ボディー アーチ。 Peerless Guitars

BODYMAKER(ボディメーカー)公式 スポーツ用品・トレーニング用品通販サイトトップページ(K

ボディー アーチ

The World Of Gibson Custom Archtop Jazz Guitars 今回はギブソンカスタムが制作するソリッド・アーチトップ・ジャズギターのご紹介をしましょう。 アメリカのテネシー州ナッシュビルで熟達したヴェテラン職人によって、大変手間隙のかかる伝統的な製作工程が踏襲されている上位機種というのは皆さんご存知の通りでしょう。 ギブソンカスタムが正式に発足したのは1993年のこと。 従来の枠組みを越えて高品質な製品を提供するために、それまでのギブソンUSAメイン工場内から独立し、企画から開発、木材等の仕入れ業務、製造から出荷に至るまでの一連のプロセスを「カスタム・アート&ヒストリック」という独立した部門で専門的に取り扱うこととなりました。 とりわけ、アーチトップ・ジャズギターの製作部門はカスタムファクトリー内でもごく小規模なエリアです。 カラマズー時代から継承されているような治具や工具を使いながら、精鋭の職人によって多くの工程を手作業で丁寧に仕上げられています。 チゼル(のみ)やフィンガープレーン(カンナ)といった、伝統的なツールと技法で丹念にボディを削り出して仕上げるのは大変気の遠くなるような作業ですが、熟達したルシアーの研ぎ澄まされた感性のもと、一切の妥協を廃した真摯な姿勢で、たっぷりと時間をかけて作りこまれている至高の名器といえるでしょう。 ソリッド・アーチトップ・ジャズギターのラインナップの中でもフラッグシップモデルと言えるGibson L-5は17インチ幅のボディサイズですので、18インチのSuper 400に比べるとやや小ぶりなデザインで取り回しが良く、一般的な日本人の体型でもそれほどストレスを感じずにプレイすることが可能だと思います。 L-5は、ウェス・モンゴメリーWes Montgomeryをはじめとして多くのジャズギタリストに愛用されてきました。 マルチバインディング、エボニーフィンガーボード、ブロックインレイ、 ゴールドハードウェアなど、一見するからにプレミアムな仕様のギターです。 もともと1951年当時のエレクトリック仕様L-5には、ローズウッド製のブリッジとドッグイヤータイプのP-90ピックアップが搭載されていました。 その後、1958年頃になるとレスポールモデル同様にブリッジがオクターブチューニング可能なABR-1へと変更、ピックアップもセス・ラヴァーの開発したオリジナル・PAF・ハムバッキングをマウントしたモデルとなります。 ) 現行モデルのピックアップはヴィンテージPAFをイメージしたナチュラルなレスポンスの57クラシックを採用。 5インチスケールのしっかりした厚みのあるネックグリップで、音像の輪郭はハッキリしているのですが、不自然な堅さがなく、弾き手がイメージしたとおりの音色を汲み取って奏でてくれるような感触でしょうか。 とことんタッチニュアンスに素直なトーンで、ギブソンならではの力強さと甘味があるジャズトーンが楽しめる名器です。 なお、2014年のNEWモデルとしてダブル・カッタウェイ仕様が登場。 またリミテッドランでアルニコVピックアップ PU-480 を搭載したモデルもリリースされています。 後者はP-90からPAFへと変更される過渡期の仕様を再現しています。 トグルスイッチ部分のラバーグロメットがついていないというのも特徴のひとつです。 このスペックのL-5はエリック・クラプトンEric Claptonに愛用されていたことをご存知の方も多いと思います。 その素朴でふくよかなトーン。 ウッディで力強い鳴りを満喫できる素晴らしい一本です。 当時テネシー州のナッシュビルでスタジオミュージシャンとして活躍していたビリー・バードとハンク・ガーランドの名前を冠したモデル。 発売当初は通称アルニコ5ピックアップ(PU-480)をマウントしていましたが、後にセス・ラヴァーの開発したオリジナル・PAF・ハムバッキング・ピックアップ(PU- 490)が搭載されます。 L-5同様の17インチ幅でありながら、非常に取り回しの良い軽量な薄型ボディでデザイン。 バードランドは、デビッド・T・ウォーカーDavid T. Walker、エリック・クラプトンEric Clapton、テッド・ニュージェントTed Nugentらが愛用していることで有名ですが、ショートスケールならではのメロウなトーンでありながらも、決してチープにならない豊潤なサウンドが秀逸です。 スピード感のあるレスポンスと、全体にトーンバランスが良く、硬質で艶のある美しい響き。 この軽やかでかつ深みのあるヴァイブレーションは、他モデ ルにはない唯一無二だと思います。 ピックアップはヴィンテージPAFをイメージしたナチュラルなレスポンスの57クラシックを採用。 ネック厚もそれほど深くないので、速いフィンガリングや複雑なコードプレイをしたときのストレスも軽減しています。 ジャズやジャズブルース、ブルースなどはもちろん、歌モノのバッキングなどにも絶妙にマッチするギターでしょう。 OUT OF STOCK もはやギターの存在そのものが芸術。 こちらが「キング・オブ・ジャズギター」として称讃を受けるスーパー400です。 1934年の発売当時に400ドルのプライスが付けられていたことにその名称の由縁がありますが、当時の物価を考えると、やはり150万円を越えるような高価な価格帯です。 Super-400はケニー・バレルKenny Burrellやラリー・コリエルLarry Coryell、またジャズ畑以外でもスコッティ・ムーアScotty Mooreやマール・トラヴィスMerle Travisといったギタージャイアントのプレイが知られています。 1939年からはハイポジションでの演奏性を高めるためにカッタウェイデザインが施され、1951年にはビッグバンドや大会場での音量が求められるようになったミュージックシーンのニーズに合わせて、P-90ピックアップが搭載されることとなります。 このエレクトリック化のタイミングはL-5と同様ですね。 1インチはご存知の通り2. 54cmですが、ボディ幅が1インチ違うとかなりのもの。 そこには長年の経験を積み重ねたクラフツマンの情熱が体現されており、多くの後発ブランドにとっても大きなインパクトであり続けています。 装飾面でも、ゴールドハードウェアに黒々としたエボニーフィンガーボードの美しさが映えます。 スプリット・ブロックインレイ、スプリット・ダイヤモンドインレイ、マルチプル・バインディングが配されており、その出で立ちはまさに威風堂々。 現行モデルではご覧の通り、エボニーの木製土台ABR-1チューンオーマチックブリッジ、そして57クラシックピックアップをフィーチャーしており、1950年代後半の個体をもとにしたスペックです。 音色的にも優美で広がりのあるレゾナンスは筆舌に尽くしがたいもの。 グラマラスで表情豊かなトーンは他の追随を許さない王道、ジャズギターの極みでしょう。 OUT OF STOCK 60年代後期ギブソンのギター・ルシアーが製作してから現在も特別にオーダーをしないと製作されないギブソンのクリムゾン・シリーズモデル。 今回は4年ぶりの入荷でCITATIONはオーダーしてから1年以上はかかりギブソンのフルアコ担当スペシャリストにより材を選定されたのが5月でそこから10ヵ月かけ完成ました。 最高級クラスのソリッド・スプルーストップを手で削り出し、見事なソリッド・フィギュアード・メイプルをサイドバックに使用しCITATIONにふさわしい木材であることを証明するステッカーが正面から見て右側Fホールからバック材に貼られているのが見えます。 装飾は指板には雲をモチーフにしたアバロンインレイ、ヘッドストックにはフルール・ド・リス アヤメ(アイリス)の花を様式化した意匠で芸術的、象徴的な意味を持つ がエボニーブリッジの両サイドとともに施してあります。 ヘッドのギブソンロゴ、トラスロッドカバーにもアバロンを使用してとても優雅です。 ピックガードはサイドバック同様見事なフィギャード・メイプル材で製作。 そしてハードウェアーには24カラットのゴールド・プレートを使用しエレガンスさを醸し出しており息を呑む美しさです。 ピックアップはフローティングミニハムバッカーがピックガード横に取り付けられてシングルボリュームコントロールがピックガードにマウントされアウトプットジャックはエンドピン部に取り付けられあります。 スケールは25. 5インチで17インチワイド、3インチディープボデイ。 トップ材ブレーシングにはXブレーシングを採用し豊かなアコースティックサウンドで生音で楽しめます。 OUT OF STOCK 以前のオフィシャルサイトですと「リ・グランデ」とカタカナ表記されていましたが、「ル・グランド」や「ル・グラン」と発音する場合もあります。 もともとは1961年から1989年頃にかけて製作されていたジョニー・スミスのシグネチャーモデルとして知られるギターのことを指します。 ただし、ネックの方は後述するSuper 400スタイルというのが面白いポイントです。 まさにハイブリッドなプレミアム・ジャズギターです。 繊細なピッチ調整に貢献するファインチューナー付きのフィンガーテイルピースを搭載している他、良質なボディの鳴りをスポイルさせないためのこだわりとして、ボリュームノブはピックガード上に配線しているのも見逃せません。 ピックアップもフローティングタイプのミニハムバッカーBJBをマウントしております。 ネックグリップの厚みも野暮ったくないので、スピード感のあるソロやテンションコードでも音の粒立ちが鮮明で実用的です。 アンサンブルの中でも存在感を失わないタイトな音像で、かつ深みのあるリッチで美しい倍音が響き渡ります。 プレイヤーのタッチの強弱に応じて様々な表情を見せるトーン、この艶感と奥行きのあるサウンドは格別です。 ステージ演奏はもちろん、生音で軽く爪弾いているだけで至高の時間をエンジョイできる秀逸なギターに仕上がっています。 OUT OF STOCK.

次の

ボディアーチの効果&筋トレ2つのやり方【3つの筋肉に効く!】

ボディー アーチ

ボディアーチで鍛える筋肉 ボディアーチでは、主に2箇所の筋肉を鍛えることができます。 広背筋とは 広背筋は背中にある筋肉です。 脇辺りから下、お尻の上あたりまであり、ほぼ背中の表面を覆っている筋肉と言えます。 背中上部では僧帽筋に覆われています。 広背筋は、上腕(肘から上の腕)を後ろに引いたり、内転(内側に引く)したりする動きに関わります。 背中にたるみが出ることもありますから、意識して引き締めたい部分のひとつです。 大臀筋とは 大殿筋は、お尻の大部分を覆う筋肉です。 股関節の伸展(伸ばす動き)や、外転(脚を横に上げる動き)に関わります。 お尻のたるみは、パンツを履いたときのシルエットにかかわりますから、気にされる方も多いのではないでしょうか。 美しい後ろ姿をつくろう 目につきやすい上腕二頭筋や腹筋と比べて、背中やお尻は、トレーニングの際にはそこまで意識しないかもしれません。 ただし、あなたの後ろ姿は多くの人が目にします。 筋肉で引き締まった美しい、あるいはたくましいボディラインを出すためには、ぜひとも鍛えておきたい部分です。 ボディアーチの特徴 器具の準備が必要ないトレーニング 広背筋や大臀筋と、背面の広範囲に効果があるボディアーチ。 このトレーニングでは、特別な器具を用意する必要はありません。 あえて準備した方がいいものを挙げるとすれば、下に敷くシートやマットですが、なくても十分に取り組むことができるトレーニングです。 ボディアーチのように、特別な器具を用意することなく、自分の体重で筋肉に負荷をかけるトレーニングのことを、 自重トレーニングといいます。 自重トレーニングは比較的どこでも取り組みやすいトレーニングです。 鍛えたい筋肉の自重トレーニングをマスターしておくと、ちょっとしたスキマ時間にトレーニングに励むことができますよ。 ジムで鍛えるならこのトレーニングを ボディアーチにはどこででも取り組むことができる手軽さがあります。 ただし、もしスポーツジムに行く余裕があれば、もっと効率よく広背筋や大臀筋を鍛えることができます。 ここでは、広背筋を鍛えることができる「ラットプルダウン」を紹介しておきます。 【関連記事】 ボディアーチのフォーム• うつぶせになる• 手足を若干開き前後に伸ばす• 対角線上にある手足を同時に上げる• 一旦静止しゆっくり下ろす• 反対の組み合わせで同じ動きをする 対角線の手足、つまり右手と左足、左手と右足の組み合わせで交互に上げていくトレーニングです。 広背筋から大臀筋をしっかり反り、筋肉に効いていることを確認しながら取り組みましょう。 動きのイメージがつかめない方は、動画で確認するとよいでしょう。

次の

理想のボディーバランスを実現するゴルフ専用インソールが話題― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ボディー アーチ

プローンボディーアーチ・背中の筋トレ 【プローンボディーアーチ】(目安:15〜20回、3セット) 脊柱起立筋・大臀筋 背中の筋肉とお尻の筋肉を使うエクササイズです。 <2> 息を吐きながら両足を引き上げ、3秒ほど静止します。 <3> 息を吸いながら足を下ろします。 腰の調子が良くない方は、十分に注意して行ないましょう。 余裕のある方は、足と同時に上半身も持ち上げて行なってみましょう。 その際、両手を後頭部に添えて行うと、負荷が重くなるのでより効果的です。 対角線上の手と足を片方ずつ上げて行なう方法もあります。 この場合、両手を開いてうつ伏せになり、右手と左足、左手と右足をそれぞれ交互に上げて行ないます。 <1> うつ伏せになって、手と足を肩幅より広めに開きます。 <2> 息を吐きながら対角線に位置する手と足を引き上げ、3秒ほど静止します。 <3> 息を吸いながら上げた手と足を下ろします。 <4> 息を吐きながら、反対側の対角線に位置する手と足を引き上げ、3秒ほど静止します。 例えば、腕ならダンベルを持ってひじを曲げて静止している状態です。 アイソメトリックをすると、踏ん張って呼吸が止まりがちですが、そうなると血圧が一気に上昇しやすくなるので、呼吸を止めないように注意しましょう。 ストレッチはおっくうになりがちですが、筋トレの前・後に行ないましょう。 とくに、普段運動不足の方・高齢者の方は、必ず行ないましょう。 筋トレ前は、使う筋肉をほぐすウォーミングアップの目的で。 筋トレ後は、筋肉の疲労回復と、筋肉が硬くなるのを予防する目的で行ないます。 Copyright C 2005 魁!ダイエット塾 All Rights Reserved. ダイエットの基本はカロリーコントロールです。 肥満・太り過ぎの原因は食べ過ぎのためのカロリーオーバーだからです。 ある程度は食事制限を行い、食べる物・食べる時間・食べる量をコントロールして、カロリーをコントロールしましょう。 そのためには、食品のカロリーをある程度把握しておくことが重要です。 ダイエットのためにカロリー計算ができるようになっておくとカロリーコントロールが自分でできるようになりますよ。 ただし、食事制限をしても栄養はしっかりと摂る必要があります。 ビタミン・ミネラルはもちろん、欠かせないのがタンパク質です。 また、減量中には鉄分不足になりがちなので気をつけましょう。 ダイエットには運動も欠かせません。 筋肉トレーニングと有酸素運動を行い、シェイプアップしましょう。 男性ならば、筋トレでマッチョを目指すのも良し、シャープな筋肉を目指すのも良し。 女性ならば、筋トレでくびれ・バストアップ・ヒップアップを実現し、スリム美人を目指してみてはどうでしょう。 ボディラインは筋肉が形作っているものです。 エクササイズで筋肉を鍛え、美しくかっこいいカラダを目指しましょう。 有酸素運動は内臓脂肪も優先的に燃やしてくれます。 筋トレ・有酸素運動・適度な食事で健康的にダイエットして、スリムボディを手に入れましょう。 ・・・・・・.

次の