ビットコイン 比較 取引所。 ビットコイン取引所・販売所の最小(最低)取引単位を比較

ビットコイン・仮想通貨取引所比較【2019年3月最新版】「おすすめ・手数料・選び方」

ビットコイン 比較 取引所

ビットコインの取引量が多い取引所ランキング ビットコインの取引量が多い仮想通貨取引所の トップ10は下記の通りです。 なお、信用取引(FX)を含めた取引量となっているので、現物の取引高ではありません。 仮想通貨取引所 取引量(24h) 1. bitFlyer 202845. 04BTC 2. BitMEX 178,298. 64 BTC 3. BitForex 26,700. 21 BTC 4. bithumb 20,126. 75 BTC 5. Binance 19,227. 74 BTC 6. CoinsBank 18,652. 81 BTC 7. OKEx 18,171. 00 BTC 8. Bitfinex 13,697. 71 BTC 9. Liquid 13,321. 09 BTC 10. IDCM 11,670. 71 BTC 圧倒的に取引高が多いのは、となっています。 次いで、BitMEX、BitForexとなっています。 また国内取引所でもう一つランクインしているのが「」です。 Liquidは元はQUOINEXという取引所でしたが、システムのアップグレードとともに名称が変更されました。 ランクインしている取引所について順番に解説していきます。 1位 ビットフライヤー(bitFlyer) Bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引高が世界で一位です。 意外と思われる方も多いですが、日本は仮想通貨大国でありながらFX大国です。 日本ではFX(信用取引)が活発に行われるため世界一となっています。 特にビットフライヤーFXは非常に使いやすく、自動売買ツール等との親和性も高いため取引高を押し上げていると考えられます。 登録方法は下記のリンクで解説しています。 2位 BitMEX BitMEXは、レバレッジ100倍を誇る仮想通貨取引所です。 事業所は香港とサンフランシスコにあります。 なお日本円の入金はできないですし、日本円と仮想通貨のペアは存在しません。 この取引所に関しても、レバレッジの高さが取引高を一気に押し上げていると考えられます。 3位 BitForex BitForexは、本拠地はシンガポールにある中国系の取引所です。 登記はタックスヘイブンのセーシェル共和国にあります。 ドイツ、エストニア、香港、マレーシア、フィリピンなどに運営チームを持ち、86カ国以上のユーザーを擁しグローバルに展開している大手取引所のひとつです。 4位 bithumb bitbumb(ビッサム)は、韓国に本拠地を置いた取引所です。 韓国国内では最も有名で大きな取引所です。 過去にハッキング被害があった取引所ですが、現在は運営を再開しています。 5位 Binance BINANCE(バイナンス)は、日本人に非常に人気のある取引所です。 アルトコインの取り扱い種類数が100種類以上と非常に多く、また使いやすさから取引高も非常に多い取引所です。 設立は中国ですが、現在はマルタ島に拠点を移しています。 とはいえマルタ島に会社があるわけではなく、税金対策のために紙面上で移しているだけです。 6位 CoinsBank CoinsBankは、イギリスにある取引所です。 ヨーロッパは仮想通貨があまり浸透していないイメージがありますがイギリスの取引所もランクインしています。 7位 OKEx OKEXは、香港の仮想通貨取引所です。 中国では、Binance、Huobiと並ぶ3大取引所の一つです。 8位 Bitfinex BITFINEXも香港の取引所です。 BITFINEXは過去に大きなハッキング被害を受けていますが運営を再開しています。 最近では、Tetherを使った価格操作の疑いを持たれている取引所ですので注意が必要です。 9位 Liquid Liquidは、日本のQuoine社が運営する仮想通貨取引所です。 過去、QUOINEXという取引所を運営していましたが、システムの大幅なアップデートとともに名称をLiquidに変更しました。 Liquidは、ビットフライヤーなどに比べると取引量は少なく見えますが、 現物ビットコインの取引では国内一位となっています。 下記が2018年の月間の取引高のランキングです。 ビットフライヤーの取引高が徐々に減っていきLiquidの取引高が1位となっていることがわかります。 ビットコインの現物ならLiquid(旧QUOINEX)がおすすめです。 登録・口座解説方法は下記で解説しています。 10位 IDCM IDCMは香港で設立された取引所です。 これまで紹介してきた取引所と異なり、分散型の取引所となっています。 厳密には中央集権と分散のハイブリッド型のような仕組みを採用しています。 まとめ ビットコインの取引量の多い仮想通貨取引所をランキング形式で紹介しました。 正直なところ、紹介した取引所のうちでお勧めできるのはやはり国内取引所の「」と「」です。 ビットフライヤーは、ビットコインFXをしたいならお勧めしますが、現物で長期で持ちたい方はLiquidをお勧めします。 Liquidはセキュリティも万全で長期保有におすすめの取引所です。 また、取引量のみでなく、総合的におすすめしたい取引所は下記リンクで解説しています。 「取引量」「安さ」「安全性」「取り扱い通貨」「手数料」の5つの観点から取引所を評価しています。

次の

暗号資産(ビットコイン)取引所おすすめランキング。国内主要16社を徹底比較して6社をランキング形式で紹介

ビットコイン 比較 取引所

04% 無料 0. 24時間365日のシステム監視・運用体制 日本語サポートで誰でも使いやすく、ひとつのアプリで現物とレバレッジ取引が可能! 取引ツール 現物とレバレッジを同時に取引できる取引ツールを提供。 注文機能や高機能チャートなどを一画面集約型で、画面レイアウトがカスタマイズ可能! 取引所の信頼度 登録番号|関東財務局長 第00011号 7億6000万円(資本準備金を含む) 株主にZホールディングス 対応サービス 会社名 手数料 取り扱い通貨 セキュリティー 口コミ 取引サービス 取引ツール 82. 8 88. 1 84. 0 82. 0 94. 0 86. 0 73. 0 64. 5 76. 0 76. 0 85. 0 88. 0 87. 3 56. 2 86. 0 86. 0 88. 0 85. 0 83. 3 39. 9 78. 0 78. 0 89. 0 77. 0 75. 6 41. 7 66. 0 53. 3 81. 0 82. 0 42. 5 25. 7 86. 0 86. 0 85. 0 81. 0 41. 3 48. 0 62. 0 62. 0 92. 0 75. 0 51. 9 32. 5 68. 0 68. 0 88. 0 74. 0 53. 9 24. 7 40. 0 40. 0 75. 0 55. 0 採点の詳細は「」に記載しています。 暗号資産取引所の口座開設に必要なモノと流れ• Q投資初心者におすすめの取引所はどこですか? A東証一部上場のGMOグループが運営する「」です。 投資初心者にも操作が分かり易い取引ツールとスマホアプリを提供しており、顧客サポートもチャット対応があります。 また暗号資産の送付手数料や即時入金手数料、そしてレバレッジ取引の取引手数料も無料となっています。 取引スタイルも、現物取引、販売所、レバレッジ取引、暗号資産FXと4つの取引方法を用意。 レバレッジ取引と暗号資産FXでは最大4倍のレバレッジを効かせた取引ができます。 Q暗号資産とは何ですか? A暗号資産(仮想通貨ともいう)とは、暗号技術を活用してつくられた電子通貨のことを言い、その種類は数千以上存在します。 主に「送金」、「価値の保管」、「決済」の3つの用途がありますが、通貨価値を持つために米ドルや日本円のように投資対象となっています。 パソコンやスマートフォンなどの端末があれば誰でも利用することができます。 Qビットコインは最低いくらから購入できますか? Aビットコインが100万円の時に1,000円となります。 ビットコインの最小取引単位は0. 00000001BTCです。 国内のほぼ全ての取引所では0. 01BTCからの購入ができますが、最低取引単位は取引所によって異なります。 Q誰でも口座開設できるのでしょうか? A基本的に誰でも口座開設が可能です。 ただし、反社会的勢力であったり、マネーロンダリングを行うような人はできません。 口座開設には、免許証などの本人確認書類の提出が義務付けられています。 Q取引所・販売所の違いとは何ですか? A交換業者のユーザーとの売買が取引所。 交換業者との売買が、販売所です。 取引所には、板があり株式取引と同じ方式。 販売所方式は、スプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差があり、FXと同じ方式です。 Qスマートフォンで取引可能でしょうか。 A可能です。 暗号資産の取引は、口座開設の申し込みから、入金、取引までスマートフォン1台で行うことができます。 Qハッキングされたらお金は戻ってきますか? A個人に非がない場合は戻ってきます。 国内では、コインチェックとザイフでハッキング事件が発生しました。 そのどちらとも、一定の額が被害者に補填されることとなりました。 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の奥山泰全会長は、テレビ番組で「ハッキング被害は戻ってくる」と明言しています。 Q暗号資産 仮想通貨 投資で得た利益に税金はかかりますか? A掛かります。 サラリーマンやOLの場合は、利益が20万円以上出た場合に確定申告を行う必要があります。 税金区分は雑所得となり、利益に応じて5~45%の税金を支払う必要があります。 例えば、年収400万円の人が暗号資産で100万円の利益をあげたとすると、57万円程度の税金を支払う必要があります。 さらに、課税所得の10%を住民税として支払う必要があります。 暗号資産取引所関連コラム 会社名 取引所トークン 取り扱い通貨数 手数料 レバレッジ取引 レンディング セキュリティー 1日の売買代金 主な言語 拠点 BNB 188種類 Maker:-0. 025 Taker: 0. 5倍 有り A- 約62億2000万円 英語 アメリカ - 252種類 Maker: 0. 一見、同じように見えますが、投資方法や取引の枚数によって大きく投資結果が異なりますので、しっかり押さえておきましょう。 基本的に「 取引所」で売買を行った方が、取引コストが安く、利益を上げやすくなります。 ただし、100BTCなどの 大口の注文であれば「 販売所」を使った方が良いかもしれません。 項目 取引所 販売所 取引先 交換業者のユーザー 交換業者 板 あり なし スプレッド 注文状況次第 あり 手数料 ある場合が多い 基本的にない メリット 注文状況が分かる透明性 大きな売買でも価格が動きづらい デメリット 大きな注文では価格が変動しやすい 新規約定の直後は含み損となる あなたに合った暗号資産取引所を探す.

次の

ビットコイン・仮想通貨取引所比較【2019年3月最新版】「おすすめ・手数料・選び方」

ビットコイン 比較 取引所

ビットコインFXのメリット ビットコインFXは、通常の取引(現物取引)ではできない取引ができます。 それが、大きなチャンスにもなりますし、リスクにもなるわけです。 まずは、ビットコインFXのメリットについてみていきましょう。 レバレッジをかけて手持ち資金以上の金額の取引ができる 現物取引では手持ちの資金分の仮想通貨取引しか行えませんが、FX取引ではレバレッジをかけることによって、 手持ちの資金以上の金額の取引ができます。 手持ちの資金の何倍の取引が行えるかは取引所により異なり、レバレッジ何倍と記されます。 例えば、最大レバレッジ10倍の取引所で5万円の資金を取引所に預け、最大の10倍のレバレッジをかけると50万円までの取引を行えます。 価格が下落していても利益を得られる 現物取引ですと、ビットコインの買いから入らないといけない為、価格が下落兆候にある時に取引を始めるのは難しかったりしますよね。 しかし、ビットコインFXでは、仮想通貨を持っていなくても売りから始めることができるので、 価格が下落している局面であっても売りから入り、価格がさらに下がったところで買うことで利益を得ることができます。 365日いつでも取引ができる これは、為替FXと比較した時のメリットであり、仮想通貨では現物取引でも言えることですが、為替のFXは市場がしまっている、土日やクリスマス元旦などに取引を行うことができません。 それに対して、 仮想通貨は市場が閉まるということがない為、いつでも取引を行うことができます。 平日は他の仕事などがあり、FX投資を副業として休日などに行いたいなど考えている人にとっては嬉しいメリットかもしれませんね。 ビットコインFXの仕組み 現物取引と違って、FXではレバレッジをかけたり、売りから入ることができますが、それは 現物取引とFX取引の仕組みが異なるからです。 どのような仕組みによってレバレッジ取引や売りから入る取引が可能になるのでしょうか?FX取引の仕組みについて解説していきたいとおもいます。 FXは証拠金取引の一種のためレバレッジがかけられる ビットコインの売買には現物取引と証拠金取引という2種類の取引があります。 通常、仮想通貨取引所で行っている取引が現物取引で、 FXは証拠金取引の一種になります。 現物取引とは、手持ちの資金分のビットコインを購入し保有でき、保有している分のビットコインを売却できるという取引です。 対して、 証拠金取引とは、手持ちの資金を「証拠金」として担保のような形で預けることで、手持ちの資金以上の取引を行える取引です。 証拠金を預けることで取引所から通貨を借りれる 売りから入れることも仮想通貨FXの特徴ですが、これは証拠金として手持ちの資金を取引所に預けることによって、 ビットコインを取引所から借り、借りたビットコインを売るという形を取ることにより、売りから入ることができるものです。 この場合、市場が下落傾向にある時に、取引所から借りたビットコインを売り、価格が下がったところでビットコインを買い戻し、借りた分の通貨を取引所に返すことにより、その差額で利益を得るという形で成り立っています。 このように売りから入ることは、 ショートポジションや 空売りとも言われます。 ビットコインFXのデメリット 手持ちの資金以上で取引ができたり、売りから入ることができるため大きな利益を狙いやすいと思われてるビットコインFXですが、 チャンスも大きければリスクも大きいものです。 デメリットもしっかり把握した上で取引を行なっていきましょう。 レバレッジ取引での大幅な損失 レバレッジをかけているということは現物取引よりも大きな金額で取引を行う為、値動きが小さくても利益が大きくなると同時に、相場が思う方向に行かなかった場合は 値幅が小さくても損失も大きくなるということです。 レバレッジ取引を行う時は、自分の中で損切り価格をしっかり設定するなど、ご自身の資金とリスクをしっかりと把握した上で行いましょう。 追加証拠金の有無とロスカット制度 FXは、証拠金を預け、その証拠金に対して何倍かのレバレッジをかけることにより、手持ち資金以上の取引が行えるものですが、相場の変動により取引での損失が大きくなり、その損失額が証拠金に対して一定の割合を上回った場合、 自動的にポジションの決済が行われる制度のことです。 また、追加証拠金とは、保持している証拠金が、現在している取引の 必要証拠金を下回ってしまった場合、その差額の証拠金の支払いを求められる制度のことです。 追証について 追証がない場合のメリットとデメリット 追証がない場合は、証拠金維持率が一定に達した時点で自動的にロスカットが行われる為、預けている証拠金以上の大きな損失が出るリスクが軽減されるという利点があります。 ただし、相場の下落が一時的なものであっても証拠金維持率が一定に達した時点でロスカットが行われてしまう為、底値で決済が行われてしまうこともあり得ます。 追証がある場合のメリットとデメリット 追証がある場合、証拠金維持率が一定数を下回ると、追加の証拠金を求められ入金しないと強制ロスカットまで新規注文などが行えなくなったり、アラートの後、証拠金維持率がさらに下回った場合強制ロスカットが行われ、想定外の価格で決済が行われ、証拠金以上に損失があった場合にはその差額を求められるます。 追証があることのメリットとしては、一時的な相場の下落や上昇の場合にロスカットが行われずに済むということもありますが、初心者の方は、想定外の損失を避けるという意味でも、追証のない取引所をお勧めします。 ビットコインFXでの取引所の選び方 ビットコインFX・仮想通貨FXで勝率を上げるためにはいい取引所を選ぶことも大切です。 具体的にどのようなポイントを重視して取引所を選べばいいかまとめてみました。 出来高 取引高 が大きい• レバレッジの最大倍数• 取引手数料やスプレッド• サーバーの強さ• 追証の有無 取引高の大きい取引所を選ぼう 取引高が大きく流動性の高い取引所は、注文が約定しやすいものです。 特に多く高金額の仮想通貨取引を行うことになるレバレッジ取引などを行う場合には、取引高が大きいかどうかによって注文が通りやすいかどうかに関わってきます。 取引高が小さいとスプレッドが 売値・買値の価格差 が大きくなりやすいので、取引高が高い取引所を使うといいでしょう。 レバレッジの最大倍数 ビットコインFXの大きな特徴とも言えるレバレッジ取引ですが、 かけられる倍率は取引所によって異なります。 レバレッジの最大倍数が大きい方が、大きい金額を動かせるので利益も出やすくなりますが、リスクも大きくなりますので、ご自身の最良次第でかけたい分のレバレッジ倍数がかけられる取引所を選択しましょう。 また、 取引の都度レバレッジを変えられるのか、クロスマージンの設定ができるかなどのリスク管理ができるかどうかの点にも注目してみましょう。 取引手数料やスプレッド 取引で利益を得ていたとしても、取引手数料やスプレッドを含めて計算したら利益はほぼなくなったなどのことにならないようにしたいものです。 取引手数料やスプレッド、スワップポイントが各取引所どの程度あるのかをチェックして、取引所選びを行いましょう。 サーバーの強さ ビットコインFXの取引所選びにおいて、このサーバーの強さは非常に重要です。 サーバーが弱い取引所で取引すると大きな資金をかけており価格が急変した時など多くのユーザーが取引所に集まる重要な局面で希望の注文が通らないことが起こる可能性があります。 サーバーエラーにより、利確ができななどが起こり得るほか、 損切りができなかったため大損したなどということが起こらないようにサーバーの強い取引所を選ぶことをおすすめします。 追証の有無 追証の有無によるメリットデメリットは上記しましたが、 追証が発生すると追加で取引所に入金することになり、さらに強制ロスカットにより想定外の価格での決済などが行われる可能性もありますので、リスク回避のためにも、追証がない取引を選ぶことをおすすめします。 ビットコインFXができる取引所を徹底比較 ビットコインFXを行う上で、具体的には取引所で行うことがいいのでしょうか?ここでは、ビットコインFXができる取引所を徹底的に比較していきます。 025〜0. これを参考にビットコインFXができる取引所を比較していきましょう。 ビットコインFXができる取引所おおすすめランキング 取引所を選ぶポイントは分かったものの、多くの取引所がある中実際どこの取引所がおすすめなのかは気になる点でしょう。 ここでは、 ビットコインFXにおすすめの取引所をランキング形式でまとめてみました。 各取引所の特徴、 メリットや デメリットも記載しましたので参考にしてみてください。 第1位:万能な取引所として登録しておいて損なし!BITPoint(ビットポイント) 5. 0 ビットコインFXで最もおすすめな取引所はBitPoint ビットポイント です! BitPointは、ビットコインFXをする上で気になる スワップ手数料も比較的低く、レバレッジも国内でかけられる最大の25倍までかけられます。 BitPointはサッカー選手の本田圭佑氏が広告塔を努めることで、知っている方も多いかと思いますが、株式会社ビットポイントジャパンが運営しており、親会社は東証二部に上場している「株式会社Rimixpoint リミックスポイント 」な為、 信頼性も高く安心して取引を行うことができる取引所です。 現物取引を行う際も、 BitPointは各種手数料のほとんどが無料であり、リップル、イーサリアム 、ビットコインキャッシュなどの取引を行うことができますので、ビットコインFXを行うにしろ、仮想通貨の現物取引を行うにしろ登録しておくといい、おすすめの取引所です。 5 FX初心者の方におすすめな取引所はGMOコインです。 GMOコインの特徴は、 初心者にも使いやすい取引画面などで取引を行えることです。 ビットコインFX専用のアプリなどもリリースされており、ビットコインFXを簡単に始められます。 さらに、GMOコインではビットコインだけではなく、イーサリアム 、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインといったアルトコインのFXも行えますので、 アルトコインのFXもしてみたいと思っている方にもおすすめです。 また、GMOグループが運営する取引所の為、取引所の 信頼性は非常に高く安心して取引していただける取引所です。 0 DMMBitcoinでは、ビットコイン、イーサリアム 、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアム クラシック、ビットコインキャッシュと 7種類の仮想通貨のレバレッジ取引が行えます。 その為、ビットコインFXだけではなく、 アルトコインのFXも考えている方におすすめなのがDMMBitcoinです。 仮想通貨といえば、ビットコインを思い浮かべる方も多いと思いますが、仮 想通貨のボラリティーの大きさを見込んでFXを検討している方には、アルトコインのFXもおすすめします。 アルトコインの方が、ボラリティーは大きいことが多いので大きく儲けられるチャンスはあります。 ただしリスクもその分高くなることも認識して投資を行いましょう。 DMMBitcoinは、スプレッドが大きくレバレッジも5倍までと低くなっていますが、国内の取引所で最も豊富なアルトコインの取引が行える取引所はDMMBitcoinと言えるので、 アルトコインFXを考えている場合は登録しておいて損のない取引所でしょう。 また、 こちらもDMMグループの運営する取引所となっている為、信頼性も高く安心して取引できる取引できる取引所であるということも注目ポイントでしょう。 2019年3月1日からは新規登録の停止、3月29日には注文も停止されるとのことですので、ご注意ください。 現物取引に比べ、FX取引はリスクが高くなることが気になる点ですが、 リスクを回避しながら取引したい方におすすめなのは、Bitbank Tradeです。 下記を見ていただいてもわかるように、 bitbank Tradeはロスカットの制度として証拠金以上の損失は出ないようになっています。 ロスカット制度とは、維持率がロスカット率を下回った際に、損失の拡大を防ぐために、当社が強制的にお客様のポジションを反対売買して決済することができる制度です。 維持率がロスカット率を下回っているかどうかの計算はリアルタイムで行います。 ロスカットが執行される前に、維持率がアラート率を下回った段階で、メールにてその旨を通知いたします。 ロスカットにおける最終決済価格は市場価格によって決まるために、決済が完了するまで損失額は決定しません。 ただし、証拠BTC以上の損失は出ません。 万が一、証拠BTC以上の決済損失が出た場合は、その損失は当社の負担となります。 出典: bitbank Trade公式サイト リスクをより回避して取引を行いたい方にはこの制度を利用しながら、bitbank TradeでFXをすることもおすすめです、ただし、bitbank Tradeはレバレッジをかけて取引できるのはビットコインのみとなっています。 0 国内でのレバレッジの最大倍率は25倍となっていますが、 さらに大きなレバレッジをかけて仮想通貨FXを行いたい方におすすめなのは、BitMEXです。 BitMEXはレバレッジの 最大倍率は100倍という大きな金額での取引ができます。 さらに、 ゼロカットという レバレッジ取引の借金のリスクを回避することができる仕組みもあり安心して取引することもできます。 ただし、これに安心して安易な気持ちで高倍率でFXを行うと一瞬で資金がなくなってしまうこともある為、ご自身の資金はきちんと把握した上で取引を行いましょう。 また、BitMEXは 仮想通貨FXの取引量でなんども世界一となっている取引所のため流動性も十分あり、仮想通貨FXをしたい人にはおすすめの取引所です。 海外の取引所に登録したことないので、不安という方もBitMEXは 日本語にも対応しているので安心して登録して見てください。 仮想通貨FX・ビットコインFXで勝率を上げるためには取引所の選び方も重要になってきます。 取引高やレバレッジ倍率、手数料、追証の有無などをきちんと比較し納得できる取引所を選ぶようにしましょう。 また、FXはチャンスも大きければリスクも大きい取引です。 投資は無理せず余剰資金で行い、自分の中で一貫したルールを作りながら損切りはしっかり行う等、リスク管理をきちんと行いながら取引していくようにしましょう。 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の