浮気 証拠 ライン。 不倫(浮気)LINEを見てしまった…今すぐやる事とやってはいけない事

LINE(ライン)は不倫・浮気の証拠になるのか?

浮気 証拠 ライン

LINEにはトーク履歴を第三者に自動で送信する機能がついています。 ポイントはLINEのトークでの1つのメッセージのみを転送するのではなくて、それまでに保存されているトーク履歴全てをまとめて転送できる点です! このlineのトーク履歴の転送機能は、普段は簡単にタップできる場所にボタンがないので、あまり知られていません。 早速、どこにそのような機能があるのか?を説明しましょう。 LINEのトーク履歴の転送方法 条件としては、転送したいLINEのトーク履歴がある端末を操作する必要があります。 つまり、旦那さんの浮気をチェックしたいのであれば、こっそり旦那さんのスマホを操作しなくてはいけません。 なので、パートナーのスマホロック画面が解除できる前提で読んでください。 まずlineのトーク履歴を確認したいアカウント(浮気相手)を探します。 そして、その浮気相手と思われるアカウントとのトーク画面を開きます。 1、右上の三本線をタップ 2、右上の歯車をタップ 3、トーク履歴を送信を選択 そうすると、「メッセージ」「メール」「Twitter」「LINE」など送信できるツールのアイコンが表示されるので、使いたい送信先を選択します。 例えば、LINEを選択した場合は、次に送信先を選択する画面に変わるので、あとは自分宛に転送すればOKです。 転送先に送られてくる情報 Lineのトーク履歴の転送先で受け取れる情報は以下の通りです。 ・タイトル「〇〇とのトーク履歴」 ・保存日時(転送した日時) ・LINEトークの日時 ・トーク内容 ・スタンプ ただし、以下の情報までは見ることができません。 スタンプの画像 履歴には「スタンプ」とだけ表記されて、どんなスタンプかまでは分かりません。 ただし、文中の絵文字は閲覧する端末に互換性があれば、そのまま表示されます。 赤いハートなんて送り合っていたらバレバレです。 端末から消去されたトーク 手動で消去済のトークは履歴でも見れません。 ただし、パートナーが自分が送ったトークを「送信取り消し」した場合は、「送信取り消し」という文字が履歴に残っているので怪しいです。 (「送信取り消し」という表記自体も消去していたら見れません) とはいえ、lineのトーク履歴をまるまる読み進めていけば、ある程度の関係性は予測できますよね。 不自然に抜けているトークにも気がつくハズです。 このように、自分の端末にlineのトーク履歴を丸々転送して保存できることで、後からゆっくりチェックできることが浮気調査に向いています。 アカウントだけでは誰が怪しいか一見分からないので、とりあえず見覚えのないアカウントのトーク履歴を片っ端から自動転送するのもいいかもしれません。 さらに自分の端末に保存できることで、浮気の証拠として後から紙にプリントアウトすることだってできちゃいますよね。 lineのトーク履歴を転送した後の注意点 Lineのトーク履歴を他の端末に転送すると、パートナーの端末にトーク履歴として残ってしまいます! なので、必ずlineのトーク履歴を送信した履歴を消去するようにしてくださいね。 AirDropでもlineのトーク履歴を送信できる! さらに、LINEのトーク履歴は、iPhone同士であればAirDropでも送信できます。 そのためには、まず自分のスマホを、AirDropを受け入れできる設定にしておいてください。 その上で、LINEトーク履歴送信まで進むと、送信方法選択のところで受信可能な端末一覧が出てきます。 あとは自分のスマホを選択するだけです。 番外編~他の端末からパートナーのLINEにログインする方法 もう一つの手段として、パートナーのLINEログイン情報を知っていれば、他の端末から入り込むことができます。 がしかし、あまり賢明な方法ではありません。 まずは、他のスマホやタブレットからログインしようと思っても、パートナーの端末でログインしている時点で制限がかかってしまい不可能です。 一方、PCからであればログイン可能ですが、その場合もあらかじめパートナーのLINEにPCからのログインを許可する設定にしておかないといけません。 そのため、LINEのトーク履歴を転送するよりもリスクも高く、よほど手慣れた人ではないと後処理(元に戻すこと)でボロが出てしまいます。 まだ、パートナーが読んでいないlineのトークを開いてしまったら「既読」になってしまいますし、閲覧する時間にも限りがあるため、トーク履歴を自動転送する方がゆっくり浮気を精査するには向いています。 LINEのトーク履歴が転送できない時の原因と対処方法 前章の手順でやっても、LINEのトーク履歴がうまく送信できない時があります。 そのような時は以下の3つについてチェックしてみてください。 原因1~受信元のメールに文字制限がある 自分のLINEを送信先に選択すれば問題ないですが、キャリアメールを選択して送信した時に、文字制限に引っかかってしまうことがあります。 Lineのトーク履歴を丸々送信するとかなりの文字数になりますから、当然送信エラーになってしまします。 したがって、送信先はできれば自分のLINE宛か、文字制限のないメールアドレスを選択するようにしましょう。 メールであれば、宛先にアドレスを入力すれば送れます。 原因2~ラインのバージョンが更新されていない Lineのトーク履歴を送信する方も受信する方も、ラインが最新版にバージョンアップされていないとうまく送信できない時があります。 稀なケースではありますが、極端に両者のlineのバージョンに新旧の開きがあると、転送ファイルに互換性がありません。 このような時は、どちらか新しい方に合わせてlineのバージョンを更新する必要があります。 が、もしもlineのバージョンアップをパートナーの端末で行わないといけない場合は、勝手にバージョンアップしたことがバレてしまうリスクもありますね。 原因3~AirDropの受信設定がされていない AirDropがうまくできない(そもそも選択画面に自分の端末が出てこない)時は、受信設定が済んでいるかを確認しましょう。 ホーム画面を下から上にスライドすると、管理画面が出てきますね。 左上にある飛行機マークなどがある黒い枠を長押しすると、AirDropのアイコンが出てくるので受信できる設定に切り替えてください。 (通常は受信できない設定になっています) 消したlineのトーク履歴を復元する方法 では、肝心のlineのトーク履歴をパートナーが用心深く消去していたらどうでしょうか? この場合は、削除したlineのトーク履歴を復元してから転送する必要があります。 ただし、専用クラウドにバックアップをとっているlineのトーク履歴しか復元することはできません。 iPhoneのlineのトーク履歴の復元方法 1、LINEのアプリをアンインストールする 2、再度LINEアプリをインストールする 3、ログインに必要な個人情報を入力する 4、トーク履歴の復元画面から「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする アンドロイドの復元方法 1、LINEアプリの「友達」画面から「設定」を選択 2、「トーク」から「トーク履歴のバックアップ&復元」を選択 3、「復元する」をタップする 機種変更したことがある人は、やったことがある作業かもしれません。 パソコンと接続しなくても、アイクラウドやグーグルドライブにサインインできれば動作が可能です。 (そのためにはLINEログイン情報以外に、端末の持ち主のクラウドログイン情報も知っていないといけません!) また、iPhoneの場合はアンドロイドと違って、一度LINEアプリをアンインストールする必要があります。 なぜなら、同じ端末でバックアップしていたトーク履歴を復活させるためには、再インストールしてからではないと復元画面が出ないような仕様になっているためです。 こうなるとそれなりの時間もかかり、その端末をパートナーが見た時に異変に気が付かれないようにするためには、バックアップする前の状況に戻しておく手間もかかってしまいますね。 バックアップする前に消去したlineのトーク履歴は戻らない くどいようですがここまで労力を使っても、パートナーの端末にバックアップの設定がされていなければ全く意味がありません。 ここまでのリスクを背負って、本当にやる意味があるかどうかを考えてみてください。 さらにバックアップしていない履歴を復元するには、トークを行った相手に依頼して「トーク履歴の送信」を行ってもらう方法もあります・・・が、浮気相手と思われる人に依頼するのは、現実的ではないですね。 iPhoneのアプリでlineのトーク履歴を復元させる方法 バックアップをとっていないLINEのトーク履歴を復元できるアプリも販売されています。 代表的なツールは「PhoneRescue」という名称です。 このツールを使えば、バックアップした内容をスマホの端末ではなくPC画面で確認することができます。 ただしパソコンとケーブルでつなぐ必要があることと、有料なことがネックです。 100%全てのデータが復元するという保障もありません。 したがってバックアップに力を注ぐよりも、端末に保存されている履歴だけを転送することに力を注いだ方が安全だと思います! LINEのトーク履歴を盗み見するのは不正アクセス禁止法に抵触する恐れあり さらにLINEのトーク履歴を転送するには、もう一つの注意点があります。 それは本人の許可なく、他の人とのメッセージ内容を盗み見ることは法に触れてしまうことがあるのです。 もちろん、「どうぞ」と快く見せてくれる人はいませんよね・・・。 ほとんどはパートナーに内緒でこっそり操作することが目的なハズです。 しかし、これはどんなに親しい仲でも(たとえ夫婦でも!)、個人情報や不正アクセスなどの罪に問われてしまいます。 さすがに警察に捕まることまではないですが、もしも離婚裁判などで浮気の証拠してLINEのトーク履歴を提出した時に、相手側の弁護士からその入手方法を指摘されてしまったら勝ち目は全くありません。 どんなに決定的な浮気の証拠だったとしても、違法に盗み見たものは無効になってしまうので、知り得た情報は「浮気の証拠」として使うのではなく「事実確認」までに留めておきましょう。 パートナーのLINEのトーク履歴を転送する方法まとめ~決定的な証拠が欲しいなら探偵事務所へ! LINEのトーク履歴を自分の端末に転送する方法を紹介してきました。 パートナーのスマホを操作する必要があるので、なかなか簡単にはできない人も多いかもしれませんね。 また、たとえできたとしても、lineのトーク履歴自体は浮気の証拠としては通用しないこともお分かりいただけたと思います。

次の

裁判で不貞行為の証明に使える証拠とは

浮気 証拠 ライン

LINEというスマートフォン用のアプリが、最近大人気なのをご存知でしょうか? LINEとは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで利用できるコミュニケーションアプリで、無料でメッセージを送ったり、通話が行えます。 また友達募集掲示板など、出会い系のような機能も備えています。 無料で通話が出来て、電話会社にも通話履歴が残らないので、浮気相手との連絡手段にLINEを使うケースも増えてきています。 特定の条件が必要になりますが、ここではLINE上で浮気相手と思われる相手とのトーク内容をリモートで確認する方法を紹介しています。 LINEから浮気の証拠を掴むのに必要なものと条件 LINEで浮気の証拠を探すには、パソコンからログインする必要があります。 ここでは、Windowsを使った方法を解説しています。 LINEをインストールするWindowsパソコン 特定のLINEのトーク内容を確認するには、WIndowsパソコンを使用します。 特に高性能である必要はありませんが、私はWindows7で動作確認を行いました。 LINEのWindows用アプリ LINEにログインするには、Windows用アプリをパソコンにインストールする必要があります。 COMPUTERSの中から「WINDOWS」または「WINDOWS8」をクリック。 「保存」をクリックして、インストールファイルを保存します。 LINEにメールアドレスとパスワードが設定されている WindowsパソコンからLINEにログインするには、あらかじめLINE側でメールアドレスやパスワード、他端末からのログインを許可する設定が行われている必要があります。 スマートフォンLINEアプリの「設定」>「アカウント」で設定状況が確認できます。 「メールアドレス変更 登録完了」とあれば、既にアドレスとパスワードが設定されています。 また、他端末ログイン許可が「オン」になっている必要があります。 LINEのメールアドレスとパスワードを知っている LINEにログインするには、LINEに設定されているメールアドレスとパスワードを知っている必要があります。 LINEで浮気の証拠を掴むまでの手順 パソコンでの設定、確認方法を解説していきます。 Windows用LINEをインストール 先ほどダウンロードした「LineInst. exe」をダブルクリックして、インストーラーを起動します。 「次へ」をクリック。 「同意する」をクリック。 「インストール」をクリック。 インストールが完了するまで待ちます。 「閉じる」をクリックしてインストールを完了します。 WindowsパソコンからLINEにログイン インストールが完了すると、デスクトップにLINEのアイコンが作成されますので、アイコンをクリックしてLINEを起動し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。 トークの相手を選択してダブルクリックします。 トークの内容が確認できます。 LINEで浮気の証拠を探すときの注意点 LINEの痕跡について LINEの「設定」>「アカウント」>「ログイン中の端末」で、現在ログインしている端末が分かりますので、ここを見られると他からLINEにログインしている事がばれてしまいます。 相手に見つかってしまうので、ばれずに調査したい場合は、使用できない方法となります。 LINEのパスワードについて 他人のIDやパスワードを使って、WEBサービスにログインする事は、不正アクセスです。 夫婦の場合は、共有財産であったり、そもそも自分名義の回線だったりする場合もあり、事情が複雑ですが、くれぐれも自己責任でお願いします。 LINEに法的な証拠能力はある? 不正に入手したものは、裁判などでの浮気の証拠には使えない可能性が高いです。 裁判で有利なる証拠が必要な場合は、興信所に依頼した方が良いと思います。 LINEで浮気を見破ることはできますが、証拠能力は低いです。 一番良いのは、ラブホテルや浮気相手の家に出入りする写真です。 そのため、費用がかかっても探偵事務所に調査を依頼する人がいるわけです。 LINEで浮気の事実を確認、行動を把握して探偵に依頼することで、調査が短期間で終わらせるという方法は効果的だと思います。 いずれにしても、調停や裁判にまで持ち込みたいかどうかで、とるべき行動も変わります。 まずは、自分の気持ちを再確認してみましょう。 彼のLINEから浮気の証拠を掴んだ体験談 昔の話です。 私が、当時付き合っていた彼氏が完全に怪しい動きをしたことがありました。 その頃よく喧嘩をしてしまってたのですが、LINEでも返事が全く帰ってこなくなったり、電話も出なくなったり。 喧嘩の最中にはそんなこと今までは一切なかったのですが、その頃は頻繁にありました。 喧嘩してるから、頭を冷やそうとしてると、はじめは思ったのですが、普段喧嘩をしてない時もよそよそしい感じが何かおかしいと思いました。 そんな時、携帯を見てしまったら、元カノと連絡をとり、会っていたのです。 会いに行った理由は元カノが出産をしたからお祝いに、というものでした。 ですが、その以降、私と喧嘩する度にあっていたようで、その度に身体の関係もあったようなのです。 LINEから彼氏の浮気の証拠を出てくる出てくる たまたま、彼氏の携帯を新しくする時に私の方が機械に強いのもあり、いろんなIDとパスワードを知っていたので、LINEをPCで起動したりメールもすべて受信できるように設定をしました。 そうするとLINEから出てくる出てくる、「愛してる」の言葉です。 彼はわたしがLINEを見てるとは知らずに、送り続けていたのです。 ほぼ、乗っ取りに近い形ができてしまったので、打ち返すこともできたのですが、そこは写真だけを証拠として残し、それをネタに次の喧嘩の際にそれを暴露しました。 LINEで浮気の証拠を集めた自白させた 証拠が上がってるにもか関わらず、携帯の乗っ取りをしたこと、探偵のように、調査してたことに対して、またキレてきた彼だったのですが、それがなお私の中でヒートアップさせてしまい、謝らせたい一心で位置情報まで把握して証拠を集め、彼氏に言い逃れできない状態を作り、LINEを見せて自白をさせる、ということをしたことがあります。 いまかんがえると、もったいない時間の使い方をしてしまったなともおもうのですが、執着してしまったことでここまでやってしまったんやなーといまでも苦い思い出です。 旦那の浮気の証拠をLINEトーク履歴で掴んだ体験談 今から3年前のことですが、旦那の浮気調査をしました。 調査をした理由は、特に目立った怪しい行動があったから、という訳ではありません。 テレビ番組で、たまたま浮気の調査番組が放送しており、それを観ていたからです。 旦那がお風呂に入っている間に、携帯電話を見てみました。 暗証番号は知りませんでしたので、間違っていたらやめよう、と思っていました。 が、なんと1発で解除できてしまいました。 暗証番号は誕生日だったので、いとも簡単に解除できました。 LINEトーク履歴から旦那の浮気の証拠が見つかった! 最初に画像フォルダを見てみましたが、特に浮気ととれるような画像はありませんでした。 画像がなかった時点で、もうやめようと思いましたが、どうしても好奇心が勝ってしまい、LINEを開きました。 ドキドキしながら上から順番に見ていくと、真ん中辺りに女性の名前がありました。 LINEのトーク画面を開くと、なんと1ヶ月前に男友達と旅行に行くと言ってでかけていたものが、この女性と行っていたことがわかりました。 何かこの女性の名前を聞いたことがあった気がしたので、必死に思い出してみると、旦那の通っているスポーツジムのスタッフであることが分かりました。 先ほどのLINEのトーク画面を自分の携帯で撮影していたので、その画像を見せると、顔が青ざめて絶句していました。 特に浮気を否定することは無く、すんなり認めました。 浮気をした理由は、私が旦那の夜の相手をしなかったからだそうです。 反省している。 もう二度としない。 そう約束しました。 私も、確かに旦那の相手をしていなかった弱みがあったので、もう二度としないという言葉を信じ、今回限りは許すことにしました。 それ以来、逆に夫婦仲が良くなり、今でもいい関係のまま過ごしています。

次の

メールやラインのやり取りはどこから浮気の証拠になる?

浮気 証拠 ライン

配偶者の浮気が発覚する原因の第1位はスマホ(携帯)だそうです。 なんと発覚原因全体の8割を占めるとか。 そういえば衆議院議員の浮気発覚騒ぎでもライン内容が公開されていましたね。 考えてみるとこの便利な通信ツールが浮気をしやすくしているのかもしれません。 では夫と浮気相手がやり取りしているメールやラインは、浮気の証拠として認められるのでしょうか。 そしてどのくらいの証拠能力があるのでしょうか。 メールやラインのやり取りは内容によって浮気の証拠になる メールやラインのやり取りにどの程度の証拠能力があるかは内容によって変わってきます。 でも、あなたがもし『浮気をしている夫と離婚したい』もしくは『慰謝料を請求したい』と考えている場合は、これらのメールは浮気の証拠にはなりません。 司法の場では配偶者が不貞行為を行っていることが証明されなければ、離婚はおろか慰謝料請求すら認められません。 夫と浮気相手に肉体関係があることが分かる内容のメールやラインであれば不貞の証拠となります。 具体的には「今日のHはとても刺激的だったね」「またホテルに行こうね」といったほぼ直接的な表現が含まれているものです。 ただ、肉体関係があるということが分かる内容だったとしても「そんなの冗談だ」と言われてしまえばそこまでですし、メールの内容は改ざんしたと言い訳をされる可能性もあります。 なので、文字情報だけでは不貞の証拠としては不充分だと思ったほうがいいでしょう。 ただし。 メールやラインに写真や動画が添付されていれば話しは別です。 衣服を着用していない写真や明らかにラブホテルで撮影した写真、旅行先での写真などは確実な不貞の証拠になります。 SNSでのやり取りは浮気の証拠にはならない またフェイスブックなどのSNSは浮気の証拠が満載と言われています。 特に妻がアンチSNS派だと、夫は油断して浮気の証拠をアップしている可能性が高くなります。 また夫のフェイスブックから怪しい行動や人物を辿っていくと相手の女性の情報も入手できるかもしれなので、チェックすることはお勧めします。 でもSNSも写真がアップされていたり直接的な表現あれば不貞の証拠として認められます。 文字情報だけでは状況証拠としては使えますが、やはり不貞の証拠としては証拠能力は低くなります。 謝罪メールは証拠にならない 浮気の実例の中には「夫が浮気相手とメールでやりとしていていたので、夫を問い詰めて浮気相手に謝罪するようにメールを送ってもらった」という方もいます。 ただ、メールは誰でも偽造が可能なものだと考えられています。 文書であれば署名だけでも自筆にすることによって筆跡鑑定で誰が記載したものか証明できますが、メールは誰が作成したかの証明まではできません。 なので、謝罪メールは浮気の証拠能力は低くなります。 浮気相手にやっぱり慰謝料請求したい、夫と離婚したいとなったときにあなたの要求通りに事が進まないこともあります。 なので、できるだけ不貞の証拠を抑えてから浮気相手や夫に問い詰めるようにしましょう。 勝手にスマホや携帯のメールを見るのは違法になることも 夫のスマホをチェックしないと!と思う方もいると思いますが、でもちょっと待ってください。 自分以外の所有者のスマホや携帯電話を盗み見る行為は場合によっては違法となり、処罰の対象になることがあります。 不正アクセス禁止法 浮気をしていてスマホや携帯電話に浮気相手の情報が入っていたり、メールのやり取りをしていれば(しているのは当たり前ですが)、配偶者に見られないようにロックをかける人がほとんどです。 そのロックを無理矢理解除して中の情報を見る程度はまだ許されます。 しかしフリーメールなどのIDやパスワードが必要なサイトに勝手にログインして見たり、夫のメールを自分のパソコンやスマホに転送したりすると『不正アクセス行為の禁止等に関する法律(通称:不正アクセス禁止法)』違反となり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる可能性がでてきます。 不正指令電磁的記録供用罪 他人のスマホに遠隔操作可能なソフトを騙してインストールさせたり、勝手にインストールして移動履歴や通話履歴などのプライバシーを盗み見ると不正指令電磁的記録供用罪に問われ、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。 メールを見ることは処罰の対象になるが、実際に問われることは少ない メールを無理やり見たら違法を犯すことになるの? と思うかもしれませんが、スマホや携帯電話・パソコンなどを見る行為は同居の夫婦間であれば刑事処罰を受けることは少ないです。 そもそも夫が不貞行為をはたらいていなければ妻は浮気調査などすることもないのですから、どちらに非があるかというと不貞を行った夫にあります。 ただし不正アクセス禁止法と不正指令電磁的記録供用罪についてはそれらを犯して得られた証拠は証拠能力が低下してしまう可能性が大きいので、ばれないように注意して証拠を集めましょう。 メールの証拠を保存する方法 メールやラインで明らかに不貞が分かる内容が記載されたものがあった場合、または不貞行為を裏付ける写真があった場合は、必ず証拠として残しておきましょう。 方法は3つあります。 SDカードにデータを落とし込む• 自分のメールやラインに転送する(転送した履歴を削除することをお忘れなく)• 写真で撮っておく 写真で撮る場合は、メールの内容とメールをやり取りした日付が分かるようにして、更に撮影した日付が分かるようにして撮影しておくといいでしょう。 メールで浮気だと分かっても問い詰めてはいけない メールを見る限り浮気をしているのが確実だとしても、いきなり夫を問い詰めてはいけません。 夫とやり直したい、浮気相手と別れさせたい、夫と離婚したいといった要求があればなおさらです。 メールの文字情報だけでは不貞の証拠としては不充分です。 文字だけなら簡単に言い逃れができてしまいますし、あなたが疑っていることを知って夫が警戒を強めてしまえば証拠の入手が困難になります。 また「そんなに信用できないのか」と反論されて逆に離婚を迫られるなど、あなたが不利な立場になってしまうかもしれません。 メールで浮気がはっきりしたら、その情報を元に次は不貞の証拠を入手する準備をしましょう。 メールを見ることができない時には? メールやラインは無理に見ると結果あなたが不利な立場に立たされる可能性があります。 法を犯して見られたとしてもメールやライン単体では証拠能力としては低いので、リスクに見合うだけのリターンがありません。 メールを見ることができない時は別の方法で、浮気の証拠を集めましょう。 探偵に依頼して不貞の証拠を入手してもらう メールやラインで浮気の情報をある程度得て更に夫の行動チェックまでできていれば、浮気調査も莫大な費用をかけることなく終わらせることができます。 浮気調査の費用は調査期間の長さで決まるからです。 浮気調査を一番早く終わらせる方法は浮気相手との密会日を特定してしまうことです。 密会日が分かればその日だけ調査をして不貞の証拠を得ることができるため無駄な調査日が無くなり、費用をかなり抑えることができます。 日本の司法では、1回限りの不貞は夫婦関係が破綻するまでのことではない、また慰謝料が発生までの精神的苦痛ではないと判断されてしまいます。 複数回(3回程度の証明が必要)の不貞行為があった場合のみ、離婚や慰謝料請求が認められるのが浮気に関する現状です。 あなたが夫との離婚や慰謝料請求を望んでいないのであれば1日調査をして不貞の証拠が得られれば調査は終わりです。 離婚や慰謝料請求を望んでいるのであればおおよそ3日程度の調査が必要となります。 東京都調査業協会の調べでは、探偵に浮気調査を依頼すると1日あたり10~15万円程度の費用がかかります(調査員2名・5時間/1日)。 例えば3日間だけの調査であれば30~45万円程度で調査は終わり、訴訟に耐え得る不貞の証拠が入手できる計算になります。 メールやラインは状況証拠にはなっても不貞の証拠になる可能性は低い 内容によりますがメールやラインだけでは離婚訴訟においては証拠としては不充分です。 やはり文字情報ではなく、ラブホテルに入る瞬間などを写真にした不貞の証拠を抑えることが、あなたの要求通りに浮気問題を解決する近道ではないでしょうか。 夫の浮気、自分一人で抱え込まないでください 最近、夫に 「隠れて誰かとメールや電話をしていてあやしい」「帰りが遅くなり態度がよそよそしくなった」「問い詰めても夫がいっこうに浮気を認めようとしない」といった兆候はないでしょうか?こんな事があると夫が誰かと不倫しているのではないかと疑ってしまいますよね。 「こんなプライベートな悩みを誰に相談していいのか分からない」「離婚までは考えられないから我慢するしかない」と、一人で抱えていませんか? 夫に浮気をやめてもらう方法がわからない、夫との離婚のために証拠を集めたい、自分だけではどうしようもなくなってしまったとき、本気で浮気を解決したい人は浮気調査を利用されています。 浮気調査の相談事態は無料でできますから、自分の今後を考えている人はまずは相談しましょう。 HAL探偵社 浮気の証拠を集めたい人におすすめなのが 「HAL探偵社」です。 HAL探偵社は後払い 成功報酬 で分かりやすい料金体系の探偵社です。 HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。 また、料金システムが成功報酬型なので、 もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。 なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。 また、HAL探偵社のサイト中部にある 慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。 浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。 街角探偵相談所 安く浮気調査をしたい人、あなたの地域の探偵を探しているなら、街角探偵相談所がおすすめです。 街角探偵相談所は探偵事務所ではなく、あなたの条件にあった探偵を紹介するサービスです。 「急いで浮気調査をしてほしい」「地元の信頼できる探偵を探している」「予算内で浮気調査をしてほしい」「調査後のサポートをしてほしい」など、あなたの条件にあった探偵社を紹介してもらえます。 街角探偵相談所のもう一つの特徴としてどこかの探偵社に見積もりをしてもらったことがあると、その見積もりよりも安い探偵社を紹介してもらうことができます。 探偵選びに困ったら街角探偵相談所がおすすめです。 原一探偵事務所 原一探偵事務所は 調査実績42年、解決実績8万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。 原一は探偵事務所の中でも10年以上勤めているベテランの調査員が揃っています。 調査力に優れているので、あなたの些細な行動を手掛かりに浮気を確かめたり、証拠を集めることも可能です。 また、浮気に携わってきたベテランの相談員があなたの浮気の悩みについて真剣に聞いてアドバイスをしてくれます。 全国に16拠点あり、日本全国を対象に調査を行っています。 浮気の 相談、浮気調査の 見積もりは 無料です。 精力剤と言うと男性が弱くなった下半身に活力をみなぎらせるために飲むもの、というイメージがありますよね。 もし夫が精力剤を飲んでいることが分かったら、妻としては... 配偶者の浮気が発覚する原因の第1位はスマホ(携帯)だそうです。 なんと発覚原因全体の8割を占めるとか。 そういえば衆議院議員の浮気発覚騒ぎでもライン内容が公開さ... 携帯電話は浮気の証拠が満載です。 浮気調査をするのなら多少の危険をおかしてでも確認しなければならないアイテムです。 でもいざ電話の発着信履歴・メール・Lineと... 今や老若男女誰もが持っている携帯電話。 この便利な通信ツールがあることで浮気もしやすくなったのでしょうか。 そんな携帯電話で夫が浮気相手とやり取りをしていること...

次の