布2枚• お好きな型紙• 針と糸• リボン・スナップボタン 手縫いや裁縫でできるスタイの作り方• 型紙通りに布を切ったら、表布にリボン、裏布にスナップボタンをつけておきます。 中表にして返し口を開けて縫います。 ひっくり返して返し口を縫います。 他の手作りスタイの作り方はこちらを参考にしてみてくださいね。 可愛いスタイの作り方がたくさん紹介されています!ぜひ赤ちゃんにプレゼントしてあげましょう。 手縫いや裁縫でできる手作り小物2つ目はヘアターバンです。 洗顔中の髪をまとめるのにも使えますし、最近ではファッションアイテムとしても広まっています。 作り方も簡単なので、裁縫初心者の方でもすぐにハンドメイドできます。 用意するもの• 針と糸• 平ゴム 手縫いや裁縫でできるヘアターバンの作り方• 布をゴムを通す部分と本体部分2つに分けます。 本体を中表にして、長い方の辺が合うように折りたたんでそれぞれ縫い合わせます。 下にある部分を対角線に重ね、上にあった部分をその上から対角線に重ねてVの字にします。 まっすぐ引っ張って整えておきます。 ゴムを通す布を中表にして細長くなるように縫い、ひっくり返します。 平ゴムの片方を本体に縫いつけます。 ゴムを通す布に平ゴムを通します。 全部通ったら平ゴムと本体を縫いつけます。 ゴムを通す布の端を中に折り込んで平ゴムと本体のつなぎ目を隠すように縫います。 私もヘアバンドを手縫いで手作りしたことがありますが、一時間ほどで作れました。 簡単にできるハンドメイドなので挑戦してみてくださいね。 こちらのサイトでとっても可愛いヘアバンドの作り方を紹介されています。 参考にしてくださいね。 素敵なヘアバンドが作れたら、いろいろなアレンジをしてみませんか?ファッションの幅が広がるヘアバンドをぜひ活用してみてくださいね。 こちらの記事を参考にしてみてくださいね。 はぎれやあまり布で作る手作り小物1つ目はリボンです。 いろいろなアレンジができるリボンは、小さな端切れやあまり布で簡単に手作りできるおしゃれな布小物です。 裁縫や手芸が苦手と言った方でも簡単にすぐに作れます! 用意するもの• はぎれやあまり布• 細長い布(はぎれの端で構いません)• 針と糸 はぎれやあまり布で作るリボンの作り方• 布を中表にして長い方の辺を縫います。 ひっくり返したら端を中に入れてコの字縫いします。 真ん中を寄せるようにしながら針を刺して糸を引っ張ります。 3往復ほど縫い真ん中を止めます。 細長い布を中表にして長い辺を縫いひっくり返します。 リボンの真ん中を細長い布で隠して後ろをしっかり縫い止めます。 手縫いでハンドメイドする時に知っておくと便利なのがコの字縫いです。 外側から縫い目が見えなくなるので、返し口の始末をする時にこの縫い方をすると綺麗に仕上がります。 はぎれやあまり布で作る手作り小物2つ目はパッチンピンです。 ヘアピンを布でくるむだけでできるのでとっても簡単です。 お子さんに作ってあげると喜んでくれますよ。 私がいつも作っている作り方をご紹介します。 用意するもの• はぎれやあまり布• パッチンヘアピン• フェルト• ボンド• 針と糸 はぎれやあまり布で作るパッチンピンの作り方• ヘアピンより大きめに(倍程度)布を切ります。 フェルトはヘアピンに合わせて切っておきます。 ヘアピンを布でくるむように裏側を縫います。 糸をジグザグ縫っていくイメージです。 フェルトには、ヘアピンを刺せるように切り込みを入れておきます。 ヘアピンの裏にフェルトを差し込んでつけます。 ボンドをフェルトの裏につけてしっかり固定し、縫い目を隠します。 裏にフェルトをつけるのは、縫い目を隠すためです。 布と似たような色合いのフェルトを使用するといいですよ。 また、何個も同じものを作るならヘアピンの型紙をとっておくと便利ですね。 おままごとアイテムにぴったりですよね。 もちろんインテリアとして飾るのもとっても可愛いです。 フェルトはほつれることがないので、作り方はとっても簡単です。 プレーンのドーナツの作り方をこちらのサイトで紹介されています。 プレーンのドーナツが作れるようになったら、色の違うフェルトを重ねてチョコに見立てたり、ビーズを散りばめてチョコスプレーのように見せることもできますね。 他にも柔らかいフェルトを使った手作りおもちゃをこちらの記事でたくさん紹介しています!布小物のおもちゃはぶつかっても痛くないので安心ですよね。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 フェルトを使った小物2つ目はブローチです。 何枚かの同じ色合いのフェルトを丸く切って重ねるだけでできる簡単ブローチなので、ぜひ作ってみてくださいね。 用意するもの• 色合いの似ているフェルト(色があえてバラバラでも可愛いです)• 針と色• ビーズ• ブローチピン フェルトを使ったブローチの作り方• フェルトは大きい丸と小さい丸に何枚か切っておきます。 一番下が大きい丸の重なりになるようにフェルトを重ねます。 みんなブローチの真ん中に重なるようにします。 真ん中を糸で固定します。 何回か往復したら、ビーズを縫い付けます。 裏側にブローチピンをつけます。 絡まるイヤホンのコードをまとめてくれるイヤホンクリップも、フェルトで簡単に手作りすることができます。 用意するもの• フェルト(胴体用2枚と舌用1枚)• 針と糸• スナップボタン フェルトを使ったイヤホンクリップの作り方• 胴体部分と舌を切ります。 表になる方の胴体の口に切り込みを入れて、舌を差し入れます。 きちんと縫い止めます。 顔を刺繍します。 舌も黄色や白の糸で刺繍すると可愛いです。 下の裏と胴体のおへそ部分にスナップボタンを取り付けます。 胴体の表と裏を縫い合わせます。

次の